« 新現実主義で獺祭と四川 | Main | パソコンなくて当り前? »

May 01, 2017

白山月半弟、独重賞勝利

511756昨夜の飲みは適度に収まったので、きっちり午前5時起床。スッキリとした頭でQEIIの原稿。予想が当たったときは、馬の能力の見立てが当たっていたということで原稿も書きやすい。逆にまったく予想が外れたときは、原稿を書いていてもあとづけ的な言い訳感が出てしまったり。12時の迎えの車で空港。いつものカンタスのラウンジに、うなぎ(!)があった。アジアの鰻はゴム的なのが相場だけど、これはちょっと堅めながらもまあまあ食べられた。JALの羽田便はぎちぎちの満席。『本能寺ホテル』を見た。22時過ぎ帰宅。酒だけではないような胃疲れ感。それ以上に、毎日違う椅子に座って原稿を書いたり、長時間の飛行機だったりで腰にきた。

競馬●G3バヴァリアンクラシック(ミュンヘン2000m,3yo)で、日本産のウォーリングステーツが勝利。父ヴィクトワールピサ、母はチリエージェで、ハクサンムーンの半弟という血統。2014年のセレクトセール当歳で4968万円。カタールレーシングの所有。●G1ガネー賞(サンクルー2100m,4&up):人気となったゴドルフィンのクロースオブスターズがG1初勝利。短クビ差2着にザラク。●G2ミュゲ賞(サンクルー1600m,4&up):こちらもゴドルフィンで断然人気ジミーツータイムスが勝利。半馬身差2着にKourkan。

本日のワイン●香港・カンタス航空のラウンジはワインのラインナップが変わって。泡はニュージーランドのセッペルト・ザ・ドライヴ・シャルドネ・ピノノワールNV。ピノはオーストラリアでティーギャラントT'Gallant、ケープ・シャンク・ピノノワール2016。JALのYで赤の1/4ボトルを1本だけ。夜は飲まず。

|

« 新現実主義で獺祭と四川 | Main | パソコンなくて当り前? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65227214

Listed below are links to weblogs that reference 白山月半弟、独重賞勝利:

« 新現実主義で獺祭と四川 | Main | パソコンなくて当り前? »