« もうすぐ62歳もガンバル | Main | ここから始まるばんえい »

April 08, 2017

無敵のウインクス17連勝

そういうわけで朝6時40分ごろ寝て、9時半起床。羽田午後イチ発の帯広行は満席。ばんえい記念から中2週での帯広。プレミアホテルキャビンに16時チェックイン。水沢の赤松杯を見る。ほとんど何も考えずにナムラタイタン◎としてしまったが、中央準オープンレベルならイーグルカザンを◎にできずともせめて○だったよなあ、と反省。毎週の原稿に苦戦して21時半。ホテルの前に、おそらく最近できたのであろう。鳥系居酒屋でひとり飲み。1200円で日本酒まで2時間飲み放題はよかったけど、帯広の地で料理がこのレベルでは1年もつかなあ、という感想。

競馬●赤松杯。逃げたナムラタイタンが4コーナー手前まで先頭だったが、中団から押し上げてきたイーグルカザンが直線を向いてとらえ突き抜けた。3番手でマークしていたアントニオピサが6馬身差2着。ナムラタイタンはさらに3馬身うしろで3着。●G1クイーンエリザベスS(ランドウィック2000m,3&up):好位3番手のハートネルが先に仕掛けて4コーナー手前で先頭に立ったが、中団を追走していたウインクスに直線で軽くひねられた。17連勝。5 1/4馬身差がついたとはいえ、みずから勝ちに行って2着に粘ったハートネルも相当強い。●G3グランドナショナルHチェイス(エイントリー34.5F):最後の障害を3頭横一線で越えた中から抜け出したのは8歳のワンフォーオーサー。4馬身半差2着にコーズオブコージズ。2周目の途中から先頭に立っていた人気のブラックライオンは4着。●G1カーターH(アケダクト7F,4&up):最低人気の7歳馬グリーングラトが逃げ切り勝ち。断然人気ユニファイドは2番手を追走して並びかけたもののクビ差届かず。1 1/4馬身差3着に2番人気トミーマッチョ。●G1アシュランドS(キーンランド8.5F,3yo f):ぴたりと2番手のブービー人気セイラーズヴァレンタインが直線で抜け出して勝利。父ミズンマスト。逃げたダディーズリルダーリンが半馬身差2着。後方から位置取りを上げてきたサムデイスーンが1 1/4馬身差3着。人気のイレイトは4コーナーで失速して競走中止。●G1マジソンS(キーンランド7F,4&up f/m):逃げたコンステレーションが直線でも粘っていたが、ぴたりと4番手の1番人気ポ-ルアズシルヴァーライニングが並びかけクビ差で追い比べを制した。2馬身半差3着にペイドアップサブスクライバー。●G2ブルーグラスS(キーンランド9F,3yo):2番手から3コーナーで先頭に立ったブービー人気アイラップが押し切って勝利。父ティズナウでスパイツタウンの半弟。4番手から追ってきたプラクティカルジョークがじわじわと迫ったが3/4馬身差2着。好位を進んだ人気のマクラッケンは直線突き放されて3馬身差3着。●G1サンタアニタダービー(サンタアニタ9F,3yo):前3頭並んで先行したなかから2頭が粘るところ、離れた4番手集団を追走したゴームリーが差し切って勝利。2歳時のフロントランナーSに続いてのG1・2勝目。粘った2頭は、バトルオブミッドウェイが半馬身差、ロイヤルモーがさらに半馬身差で3着。人気を分けた2頭も迫ったが、リーチザワールド4着、イリアド5着。●G1サンタアニタオークス(サンタアニタ8.5F,3yo f):逃げたパラダイスウッズが直線後続を突き放して圧勝。メイドン勝ちからの連勝。父ユニオンラグズ。7頭立て最後方を追走した人気のエーブルタスマンは11 3/4馬身差の2着。2 1/4馬身差3着に2番人気イットティズウェル。

本日の酒●サッポロ黒ラベルの生。上喜元・特別純米・からくち。出羽桜・一耕・特別純米吟醸。黒牛・純米酒。

|

« もうすぐ62歳もガンバル | Main | ここから始まるばんえい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65126473

Listed below are links to weblogs that reference 無敵のウインクス17連勝:

« もうすぐ62歳もガンバル | Main | ここから始まるばんえい »