« メンコに思いを託しての | Main | 今年も難解なり帯広記念 »

January 01, 2017

会社でモチを食べる元日

111718今年も勤勉に元日から通常出社。NHKの『元気になるお宝百景』という全国放送で、ばんえいの第1レースを実況するという快挙。しかも。スタジオで出馬表まで出して、出演者全員が予想してレースを見る、というのは盛り上がってよかった。
111704昼飯はたいした店もやってないだろうからと思案した結果、会社には幸いにしてトースターも醤油もあるので、サトウの切り餅と海苔を持参して、昼は会社でモチを焼いてみました(笑)。シンガポールの元日開催第1レースでは共有のマリアネグロが2着に入ってまずまず幸先のよいスタート。とはいえ1番人気だから勝ってほしかった。ついに去年は一度も行けなかったシンガポール、今年は行かないと。20時半過ぎに帰宅。夜は焼肉に鶏鍋。

競馬●尾張名古屋杯。逃げたサンデンバロンの直後につけたカツゲキライデンが直線入口で並びかけると競り落として半馬身差で勝利。ゴール前迫ったサンライズフレンチがクビ差3着。●G2サンパスカルS(サンタアニタ8.5F,4&up):4頭立てとなって人気のミッドナイトストームが逃げ切り勝ち。2列目から直線迫ったアクセレレートが1 1/4馬身差2着。2番手を追走していたダルモアが2馬身半差3着。ペガサスワールドCの前哨戦として出走する予定だったアーロゲートは馬場悪化を理由に回避。●G3ミスタープロスペクターS(ガルフストリーム6F,4&up):6頭立ての離れた最後方を進んだ最低人気スクワドロンエーが直線ラチ沿いから抜け出してグレード初勝利。直線一旦は先頭に立っていたキャンディップが2馬身半差2着。1 1/4馬身差3着に人気のデルタブルースマン。ブラックキャヴィアの初仔Oscietraのデビュー戦は3着。ボブ・バファートと決裂したKaleem Shah所有の馬たちは7頭がダグ・オニール厩舎へ、6頭がアート・シャーマン厩舎へ。

本日のワイン●30日から3日連続のピノノワールで、ニュージーランド・マールボロのダッシュウッド、ピノノワール2014

|

« メンコに思いを託しての | Main | 今年も難解なり帯広記念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64711580

Listed below are links to weblogs that reference 会社でモチを食べる元日:

« メンコに思いを託しての | Main | 今年も難解なり帯広記念 »