« 人気2頭一騎打ち羽田盃 | Main | 人の死に向き合うことで »

May 11, 2017

モモイロハナミズキ残念

5111709夕方、大井競馬場。マトメーターが1つ進んで、あと2勝。競馬は難しいなあ、とあらためて思わされた東京プリンセス賞のピンクドッグウッド。映像を見ると、たしかに3コーナー手前から赤岡騎手は左の手綱を引っ張ったままで、なるほどこれでは追えない。直線でも内に刺さって、ラチ沿いを抜けてきたアンジュジョリーの進路を危うく塞ぐところ。さらに左の手綱を引いて外に回避したが、あれが下手な騎手だったらアンジュジョリーの進路妨害になっていたか、もしくはアンジュジョリーをラチにぶつけていたのではないだろうか。右回りでもダメなときはダメだった。まっすぐ帰宅。ではなく、夕飯のタイミングを失っていたので赤羽駅ナカできつねそばを食って帰宅。

競馬●東京プリンセス賞。アップトゥユーが逃げ切りかと思ったところ、4番手の内を追走していたアンジュジョリーが直線で馬群から抜けてきてぎりぎり差し切った。5番手を追走していたステップオブダンスが接戦の3着争いを制した。ピンクドッグウッドは3、4コーナー中間から後退して11着。●G3ハクスリーS(チェスター10.5F,4&up):昨年G1ベルモントダービーを制したドーヴィルが今季3戦目で初勝利。クビ差2着にポエツワード。●G3チェスターヴァーズS(チェスター12.5F,3yo):人気のヴェニスビーチがデビュー3戦目から2連勝で重賞初勝利。1 1/4馬身差2着にウィングスオブイーグルス、ハナ差3着にジアンヴィルで、クールモアの、しかもデリック・スミスの同じ勝負服が3着まで独占。● G3テキサニタ賞(メゾンラフィット1100m,3yo):重賞初挑戦のAladdineが勝って今季2戦目から2連勝。ケンタッキーオークス2着だったダディーズリルダーリンが英オークス挑戦か。

本日休肝日。

|

« 人気2頭一騎打ち羽田盃 | Main | 人の死に向き合うことで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65269774

Listed below are links to weblogs that reference モモイロハナミズキ残念:

« 人気2頭一騎打ち羽田盃 | Main | 人の死に向き合うことで »