« 還暦ジョッキー出版記念 | Main | 寂しい園田シャッター街 »

May 25, 2017

カメラ目線のまま勝つ馬

5251715午前5時起床。11:30羽田発のJAL便で伊丹へ。園田競馬場は耐震工事中でスタンドの半分が足場で覆われていた。いずれ残り半分も工事が待っていて、しかし工期は遅れ気味で1年くらいかかるのではないかとのことだった。昼はどこでと思案して、まぐろ専門店一八にて、手作りマグロカレー500円也。
5251747のじぎく賞は、地元有力馬が不在というメンバーで、笠松・高知・笠松という決着。それにしても勝ったアペリラルビーはタッチスプリントをとらえようかというあたりからゴールまで顔をずっと左に向けたままで、撮影した写真を見たらずっとカメラ目線(笑)。脚もバラバラという不思議な馬。
梅田近辺のホテルがどこも高騰して、泊まりは定宿になりつつある十三のプラザオーサカ。チェックイン前、夕飯代わりにたこ焼き。大恵ちゃん、さらに競馬場のバスで一緒になったカメラマンIさんに付き合ってもらって、カリトロ十三総本店。夕方5〜7時は生ビール200円(!)て、飲んでまうやないか。プラザオーサカは団体客が多いゆえかチェックインした部屋はアップグレードされていて、キングサイズベッドの広い部屋。パソコンを使えるようなデスクがなく、ソファーの前に小さな丸テーブルがひとつ。という、ある意味でラブホ仕様。昼間開催にもかかわらず大阪泊にしたからには、ホテルでは睡眠時間よりパソコンに向かってる時間のほうが長いのは間違いなく、さすがにこれでは仕事ができないので、丸テーブルをもうひとつ貸してくれないかとフロントに願い出たところ部屋を変えてくれた。部屋とベッドは狭くてもいいので、広めのデスクに長時間座ってても腰が痛くならない椅子が欲しいのよ。

競馬●のじぎく賞。中団からロングスパートのタッチスプリントが直線半ばで先頭に立って勝ったかと思ったところ、追ってきたアペリラルビーがクビ差とらえて勝利。ウリャオイが3馬身半差3着。●G3ヘンリーIIS(サンダウン16F,4&up):長距離戦といえば、のビッグオレンジが人気にこたえて10カ月ぶりの勝利。5馬身離れての2着にハイアーパワー。●G3ブリガディアジェラードS(サンダウン10F,4&up):ドバウィ産駒オートクラティックが重賞初勝利。エーブルフレンド引退。28日に引退式。2015年香港マイルでモーリスの3着に負けたところで引導を渡された感じだった。

本日の酒●カリトロにて。タイムサービス200円生ビール×2杯。寝酒に、エビスマイスター匠の逸品500ml缶。

|

« 還暦ジョッキー出版記念 | Main | 寂しい園田シャッター街 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65329702

Listed below are links to weblogs that reference カメラ目線のまま勝つ馬:

« 還暦ジョッキー出版記念 | Main | 寂しい園田シャッター街 »