« 最多勝ジョッキーの引退 | Main | 3歳復活の関東オークス »

June 14, 2016

アメリカのテピン7連勝

昨日に続いてグリーンチャンネルへ。早めに門仲に着いて久しぶりにMaru-shuでランチ、と思ったら満員大盛況。しかたなく中華やさんで麻婆豆腐の定食。地・中・海ケイバモードは、プリンスオブウェールズSを前にイギリスから合田さんの直前レポート、ラニのベルモントS、地方競馬はダービーウイークを5戦連続。大レース満載でした。2日連続のグリーンチャンネルが終わって一段落。まっすぐ帰宅して家メシ。満を持して飲みました。

競馬●G1クイーンアンS(アスコット8F,4&up):ラビットを除く集団の2番手を追走したアメリカのテピンが残り1Fあたりで先頭に立つと、追ってきたゴドルフィンのベラルドを半馬身差で振り切って勝利。BCマイルを含め昨年10月から7連勝。BCマイル連覇が目標。1 1/4馬身差3着にライトニングスピアー。トアモア4着。昨年マイルのG1・3勝のエルヴェディヤは5着。エイシンエルヴィンは10着。●G1キングズスタンドS(アスコット5F,3&up):残り1Fあたりで先頭に立ったプロフィッタブルが押し切った。今季3連勝でG1初勝利。伏兵コタイグロリーがクビ差2着。3着Goken。モンゴリアンサタデー9着。人気のメッカズエンジェルはブービー16着。●G1セントジェームスパレスS(アスコット8F,3yo c):デットーリのガリレオゴールドが2番手追走から直線で先頭に立って快勝。英2000ギニー勝ちで、愛2000ギニー2着からここ。プールデッセデプーランを勝ったザグルカは断然人気に支持されたものの1 1/4馬身差2着。愛2000ギニーを制したオウタードAwtaadが半馬身差3着。英仏愛の2000ギニー馬が上位を占めた。●G2コヴェントリーS(アスコット6F,2yo):クールモアのカラヴァッジョがデビューから3連勝。父スキャットダディ。アルシャカブのメーマスMehmasが2 1/4馬身差2着。3着サイケデリックファンク。

本日のワイン●近ごろマイブームなリースリング。アルザスのドメーヌ・マルクテンペ、リースリング・ツェレンベルク2013。ちょっと高いリースリング、おいしい。

|

« 最多勝ジョッキーの引退 | Main | 3歳復活の関東オークス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/63781046

Listed below are links to weblogs that reference アメリカのテピン7連勝:

« 最多勝ジョッキーの引退 | Main | 3歳復活の関東オークス »