« テピンよもや届かず2着 | Main | 地方競馬を語る盛岡の夜 »

October 09, 2016

休みではない連休の中日

日曜日も勤勉に午前6時起床。府中に行きたかったのだが、しかし。原稿書きなどが結局夕方まで。ぜんぜん休みではない3連休中日。夜は、豆腐2丁でたっぷりの麻婆豆腐作成。

競馬●ハーベストカップ。ハナをとったエゴイストが後続を振り切って逃げ切り連覇。B級の芝1000mを勝ってきたウインミラージュが1 1/4馬身差2着。ブレークビーツが1馬身差3着。●九州ジュニアチャンピオン。人気4頭が5番手以下を離しての争いとなって、2番手を掛かりぎみに追走したスーパーマックスが4コーナーで先頭に立つとそのまま突き放して圧勝。デビューから4連勝。直線馬場の真ん中を伸びたロトスキャンダルが4馬身差2着。逃げたオヒナサマが3着。●G1スピンスターS(キーンランド9F,3&up f/m):ぴたりと2番手の断然人気アイムアチャッターボックスが直線突き放して圧勝。G1・3勝目。レースを引っ張ったペイドアップサブスクライバーが7馬身差2着。さらに5馬身離れて3着にジャンル。●G3バーボンS(キーンランド芝8.5F,2yo):3番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったキープクワイエットが勝利。人気のタイコンデロガは中団から直線伸びたものの1 1/4馬身差2着。半馬身差3着にバーズアイヴュー。●G3L.A.ウーマンS(サンタアニタ6.5F,3&up f/m):直線まで前で競り合ったグロリーザッパーがゴール前でぐいと伸びてグレード初勝利。ラチ沿いから伸びたワイルドアトハートが半馬身差2着。スタートから勝ち馬と競り合ったパーフェクトピクがさらに半馬身差で3着。●G3グレイS(ウッドバインAW8.5F,2yo):1〜2コーナーで先頭に立った断然人気ゴールデンホークが直線後続を突き放して圧勝。父タピット。5 1/4馬身差2着にハンセンス。半馬身差3着にキングアンドヒズコート。

本日のワイン●シチリアのロゼ、フェウド・アランチョ・ロザート2015。ネロダーヴォラ100%。

|

« テピンよもや届かず2着 | Main | 地方競馬を語る盛岡の夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64325296

Listed below are links to weblogs that reference 休みではない連休の中日:

« テピンよもや届かず2着 | Main | 地方競馬を語る盛岡の夜 »