« 盛岡芝でがんばる馬たち | Main | まだまだメンバー流動的 »

September 26, 2016

どうなる凱旋門賞オッズ

本日初回が放送された(と思われる)グリーンチャンネル『知っトル!?海外馬券』凱旋門賞直前展望。予想で、「ラクレッソニエールがそこそこ人気になるならむしろ馬券としては切る」という話をした(実際にその部分を使われたかどうかはまだ見てないので不明)ので、ラクレッソニエールが回避となったのはなんとも残念。日本で売る凱旋門賞のオッズはどうなるんでしょう。マカヒキはもちろん、ポストポンドと2頭が抜けて人気になると思うんですが。もしそうなれば馬券の期待値としては2頭以外の馬にあるような。
夜は赤坂方面。場所がまさにシャンティイというラブホの近くだったのは凱旋門賞へのお導きか。村上くんのちょっとサプライズな50歳誕生日に参加。本人そっちのけで盛り上がってしまいました。

競馬世界最高賞金となる1200万ドルのペガサスワールドCは、NBCが90分の生中継を行うことで合意。

14457377_10209040040731658_34552648本日のワイン●乾杯の泡は「1+1=3」というラベルの、ウ・メス・ウ・ファン・トレス・ブリュット。飲み放題は白・赤2種ずつ。ボルドーのソーヴィニヨンブランが、まるでパイナップルジュースにトロピカルフルーツでなかなかイケました。そして自宅から持参したらしい生まれ年1966年のニュイサンジョルジュをいただきました。漬物のようなニュアンスは少しだけで、50年経ったとは思えない若々しさ。盛り上がりすぎて写真もメモも忘れ。他の方が撮った写真。ギリギリ作り手の表記が切れていて判別不能。デザインからはJ.B.というイニシャルの作り手と思われ。
→その後、主催者提供の写真によって、ジュール・ベラン Jules Belinと判明いたしました。ありがとうございました。

|

« 盛岡芝でがんばる馬たち | Main | まだまだメンバー流動的 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64266578

Listed below are links to weblogs that reference どうなる凱旋門賞オッズ:

« 盛岡芝でがんばる馬たち | Main | まだまだメンバー流動的 »