« 電源をワイヤレスで供給 | Main | 盛岡芝でがんばる馬たち »

September 24, 2016

ソングバード11連勝でBC

92416159241620在宅で夕方まで作業。夕方から、トマトソースをつくる作業。玉ねぎ大1個をよーく炒めて、およそ1kgあるシシリアンルージュをミキサーでジュース状にしたものを煮詰めること1時間近く。で、トマトソースパスタにして、残りは冷凍。シシリアンルージュは糖度が高いのか、トマト缶でつくるトマトソースに比べて酸味おだやかで甘みたっぷり。

競馬●G1チュヴァリーパークS(ニューマーケット6F,2yo f):G1モイグレアスタッドS6着でブービー人気のブレーヴアンナが勝利。短頭差2着にロリーポリーで、エイダン・オブライエン、ウォーフロント産駒のワンツー。デビューから3連勝でG1モルニー賞を制していた北米調教馬、レディーオウレリアは2馬身差3着。●G1ミドルパークS(ニューマーケット6F,2yo c):伏兵ザラストライオンが、人気のブルーポイントを3/4馬身差でしりぞけた。G2、G3で2着3着が計4回あったものの重賞初勝利がG1。父ショワジール。2 1/4馬身差2着にメーマス。●G2ロイヤルロッジS(ニューマーケット8F,2yo c/g):断然人気ゴドルフィンのベストオブデイズが接戦を制した。父アザムール。クビ差2着に未勝利のジアンヴィル。3/4馬身差でアーカーダ、シーフォックスが3着同着。ダグラスマッカーサーは5着。しかしジェームス・ドイルがゴドルフィン-サイード・ビン・スルール厩舎のNo.1ジョッキーの座を降ろされたと。●G1アンダーウッドS(コーフィールド1800m,3&up):人気のブラックハートバートがG1・3勝目。コックスプレートでウィンクスと対戦へ。●G1コティリオンS(パークス8.5F,3yo f):ピタリと2番手につけたソングバードが3コーナー過ぎで前に並びかけると直線楽に突き放して圧勝。デビューから11連勝。次走はいよいよBCディスタフ。逃げたのはG1エイコーンS勝ちがあるカリーナミアで5 3/4馬身差2着。G1ケンタッキーオークスを勝っているキャスリンソフィアが6 3/4馬身離れて3着。●G2ペンシルヴァニアダービー(パークス9F,3yo):5番手の内を追走した伏兵コネクトが4コーナーで内から抜け出し、外から迫ったガンランナーを半馬身差でしりぞけた。トラヴァーズS6着からのグレード初勝利。父カーリン。4馬身離れて3着にワイルドアバウトデブ。KYダービー以来勝てないナイクイストは3番手から直線で先頭に立ちかけたものの失速して6着。エグザジャレイターは中団ままの7着。2番手追走のキューピッドが8着。●G2ロスアラミトスダービーS(ロスアラミトス9F,3yo):先行4頭の2列めから内を突いたセンパーフォーティスが直線で先頭に立ったが、外からじわじわと伸びた断然人気アクセレレートがゴール前アタマ差とらえて勝利。デビュー2戦目から3連勝、グレード初挑戦での勝利。父ルッキンアトラッキー。最後まで2頭に食い下がったブラックジャックキャットが1馬身半差3着。

本日のワイン●カヴァは、ペレグリーノ・ド・サント・ジョアン・ブリュットエティエンヌ・ロディエ、ブルゴーニュ・ピノノワールV.V.2014

|

« 電源をワイヤレスで供給 | Main | 盛岡芝でがんばる馬たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64253583

Listed below are links to weblogs that reference ソングバード11連勝でBC:

« 電源をワイヤレスで供給 | Main | 盛岡芝でがんばる馬たち »