« ボルドータイプのお勉強 | Main | 今週メルボルンカップで »

October 23, 2016

ラニが能力発揮の舞台は

10231625やるべき仕事はあるものの、久しぶりに時間に追われることなく過ごせた週末。そういうわけで、ジョギング、掃除、山と積まれた雑誌を選別する作業など。ブラジルCはミツバがあっと驚く逃げ切り勝ち。鞍上におかれてはイングランディーレの天皇賞を思い出すようなレース。そしてラニはやっぱり日本の流れは合わないというレースぶり。流れが合うとすれば名古屋グランプリか川崎記念あたりか。ただそれにしてもアメリカのダートを走ってきて、地方のダートが合うかどうかというのはやってみないとわからない。夜は自分製、麻婆豆腐。

競馬●不来方賞。2番手追走のエンパイアペガサスが持ったまま4コーナーで先頭に立つと直線突き放して圧勝。そのうしろで構えていた2頭が4馬身離れての2着争いとなってウインバーニングが競り合いを制した。サンエイホープはクビ差3着。●黒潮菊花賞。ハナをとったナスノフラッシュ、向正面で一気に仕掛けたロイヤルジレンマの2頭が併走して直線を向いたところ、直後ディアマルコがすぐにとらえて抜け出した。2馬身差で最低人気ロイヤルジレンマ、さらに2馬身差でナスノフラッシュ。●G1リディアテシオ賞(カパネッレ2000m,3&up):4歳のサウンドオブフリーダムがG1初勝利。1 1/4馬身差2着にZghorta Dance。●G1ロイヤルオーク賞(サンクルー(サンクルー3100m,3&up):カドラン賞2着だったヴァジラバドが人気にこたえこのレース連覇。1 3/4馬身差2着にヴェルメイユ賞2着だったエンドレスタイム。半馬身差3着に凱旋門賞4着のシルジャンズサガ。●G3キラヴーランS(レパーズタウン7F,2yo):牝馬メイキングライトがデビュー2戦目から2連勝。父タマユズ。1馬身差2着にスピリットオブヴェイラー。●G3アセニアS(ベルモント芝8.5F,3&up f/m):中団を進んだロカロホが直線外に持ち出して抜け出しグレード初勝利。3 1/4馬身差2着にストーミーヴィクトリア。3着メキシカンゴールド。●G3ドウェイジャーS(キーンランド芝12F,3&up f/m):好位5番手から直線で抜け出したのはアップルベティだったが、11頭立て8番手を追走していた人気のエレクトラムが差し切った。アップルベティはハナ差2着。最後方を追走していたブービー人気スウェアバイイットが3馬身差3着。21日のG1マニカトSで6着だったバッファリングが引退。9歳、55戦してG1・7勝。

本日のワイン●昨日の続き、ドメーヌ・ド・サハリ・ロゼ2013。明日グリーンチャンネルにつき控えめに2杯だけ。

|

« ボルドータイプのお勉強 | Main | 今週メルボルンカップで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64394889

Listed below are links to weblogs that reference ラニが能力発揮の舞台は:

« ボルドータイプのお勉強 | Main | 今週メルボルンカップで »