« 現地まで来てこその遭遇 | Main | 活躍牝馬が続々と日本へ »

November 06, 2016

競馬のまつりが終わって

午前6時起床。8時にチェックアウトしてLAX。午前10時50分発のUAには定刻で搭乗したものの、40数名の乗り継ぎ客待ちに加え、それらの方々の荷物の積み込みもあって1時間も遅れた。最近、年齢ゆえか外国に行くのがちょっとめんどうに感じるようになっていたのだが、しかし。ブリーダーズCはやっぱり見に来てよかったとあらためて。それにしても今回は日本のJBCの翌日ということで、ただ来るだけならいいんだけれども原稿などが大量にあってキツかった。そして、まったく日程が重なっている来年はどうしよう。JBCのほうは前日までのことをやっていけば、むしろ本番以降は任せてしまってもだいじょうぶかも、と来年へ向けての覚え書き。

競馬●絆カップ。逃げたナムラタイタンに、後方から徐々に位置取りを上げてきたナリタポセイドンが4コーナーで2番手の一線。徐々に差をつめてハナ差とらえたナリタポセイドンが転入から2連勝。1 3/4馬身差3着にライズライン。●ばんえい菊花賞。障害先頭はマルミゴウカイだが、障害下に最初に到達してじっくり溜めたツルイテンリュウが差のない2番手から残り200mを切って交わし去って勝利。障害6番手から伸びてきたホクショウディープが迫ったもののマルミゴウカイにコンマ2秒及ばず3着。●G1ローマ賞(カパネッレ2000m,3&up):仏G2ドラール賞を制していたPotemkinがG1初勝利。父ニューアプローチの5歳。1馬身半差2着にロビンオブナヴァン。人気のElliptiqueは3着。

本日のワイン●UAのYにて。白1杯に赤2杯。どちらもカリフォルニアでした。

|

« 現地まで来てこその遭遇 | Main | 活躍牝馬が続々と日本へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64462860

Listed below are links to weblogs that reference 競馬のまつりが終わって:

« 現地まで来てこその遭遇 | Main | 活躍牝馬が続々と日本へ »