« 2年ぶりの土曜のランチ | Main | 途中下車の旅、長野にて »

August 07, 2016

負けるならこのパターン

871642おそらく大井競馬場の内馬場でタイ&ビールフェスティバルをやってるからなんだろうけど、最近Facebookでタイ料理の写真が多い。で、たまたまフレッシュバジルが冷蔵庫にあったので、作ってみましたガパオライス。ショウガ、ニンニクのほかは、ナンプラーとオイスターソースだけでほとんど味が決まるので意外に簡単、おいしくできました。
そういえば。と思って、ばんえいメイン山鳩賞の結果を見ると、なんと!センゴクエースが最下位。レース映像を見ると、障害の上でべったりと座り込んでしまった。なるほど同世代相手に負けるとすればこのパターン。ばんえいではありがち。障害を越えるところで躓いたか何かだったんだろうか。一杯になってへたりこんだ、ということは710キロの重量ではないだろう。
懸案の原稿は、日付が変わって午前4時ごろまでかかってしまった。

競馬●ひまわり賞。中団外目を追走した断然人気サプライズハッピーが手ごたえ十分に4コーナーで先頭をとらえると、後方2番手から一気にまくってきたプリンセスポケットを直線で振り切り、2馬身半差をつけて勝利。4馬身差3着にチャイヨー。●G1フェニックスS(カラ6F,2yo):クールモアのカラヴァッジョがデビューから4連勝。4馬身差2着にコーリッジアンダーファイヤー。●G3フェニックススプリントS(カラ6F,3&up):ゴドルフィンのトスカニーニが重賞初勝利。1 1/4馬身差2着にイースタンインパクト。注目のエアフォースブルーは最下位7着。●G1モーリスドギース賞(ドーヴィル1300m,3&up):ダイヤモンドジュビリーS3着だったサインズオブブレシングがG1初勝利。1 1/4馬身差2着にドンジュアントライアンファント。クビ差3着にジミーツータイムス。香港のゴールドファンは競走中止。アルシャカブレーシングがクリケット・ヘッド-マアレク調教師から一部の馬を引き上げ。「女性だから」という理由。吉田勝己さんの無敗馬Sobradora Incが北米移籍初戦、デルマーのOsunitas Sを勝利。アルゼンチンでG1・2勝を含む4戦4勝。

本日のワイン●寝酒に、ファミーユ・キオ、QEFロゼ 2014

|

« 2年ぶりの土曜のランチ | Main | 途中下車の旅、長野にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64029189

Listed below are links to weblogs that reference 負けるならこのパターン:

« 2年ぶりの土曜のランチ | Main | 途中下車の旅、長野にて »