« 園田からの十三でソウル | Main | 電源をワイヤレスで供給 »

September 22, 2016

大外を飛んできた9歳馬

922162010時半過ぎホテルチェックアウト。伊丹空港へ。向かう途中、例によって蛍池駅の轟庵。昼にはちょっと早いので、軽く十割の辛味大根そばをいただきました。酒はナシ。伊丹→羽田空港から大井競馬場。ちゃんとした昼メシはかしわやで。この開催からリニューアルしたL-WING丼は、豚バラ天丼(写真)600円也。プルプルでボリュームたっぷり。ゆえに、健康にはあまりよくなさそう。前半ハイペースとなった東京盃は、9歳のドリームバレンチノが飛んできた。上位にきてもと思ったが、まさか勝つまでとは。近年、レディスプレリュードも東京盃もわりと堅めに収まって、本番のJBCで、あっ!というような馬が来るというパターンが多かったのが、今年は前哨戦から荒れちゃって、さて本番はどうなるんでしょう。終了後、出社。相変わらずやるべきことが追いつかん、という日々。

競馬●東京盃。内枠に入ったコーリンベリーとダノンレジェンドが競り合ってのハイペース。前半後方にかまえていたドリームバレンチノが4コーナーで中団まで位置取りを上げると直線大外から突き抜けた。2馬身差で3頭の2着争いとなって、コーリンベリーが2着。4コーナーでラチ沿いを突いたプラチナグロースがアタマ差3着。ドリームバレンチのうしろから追ってきたキクノストームがクビ差4着。●G3タタソールズS(サマーヴィルS・ニューマーケット7F,2yo):父フットステップスインザサンドのラーチモントラッドが勝って3戦2勝。3/4馬身差2着にホワイトクリフスオブドーヴァー。ソウルパワーが10歳になる来週も現役続行でドバイを目指す。

本日休肝日。

|

« 園田からの十三でソウル | Main | 電源をワイヤレスで供給 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64246588

Listed below are links to weblogs that reference 大外を飛んできた9歳馬:

« 園田からの十三でソウル | Main | 電源をワイヤレスで供給 »