« 年度代表マインディング | Main | 門別に来ると決めた日に »

November 09, 2016

原稿を書き続けての悪夢

JBCからブリーダーズCを乗り切って一段落と思ったらまた原稿が重なってしまい早朝から原稿。家から船橋と思っていたのだが、しかし。思いのほか進まず平和賞はまさかの断念。翌日の門別行きを前に日付が変わるまで。そのまま寝たら、やっぱり悪夢を見た。歴代5本の指に入るほどの恐怖で、ぎゃーっと叫んでしまった。それがほんとうに声が出ていたのか、それとも実際には声は出ていなかったのか自分ではわからず。

競馬●平和賞。先行人気馬総崩れとなって、中団から懸命に追走のスカイサーベルが差し切った。スタート後最後方から徐々に位置取りを挙げたキャッスルクラウンも直線突っ込んで半馬身差2着。先行集団を追走したマルヒロナッツオーは直線を向いて抜け出したが粘れずアタマ差3着。2010年のBCレディースクラシックを制したアンライヴァルドベルが380万ドル。キトゥンズジョイの2017年の種付料は10万ドルで据え置き。

本日休肝日。

|

« 年度代表マインディング | Main | 門別に来ると決めた日に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64470863

Listed below are links to weblogs that reference 原稿を書き続けての悪夢:

« 年度代表マインディング | Main | 門別に来ると決めた日に »