« 漬物屋さんでドラえもん | Main | 目の前の京都御所へ参詣 »

September 29, 2016

凱旋門賞5勝目の可能性

レースや調教などの映像を含め、今、ネットの情報提供で最先端を行っていると思われるのが、この9月からパートIに昇格した香港の競馬で、国際グレードの重賞にオンラインでのエントリーが可能になったというリリース。国際レースに馬を集めるにはますます有利になりそう。思えば我々の取材申請も、たとえばドバイワールドCが始まったころは書類を国際書留郵便で送ったり何日もかかっていたのが、今はほとんどネット上でできるようになって、なんと便利になったことか。そういえば香港はこのタイミングで、今年末の国際レースから取材申請のシステムが変わったなあ、と。

競馬●道営スプリント。中団から外を通って徐々に位置取りを上げてきたクリーンエコロジーが直線で鮮やかに差し切った。2着争いは混戦となって、3番手を追走していたコールサインゼロが1馬身半差2着。半馬身差3着にオグリタイム。2番手追走のサクラシャイニーは5着。目下、英愛平地リーディングトップのジム・クロウリーという騎手が月間45勝のタイ記録。凱旋門賞単独トップの5勝目を目指すデットーリがオーダーオブセントジョージの鞍上に。1997年のチャンピオン牝馬、ヒドゥンレイクが、余生を過ごしていたオールドフレンズで死んだ。23歳。4歳時にはゴフォーワンドHなどG1・3勝を含むグレード4勝。ウッドメモリアルを制したアウトワーク、昨年のG3ドワイヤーSを制したスパイツターが、ウインスターファームで種牡馬に。287勝で目下北米リーディングのAntonio Gallardoが南カリフォルニアに拠点を移す。

本日休肝日。

|

« 漬物屋さんでドラえもん | Main | 目の前の京都御所へ参詣 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64278456

Listed below are links to weblogs that reference 凱旋門賞5勝目の可能性:

« 漬物屋さんでドラえもん | Main | 目の前の京都御所へ参詣 »