« 土佐黒潮牧場の馬たちに | Main | ナイター競馬にはビール »

September 11, 2016

父を僅差で斥けG1初勝利

P1010017b午前6時起床。で、昼過ぎまでホテルに籠る。14時寸前、競馬場の入場が有料になる直前に滑り込み。本日の1食目は高知競馬場内の岡林食堂。らーめんと半チャーハンのセット800円也。ここのラーメンのスープはほんとに滋味深い。チャーハンは愛想のいいおばあちゃんが豪快にフライパンを振る。夕方5時過ぎには店じまいしてしまうので、ナイター競馬に後半を目標に来るのではなかなか食べる機会がない。第1レースの2歳-1組戦だけ見て、本日東京戻りの方々を空港までお送りし、再び競馬場戻り。新人・塚本騎手インタビュー。
高知にて、韓国国際競走の結果をネットで見る。コリアスプリントは香港のスーパージョッキーが実績通りの圧勝。1800mのコリアカップは2、3番手を追走していた日本馬2頭が4コーナーから後続との差を広げて一騎打ちとなり、クリソライトが圧勝。6馬身差でクリノスターオー。3着馬には10馬身差がついた。それにしても韓国の競馬は、大井競馬との間だけで交流レースを始めてからわずか3年でよくここまで来たものと思う。高知競馬終了後、宮川兄調教師、橋口さんと飲む。その後、赤岡&宮川騎手と馬主さんのグループと、おねーちゃんのいる店で合流。フランスに遠征のマカヒキ、ここは当然のように勝利をネットで知る。日付変わって午前1時ごろ散会。

競馬●青藍賞。大外枠からハナをとったシークロムがスローに落として逃げ切り。人気のラブバレット、ライズラインは2番手で牽制しあい、懸命に追ったがラブバレットは1馬身半差2着。3コーナーから遅れたライズラインは1 1/4馬身差3着。●サラブレッド大賞典。4頭の先行争いからハナをとったスマイリーキュートが3コーナーから後続との差を広げて逃げ切り。前半離れた5番手だったウインプリマが6馬身差2着。さらに5馬身離れてハーモニーエールで、5、4、6番人気という決着。●G1ヴェルメイユ賞(シャンティイ2400m,3&up f/m):6頭一団の4番手を追走したレフトハンドが直線での追い比べで差し切った。G3プシケ賞から連勝でG1初勝利。父ドバウィの3歳馬。逃げたゴドルフィンのエンドレスタイムが半馬身差2着。3/4馬身差3着にザジュリエットローズ。人気のカンダルリヤはブービー5着。●G1ムーランドロンシャン賞(シャンティイ1600m,3&up):2番手からレース中盤で先頭に立ったヴァダモスが押し切ってG1初勝利。追ってきたスペクターが1 1/4馬身差2着。G1ジャンプラ賞を勝って人気になった3歳のゼルザルは3着。●G2ニエル賞(シャンティイ2400m,3yo c/f):5頭立ての3頭目を進んだマカヒキが直線前3頭の追い比べとなってゴール前抜け出した。クビ差2着にジャドモントファームのミッドターム。短頭差3着にアルシャカブのドーハドリーム。●G2フォア賞(シャンティイ2400m,4&up):4頭縦隊の2番手を進んだシルヴァーウェーヴが残り200mを切って抜け出し、サンクルー大賞から連勝。逃げたドイツのイトーが1馬身差2着。1 3/4馬身差3着にエリプティーク。●G3プティクヴェール賞(シャンティイ1000m,3&up):ジャストグラマラスという3歳セン馬が重賞初挑戦で勝利。3馬身差2着にマーシャ。昨年のG1アベイユ賞勝ちで人気となったゴールドリームは3着。●G3グラディアトゥール賞(シャンティイ3000m,4&up):昨年G1ロイヤルオーク賞を勝ったヴァジラバドが重賞初挑戦のナワルNahualを短クビ差でしりぞけ今季重賞3勝目。3馬身半差3着にセトラーズサン。●G1モイグレアスタッドS(カラ7F,2yo f):2番手を追走したジョセフ&ドナチャ・オブライエンのイントリカトリーが、逃げたエイダン・オブライエンのハイドランジアをゴール前で短頭差とらえた。ジョセフ&ドナチャのきょうだいは父を負かしてG1初勝利。1 3/4馬身差3着にロードデンドロン。父の本命プロミストゥビートゥルーは見せ場なく5着。●G1ヴィンセントオブライエンナショナルS(カラ7F,2yo c/f):人気のチャーチルがデビュー2戦目から4連勝。G2を連勝していたメーマスが4 1/4馬身差2着。クビ差3着にロッキード。●G1アイリッシュセントレジャー(カラ14F,3&up):障害でグレード勝ちのあったウィックロウブレーヴが7歳にして平地の重賞初勝利。6連勝中で連覇を狙ったクールモアのオーダーオブセントジョージは半馬身差2着。●G2ブランドフォードS(カラ10F,3&up f/m):父ドバウィのシャムリーンが人気のベストインザワールドを半馬身差でしりぞけ重賞初勝利。●G2フライングファイヴS(カラ5F,3&up):Ardhoomeyが重賞初勝利。ワシントンDCは半馬身差2着。

本日の酒●「凛だ」にて。生ビール。栗焼酎ダバダ火振りを、お湯割りで。その後別チームと合流して焼酎水割りでちびちびと。

|

« 土佐黒潮牧場の馬たちに | Main | ナイター競馬にはビール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64195545

Listed below are links to weblogs that reference 父を僅差で斥けG1初勝利:

« 土佐黒潮牧場の馬たちに | Main | ナイター競馬にはビール »