« 3年の時を越えての頂点 | Main | 競馬のまつりが終わって »

November 05, 2016

現地まで来てこその遭遇

1161650雲ひとつなく真っ青な空が広がるサンタアニタ競馬場。BCフィリー&メアターフは、アヴェンジが逃げ切った前走G1ロデオドライヴ以上のハイペースで逃げて、結果的に後方を追走した2頭の決着。人気のレディーイライをハナ差で退けたのはイギリスのクイーンズトラストで、なんとこれがデビュー以来の勝利。このペースで3着に粘ったアヴェンジもやっぱり強かった。
BCターフは、ハイランドリールが逃げたのでファウンドのラビットの役目なのかと思ったら、向正面から徐々に後続との差を広げて逃げ切ったのには驚いた。
そしてBCクラシック。逃げたカリフォルニアクロームがメラトニンを振り切り、しかし4コーナーでアーロゲートが迫ってきたとき、ヴィクター・エスピノーザが振り返って「え?来るのか?」と思ったような慌てぶりが印象的だった。結果は半馬身差も、その4コーナーでアーロゲートの脚色がまさっていた。それにしてもマイク・スミスは今年もブリーダーズC・3勝。通算25勝はダントツ。
1161651終了後、サンタアニタのときはいつも入江さんに手配いただいているステーキやさんARROYO CHOP HOUSEへ5名で。ぼく以外は皆さん慶応大卒というつながり。まさかアメリカまで来てステーキを食べながら二郎インスパイア系だとかホープ軒の話で盛り上がるとは思いませんでした(笑)。そして同じルームにずいぶん多人数の団体がいるなあと思っていたら、その中にボブ・バファート調教師を発見!BCクラシックを勝ったアーロゲートの祝勝会でした。2009年には初めて牝馬としてBCクラシックを制したゼニヤッタの祝勝会とやはりこのお店で一緒になって、今回もという偶然。

ジュベナイルフィリーズ:2番手追走から3コーナー過ぎで先頭に立った伏兵シャンペンルームがそのまま押し切って勝利。G2ソレントS勝ちがあった。追ってきたヴァラドーナが3/4馬身差2着。3 1/4馬身差3着にアメリカンギャル。
フィリー&メアターフ:4F・46秒、6F1分10秒というハイペースで逃げたアヴェンジが直線でも粘っていたが、後方から4コーナーで中団まで押し上げたレディーイライがゴール前とらえたところ、さらにうしろから追ってきたクイーンズトラストがハナ差とらえてグレード初勝利。アヴェンジは1馬身差3着。
スプリント:3頭の先行争いから2頭の一騎打ちとなって、直線で振り切った3歳のドレフォンが勝利。G1キングズビショップから連勝で5連勝。1 1/4馬身差2着にマソキスティック。マインドユアビスケッツがゴール前迫ったがハナ差で3着。
ターフスプリント:逃げた人気のオブヴィアスリーがぎりぎり押し切った。オムがゴール前猛追したもののハナ差届かず。1馬身差3着にピュアセンセーション。
ジュベナイル:ぴたりと2番手から4コーナー手前で先頭に立ったクラシックエンパイアがそのまま押し切った。父パイオニアオブザナイル。中団から追ってきた人気のノットディスタイムがゴール前迫ったもののクビ差届かず。7馬身半離れて3着にプラクティカルジョーク。
ターフ:逃げたハイランドリールが向正面から徐々に差を広げ逃げ切り勝ち。人気のフリントシャーは4番手から追ったもの直線で差は詰まらず1 3/4馬身差2着。後方集団を追走していたファウンドは2 1/4差3着。
フィリー&メアスプリント:差のない外の3番手を追走したファインストシティが直線抜け出して勝利。外からウェイヴェルアヴェニューが迫ったが3/4馬身差まで。1 1/4馬身差3着にポールアズシルヴァーライニング。
マイル:縦長の中団を追走したツーリストがラチ沿いから抜け出した。同じく中団でも外を追走したテピンが直線外から豪快に伸びたものの半馬身及ばず。1 1/4馬身差3着にミッドナイトストーム。
クラシック:逃げたカリフォルニアクロームが直線でも先頭だったが、早め3番手から3〜4コーナーで差を詰めてきたアーロゲートがゴール前でとらえて勝利。カリフォルニアクロームは半馬身差2着。10 3/4馬身離れて3着にキーンアイス。

競馬●天山賞。向正面から2番手との差を広げにかかったスーパーマックスが逃げ切って大差圧勝でデビューから5連勝。●ばんえい帯広開催が、この時期にはめずらしい積雪のため中止。●G3セネターケンマディーS(サンタアニタ芝6.5F,3&up f/m):直線先頭に立ったのはレディーシップマンだったが、フェアーポイントが交わし去って勝利。追ってきたミスダブルドーロが1 1/4馬身差2着。さらに1 1/4馬身差3着にモストビューティフル。人気のレディーシップマンは4着。

本日のワイン●ARROYO CHOP HOUSEにて。白はGRGICH HILLS シャルドネ2012。力強い白ならステーキに合わせてもOK。赤は昨日と畑違いのTURLEY ジンファンデル・オールドヴァインズ2014。アルコール15.5%。

|

« 3年の時を越えての頂点 | Main | 競馬のまつりが終わって »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64459149

Listed below are links to weblogs that reference 現地まで来てこその遭遇:

« 3年の時を越えての頂点 | Main | 競馬のまつりが終わって »