« December 2016 | Main | February 2017 »

January 31, 2017

あらためてヤマミダンス

一昨日夜の熱発は、一気に38度5分ほどまでに上がったのでほとんどインフルエンザかと覚悟。節々が痛むなかで向う5日間のスケジュールをどうするか思案したのだが、しかし。翌(昨日)朝には36度8分とかまで下がってくれてひと安心。本日からはまったくの平熱。念のためかかりつけの耳鼻科に行って、毎度この季節のノドの炎症によるものだったことを確認。あらためてトシをとってこれ以上の無理はできないよなぁ、と思いつつ。
出走していたのに気づいていなかったのだが、共有させていただいているミラクルワーカーが川崎1レースでしぶとく粘って3戦目での初勝利。さすがにここで勝てなかったらどうする、というメンバーではあった。

競馬●梅桜賞。2番手につけた断然人気ヤマミダンスが向正面で先頭に立つとそのまま後続を寄せ付けず。4番手を追走していたスターレーンが5馬身差2着。中団から押し上げたスダチチャンが2馬身差3着で、地元最先着はクインザドリームの4着。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2017

おばあちゃんジョッキー

1311712会社のデスクトップMacを新しくしまして、老眼に優しい(笑) Retina 4Kの21.5inch iMac。今まで使っていたのがMac Mini Intel Core 2版のMid2010で、モデルからして6年くらい使ったでしょうか。さすがにシステムを最新のものにするには不安があり、最新版にできないアプリも出てきたので。そしてびっくりしたのはMacの標準バックアップシステムであるTime Machine。新しいMacを最初に起動したときに、以前のMacのTime Machineのディスクを接続すると、あら不思議。ファイルや設定だけでなく、アプリまですべて同じようにインストールされ、その設定まできっちり残っているし、ブラウザのCookieとかまで残ってるという。ようはデータをコピーする時間だけ待っていれば新しいマシンでも同じ環境ができてしまうという。おそれいりました。ところでWindows10でも同じようなことはできるんだろうか。

競馬●G1スチュワーズC(シャティン1600m):4コーナーで馬群のど真ん中にいた1番人気ヘレンパラゴンが馬群をさばいて抜け出した。ジョイフルトリニティが3/4馬身差2着。ゴール前迫ったエーブルフレンドが3着で、ジョン・ムーアが上位3着まで独占。●G2センテナリースプリントC(シャティン1200m):ハナをとったペニアフォビアが逃げ切り勝ち。人気のラッキーバブルスは4番手から追ったものの3/4馬身まで。1 1/4馬身差3着にノットリスニントゥミー。エアロヴェロシティは最下位。29日のタンパベイダウンズ第4レースで、間もなく63歳というおばあちゃん騎手スー・マーティンが勝利。騎乗したブルーヘイズオブファイヤーを管理するウェイン・マーティン調教師は夫。リチャード・ミグリオーレがファシグティプトンのミッドランティック・ウインター・セールでアナウンサーに。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2017

体調的鬼門の1月最終週

午前7時起床。ジョギングで別所沼公園へ。気になって久しぶりに見てみたら、どこかに持ち去られたか捨てられてしまっていた、うなこちゃんが復活していた。この土日で予定していた仕事がおよそ6時間の遅れ。なんとかならんものか。ノドがちょっとイガイガしてきたなあと思った夜。ワインを1杯飲んだらクラッと来た。熱発。

競馬●G3ヒューストンレディースクラシックS(サムヒューストン8.5F,4&up f/m):3コーナー過ぎで前をとらえたアンブライドルドモーが直線抜け出して押し切った。断然人気アイムアチャッターボックスは勝ち馬を追ったもののゴール前で突き放されて2 3/4馬身差2着。1 1/4馬身差3着にファミリーツリー。●G3ジョンB.コナリーターフカップS(サムヒューストン芝12F,4&up):3番手から2コーナーで先頭に立った人気のビッガーピクチャーがそのまま押し切った。僅差2番人気のオスカーノミネーテッドが食い下がったものの1 1/4馬身差2着。3/4馬身差で3着にグリーングラスオブワイオミング。上位3着まで独占のマイケル・メーカー調教師はこのレース4連覇。KYダービー・フューチャーウェイジャーPool2。個別の馬の1番人気はBCジュベナイル勝ちのクラシックエンパイア。バルバロの全弟ニカノール産駒の初勝利。

本日のワイン●昨日の続き。オリオルロッセール・キュヴェ・エスペシアル・ブリュット。キザンワイン赤2014。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2017

ペガサスはアーロゲート

Arrogete1ペガサスワールドC。やっぱり行くのは無理だったよなあ、と考えながら家に引きこもって原稿の1日。G1勝ちはウッドウォードSだけというシャーマンゴーストに5馬身近くの差をつけて圧勝したアーロゲートには、さてどのくらいのレーティングがつくのか。対してカリフォルニアクロームは、これが引退レースであり、チャイナホースクラブに一部権利を譲ったり、さらにはエクリプス賞の授賞式でオーナーが不規律な発言をしたりがあって、やっぱりなあ、という結果。

競馬●G1ペガサスワールドCインヴィテーショナルS(ガルフストリーム9F,4&up):3番手の内にアーロゲート、外にカリフォルニアクロームと併走して進んだものの3コーナーで明暗。前をとらえにかかったアーロゲートが4コーナー手前で先頭に立つと直線抜け出して後続を寄せ付けず。中団から伸びたシャーマンゴーストが4 3/4馬身差2着。2番手を追走していたネオリシックが3馬身半差3着。後方を追走していたキーンアイスが4着。3コーナーから後退したカリフォルニアクロームは9着。●G3W.L.マクナイトH(ガルフストリーム芝12F,4&up):中団を追走したタグリーブが直線での追い比べから抜け出しグレード初勝利。外から迫ったサドラーズジョイがアタマ差2着。2番手から直線一旦は先頭の伏兵パターソンクロスが1馬身差3着。●G3ラプリヴォヤントH(ガルフストリーム芝12F,4&up f/m):中団6番手追走から4コーナー外から一気に先頭に立ったサフューズドが直線で抜け出した。昨年10月のG1 E.P.テイラーSではアルズギャルにハナ差2着だった。2番人気アールズが1馬身差2着。2番手から3コーナーで先頭に立ったトライユアラックが1馬身差3着。●G3ハリケーンバーティS(ガルフストリーム7F,4&up f/m):好位4番手を追走した断然人気カーリンズアプルーヴァルが4コーナーで前をとらえると直線抜け出してグレード初勝利。2馬身半差2着に2番人気ジャンル。アタマ差でディスティンタ。ペガサスワールドCデイのガルフストリームパークは4021万ドル余りの売上げで、ブリーダーズC開催を除いて1日の売上げレコード。●G1ザサンメット(ケニルワース2000m,3&up):勝ったのはオーストラリア産の4歳馬ウイスキーバロン。父マンハッタンレイン。クイーンズプレート2勝などG1・5勝のリーガルイーグルは1馬身半差2着。デットーリ騎乗のザコングロメレイトは13着。●G1ケープダービー(ケニルワース2000m,3yo):こちらをデットーリのエディクトオブナントが勝利。●G1マジョルカS(ケニルワース8F,3&up):父シルヴァノの4歳牝馬ナイチンゲールが勝利。

本日のワイン●カヴァはオリオルロッセール・キュヴェ・エスペシアル・ブリュットキザンワイン赤2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2017

初めて利用する羽田2T

午前5時起床。日帰りで、苫小牧へ。航空券は自分で手配したわけではないので、ANA。羽田空港の国内線ターミナルが第1、第2と別になって以来、第2のほうには待ち合わせで一度だけ行ったことがあるだけで、なんと!第2から飛行機に乗るのは初体験。当たり前だけど風景が新鮮。10年以上維持してきたユナイテッドのスターアライアンス・ゴールドが今月一杯で切れてしまうので、国内線のANAゴールドラウンジをギリギリのタイミングで利用。JALのサクララウンジと、提供されるものはほとんど同じ。しかし手荷物検査からラウンジ、そして搭乗口へという動線はサクララウンジよりもかなり便利。どうもJALのほうは、サクララウンジと、その上のダイヤモンド・プレミアラウンジとを差別化するためにそうしているようにも思えなくもない。到着した新千歳空港とJRの駅は、大陸の方々がごった返してという状況。なるほど春節でしたか。苫小牧にて、ホッコータルマエ関係の取材。その成果は『優駿』3月号にて。そして苫小牧の公式キャラクター『とまチョップ』をはじめて知りました。終えて、新千歳空港に戻る鉄路が踏切に侵入した異物を取り除くためとかで20分ほどの遅れ。金曜夕方につきビジネス客満載のANA便にて羽田戻り。で、出社。いつもの終電4本前で帰宅。日付が変わって、カレーを仕込む作業。

競馬デットーリが土曜日、ケニルワースのG1サンメットで昨年ダーバンジュライを制したコングロメレイトに騎乗する。ペガサスワールドC。記事のカリフォルニアクロームでなく、向正面のでっかいペガサスの石像(?)が気になる。サンタアニタダービーなどG1・2勝で種牡馬のブラザーデレクがサウジアラビア王族の牧場に。

本日の酒●陸奥八仙・特別純米酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2017

ゴドルフィン勝ちまくり

夕方、最終レースが終わる頃の時刻に大井競馬場へ。取材。
ワールドトップ100 G1レースで東京大賞典が84位タイにランクイン。地方競馬が世界の競馬の中で対等に評価される時代が来たかと思うと、ちょっと感慨深い。

競馬●ゴールドジュニア。前半は後方集団を追走していたセレニティフレアが3コーナー手前からまくって直線大外から一気に突き抜けた。中央未勝利から転入して3連勝。父アグネスデジタル。先行集団から3〜4コーナーで先頭に立ったサイレンスミラーが1馬身半差2着。さらに1馬身半差でセイプレジール。●G1アル・マクトゥーム・チャレンジR2(メイダン・ダ2200m,PA 5&up):ロシア(?)でG1を7勝(?)していた7歳のFaucon Du Loupが2着に11馬身差をつけて圧勝。●G2アルラシディヤ(メイダン芝1800m):7頭立ての中団4番手を追走していたゴドルフィンのプロミシングランが、逃げ粘っていたライトザライツをゴール前とらえて半馬身差で勝利。昨年9月にトルコのG3イスタンブールトロフィー勝ちがあった。父ハードスパン。そのうしろから迫ったアーンショウがクビ差3着。●G2ケープヴァーディ(メイダン芝1600m):3番手を追走したゴドルフィンのヴェリースペシャルがゴール前で差し切り連覇。半馬身差2着に内を伸びたオーパルティアラ。クビ差3着にマフリハ。●そしてメイダンはサラブレッド6レースのうちゴドルフィンが5勝。ヴェリースペシャルが勝ってヴェリースペシャル・ナイト。あと1つもシェイク・ハムダン・ビン・モハメドさんの馬が勝ってファミリーで独占。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2017

百万分の一の牝馬女王に

TCK女王盃の大井競馬場へ。ホワイトフーガは強いときは強い、でも危うさもある馬、という結果。JBCレディスクラシックと昨年のTCK女王盃を勝っているとはいえ、大井は存分に能力を発揮できる舞台ではないような。そしてそのホワイトフーガを振り切って2着のリンダリンダの充実ぶり。仮にトーセンセラヴィが無事に普通に走っていたとしても今回は逆転していたのではないだろうか。
1251743終了後、お約束あった有楽町ワイン倶楽部へ。肉塊。写真だとそんな大きく見えないものの、予約しておいた約800g(!)のトマホーク。税抜き8500円くらい。4人でいただきました。ワンミリオンスの単勝のおかげで、ちょっと高めのワインもいただきました。ごちそうさまです>自分。

競馬●TCK女王盃。3番手のリンダリンダが直線を向いて先頭へ、そのうしろからホワイトフーガが外へ、ワンミリオンスが内へと並びかけて3頭の追い比べは、内のワンミリオンスが抜け出した。リンダリンダが3/4馬身差2着。ホワイトフーガはアタマ差3着。ブリーダーズCとカタール競馬馬事クラブがパートナーシップ。互いのフェスティバルで交換的にスポンサードレースを行う。

1251741本日のワイン●有楽町ワイン倶楽部にて。
グラスでモンテベッロを1杯。
シャトー・ド・ラ・マルトロワ、シャサーニュ・モンラッシェ2013
丹波ワイン、鳥居野産ピノノワール2013
フロッグスリープ、ジンファンデル2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2017

和の出汁と中華麺の遭遇

1241759午前5時半起床。勤勉にオフト後楽園で馬券を仕入れてグリーンチャンネル。の前に、久しぶりに『門仲そば』へ。すると思わぬ新メニュー。しばらく行ってなかったので、“新”ではないのかもしれないけど。かけ中華そば350円也に、生たまご60円をトッピングしてみました。姫路あたりでいう「えきそば」ですな。そばの出汁に中華麺。ちぢれ細麺なので「えきそば」とはちょっと麺が違うけれども。さらなる違いは黒くて濃い関東風の出汁か。花かつお、ネギにラー油をたらしたのがちょっとしたアクセントになっていて、和の出汁と中華麺が新たな出会い。春菊天トッピングでもよかったかも。
そういうわけで全日本新人王争覇戦の中継。騎手交流戦はますます予想が当たらないので、恥さらしとは思いつつ、10頭立ての6頭3連複ボックスとか。それでも当たりません。第1戦は1頭ヌケ。第2戦はなんと2頭抜け。ますます恥ずかしい。
その新人王争覇戦があった高知でも、最高気温7度、最低気温は0度とか氷点下とか、東京あたりとあまり変わらない感じ。そういえば最近、温暖化とかほとんど聞かなくなった。暖かいのと寒いのとは10〜20年くらいの周期があって、たまたま最近までは暖かい周期だったのでなないだろうか。そうだとすると今後10年か20年くらい、冬は今年くらいの寒さが続くのではないかと想像するんだけど、どうでしょう。小学生のころの冬の寒さが、ちょうど今年あたりと同じくらいだったような気がする。

競馬ウインクス、今年最優先の目標はコックスプレート3連覇。ロイヤルアスコット遠征はさらにその先、2018年て。アーロゲートが2016ワールドベストレースホースに。ボブ・バファートはアメリカンフェイロアに続いて2年連続。ペガサスワールドCの枠順が決定。ん、補欠も3頭いるのか。$12,000,000という数字が新鮮。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2017

こんな日もある睦月後半

夕方からインタビュー取材。なかなかうまくいきませんなあ、という迷走。

競馬カリフォルニアクロームのオーナーが、エクリプス賞の表彰で支離滅裂なスピーチ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2017

降り続く雪でもばんえい

1221737午前6時起床。目の前のやるべきことを粛々と片づけていくのみ。とはいえなかなか予定通りには進まず。帯広は雪が続いてのスピード決着。最終レースなどはロードヒーティングでは間に合わないような感じの積もり方。結局家から一歩も出ずの引きこもり。夜。アボカドがあったので、にんにくチップにガーリックオイル、それに岩塩。おいしゅうございました。

競馬●ヒロインズカップ。第2障害先頭はファイトガールで、セイコークイン、アアモンドセブンが続いて3頭が先行。うっすらと雪が積もった状態ではやや離れた4番手以下からは届かず、ゴール前でファイトガールが詰まったところをアアモンドセブンが抜け出した。差なく2着にセイコークイン。ファイトガールは3着。●大高坂賞。4番手から早めに進出した断然人気サクラシャイニーが、3コーナー過ぎで逃げていたカッサイをとらえると直線突き放して楽勝。ゴール前でカッサイをとらえたボスキャラが4馬身差2着。ペガサスワールドCに一旦は出走が決まりかけたガンランナーだが、馬ヘルペスの影響で移動が認められず、ということになりそう。そのペガサスワールドCに出走するキーンアイスは今年は現役で、引退後はカルメットファームで種牡馬に。ロビー・アルバラードが通算5000勝。フェアグラウンズにて。

本日のワイン●キザンセレクション・メルロー/プティヴェルド2014。独特の消し炭っぽい煙たい香りに、これまた独特なタンニンも。時間をおくとこなれてなめらかな感じに。シャルドネともども、さすがに早くも完売なんですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2017

年度代表馬再びクローム

大統領就任演説を見て、午前3時半に寝て、朝は6時起床。午後から中山競馬場へ。ちらっとインタビュー取材。競馬は見ずに帰宅。「終わらねー」とうなりながら仕事。夕飯につくった豚肉とセロリの塩レモン炒めがおいしゅうございました。

競馬●G2サンタモニカS(サンタアニタ7F,4&up f/m):5頭立て行ったままの決着で、逃げた断然人気ファインストシティが、2番手のファンタスティックスタイルに4コーナー手前で並ばれたものの3 3/4馬身突き放して圧勝。BCフィリー&メア・スプリントを勝って以来の出走で連勝。クビ差3着にシーアプレジャー。●G3ルコントS(フェアグラウンズ8F70yards,3yo):人気のゲストスウィートが直線先頭に立って勝利。1 1/4馬身差2着にアントラップト。半馬身差3着にテイクオフ。●G3カーネルE.R.ブラッドリーH(フェアグラウンズ芝8.5F,4&up):3番手から直線抜け出したグラニーズキトゥンがグレード初勝利。クビ差2着にウエスタンリザーヴ。人気のチョコレートライドは2馬身半差3着。●サンシャインミリオンズクラシック(ガルフストリーム9F,4&up):直線3頭の叩き合いを制したのは内のハイリヴァーサイド。ハナ差2着に逃げたブービー人気のノーセットビーチ。断然人気オウサムスルーは3/4馬身差3着。エクリプス賞年度代表馬はカリフォルニアクローム。2014年に続いて2度めの受賞。カリフォルニアクローム202ポイントに対してアーロゲート40ポイント。

1221746本日のワイン●いつからかもったいなくて飲めなかったアルザスの泡、ドメーヌ・クレマン・クリュール、クレマン・ダルザス・キュヴェまねきねこ・ブリュット。ピノブラン60%、ピノオーセロワ40%。で、辛口だけどマスカットのような甘い感じあり。先週日曜日に開けたままになっていた、ファミーユ・キオ、QEFロゼ2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2017

雪が降りましての大寒に

午前5時起床。早朝の仕事を家ではせず、そのまま出社してみました。午前6時台前半なら埼京線もまだそれほどの混雑ではない、と覚え書き。無事に本日締切の原稿を送信。池袋界隈は、積もるほどではなかったとはいえ昼過ぎから雪。やや早めの時刻から、新年会なのか何なのか。ふつうの会社員が帰宅するような時刻に帰宅。一旦寝て、日付変わって午前1時半起床。大統領就任演説を見る。

競馬G3ジェベルアリマイル(ジェベルアリ1600m):9歳になった地元のFORJATTが昨年2着の雪辱。2014年以来このレース2度めの勝利。1 1/4馬身差2着にシャマールニブラス。フェアグラウンズの馬ヘルペス発生で出走が危ぶまれたガンランナーだが、無事ペガサスワールドC出走へ。2016 NTRA Moment of the Yearには、ドバイワールドCのカリフォルニアクローム。

本日の酒●恵比寿の回転しない某寿司チェーンにて。
美濃菊・純米吟醸・あらばしり
酔鯨・特別純米酒
浦霞・特別純米
銀盤・純米吟醸
大七・純米生酛
会津中将・生純米原酒 無濾過生しぼり
種類はいっぱい飲んだけどほとんどお猪口1、2杯の量につき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2017

韓国馬がドバイで初勝利

171731ペヤング・パクチーマックス、いただきました。お湯を切ったあと、紙のフタを開けるとパクチーの香りがブワッと。よくできました。が、パクチー好きだからってわざわざこれを食べなくても、という気はする。ナンプラーで塩やきそばつくって、それにパクチーを乗せたほうがおいしいかと。当たり前か。
12月までの開催成績が発表された地方競馬。今年度4-12月の1日平均で、ついにばんえい競馬が1億円超え。

競馬●園田クイーンセレクション。ぴたりと2番手の1番人気スターレーンが4コーナーから直線で先頭に立ったものの、3番手からゴール前、外から猛追したカツゲキマドンナがハナ差とらえてのゴール。木之前葵は重賞通算5勝目。半馬身差3着に逃げたチョウキャプテン。G2アルファヒディフォート(メイダン芝1400m):最内枠からハナに立ったチャンピオンシップが直線突き放して逃げ切り勝ち。アブダビのナショナルデイC勝ち、シングスピールS2着からの重賞初勝利。3馬身半差2着にフラッシュファイヤー。3/4馬身差3着にノアフロムゴア。●UAE1000ギニーズトライアル(メイダン・ダ1400m,3yo f):ヨーロッパから転戦したゴドルフィンのリアリースペシャルが勝ってデビューから3連勝。父シャマーダル。それにしてもゴドルフィンにスミヨンが乗る機会が多い。●メイダン・ダ1200mのハンデ戦に韓国産・韓国調教馬が2頭出走して、その1頭メインステイが勝利。父テールオブザキャット。韓国馬によるドバイワールドCカーニバルでの勝利は初めて。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2017

川崎の借りを浦和で返す

1181725在宅にて原稿を片付ける日。合間にニューイヤーCの浦和競馬場へ。地方競馬はどこも売上げが上がっているが、競馬場も平日昼間開催にもかかわらず、たしかに以前より盛り上がっているような気はする。ゴール前、ギリギリで差し切ったのは、門別の出世レースのひとつサンライズCを勝ってきたヒガシウィルウィン。アタマ差で2着に負けたとはいえ、60歳のマトバさんまだまだスゴイ。地方通算7000勝まであと40。そっこー帰宅して仕事に戻る。目標の半分ほどまでしか達せず。

競馬●ニューイヤーカップ。3番手の内を追走したブラウンレガートが直線を向いて先頭に立ったが、縦長の8番手あたりから位置取りを上げてきたヒガシウィルウィンがゴール前でアタマ差とらえて勝利。3馬身差3着に勝ち馬と一緒に外を通って上ってきたカンムルが3馬身差3着。●ジャパンという名の種牡馬の初産駒が誕生。現役時はG2ジムダンディSで3着があった。

本日の寝酒●清泉・純米吟醸。陸奥八仙・特別純米。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2017

フリオーソが止まらない

名古屋の新春ペガサスカップにはフリオーソ産駒が3頭出ていて、そのうち2頭に◎◯を打ったらともに着外。勝ったのは△8番人気のフリオーソ産駒だったという。そして母はオグリキャップ記念まで勝って重賞9勝のクインオブクイン。母も5歳までは400kg前後の小さい馬だったが、クインザドリームも398kgという。この日は浦和でも条件交流をフリオーソ産駒のクラールハーモニーが勝った。そして明日の浦和の若水特別にもバリスコア、イノデギャルソンとフリオーソ産駒が2頭。それにしてもバリスコアでもニューイヤーカップの枠に入るには賞金がぜんぜん足りないと。兵庫ジュニアグランプリ3着馬が出られないというのはどうなのか。

競馬●新春ペガサスカップ。中団7番手を追走していたクインザドリームが直線外から差し切った。そのうしろから先に仕掛けたドリームズラインが半馬身差2着。直線単独先頭に立っていたメモリーミラクルがクビ差3着。●ペガサスワールドC。ノーブルバード、プレイヤーフォーレリーフの2頭が出走表明して12頭のフルゲートに。アーロゲート、カリフォルニアクローム、キーンアイス、ネオリシック、シャーマンゴースト、エラゴン、ウォーストーリー、ウォーエンヴォイ、ブレイキングラッキー、ラリス。

本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 16, 2017

事務所のトイレが冷蔵庫

1161720お寒うございます。部屋の中は暖房しているのでまあそれなりに暖かいものの、閉め切りのトイレに入ると、そこはまるで冷蔵庫のように冷え冷え。税理士さん来社につき、肉屋の源ちゃん弁当は、豚肩ロースのショウガ焼き弁当をお願いしました。モヤシたっぷりでフタが閉まらないほど。これで普通盛り。茶色一色なのがギャンブルフードっぽいですな。
そして夜は、すぱっと的中大作戦関係者の新年会。いかの墨・新宿駅南口店にて。新潟からの出店らしく、お刺身はホウボウ、イカ、天然ブリなどがたいそう美味しゅうございました。そして〆の土鍋でツヤッツヤに炊かれたご飯も。ギリギリ終電に間に合って帰宅。

競馬名古屋競馬、積雪で中止。●G3トボガンS(サンタアニタ6F,4&up):2番人気グリーングラトーが後続をぎりぎりしのいで逃げ切り勝ち。3番手からゴール前迫ったオールスターレッドはアタマ差2着。断然人気ストールウォーキンデュードはクビ差3着。●G3メガヘルツS(サンタアニタ芝8F,4&up f/m):7頭立ての5番手を追走したプライズエグジビットが直線で楽に前をとらえて勝利。1 1/4馬身差2着にジェレミーズレガシー。アタマ差3着にイントゥザミスティック。

本日の酒●熱燗は吉野川。冷酒は麒麟山・超辛口。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2017

中央代替開催で一喜一憂

午前6時起床。のつもりでアラームをかけたものの、結局起きたのは7時近く。飲み過ぎというほどではなくても一定以上アルコールを摂取してしまうと翌朝の寝起きがつらくなるなあ。今さらだけど。おそらく氷点下の気温の中、ジョギング。健康には、この状態でも運動したほうがいいのかしないほうがいいのか、よくわかりません。中京は朝から中止。時間を遅らせて開催するというお知らせの京都も中止。それが月曜と火曜に延期になるという。JRAの地方競馬ネット投票で、売れなかったはずが売れるようになったり、売れるはずが売れなくなったりの競馬場は一喜一憂ですな。
ばんえい記念すげー!。空港連絡バスの無料臨時運行

競馬●花吹雪賞。先行集団の5番手を追走していたオヒナサマが3コーナー過ぎで先頭に立つとそのまま押し切った。中団うしろから追ってきた高知のタッチスプリントが1馬身差2着。4番手の内を追走していたコパノレイミーは3馬身差3着。

本日のワイン●夕メシは、マグロとブリで手巻き寿司。続きのカヴァ、ボデガス・コヴィニャス、シエラ・サリナス・ブリュット2014キザン・ファミリーリザーブ2014。困ったときのロゼ、ローヌのファミーユ・キオ、QEFロゼ2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2017

関東でも氷点下の土曜日

1141742午前7時起床。おそらく気温0度前後のところ、体温を上げるべくジョギング。本日も原稿と延々格闘。寒い日はお手軽に鍋。ということで、半端に余っていたルーでカレー鍋にしてみました。春菊たっぷり。カレーにはジャガイモ、ということで紫のシャドークイーンがカレー鍋にはとっても合いました。

競馬●G3ハルズホープS(ガルフストリーム8F,4&up):先行5頭集団の好位を進んだ人気のトミーマッチョが直線半ばで抜け出し突き放して圧勝。5 3/4馬身離れて3着にバードソング。1馬身半差3着にリアルム。●G2フォートローダーデールS(ガルフストリーム芝8.5F,4&up):後方を追走していた3頭が直線外から伸びて、フラットラインドが接戦を制しグレード初勝利。父フラッター。アルマナールがクビ差2着。人気のディヴィジデロは3/4馬身差3着。●G3マーシュアズリヴァーS(ガルフストリーム芝8.5F,4&up f/m):アルシャカブのサンディヴァが4番手追走から直線半ばでとらえて人気にこたえた。半馬身差2着にシーコースト。単騎で逃げたイザベラシングスは離されて3着。●G2ラカナダS(サンタアニタ8.5F,4&up f/m):断然人気のヴェイルドリが後続を寄せ付けず逃げ切り勝ち。G2バヤコアHから連勝。唯一直線で食い下がったショウスティーラーが2馬身半差2着。7馬身半離れて3着にオータムフラワー。

本日のワイン●ヴィンテージ付きの安カヴァ、ボデガス・コヴィニャス、シエラ・サリナス・ブリュット2014。そして昨年秋リリースのキザン・ファミリーリザーブ2014。よろしゅうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2017

年末多忙での忘れ物発覚

午前6時起床。早朝家で仕事、出社して当然仕事。夕方、ふとしたことから、12月末日付で送らなければいけなかった100万円からの請求書を送り忘れていたことに気づいて焦る。それでもまだこのタイミングで気づいてよかった。帰り際、ちらりと見た『ドキュメント72時間』が成田空港の入国審査場で、普段から写真撮影も携帯での通話も禁止されている場所をよく撮影させてくれたなあ。並んでる人たちの顔もけっこうそのまま映ってたし。さすがNHK。

競馬●サッポロクラシックカップを勝っていたフライングショットが、船橋転入2戦目の水仙賞を勝利。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2017

真っ黒な物体、漬物です

1121736昨日ですが。船橋競馬場でおなじみ成田漬物本舗で「めずらしいものがあるんですよ」と薦められたのがコレ。キュウリと生姜の奈良漬。1年のうちでこの時期しかできないそうな。奈良漬って、白瓜を漬けたのだけを言うのかと思ってたら、Wikiによると酒粕の漬物はすべて奈良漬って言うんですな。それにしても酒粕に漬けると生姜がこんなに真っ黒な物体になるとはちょっとびっくり。そして食べてみましたが、うん、ご飯のおかずというより、当然のことながら日本酒か焼酎のアテですな。ワインでは絶対対抗できませんです、はい。

競馬●白銀争覇。2番手を追走したランドクイーンが3コーナー過ぎ、逃げたエイシンアトロポスをとらえると直線抜け出して後続を寄せ付けず。中団から進出してきたメモリージルバが外から伸びて2馬身差2着。3コーナーで9番手だったオグリタイムが追い込んで3着。ドバウィS(メイダン・ダ1200m,3&up):11歳になったレイナルドザウィザードが3番手追走から逃げ粘るムアーラブをゴール前でとらえ、昨年のこのレース以来の勝利で3連覇。逃げたムアーラブは半馬身差2着。4 1/4馬身差3着に、サンタアニタスプリントチャンピオンシップ、ビングクロスビーSとG1・2勝のワイルドデュード。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2017

冬晴れ黄昏時の船橋記念

1111751チーバくん、キャロッタ、目利き番頭船えもんがコースを見て黄昏れる船橋競馬場へ。マナミン、船橋1600は合わないようで逃げたものの直線ばったり。連闘で2勝を挙げている浦和開催へ。で、船橋記念は、フラットライナーズが57キロでもハナを奪ってしまえばという貫禄の逃げ切り。終了後、そっこーで、武蔵野線が帰宅ラッシュになる前に南船橋から乗車してまっすぐ帰宅。インタビューの文字起こしなど、日付が変わるまでみっちり。

競馬●船橋記念フラットライナーズはスタートいまいちも二の脚のダッシュでハナに立つと道中も楽な手応え。やや離れた2番手を追走したブラックレッグがゴール前迫ったもののクビ差でしのいで南関東では4連勝。4コーナー11番手から馬群をさばいて追い込んだムービングライトが2馬身差3着。メルボルンCで2着だったハートブレイクシティが再びハードルへ。テピンが今年もロイヤルアスコットへという可能性。

本日の酒●ずっとパソコンに向かっていてすぐは寝られないので、本日も寝酒に玉乃光・純米吟醸。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2017

新年を迎え新年度の展望

グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』の今年初回でした。ありがたいことに地方競馬関連の番組でグリーンチャンネル出演も10年目を迎えました。
ところでJRA-PATの地方競馬ネット投票の発売が2015年の約414億円から2016年は約591億円と約43%増。今年からヤングジョッキーズシリーズが始まることなどもあって地方競馬中継のほうにも影響(いい意味で)がありそうですかね。

競馬1/9月曜日で岩手競馬の通常開催が終了。開催日数が前年度より1日減っても総売得額は前年度比113.6%。1日平均では約2億488万円で114.5%。そして3月の特別開催では、ひっそりと奥州弥生賞という3歳重賞が追加されている。

本日の酒●玉乃光・純米吟醸。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2017

最近めずらしい7場開催

在宅にて、引き続き原稿書き。月曜日の祝日にもかかわらず中央が開催を設定しなかったため、地方では追加で開催するところがいくつかあっての7場開催。それでもばんえい競馬は1億3858万6300円を売り上げた

競馬●トウケイニセイ記念。マイル戦の大外枠からハナを主張したミラクルフラワーが逃げ切り勝ち。後続有力馬は差を詰められず、ラチ沿いを追走していたアントニオピサが2馬身差。外から追い上げたナリタスーパーワンはクビ差3着。サイレントネーム産駒のシレンティオがテキサス州キーンファームで種牡馬に。種付料は1000ドル。アイルランド産のサラブレッド76頭が中国に輸出された。

本日の酒●少しだけ残っていたドメーヌ・ペック・プイエ ブラン2015。れんとのお湯割りを1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2017

単勝55倍で逃げ切り快勝

181720なるほど今年は曜日の並びからして、世間では年末年始の休みのあと、すぐに成人の日の3連休ですか、そうですか。そういうわけで本日も勤勉に出社。それでもグリーンチャンネルをつけていると、門別のリリーCでアップトゥユー、ピンクドッグウッド、オーブスプリングなどをまとめて負かしていたハタノオヌールが京都ダート1200mの3歳500万下に出ていて、13番人気ならが楽々と逃げ切り勝ち。なるほどね。写真は、昨夜つくったクリームシチュー。あとのせブロッコリーがみんな逆さまですね。午後から予報どおり冷たい雨。夜になって軽く頭痛。頭使いすぎたか。

競馬●九州オールカマー。4年以上ぶりに佐賀に戻ったウルトラカイザーが逃げ切ろうかというところ、2番手集団から1頭だけ追ってきたキョウワカイザーがゴール前で差し切った。3着には大差。●G2サンタイネツS(サンタアニタ7F,3yo f):前で競り合う3頭を見る位置を進んだユニークベラが持ったまま3コーナー過ぎで前をとらえにかかると、直線でも追われることなく突き放して圧勝。デビュー2戦目のメイドンから連勝。父タピット。7馬身半差2着にイットティズウェル。2馬身半差3着に1番人気シェーンズガールフレンド。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2017

土曜限定池袋での昼飯は

171755ある程度そうしようとは思っていたのだが、昨夜は会社泊。毎年1月の第2週末だけはそうして原稿を書き続けないと間に合わないので。昼は、マイフェイバリットといってもいい、土曜限定のAランチを食べにハーイ・ハニーへ。すごい盛りに見えますが、盛りのほとんどはキャベツの千切りとモヤシなので、またそれもいいのですよ。モヤシと豚バラの玉ねぎソースが絶品。手作りメンチカツも。夕飯はコロッケパン1個だけで粛々とパソコンに向かう。日付が変わる前に帰宅。どうしても自分でつくったものを食べたかったので、明日のためにクリームシチューの仕込みを午前1時半まで。寝ろよ、自分。

競馬●G1クイーンズプレート(ケニルワース1600,3&up):父グレイズインのリーガルイーグルが人気にこたえてこのレース連覇。次走は、昨年2着だった1/28のJ&B Met。●G3ダニアビーチS(ガルフストリーム芝7.5F,3yo):馬群の好位5番手を追走した人気のメイドユールックが4コーナーで外に持ち出し直線抜け出して快勝。父モアザンレディ。2馬身半差2着にクライズイメージ。半馬身差3着にシラーズ。●G3サンガブリエルS(サンタアニタ9F,4&up):後続を引きつけて逃げたブルートーンが、直線で一旦はイッツインザポストにとらえられるも差し返して1 1/4馬身差をつけて勝利。父バードストーンの8歳セン馬ながらグレード初勝利。さらに1 1/4馬身差で3着にトウェンティトウェンティヴィジョン。人気のリングウィークエンドは5着。●G3シャムS(サンタアニタ8F,3yo):スタートからゴールまで、人気2頭が馬体を併せての一騎打ちは、外のゴームリーが、アメリカンアンセムをアタマ差でしりぞけた。父マリブムーン。3着は13馬身離れてビッグヒット。

本日のワイン●クリームシチューをつくるのにあけあた、ドメーヌ・ペック・プイエ ブラン2015。ボトル半分ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2017

お仕事続くよどこまでも

午前6時起床。削れるものは睡眠時間、という態勢。まだまだ普段より空いてる感じの電車で出社。ひとつ、ふたつと、目の前の原稿を締切の順に片付けていくしかない日々がしばらく。。。

競馬カリフォルニアクロームが最終決戦の地、ガルフストリームパークに到着。年度代表馬級になると空港から厩舎までの移動も警察が先導するんですな。

そういうわけで引き続き休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2017

正月5日に気づいたこと

正月三が日もとうにすぎていまだ自分の年賀状には手がつかず、会社宛に来た年賀状に一応は目を通したものの、年末ギリギリに送るときはまったく社員任せというのがもう何年も続いているのだが。なんと、昨年亡くなられ、しかも霊前にお線香まで上げさせていただいた方に年賀状を送ってしまっていたという失態に気づきました。たいへん申し訳ございません。そんな事務的に送っている年賀状ならもうやめたほうがいいよなあ、とあらためて思いましたです、はい。
地方競馬は帯広単独開催でどうかと思ったが、さすがに中央の初日では1億4千万ちょっと。とはいえ普段の日曜日よりは売れた。

競馬ウィンクスはロイヤルアスコット開催遠征までに4戦。2/11のアポロSで復帰し、チッピングノートン、ジョージライダー、クイーンエリザベスS。その後はコックスプレート3連覇が目標。フランスで2/1からムチで叩くことができる回数が8回から6回に減らされる。リチャード・ギブソンが100万ユーロの詐欺被害。ソングバードの復帰戦は3/18のサンタマルガリータ、もしくはアップルブロッサム。北米年度代表馬のファイナリストはアーロゲート、カリフォルニアクローム、ソングバード。アーロゲートの表舞台はトラヴァーズSとBCクラシックの2戦だけ。カリフォルニアクロームとソングバードはチャンピオン決定戦で負けた。という悩ましい選択ですな。●ドバイワールドカップカーニヴァル開幕。純血アラブのG1アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m,5&up):昨年のドバイカハイラクラシックを制したUAE産アフマスムーンが圧勝。前走11月のG1シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヤン・ジュエルクラウンを制していたRb Burnが8馬身半差2着。G2アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・1600m):4番手ラチ沿いを追走したルバーナーディンが直線外に持ち出して差し切り、昨年につづいての連覇。直線先頭に立っていたロングリヴァーが2馬身差2着。ラチ沿いを伸びたリンドアモーがクビ差3着。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2017

川崎メイン3日連続勝利

141752通常出社、スカパーで各地の競馬を見ながら通常営業。川崎メイン、大師オープンは5番人気のガーニーフラップが直線一気の見事な差し切り。還暦のマトバさんは、なんと!1月2日から3日連続でメインレース勝利という快挙。そして昨日が1億5674万円の売上げだったばんえい競馬は、なんと!重賞がない日にもかかわらず昨年末から3度目の2億円超えにはびっくり。まだ世間は正月休みという人が多く、2日、3日は地方競馬で6場開催だったのが4場開催になったぶん馬券の資金がまわってきた、ということでしょうか。夕飯は、ジャンボ餃子で有名な開楽にて。絶品のモヤシソバ。と、ジャンボ餃子1個。

競馬うつ病で引退したキアラン・ファロンがドバイのサイード・ビン・スルール厩舎で調教での騎乗をはじめた。通算7戦2勝、重賞はG3で2着が一度だけというネオリシックがペガサスワールドCに名乗り。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2017

NYRAが日本馬にボーナス

131725恒例の川崎競馬場へ。お参りしていこうかと稲毛神社のほうに向かうとものすごい人が歩いてくるではないですか。稲毛神社ってそんなに初詣に来るの?と思ったのだが、しかし。箱根駅伝復路の最後の走者がちょうど通り過ぎたあとというタイミング。とはいえやはりお参りはかなりの行列で断念。通過して競馬場へ。13時から、今年はロジータホールでばんえいの場立ち予想。それにしても少々の謝礼はいただいているとはいえ、ほとんどボランティアのような形でこれが10年以上も続いているというのはすごい。合間を見て内馬場のふれあいばん馬へ。ミルキーの背中に乗る人たちの満面の笑顔がすばらしい。ずっと見ていても飽きないほど。報知オールスターカップは1番人気のケイアイレオーネ。フミオ、すげえ。そして園田では翌日のレースを最後に引退されるという橋本忠男調教師最後の重賞、エイシンニシパが新春賞をハナ差で勝ったという劇的なレース。終了後、稲毛神社にあらためてお参りして萬福大飯店へ6名で。

競馬●報知オールスターC。4番手一線の外を追走したケイアイレオーネが3コーナーから仕掛けて4コーナー手前で先頭に立つとそのまま押し切った。外から迫ったクラージュドールが半馬身差。内で粘ったタイムズアローはクビ差。アタマ差4着にムサシキングオー。●新春賞。好スタートから4番手に控えたエイシンニシパが3コーナー過ぎで前をとらえにかかり、直線ではアサクサセーラを振り切って単独先頭。ゴール前、外からタガノトリオンフが一気に迫ったもののハナ差でしりぞけての勝利。●名古屋記念。4番手外を追走したカツゲキキトキトが4コーナーで前をとらえると直線半ばで抜け出し快勝。中団から追ってきたヴェリテが1馬身半差2着。勝ち馬に直線まで食い下がったゴールドブラザーが1馬身半差3着。逃げたワールドエンドは6着。●天馬賞。溜めて仕掛けて障害ひと腰先頭のセンゴクエースがそのまま後続を寄せ付けず4歳シーズン三冠達成。障害3番手から2番手に上がっていたキンメダルだが、障害4番手のコウリキがゴール前でとらえて2着。アメリカンフェイロアの初仔が誕生。ガンランナーが正式にペガサスワールドC出走を表明。今年のベルモントSで日本調教馬が勝てば100万ドルのボーナス。それほど日本馬に出てほしい理由は何でしょう。なるほど日本での馬券発売を期待してるのか。

本日の酒●萬福大飯店にて。5年ものの紹興酒を燗で。帰宅して1杯分残ってたダッシュウッド、ピノノワール2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2017

今年も難解なり帯広記念

箱根駅伝のスタートを見てから本日も通常出社。普通に仕事をしながら全国の競馬を見守る正月二日。そんななか、12月29日に帯広単独開催後初の売上げ2億円を突破したばんえい競馬が、本日は帯広記念もあって記録をさらに更新する2億1589万300円。さて、年度の1日平均1億円は到達するでしょうか。

競馬●金杯。2番手追走のオールザベストが3コーナー過ぎで前をとらえると直線突き放して圧勝。5番手から向正面でまくって前2頭に並びかけたサンエイリシャールだったが4馬身差2着。逃げたニードアフレンドが2馬身差3着。●新春盃。6番人気ワンダフルタイムが逃げ切り勝ち。1周目の4コーナーを回ってぴたりと2番手につけた9番人気ピースフルリバティは直線で離されたものの3馬身差で2着。4番手を追走していた5番人気ケントリュウコウがクビ差3着。人気のキタノアドラーブルは後方まま8着。●帯広記念。障害先頭はサクラリュウで、ニュータカラコマ、オレノココロと差なく続いたが、残り20mで完全に抜けたオレノココロがそのまま後続を寄せ付けず完勝。障害8番手のキタノタイショウがぐいぐいと追い込んで2着。ニュータカラコマが3着。●G3ジェロームS(アケダクト8F70yards,3yo):ぴたりと2番手のエルアリーブが3コーナー過ぎで先頭に立つと直線後続をちぎって圧勝。グレード初出走での勝利。父エクスチェンジレート。11 1/4馬身離れて2着にボーナスポインツ。3着トゥルーティンバー。逃げた1番人気のタカフルは直線歩いて最下位。北米でデビューしG1クイーンメアリーSを制したアカプルコがバリードイルに移籍。キングズスタンドSを目指す。チャイナホースクラブがG1スターレットS勝ちなど4戦3勝のエーブルタスマンを買った。2016年の北米リーディングジョッキーはファヴィアー・カステラーノで4年連続。$26,827,966を稼いで300勝。2位は2年連続イラド・オルティスで、$23,456,741、313勝。勝利数ではホセ・オルティスが351勝でトップ。リーティングトレーナーは、2014,15年と2位だったチャド・ブラウンがトップに。182勝を挙げて$23,135,084。274勝で$21,178,642のトッド・プレッチャーが2位。勝利数では367勝のカール・ブロバーグ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2017

会社でモチを食べる元日

111718今年も勤勉に元日から通常出社。NHKの『元気になるお宝百景』という全国放送で、ばんえいの第1レースを実況するという快挙。しかも。スタジオで出馬表まで出して、出演者全員が予想してレースを見る、というのは盛り上がってよかった。
111704昼飯はたいした店もやってないだろうからと思案した結果、会社には幸いにしてトースターも醤油もあるので、サトウの切り餅と海苔を持参して、昼は会社でモチを焼いてみました(笑)。シンガポールの元日開催第1レースでは共有のマリアネグロが2着に入ってまずまず幸先のよいスタート。とはいえ1番人気だから勝ってほしかった。ついに去年は一度も行けなかったシンガポール、今年は行かないと。20時半過ぎに帰宅。夜は焼肉に鶏鍋。

競馬●尾張名古屋杯。逃げたサンデンバロンの直後につけたカツゲキライデンが直線入口で並びかけると競り落として半馬身差で勝利。ゴール前迫ったサンライズフレンチがクビ差3着。●G2サンパスカルS(サンタアニタ8.5F,4&up):4頭立てとなって人気のミッドナイトストームが逃げ切り勝ち。2列目から直線迫ったアクセレレートが1 1/4馬身差2着。2番手を追走していたダルモアが2馬身半差3着。ペガサスワールドCの前哨戦として出走する予定だったアーロゲートは馬場悪化を理由に回避。●G3ミスタープロスペクターS(ガルフストリーム6F,4&up):6頭立ての離れた最後方を進んだ最低人気スクワドロンエーが直線ラチ沿いから抜け出してグレード初勝利。直線一旦は先頭に立っていたキャンディップが2馬身半差2着。1 1/4馬身差3着に人気のデルタブルースマン。ブラックキャヴィアの初仔Oscietraのデビュー戦は3着。ボブ・バファートと決裂したKaleem Shah所有の馬たちは7頭がダグ・オニール厩舎へ、6頭がアート・シャーマン厩舎へ。

本日のワイン●30日から3日連続のピノノワールで、ニュージーランド・マールボロのダッシュウッド、ピノノワール2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »