« フランケル産駒の1-3着 | Main | またも楽勝ソングバード »

August 19, 2016

ついに内モンゴルで競馬

4年前、とある馬関係の視察で中国・内モンゴル自治区に行った時に、オルドスに競馬場ができたらしいということでようやく探し当てたのがこのとき。敷地の中には入れず、外から見たらたしかにスタンドが倒壊しているのが見えた。それがついに、巨大なスタンドが完成したらしい。21日に、チャイナホースクラブの主催で、Chinese Equine Cultural Festival and the Ordos Nadamとリンクさせる形で4レースの競馬を開催すると。馬はヨーロッパやニュージーランドから輸入。ジョッキーは世界各地から呼び寄せると。それにしてもスタンドの写真はチャイナホースクラブ提供のおそらく想像図で、ほんとにこんなスタンドができてるんだろうか。そしてチャイナホースクラブのニュース
夜は、明日高知に帰るという赤岡騎手を見送る会を、シナガワグース30Fのスカイバーにて。シャンパーニュ飲み放題7000円のなかなかお得なコース。

競馬●G1ナンソープS(ヨーク5F,2&up):メッカズエンジェルがG2サファイヤSから連勝でこのレース連覇。G1ジュライC勝ちで人気のリマトは2馬身差2着。さらに2馬身差で3着にテイクカヴァー。●G2ロンズデールC(ヨーク16.5F,3&up):クエストフォーモアが6歳にしての重賞初勝利。3馬身半差2着にパラセイター。人気のトリップトゥパリは4着。●G3シティオブヨークS(ヨーク7F,3&up):コロネーションS2着、ジャンプラ賞4着だった人気の3歳馬ネモラリアが重賞初勝利。父モアザンレディ。1 1/4馬身差2着にソービーラヴド。●13日から延期になったG2アディロンダックS(サラトガ6.5F,2yo f):2番手から4コーナーで前をとらえたノンナメラが直線後続を突き放して余裕の勝利。父アーチ。逃げたシルヴァートニが6馬身差2着。3 1/4馬身差3着にオリーヴブランチ。人気のリビーズテールは4着。G1フューマナディスタフSを制したタリスが引退。

本日のワイン●飲み放題のシャンパーニュは、シャルル・ド・カザノーヴ・ブリュットNV。赤をグラスでためしに1杯だけ。

|

« フランケル産駒の1-3着 | Main | またも楽勝ソングバード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/64086557

Listed below are links to weblogs that reference ついに内モンゴルで競馬:

« フランケル産駒の1-3着 | Main | またも楽勝ソングバード »