« あっと驚く60kgでの快勝 | Main | フランケル産駒の1-3着 »

August 17, 2016

カッコいい母さんの復帰

宮下瞳さんが5年ぶりに復帰する名古屋競馬場に行こうかと昨日まで調整を試みたのだが、しかし。昼過ぎまでにやることが2件、さらに黒潮盃との兼ね合いも考えて断念。レースは仕事しながらスカパー!の中継で見たのだが、瞳ねーさん。カッコいいという言葉しか思い浮かばない。大井競馬場に行く途中、久しぶりに食べたくなってジャポネ@有楽町で、ジャリコの並にポテサラをつけてみました。ポテサラはマヨ控えめ、なるほどキュウリは薄切りではなく小さめの賽の目に切ると存在感を増すんだなあ。黒潮盃。ミスミランダーは、年明けしばらく休んで船橋に移籍してからなのだろう、2歳時の力関係とは見違えるほどに強くなった。勝ちタイム1分55秒0は、黒潮盃が夏に1800mで行われるようになった2004年以降でもっとも遅いタイム。今年は京浜盃も羽田盃も、過去10年以上でもっとも遅い勝ちタイム。これらはどう評価したものか。

競馬●黒潮盃。ハナを取ったミスミランダーが直線でも楽な手ごたえのまま逃げ切り勝ち。3番手の内を追走したカツゲキキトキトが懸命に追ったものの1 1/4馬身差。後方から外を追い込んだマテリアメディカが3/4馬身差3着。台風の影響で門別開催が第9レース以降中止。●G1インターナショナルS(ヨーク10.5F,3&up):逃げたのはポストポンドのラビットで、2番手のハイランドリールが直線を向いて先頭に立ちかけたところ、直後のポストポンドがとらえてそのまま押し切った。昨年のキングジョージから6連勝でG1・4勝目。ハイランドリールは1 1/4馬身差2着。1馬身差3着にムタカイエフ。4着にサーアイザックニュートン。Postponed's owner: 'I won't take excuses'●G2グレートヴォルティジュールS(ヨーク12F,3yo c/g):英ダービー3着、愛ダービー2着だったアイダホがここで重賞初勝利。1 3/4馬身差2着にハウセズオブパーラメントで、クールモアのガリレオ産駒がワンツー。さらに1 3/4馬身差3着にアクロスザスターズ。●G3エーコムS(ヨーク7F,2yo):父アーチの北米産シファクスがデビューから2連勝。アタマ差2着に人気のベストオブデイズ。●G3ランチョバーナードH(デルマー6.5F,3&up f):4コーナーを4番手で回ったタラズタンゴが直線で抜け出し勝利。うしろから追ってきたエンチャンティングレディーが半馬身差2着。直線一旦は先頭に立った最低人気コナイアが半馬身差で3着。逃げた人気のセンシティヴリーは最下位6着。ザアプルーヴァルが引退。

本日休肝日。

|

« あっと驚く60kgでの快勝 | Main | フランケル産駒の1-3着 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64077685

Listed below are links to weblogs that reference カッコいい母さんの復帰:

« あっと驚く60kgでの快勝 | Main | フランケル産駒の1-3着 »