« 天国の最高位、第七天国 | Main | 麗しのパクチー三昧餃子 »

July 17, 2016

目玉焼もびっくり震度4

7171625昼過ぎ。目玉焼きをつくってカレーライスに乗せようとしたところ、ブルブル、ドスンと震度4。あーびっくり。目玉焼きがお皿から飛び出るところだった。すでに火は止めた直後だったのだが、しばしののちにガスコンロを使おうと思ったら着火せず。さて夕飯、どうしようと思ったところ、買い物の時に遭遇したマンションの別の部屋の方に聞いたところ、外にある部屋ごとのガスのスイッチを自分でリセットするんだと教えてもらってひと安心。東日本大震災のときは何かした記憶がないのだが、どうしたんだろう。そういうわけで無事に本日のメインディッシュ、骨付きラムのソテー大盛り(3本/人・笑)。
ばんえい北斗賞。昨シーズンの古馬重賞戦線は、前回好走した人気の馬を切れるかどうかという勝負だったのだが、どうやら今シーズンは人気馬をどう絞るかという勝負。今回もほぼ3頭の勝負と思ってそれは正しかったのだが、ニュータカラコマの頭はなく。

競馬●岩鷲賞。4番手からレースを進めたラブバレットが直線を向いて先頭に立って楽勝。前の集団とは離れた8番手あたりからの追走だったヒミノコンドル、アルベルティが直線馬体を併せて伸びて2馬身半差2着、半馬身差3着。●北斗賞。障害先頭から終始リードしたニュータカラコマがそのまま押し切った。ほぼ同時に越えたコウシュハウンカイ、すぐに3番手のオレノココロがゴール前で迫ったものの届かず。●G2ミンストレルS(カラ7F,3&up):8歳になったゴードンロードバイロンが前走ティペラリーの一般戦からの連勝で、このレース連覇。半馬身差2着にソヴリンデット。1 1/4馬身差3着にトスカニーニ。●G2キルボーイエステートS(カラ9F,3&up f/m):ボッカバチアータがクールモアのイヤリングを半馬身差でしりぞけ重賞2勝目。短頭差3着にホークスムーア。●G2ユジェーヌアダム賞(メゾンラフィット2000m,3yo):アルシャカブのHeshemがデビュー2戦目から3連勝で重賞初勝利。父フットステップスインザサンド。G1ジャンリュックラガルデール賞勝ち以来で人気となったウルトラは3/4馬身差2着。3馬身差3着にスペクトロスコープ。●G3メシドール賞(メゾンラフィット1600m,3&up):前走G1イスパーン賞でエイシンヒカリの4着だったヴァダモスが勝利。3馬身差2着にミスターオーウェン。短クビ差3着にテリトリーズ。イスパーン賞2着で人気のダリヤンは最下位5着。●G2エディーリードS(デルマー芝9F,3&up):逃げた人気のミッドナイトストームが4コーナーで後続に迫られながらも押し切った。アシュレーラヴズシュガーが半馬身差2着。4コーナーで外に持ち出したペールギュント産駒のフランボヤントはクビ差3着。アタマ差4着にシーセイジ。●G3オンタリオメイトロンS(ウッドバインAW8.5F,3&up f/m):単騎で逃げたブービー人気ミッドナイトマイリーが後続を寄せ付けず逃げ切ってグレード初勝利。馬主のリトルレッドフェザーレーシングはエディーリードSと両重賞制覇。4馬身離れて2着にミスシャトレイン。半馬身差3着にムーンレインボー。カリフォルニアクロームがラシックスを使わずにドバイワールドCを勝ったことから、この夏もパシフィッククラシックまで引き続きラシックスを使わないかもと表明。

本日のワイン●キザンワイン白2014。続きのラ・クロワ・グラシオ、ピノノワール2013

|

« 天国の最高位、第七天国 | Main | 麗しのパクチー三昧餃子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/63933716

Listed below are links to weblogs that reference 目玉焼もびっくり震度4:

« 天国の最高位、第七天国 | Main | 麗しのパクチー三昧餃子 »