« 始まるヤングジョッキー | Main | 社員募集のお知らせ »

April 26, 2017

予想お手上げ騎手交流戦

そういうわけで、さきたま杯中継から30分だけ間隔があってのヤングジョッキーズシリーズ@高知の中継。赤見ちゃんと。予想を出す人がレースの前から当たらない当たらないというのもどうかと思うが、騎手交流戦はほんとに当たらない。というのも、以前にも増して選抜戦として拮抗したメンバーで番組を組むのがうまくなって、この馬を抽選で引いた騎手はタダもらいみたいなレースがほとんどなくなった。そして普通の重賞なのでこれは当たるだろうと思った福永洋一記念。まさかサクラシャイニーが馬券圏内を外すとは。そしてカッサイも3着。二十四万石賞につづいて、予想はカイロスによって打ち砕かれた。という結果。脳みそ疲労困憊で帰宅。
門別はいきなり濃霧で最終レースが取止めとなっていた。重賞のコスモバルク記念までなんとかできたのはよかったけど。

競馬●しらさぎ賞。オーバーペースで逃げたコスモフットライトは3コーナー過ぎで一杯。3番手の内を追走していたニシノラピートが4コーナーでとらえると直線突き抜けた。トライアルのティアラCから連勝で、重賞初挑戦での勝利。4馬身差がついての2着にプリンセスバリュー。ポッドガゼールは3着。●福永洋一記念。好スタートも2番手からとなったカイロスが3コーナー過ぎで先頭に立つとそのまま押し切った。6番手追走で3コーナーから徐々に位置取りを上げたメイショウソレイユが直線伸びて2馬身差2着。2着かに思えたカッサイは粘りきれず3着。これといった死角も見当たらなかったサクラシャイニーだがまさかの5着。●コスモバルク記念。2番手から3コーナーで先頭に立ったのはスティールキングだったが、中団から進めて3コーナー過ぎで前をとらえたオヤコダカが直線突き抜け圧倒。スティールキングは4馬身差2着。大差がついての3着にジュエルクイーン。雑賀正光調教師が高知第2レースで通算3000勝。益田・田原義友調教師による地方競馬最多勝記録3015勝の更新もまもなく。

本日の酒●帰宅して。福島県、弥右衛門・大吟醸辛口。弥右衛門・純米吟醸・源泉仕込。

|

« 始まるヤングジョッキー | Main | 社員募集のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65205325

Listed below are links to weblogs that reference 予想お手上げ騎手交流戦:

« 始まるヤングジョッキー | Main | 社員募集のお知らせ »