« モノトーンなおべんとう | Main | メイダンのナドアルシバ »

February 22, 2017

浦和でも逝った父の産駒

2221701在宅にて仕事。メインに間に合うように浦和競馬場へ。ユングフラウ賞といえば、以前の特別や準重賞だった頃はほとんど本番には直結しないようなメンバーで争われていたのが、重賞になってそれなりの賞金になったこともあるのだろうが、最近では本番直結というメンバーが集まるようになった。それで当然1番人気は2歳牝馬チャンピオンのピンクドッグウッドだったのだが。初めての左回りで外へ外へと張ってレースにならなかったと。勝ったのは3戦1勝で3着2回というキャリアの浅いステップオブダンス。12頭中1頭だけ出走していたゴールドアリュール産駒。そして先週の金盃でのワンツーにつづいて、ミッドウェイファームで調教されていた馬だったという。いろいろとすごい。
まっすぐ帰宅。本日最低限のノルマだったインタビューの文字起こしを終えたのは時計のてっぺん過ぎ。

競馬●ユングフラウ賞。5番手から徐々に位置取りを上げたステップオブダンスがゴール前でとらえきって勝利。2番手から直線を向いて先頭に立ったアップトゥユーは3/4馬身差2着。中団から押し上げたグラスサファイヤが1馬身差3着。96年にプリークネスSを制したルイカトルズが心臓発作で死んだ。

本日のワイン●トートワーズクリーク、シラー・ムールヴェドル2015。じつに久しぶりのワイン。12日にカヴァを飲んで以来。寝酒なのでボトル1/3ほど。

|

« モノトーンなおべんとう | Main | メイダンのナドアルシバ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64930547

Listed below are links to weblogs that reference 浦和でも逝った父の産駒:

« モノトーンなおべんとう | Main | メイダンのナドアルシバ »