« 波乱万丈のランハッピー | Main | まだまだフリオーソ産駒 »

November 13, 2016

12歳ラストランでの勝利

在宅にて終日お仕事。高知の重賞、黒潮マイルチャンピオンシップが終わってそのままネット中継を見ていたら、なんでもないA-2戦で、12歳のエプソムアーロンがラストラン。3番手から3コーナー過ぎで先頭に立って快勝。ゴール後、馬場をゆっくりと1周。引退式こそ行われなかったものの、橋口アナによるエプソムアーロンの経歴紹介の実況があって、いいラストランでした。高校の馬術部へ行くそうだ。

競馬●南部駒賞。スタートからハナをとったベンテンコゾウが3コーナーから後続を振り切って逃げ切り6馬身差圧勝。2頭が馬体を併せての2着争いは、北海道のヘイジュードがメモリーダンスをハナ差でしりぞけた。●北國王冠。2番手のジャングルスマイル、中団から向正面で仕掛けたグルームアイランドと、人気2頭が3〜4コーナーから馬体を併せての競り合いになるかに思えたが、4コーナーで内をすくったトニーポケットが抜け出し重賞初勝利。グルームアイランドは1馬身半差2着。ジャングルスマイルは半馬身差。●黒潮マイルチャンピオンシップ。先行したカイロス、カッサイが3コーナー過ぎまで競り合っていたが、5番手から抜群の手ごたえで追ってきたサクラシャイニーがあっさりとらえるとそのまま後続を寄せ付けず楽勝。4馬身差2着にカッサイ。後方から追い込んだメイショウツチヤマが2馬身半差3着。カイロスは6着。●クインカップ。障害先頭のアスリートが単独で抜けたところ、7番手から1番人気シリウスが追いかけたものの届かず、実績的に抜けた2頭での決着。BCマイルで2着だったテピン。香港マイルは回避してドバイターフが目標。総賞金120万ユーロ、純血アラブのG1シェイク・ザイード・ビンスルタン・アル・ナヤン・ジュエルクラウン(アブダビ1600m,4&up)は、アブダビ大統領の息子、シェイク・スルタン・ビン・ハリファのRb BurnがUAE初戦でG1初勝利。というニュースをRACING POSTでも伝えるようになったのだから時代は変わった。以前であれば純血アラブのレースは完全無視だったのが記事として取り上げるようになったのは、やっぱり中東資本の影響でしょうか。

本日のワイン●カヴァはジョセフ・マサックス、グラン・パッション・ブリュット。続きのキザンワイン白2015

|

« 波乱万丈のランハッピー | Main | まだまだフリオーソ産駒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64492936

Listed below are links to weblogs that reference 12歳ラストランでの勝利:

« 波乱万丈のランハッピー | Main | まだまだフリオーソ産駒 »