« 好天の川崎で3度目のJBC | Main | 現地まで来てこその遭遇 »

November 04, 2016

3年の時を越えての頂点

11416011141602_22時間ほどの睡眠でJBCの原稿をすべて書いて成田空港。久々のUAで機材は初めてのB787。なかなかに新しい設備。真ん中3席独占で爆睡できたのは助かった。入江さんのレンタカーで、プレスホテルで取材証を受け取ってサンタアニタ。BCのひとつ前のレースで無事到着。好天のサンタアニタは心地よし。メインのディスタフ。4コーナーから無敗の3歳ソングバードと、古馬牝馬チャンピオンのビホルダーが一騎打ちとなってハナ差の決着はビホルダー。鞍上50代おっさん同士の叩き合いにシビれました。これを見ただけでも来たかいがあった、というほど。
1151652今回の宿泊はユニヴァーサルスタジオ隣のシェラトン。夕飯は入江さん手配で、Langham Hotel PasadenaのThe Royceというステーキを薪で焼くというレストラン。2人でいただきました、100%オールナチュラル・カリフォルニア・プライム・ポーターハウス、38ozで130ドル也。

ジュヴェナイルターフ:ピタリと2番手を追走したオスカーパフォーマンスが3コーナー過ぎで前をとらえ直線で突き放した。馬群の中団から抜けてきたランカスターボンバーが1 1/4馬身差で2着。クビ差3着に1番人気グッドサマリタン。
ダートマイル:断然人気のドルトムントが2番手から3コーナーで前をとらえにかかり、直後からガンランナーが並びかけ2頭の一騎打ち。直線でガンランナーが振り切って先頭に立ったところ、前半7番手を進んでいたタマークズが差し切って勝利。ガンランナーは3馬身半差で2着。クビ差3着にアクセレレート。ドルトムントは4着。
ジュヴェナイルフィリーズターフ:4番手の外を進んだニューマネーハニーが直線半ばで抜け出した。ラチ沿いを伸びてきたコーステッドが半馬身差2着。1馬身差3着にCavale Doree。
ディスタフ:逃げたソングバードに、3番手を追走したビホルダーが4コーナー手前で並びかけると直線一杯を使っての叩き合いは、ビホルダーがわずかに先着。このレース3年ぶりの勝利。ソングバードは12戦目にして初の敗戦。離れて3着にフォーエヴァーアンブライドルド。4着に2戦連続ビホルダーを負かしていたステラーウインド。

競馬●G2トワイライトダービー(サンタアニタ芝9F,3yo):後方を追走していたフランクカンヴァセーションが直線大外一気に差し切った。逃げたフリーローズが粘って半馬身差2着。2番手を追走していたブラックジャックキャットがアタマ差3着。

本日のワイン●UAのYにて。白、赤、赤とグラスで。The Royceにて。ニューメキシコ州産の泡、GRUET ブランド・ノワール・ブリュット。たぶん抜栓されてから時間がたっていて泡が弱いのが残念。それゆえ甘さが目立った。赤はカリフォルニア、TURLEY ジンファンデル CEDARMAN 2014。なんと!アルコール15.6%。ジンファンデルらしい甘みたっぷり。

|

« 好天の川崎で3度目のJBC | Main | 現地まで来てこその遭遇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64450485

Listed below are links to weblogs that reference 3年の時を越えての頂点:

« 好天の川崎で3度目のJBC | Main | 現地まで来てこその遭遇 »