« 皇居東御苑で再び駒競べ | Main | ゆく夏を惜しむパクチー »

September 04, 2016

不死身のヴァレンズエラ

原稿などなんとか格好をつけて、ようやく見に行きましたシン・ゴジラ。なんとなくボーっと見ててもストーリーとしておもしろいけど、マニアックな視点で見ればさまざまにマニアックという。そして展開がものすごい速いところがあるので一度見ただけではそのスピードについていけないとことがある。不覚だったのは、見る前にビールを2杯飲んだため我慢できず途中でトイレに行かざるをえなかったこと(笑)。機会があればもう一度見てみましょうか。
そして中央移籍の発表があったトラスト。地方のまま中央のGIを勝ちたい、というのと、日本ダービーをどうしても勝ちたい、というのと、岡田繁幸さんは今回、後者を優先させた、ということではないでしょうか。

競馬●ビギナーズカップ。断然人気ニードアフレンドが2番手以下を離して逃げたが4コーナー手前で一杯。2番手のミスターシーバスが4コーナーで先頭に立ったものの、前半後方で脚を溜めたサンエイリシャールが直線で突き抜けた。3馬身差2着にココロヲコメテ。ミスターシーバスは半馬身差3着。●G1バーデン大賞(バーデンバーデン2400m,3&up):4歳のイキトスIquitosがG1初勝利。父はドイツダービーやドイツ賞を勝ったアドラーフルーク。2 3/4馬身差2着にナイトフラワー。ディアナ賞勝ちのSerienholdeは5着。●G3ロシェット賞(サンクルー1400m,2yo):コントラスタットがデビュー2戦目から2連勝。父マイリスク。3/4馬身差2着にメイトストーリー。人気のベイリーズショーガールは3着。●G2インターナショナルボスフォラスC(ヴェリエフェンディ2400m,3&up):ゴドルフィンの断然人気ムーヴアップがグレード初挑戦で勝利。父ドバウィの3歳牡馬。2馬身差2着にトルコ産トルコ調教のフライバイミー。●G2インターナショナルトプカピトロフィー(ヴェリエフェンディ1600m,3&up):父タマユズのブロンドミーがグレード初勝利。ゴドルフィンの断然人気サイレントアタックはクビ差2着。アタマ差3着に地元調教のDayim Benim。●G2デルマーダービー(デルマー芝9F,3yo):2番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったフリーローズが押し切った。ゴール前3頭が迫って、ラリスが半馬身差2着。ハナ差3着にドレスドインエルメス。さらにハナ差でモンスタービー。●G2ジョンC.メイビーS(デルマー芝9F,3&up f/m):2番手から4コーナーで先頭に立ったアヴェンジが押し切ってグレード初勝利。父ウォーフロント。ゴール前差を詰めたファインストシティがアタマ差2着。昨年の覇者エレクトラムは半馬身差3着。1番人気、アルゼンチン産で吉田勝己さんのソブラドラインクは5着。●G2プライオレスS(サラトガ6F,3yo f):伏兵ルーシーエヌエセルが逃げ切り勝ち。1月にG3オールドハットSを勝って以来の実戦で、デビューから4連勝。2番手追走のディアレストが迫ったが半馬身差まで。最後方から直線追い込んだタクリースが2 3/4馬身差3着。チャド・ブラウンがサラトガ開催の勝利数レコードを更新する39勝。G1フォアゴーHなどを勝った種牡馬ファーストディフェンスがサウジアラビアへ。不死身のパトリック・ヴァレンズエラ。ルイドソダウンズのクォーターホースのレースで勝利。

本日の酒●パルコ浦和1階のカフェで。ヒューガルテン(たぶんハーフパイント)。ギネス小瓶。帰宅してカヴァ、ペレグリーノ・ブリュット。

|

« 皇居東御苑で再び駒競べ | Main | ゆく夏を惜しむパクチー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64161695

Listed below are links to weblogs that reference 不死身のヴァレンズエラ:

« 皇居東御苑で再び駒競べ | Main | ゆく夏を惜しむパクチー »