« 昭和から平成の時を83年 | Main | 競馬のちまた競馬の日曜 »

April 01, 2017

花冷えの阪神競馬場にて

制作チームとホテルで合流して開門前に阪神競馬場。朝方まで雨が残って4月とは思えない寒さ。中継スタジオのある階ではお久しぶりのさまざまな方にお会いした。MONDO TV『競馬バトルロイヤル2』の収録でした。現在放映中のここまでの2戦がさっぱりで、このまま恥をかきつづけることも覚悟していたのだが、しかし。確変とはこういうことを言うのか、というくらいに当たった。この回の放映は、おそらく3カ月くらい先でしょうか。せっかく翌日がGI昇格の大阪杯ということでこのまま残ろうかということも考えたのだが、もろもろ状況を勘案して新幹線にて帰宅。

競馬●スプリングC。中団追走のサンエイリシャールが4コーナーで前をとらえると直線で抜け出した。逃げたキングジャガーが1 1/4馬身差2着。人気のオールザベストは4馬身差3着。●G1 TJスミスS(ランドウィック1200m):シャトークアの今季初勝利がこのレース3連覇。●G1フロリダダービー(ガルフストリーム9F,3yo):1コーナーでうまく外に出してぴたりと2番手のオールウェイズドリーミングが直線抜け出し突き放して圧勝。父ボウディマイスターの初年度産駒、グレード初出走で勝利。好位から内を突いたステートオブオナーが5馬身差2着。人気のガンネヴェラは後方からで追い込みきれず3着。●G2ガルフストリームパークオークス(ガルフストリーム8.5F,3yo f):後方から徐々に位置取りを上げた人気のソルティが4コーナー手前で先頭に立って直線突き離し楽勝。父クオリティロード。中団追走のテキリータが4 1/4馬身差2着。1馬身半差3着にジョーダンズヘニー。●G2ルイジアナダービー(フェアグラウンズ9F,3yo):縦一列の5番手を追走したガーヴィンが直線半ばで抜け出して勝利。G2リズンスターSから連勝。父テールオブエカティ。やはり中団を追走していたパッチが1 1/4馬身差2着。3番手から直線一旦は先頭のローカルヒーローが3着。●G2フェアグラウンズオークス(フェアグラウンズ8.5F,3yo f):断然人気ファレルが3番手追走から直線楽な手応えのまま抜け出した。G2レイチェルアレクサンドラSから連勝で4連勝。3 1/4馬身差2着にウィッキトリック。ハナ差3着にヴェクセイシャス。ダートに戻ってサンタアナマイルS(サンタアニタ8F)に出走したドルトムントだがまさかの4着。勝ったのは10カ月ぶり実戦復帰のコレクテッド

本日の酒●帰りの新幹線で、サントリー・プレモル500ml缶。帰宅してカヴァ、ジョセフ・マサックス、グランパッション・ブリュット。

|

« 昭和から平成の時を83年 | Main | 競馬のちまた競馬の日曜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65099472

Listed below are links to weblogs that reference 花冷えの阪神競馬場にて:

« 昭和から平成の時を83年 | Main | 競馬のちまた競馬の日曜 »