« 早起きはン万の得だった | Main | 秋の陽に輝いて浦和記念 »

November 21, 2016

渋谷駅東急にジャパンC

お誘いを受けて、YES東京公演の初日を見にオーチャードホール。音楽からはだいぶ離れてしまったので、ライヴを見るというのも久しぶり。去年亡くなったというクリス・スクワイア追悼の映像から始まった。事前告知されていたように『海洋地形学の物語』からの2曲を完全再現という。何年か前からアルバムを曲順も同じまま再現というツアーをやっているようで、なるほどLPの片面が1曲とかだったプログレでは、昔のファンにはそういうの受けるだろうなあ。意外にあっさり本編が終わったので、アンコールはおそらくラウンドアバウトだろうと思ったら、そのとおりの展開。
11211639終了後、シノワ渋谷店で軽く食べて軽く飲む。ほぉ、と関心したのは、コンサートや演劇など(映画は除く)を見た帰りの客には、半券を見せるとグラスシャンパーニュ1杯サービスがあり、ありがたく活用させていただく。帰途、渋谷駅を見上げると壁面にジャパンCの広告が盛大に。しかしこれ、普通の人にはぱっと見、競馬のレースの広告とはわからないんじゃないだろうか。

競馬BCディスタフ2度めの制覇を果たし、BC通算3勝を挙げて引退したビホルダーは来春アンクルモーを付ける。KYダービーのフューチャーウェイジャーは4回になったのか。Pool1は当然のことながらその他が1番人気で、個別の1番人気はBCジュベナイルを制したクラシックエンパイで8-1。KYダービー・サイアー・フューチャー・ウェイジャーというのもはじまって、個別の1番人気は10-1でタピット。BCジュベナイル2着だったノットディスタイムが右前脚を怪我して引退。

本日のワイン●シノワ@渋谷にて、グラスで。
サービスのシャンパーニュは、フレデリック・マルトレ・ブリュット・トラディションNV
白はオーストリアのシュロス・ゴベルスブルクSCHLOSS GOBELSBIRG、グリューナー・フェルトリーナー・カンプタールDACレゼルヴ2013
ドイツ人の方がニュージーランドでつくっているという、シューベルト・ピノノワール・マリオンズ・ヴィンヤード2014。ニューワールドらしくなく、かなりブルゴーニュなピノ。
ナパのクロ・デュ・ヴァル・クラシック・カベルネソーヴィニヨン2013

|

« 早起きはン万の得だった | Main | 秋の陽に輝いて浦和記念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64529484

Listed below are links to weblogs that reference 渋谷駅東急にジャパンC:

« 早起きはン万の得だった | Main | 秋の陽に輝いて浦和記念 »