« おいしいアルザスワイン | Main | 家族連れで盛況の内馬場 »

August 14, 2016

大井にソフトカツゲン!

8141601本日も勤勉に午前6時起床。とはいえ前夜に普通に飲むとさすがに早朝はエンジンのかかりが遅い。で、午後4時、グループや家族連れでにぎわう大井競馬場へ。ふるさとコーナーにて、ばんえいの場立ち予想でした。メインのばんえいグランプリを前に、ふるさとコーナーにいるファンの方々にソフトカツゲンのサービス。そしてばんえいグランプリ。古馬重賞はまだ堅い決着と思って頭数も買い目も絞ったところまではいいんだけど、悩んだ末の2着が抜け。次の岩見沢記念くらいからはそろそろ流れが変わって、今回の人気4頭以外もからんできそう、と予告。競馬場の売店はどこも行列で夕飯難民に。明日も早起きなのでまっすぐ帰宅。

競馬●桂樹杯。中団ラチ沿いを追走したブレークビーツが4コーナーうまく馬群捌いて外に持ち出し直線で抜け出した。2番手から直線を向いて先頭のタイセイメテオが1馬身差2着。直線大外を追い込んだロケットボールがクビ差3着。●加賀友禅賞。単騎逃げに持ち込んだケイティマーヤが後続を寄せ付けず逃げ切り。3番手の一線から直線1頭だけ差を詰めたウインプリマが1馬身差2着。2コーナーを最後方でまわったナツがまくって3コーナー過ぎで2番手まで押し上げたものの直線伸びず4馬身差3着。●ばんえいグランプリ。障害先頭のコウシュハウンカイ、2番手のニュータカラコマが競り合うも、やや離れた3番手クリアのオレノココロがぐいぐい伸びて止まらず差し切った。4番手のフジダイビクトリーも伸びて3頭の2着争いは、ニュータカラコマがゴール前で抜け出した。コウシュハウンカイが3着。●G1ジャックルマロワ賞(ドーヴィル1600m,3&up):サセックスS3着だったゴドルフィンのリブチェスターがG1初勝利。半馬身差2着にヴァダモス。1 3/4馬身差3着に昨年のムーランドロンシャンなどマイルのG1・3勝のエルヴェディヤ。人気のガリレオゴールドはまさかの8着。●G3ミネルヴ賞(ドーヴィル2500m,3yo f):人気のゴールデンヴァレンタインが重賞初勝利。父ダラハニ。1馬身半差2着にザジュリエットローズ。●G1ベルリン大賞(ホッペガルテン2400m,3&up):一昨年のメルボルンCを制したプロテクショニストがG2ハンザ賞から連勝で欧州G1は初勝利。2馬身半差2着にナイトフラワー。●G2サラトガスペシャル(サラトガ6.5F,2yo):5頭立てで1頭だけ離れた最後方を追走していたガンネヴェラが直線まとめて差し切った。父ダイヤルドイン。直線先頭に立って後続を離していた断然人気リクルーティングレディが1馬身差で2位入線も、3コーナーで斜行があり4着に降着。14馬身離れて3位入線のティップタップタピザーが繰り上がって2着。●G3ロングエーカーズマイルH(エメラルドダウンズ8F,3&up):馬群の中団を追走していたポイントパイパーが直線半ばで先頭に立って突き抜けトラックレコードで勝利。サイラスアレクサンダーが4 3/4馬身差2着。逃げた人気のオービーハーバーは3/4馬身差3着。ザグルカが引退濃厚。ゼニヤッタの全弟ドコロナドがダンドークのメイドンでデビュー2戦目での初勝利。

本日休肝日。

|

« おいしいアルザスワイン | Main | 家族連れで盛況の内馬場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64063194

Listed below are links to weblogs that reference 大井にソフトカツゲン!:

« おいしいアルザスワイン | Main | 家族連れで盛況の内馬場 »