« 2歳戦が盛り上がる季節 | Main | 母重賞9勝にフリオーソ »

November 30, 2016

叩き合いを制して3連勝

11301651午前中、竹見さん宅訪問。JBCの話など。インタビューとは関係ないものの、ハイセイコー記念のミサイルマン、あれは強ぇなあ、というお話も。出社ののち、大量に原稿などを積み残したまま、ギリギリに大井の勝島王冠。直線半ばからの叩き合い、シビれました。ゴール過ぎの位置から見ていたら明らかにケイアイレオーネのほうの勢いがまさっていて半馬身ほども前に出たように見えたものの、実際にはほとんど並んだところまでだったんですな。とはいえケイアイレオーネのほうが勢いがあったのは確かでセイスコーピオンはよく差し返した。ムサシキングオーが挟まれたところは、中央のマイルチャンピオンシップにつづいてなかなかに難しい判定。

競馬●勝島王冠。2番手から4コーナー手前で先頭に立ったセイスコーピオンに、7番手から位置取りを上げたケイアイレオーネが直線を向いて並びかけての追い比べは、セイスコーピオンが最後にぐいと伸びてアタマ差で勝利。2頭の間で挟まれる格好になったムサシキングオーは2馬身差3着。

本日のワイン●パンネビーノにて。メニューがちょっと変わって、スパークリングはオーストラリア(銘柄メモする前にボトルを持っていかれてしまいました・笑)。赤は、マールボロのリボンウッド・ピノノワール2014。帰宅して、れんとのお湯割りを少々。

|

« 2歳戦が盛り上がる季節 | Main | 母重賞9勝にフリオーソ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64569863

Listed below are links to weblogs that reference 叩き合いを制して3連勝:

« 2歳戦が盛り上がる季節 | Main | 母重賞9勝にフリオーソ »