« こんな日もある睦月後半 | Main | 百万分の一の牝馬女王に »

January 24, 2017

和の出汁と中華麺の遭遇

1241759午前5時半起床。勤勉にオフト後楽園で馬券を仕入れてグリーンチャンネル。の前に、久しぶりに『門仲そば』へ。すると思わぬ新メニュー。しばらく行ってなかったので、“新”ではないのかもしれないけど。かけ中華そば350円也に、生たまご60円をトッピングしてみました。姫路あたりでいう「えきそば」ですな。そばの出汁に中華麺。ちぢれ細麺なので「えきそば」とはちょっと麺が違うけれども。さらなる違いは黒くて濃い関東風の出汁か。花かつお、ネギにラー油をたらしたのがちょっとしたアクセントになっていて、和の出汁と中華麺が新たな出会い。春菊天トッピングでもよかったかも。
そういうわけで全日本新人王争覇戦の中継。騎手交流戦はますます予想が当たらないので、恥さらしとは思いつつ、10頭立ての6頭3連複ボックスとか。それでも当たりません。第1戦は1頭ヌケ。第2戦はなんと2頭抜け。ますます恥ずかしい。
その新人王争覇戦があった高知でも、最高気温7度、最低気温は0度とか氷点下とか、東京あたりとあまり変わらない感じ。そういえば最近、温暖化とかほとんど聞かなくなった。暖かいのと寒いのとは10〜20年くらいの周期があって、たまたま最近までは暖かい周期だったのでなないだろうか。そうだとすると今後10年か20年くらい、冬は今年くらいの寒さが続くのではないかと想像するんだけど、どうでしょう。小学生のころの冬の寒さが、ちょうど今年あたりと同じくらいだったような気がする。

競馬ウインクス、今年最優先の目標はコックスプレート3連覇。ロイヤルアスコット遠征はさらにその先、2018年て。アーロゲートが2016ワールドベストレースホースに。ボブ・バファートはアメリカンフェイロアに続いて2年連続。ペガサスワールドCの枠順が決定。ん、補欠も3頭いるのか。$12,000,000という数字が新鮮。

連続休肝日。

|

« こんな日もある睦月後半 | Main | 百万分の一の牝馬女王に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64807314

Listed below are links to weblogs that reference 和の出汁と中華麺の遭遇:

« こんな日もある睦月後半 | Main | 百万分の一の牝馬女王に »