« 昭和的中華屋のニラソバ | Main | 勝ちタイム訂正ペガサス »

February 02, 2017

アーロゲート、ドバイへ

221718午前6時起床。在宅作業からの目黒雅叙園。今年もNARグランプリ表彰式。表彰式が終わっての祝賀会は毎年のことながらあっという間。普段はあまり会うことのないたくさんの人たちと話ができる機会ゆえ、せめて1時間半、できれば2時間くらいにはしてほしい。という多数の意見。終了後、まっすぐ帰宅のつもりが、やっぱりそういう付き合いはあり、食べるだけ食べ、飲むのは1杯だけにして帰宅。お仕事の続きが結局日付も変わって午前2時過ぎまで。すぐ寝るつもりが、なぜか筍の炊き込みご飯を仕込んで就寝。

競馬G2アルマクトゥームチャレンジR2(メイダン・ダ1900m):ラチ沿いの好位を追走したフュリアクルザダが直線で抜け出し、セカンドサマーが迫ったもののこれをハナ差でしりぞけて勝利。アルゼンチンなどでG1・3勝があり、昨年はジョン・ゴスデン厩舎に移籍したが芝では勝利を挙げられず、これがErwan Charpy厩舎に移籍してのUAE初戦だった。5馬身差3着に韓国のパワーブレード。R1を制したルバーナーディンは4着。●G3アルシンダガスプリント(メイダン・ダ1200m):直線2頭の追い比べとなって、クールカウボーイがムアーラブをクビ差で競り落とした。昨シーズンのG3バージュナハールに続いての重賞勝ち。4 3/4馬身離れて3着にワイルドデュード。ペガサスワールドCを制したアーロゲート。ドバイワールドCも選択肢のひとつ。2013年のG1プレイオレスSを制したライトハウスベイを社台ファームが買った。アメリカンフェイロアを受胎。

本日の酒●シャンドン・ブリュット@オーストラリアを乾杯の1杯だけ。寝酒に、れんとお湯割りを1杯だけ。

|

« 昭和的中華屋のニラソバ | Main | 勝ちタイム訂正ペガサス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64847074

Listed below are links to weblogs that reference アーロゲート、ドバイへ:

« 昭和的中華屋のニラソバ | Main | 勝ちタイム訂正ペガサス »