« 花冷えの阪神競馬場にて | Main | レジェンドインタビュー »

April 02, 2017

競馬のちまた競馬の日曜

東京の桜は満開の発表があったようだが浦和の別所沼公園に至る西南桜はまだ五分咲きといったところ。20年ほど前と比べると桜の開花がちょっとずつ遅くなってるような気がする。そういうわけで大阪杯は家で観戦。そして17時からはグリーンチャンネル地方競馬中継日曜版が始まった。アメリカのTVGのようにどこかで競馬をやってれば延々ライブ中継をやってるというのは、もしかして競馬ファンには理想ではないだろうか。

競馬●あやめ賞。大外枠からハナを奪ったニードアフレンドが直線でも先頭で粘っていたが、8番手から位置取りを上げてきたダンストンレガーメが4コーナー4番手から一気に突き抜けた。中団からロングスパートのメドゥシアナが2馬身差2着。ニードアフレンドは粘りきれず半馬身差3着。●G3エドモンブラン賞(サンクルー1600m,4&up):昨年G1モーリスドギース賞3着、G1フォレ賞4着だったジミーツータイムスが今季初戦を勝利。3馬身半差2着にディクトン。●G3東京シティカップS(サンタアニタ12F,4&up):ゴール前3頭横一線となっての決着は、6頭立て5番手から早目に進出したハードエーセズが抜け出した。昨年7月、同じ12FのG3クーガーII H以来の勝利。最後方から追ってきた人気のビッグジョンビーはクビ差。ハナ差3着にハイハッピー。●G3トップフライトインヴィテーショナルS(アケダクト9F,4&up f/m):逃げた人気馬を3番手の外でマークしたモーグリーンが直線で抜け出し完勝。2番手で競り合っていたヴァーヴステールが3馬身半差2着。さらに離れて3着にオアシスアトミッドナイト。逃げた断然人気のイザベルは3コーナー過ぎから勢いをなくして最下位。KYダービー・フューチャーウェイジャーのファイナルプール。5-1でマクラッケンが1番人気。G1フロリダダービーを制したオールウェイズドリーミングが6-1と急上昇。

本日のワイン●ローヌのファミーユ・キオ、QEFロゼ2015

|

« 花冷えの阪神競馬場にて | Main | レジェンドインタビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65105219

Listed below are links to weblogs that reference 競馬のちまた競馬の日曜:

« 花冷えの阪神競馬場にて | Main | レジェンドインタビュー »