« December 2015 | Main | February 2016 »

January 31, 2016

新幹線でにぎわう近江町

今回の宿泊はアパホテル金沢片町。アパのフラッグシップ的な金沢中央との料金差がけっこう大きかったので。たしかに古いけど最近つくられたような無理に狭い部屋よりもいいかも、と覚え書き。で、シングルのはずなのに浴衣、歯ブラシ、タオルなどが2組置いてあるのは、そういう使われ方も認めてるんでしょうなあ。今回同行(というか現地集合)した5名のうちの2名と、近江町市場の寿司屋に行きましょうということになり昼前に。新幹線開通後では初めての近江町市場ということで、ある程度予想してはいたものの、何度か行っている山さん寿司は予想以上の大行列。おそらくガイドブックとかに載ってるんでしょう。並びました40分ほど。いただきました海鮮丼。近江町市場を散策して、のどぐろの干物を買って帰宅。夕飯にいただきました、のどぐろ。ところで、のどぐろって、希少価値だけで高いんでしょうかね。たしかに干物を焼いたのはホロホロと柔らかくておいしいけど、味だけでいえばアジの干物とたいして変わらないような。近日中にアジの干物も食べてみましょう。

競馬●雪で一旦は取止めと発表された気がする鶴見岳賞。ハナをとったキングプライドが3コーナーから後続との差を広げて圧勝。3番手を追走したコパノエクスプレスが8馬身差2着。●黒潮スプリンターズカップ。2番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったスクワドロンがそのまま押し切った。5番手から追ってきたマウンテンダイヤが1馬身半差2着。2馬身半離れてエプソムアーロンが3着で、高知勢が3着まで独占。●G1スチュワーズC(シャティン1600m):香港マイルでモーリスの2着だったジャイアントトレジャーがラチ沿いから抜け出し、3頭の接戦を制して重賞初勝利。2着ルガー、人気のコンテントメントは3着。●香港G1センテナリースプリントC(シャティン1200m):復帰戦となった10月のプレミアボウルで最下位に敗れ人気を落としていたエアロヴェロシティが残り150mで抜け出して勝利。人気のゴールドファンは1馬身半差2着。香港スプリントを制したペニアフォビアは3着。1/16のG3ルコントSをスクラッチした、レイチェルアレクサンドラの半弟ドルファス(父ルッキンアトラッキー)がフェアグラウンズのアロウワンスを勝って3戦2勝。

本日の酒●山さん寿司にて。加賀鳶・純米大吟醸。
帰宅して、続きのバロンドボーラン・ブラン2014。泡はポルトガルのマルケス・デ・マリアルヴァ、ブリュット・レゼルバ2012。スペインのノストラーダ、ガルナッチャ2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2016

あらためて金沢へ初観光

金沢へ。おそらく何年かに一度という競馬とは関係ない旅。武蔵浦和アズーリのお料理教室つながりの方々と食べて飲むだけのために。各自移動して集合は夕方。ぼくは昼過ぎの金沢入り。で、まず金沢ジャンクフード宇宙軒食堂。名物とんバラでなく、焼きそばとポテトサラダ。そして、15年以上も毎年1、2回は金沢に来ていながら初めての兼六園。今年は相当雪が少ないらしく期待していた雪景色は見られず。さらに金沢城。中国語がすごい多かったのは、なるほど春節の入口だったようで。
P102064517時半前に集合。当初予定していた「いたる」に予約が入らず、紹介していただいた「金沢祇萌」という、まず地元の人しか来ないといわれるお店。鴨の治部煮(写真)など5000円のコース。手のかかった料理の数々。ただガッツリ食べたいという人には向かないかも。しかし何より北陸のお酒が安い。1合で500円くらいから。「ショット」と書いてあって、大きめのおちょこで1杯200〜300円とかで飲めるのがいい。2軒目は例によって「照葉」へ。予約でぎちぎちの満員御礼。カウンターの端の5人のところに6人入れてもらったという。23時ごろ散会。

競馬●G2ホーリーブルS(ガルフストリーム8.5F,3yo):注目のモヘイメンが3番手の内から3コーナー過ぎで先頭に立つと後続の脚色を確認しながらの楽勝。父タピット。G2ナシュアS、G2レムゼンSとデビューから4連勝。3馬身半差2着にグリーンポイントクルセイダー。2馬身半差3着にフェローシップ。●G2スウェールS(ガルフストリーム7F,3yo):断然人気オウサムバナーが直線突き放して楽に逃げ切りデビューから3連勝。父オウサムオブコース。5馬身差2着にエコノミックモデル。ハナ差3着にリッチーブル。●G2フォワードギャルS(ガルフストリーム7F,3yo f):グレード初挑戦ながら単勝1.1倍のキャスリンソフィアが6頭立ての後方から進出し、直線楽に抜け出しデビューから3連勝。5馬身半差2着にアイランドセイント。さらに離れて3着にバレーディーヴァ。●G3ウィザーズS(アケダクト8.5F,3yo):先行2頭の競り合いはゴール前まで続いて、外のサニーリッジが振り切って勝利。父ホーリーブル。ヴォルティシティは3/4馬身差で2着。1馬身差3着にアドヴェンティスト。人気のフレキシビリティは4着。●G3ヒューストンレディーズクラシックS(サムヒューストン8.5F,4&up f/m):4番手を追走した1番人気フォーエヴァーアンブライドルドがゴール前差し切って勝利。母は2006年にケンタッキーオークスを勝ったレモンズフォーエヴァー。連れて伸びたカリスターが1 3/4馬身差2着。逃げたカサットには連覇がかかっていたがクビ差3着。種牡馬ボブアンドジョンとマスケットマンが韓国へ。

本日の酒●はじまりは、大宮駅のNEWDAYSで買った白鶴・しぼりたて200ml。
宇宙軒食堂にて昼飯で、中生。
金澤祇萌にて。まず手取川を燗で。宗玄・上撰。宗玄・純米吟醸。成政・純米吟醸。
照葉にて。ドメーヌ・ヴォコレ、シャブリ・プルミエクリュ・レ・モンマン2013。ひっさびさのシャブリ。
ラングドックのレ・ジャメル、ピノノワール2013
ヴィーニャ・ウィリアム・フェーヴル・チリ、エスピノ・メルロー2013
〆は7-11(笑)。サントリー・金のビール。これ、アルコール6.5%もあるのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2016

ココイチで一人飲みの女

冷たい雨の夜。行こうと思った蕎麦屋のシャッターが降りていたため、その向かいにあったココイチに入ってみた。ココイチのカレーはどうもあんまり好みではないので10年ぶりとか、そのくらいに久しぶり。期間限定のチキンスープカレー、おいしゅうございました。で、ぼくのうしろの2人がけのテーブルにひとりで座った女性が「カキフライ単品で」と注文するのが聞こえたので、ふうん、カレーと別にカキフライなんだ、と思ったのだが、しかし。帰り際、推定42歳のその女性のテーブルをチラッとみたところ、置いてあったのは、カキフライ、ヤサイサラダ、そしてビール。本を読みながら、カレーはなし。ぼくも居酒屋やそれなりに肴の充実した蕎麦屋とかうどんやで一人飲みはするけど、ココイチで女性の一人飲みはちょっと衝撃。理由はなんですかね。ココイチの揚げたて季節限定カキフライがものすごく好きとか、単に安く飲めるからとか。そして〆にカレーは食べるんだろうか。カレーなしなら、カキフライ(4個)+ヤサイサラダ+キリン一番搾り、で935円也。いろいろ気になってしまいました。

競馬エクスペリメンタルフリーハンデ。牡馬のトップはナイクイストで126。牝馬は125のソングバードで、歴代2位、1997年以降では最高値。昨年、アシュランドS、ケンタッキーオークスとG1・2勝のラヴリーマリアが日本人のどなたかに。検疫に入ったというから繁殖として日本に来るのか?

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2016

5年連続8回目という驚異

昨年来、会社に泊まらないことを自分に課していたのだが、しかし。この時期恒例の校正まつりに突入して、しかしそれもまったく手付かずのうちにどうにもスケジュールが押せ押せになってきて、これで帰ったらさまざまに締切が破綻するような気がして半年以上ぶりに会社泊という決断に敗北感。

競馬●ゴールドジュニア。2番手追走から4コーナーで先頭に立ったハイジャがそのまま後続を寄せ付けず勝利。4番手から外に持ち出して迫ったメモリーミリオンだが直線差を詰められず1馬身半差2着。4コーナーで直後に迫ったメジャースピリットはさらに1馬身半差で3着。●G2アルラシディヤ(メイダン芝1800m):中団から進出したフォリーズワルツが、その前5番手あたりにいたエルティジャールを競り落とし1 1/4馬身差で勝利。グレイズイン産駒の4歳牡馬で、重賞初挑戦での勝利。ワンツーとなったマイク・ド・コックはこの日3勝。で、なんとアルラシディヤは5年連続8回目の勝利。

というわけで本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2016

せっかくの川崎昼間開催

1271627やるべきことがどんどん後回しになるなか、午後から川崎競馬場。タルマエさん、半年待ってのGI/JpnI・10勝の記録達成。アタマ差のサウンドトゥルー、3着のアムールブリエ、4着のマイネルバイカまで、サミットストーンがちゃんとレースをひっぱったことで、実力は出しきっての結果じゃないでしょうか。競馬場から川崎駅への途中に移転してきた四川中華『松の樹』に、昼間開催でようやく行ける機会。がしかし、17時過ぎという早い時刻にもかかわらず、まさかの予約で満員。中華の代替開催は、『萬福大飯店』にて。「酒呑みが集まると、始まる時間が何時でも終わる時間は同じ」という格言が適用されない時刻に家路につきました。

競馬●川崎記念。離れた4番手追走のホッコータルマエが直線を向いて先頭に立ち、そのうしろ3頭一団の中から追ってきたサウンドトゥルーがゴール前迫ったものの、アタマ差でホッコータルマエが振り切った。アムールブリエは4馬身離れて3着。ゴドルフィンに売却されたウォーレンプレースだが2017年まで空いたままに。2012年のチリ3冠馬ハカッサンHakassanが北米に移動してレキシントンのミレニアムファームで種牡馬に。

本日の酒●萬福大飯店にて。紹興酒をお燗で。キリン、青島の瓶ビール。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2016

川崎競馬場からのひつじ

1261612昼過ぎから川崎競馬場。年に何度かしかない、昼時の川崎駅から川崎競馬場へと向かう風景が新鮮。腹減った、どうしよう、と思っていたところ、川崎餃子で有名な天龍・銀座街店が奇跡的に空席があったので迷わず入る。ニラソバ、うまいよね。時間がせまっていて慌てて食べたので口の中ちょっとやけどしました。それにしてもここではタンメンを注文する人が圧倒的に多いのだが、今度食べてみよう。1月最終週の毎年の風景、佐々木竹見カップジョッキーズグランプリは、なんと上位3名が60ポイントで並んでという決着。第2戦を差し切ったデムーロさんの優勝でした。終了後、飯田橋へ。有馬記念のあとにも行った、ひつじや@飯田橋でL社と合同の新年会。やっぱりひつじのたたきが絶品。2軒行って、飲み過ぎました。

競馬一時は昨年の英ダービーで1番人気にもなったジョンFケネディだが、予定されていたトライアンフハードルには出走せず。アルゼンチンに売却され、北米で走ったあとにアルゼンチンで種牡馬になる予定。昨年のG2ゴールデンロッドSで3着だったドリームダンスだが、フェニルブタゾンの陽性反応があって失格に。

本日のワイン●ひつじや@飯田橋にて、原価+100円ワインたち。
スパークリングは、オーストラリアのデ・ボルトリ、ロリマー・ブリュット
ドゥルジ・ヴァレー、ルカツィテリ2013。ルカツィテリはジョージア(グルジア)の白の土着品種とのこと。
スペインの赤、モンテトロ、セレクシオン・クリアンサ
トルコ・アナトリアの、カヴァクリデレ、チャンカヤ2013。ナリンジェ、エミル、スルタナという、まったく聞いたことのない品種の白。
レバノンで、プリウレ、クサラ2013。カベルネソーヴィニヨン、ムールヴェドル、カリニャン、サンソーというヨーロッパ品種の赤。
さらにその他、2本くらい?メモ・写真なし。
2軒目は神楽坂方面のスペインバルにて、OPTA CALZADILLA 2009。なめらかでおいしい赤でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2016

ドカ雪のニューヨーク

昼前、歯医者さんへ。検査とクリーニングでは年に1度くらいは来ていたもの、治療でというのは何年ぶりだろう。ほぼ毎日歯間ブラシも使うようになってからはてきめんに歯や歯茎が健康になって、しかしそれでも奥歯のほうは素人ではなかなか磨きづらく、いつの間にか虫歯が進行していた。上の歯は治療歴がないのがほとんどないというほどなのだが、あと20年か30年、自分の歯は耐えてくれるだろうか、と治療されながらはじめて考えてしまった。
寒いのは日本だけでなく、アメリカ東海岸ではドカ雪。JFKで80センチ、ニューアークで70センチという積雪にはびっくりだ。そして68センチの積雪があったというセントラルパークはこんな状態

競馬浦和競馬場ですでに稼働している大型ビジョンの愛称募集。2月21日まで。たとえば、コバトンビジョンとか……安易すぎますね・笑。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2016

早起きしたら事件ですよ

早起きは三文の徳、なのか? 昨夜は時計がちょうどてっぺんのあたりという、土曜日としてはありえない早い時刻に寝たので午前7時前に起床。ジョギングで別所沼公園を2周。道端にパトカーやら消防車やらが止まってるなあと思ったら、ビニールシートを囲む警察や消防の方々。死体のようでした(^_^;)。釣とかジョギングとかをしていた人の心臓発作なのか、凍え死んだのか、それとも事件なのか、ニュースにはなっていないようなのでわかりませんが。
1241608夜は、在庫過多の大根とじゃがいもを処理すべく、おでん。練り物をあれもこれもと買ってきたら出汁に対して具が多すぎ。見た目、あんまりおいしそうじゃないのでフィルターかけてみました(笑)。ジャガイモは、煮崩れしにくいという北海こがねを使ったものの、30分も煮込んだらさすがに崩れました。と、覚え書き。
日本酒に移行して、録画しておいたNHK『新・映像の世紀』などを見ていたら日付も変わって午前2時。ネットで気温を確認すると、さいたま市はマイナス6度と。この時期、帯広とかに行けば普通だけど、生まれてこの方ずっと埼玉に住んでいてマイナス6度とか見たことなかったかも。沖縄でも観測史上初めての摂氏5度を記録して、みぞれが降ったというニュース。

競馬●ヒロインズカップ。先頭アアモンドマツカゼに、2番手のナナノチカラがすぐに並びかけ、2頭の競り合いからナナノチカラが先着。3番手の接戦はセンゴクイチがマゴコロにわずかに先着。佐賀が雪のため中止。

本日のワイン●カヴァはオリオルロッセール・キュヴェ・エスペシアル。続きのバロンドボーラン・ブラン2014。秋田の高清水・純米酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2016

南アワイン驚きの大変身

午後、毎度お世話になってるカーヴドリラックスさん@虎ノ門へ。若いつくり手の進境著しい南アフリカワインのセミナーに参加。南アフリカの、たとえばカベルネやシラーといえばとにかく濃いという印象だったのが、ものすごくエレガントな方向にいっているのにびっくり。シュナンブランも以前なら樽のきいたこってりだったのが、ロワールの自然派かと思うほど酸がきいてきりっとすっきり。ひと昔前とはベクトルがまったく違う方向を向いている。5本の予定が1本追加していただき、テスタロンガのオレンジワインも初めて体験いたしました。オレンジワイン、おもしろい。というわけで、ちょっと酔った勢いで、南アフリカの飲んだことないカベルネと、オーストラリアのオレンジワインを購入。帰る間際に日本ワインのコーナーを物色したところ、なんと!丹波ワインのサペラヴィのスパークリングというのを発見。「こんなの買う人いるんですか?」と言いながらレジを済ませ、さっそく帰宅して飲んでみました。うん、ランブルスコと言われればわかりません。

競馬●G2サンタモニカS(サンタアニタ7F,4&up f/m):先行2頭の競り合いがゴールまで続き、単勝65倍の最低人気ロストバスがファイネストシティをアタマ差でしりぞけた。ゴール前外から迫った人気のタラズタンゴがクビ差3着。G1ダイアナSなどを勝った7歳のソマリレモネードが出産にともなう合併症で死んだ。フランケルを付けた初仔で、産駒も助からず。イタリアのミラノ大賞典と共和国大統領賞がG1からG2に格下げ。イタリアではほかにも降格レース多数。

1231609本日のワイン●カーヴドリラックスにて。
ジューステンベルグ、フェアヘッド 2011
テスタロンガ、エル・バンディート・コルテーズ・シュナンブラン2014
ザ・グレイル、ピノノワール2013
クラヴァンワインズ、シラー・フォールヴィンヤーズ2014
エレメンタル・ボブ、コスミックフラワー・マイレッド 2013
追加で出していただいた、テスタロンガ、エル・バンディート・スキンコンタクト・シュナンブラン2014。これがオレンジ。
帰宅して。勢いで買った、京都の丹波ワイン、サペラヴィ・スパークリング2015。続きのバロンドボーラン・ブラン2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2016

天下泰平三百年の夢破れ

NHKの『ファミリーヒストリー』は、ピエール瀧さんでした。毎回見ているというわけではないのだが、仕事などをしながらたまに見ていて思うのは、話の中にほぼもれなく戦争による激動が出てくるということ。それを思うと、僕らが死んだあと、孫の世代にこういう番組を作ろうとしても盛り上がらないだろうなあと。ま、戦争による激動があったからこそ今こういう番組が成立しているのか。とはいえ、今の世も日本がいつ戦禍となってもおかしくはなく、 原発のひとつやふたつにミサイルでもブチ込まれれば日本全国民がどこか違う土地を見つけて移動しなければならず、まさに宇宙戦艦ヤマトのようなことが現実となる可能性はあるのだ。それを思うと二百数十年もの間、天下泰平が続いた徳川の世は奇跡だったのではないかとすら思う。

競馬●G3ジェベルアリマイル(ジェベルアリ1600m):シェイク・ハムダンのセフリSEFRIがグレード初勝利。父ジャジルの6歳せん馬。一昨年のこのレースの勝ち馬で、今シーズンも3連勝中、プレップを勝って臨んだ8歳のFORJATTは3/4馬身差2着だった。2002年の2歳牝馬チャンピオン、ストームフラッグフライングが出産による合併症で死んだ。サンランドパークで5頭の馬ヘルペス感染が見つかり、少なくとも14日間の開催中止。えっ!ベルモントSのチケットの発売がもう来週始まるの?

本日の酒●れんと、お湯割りを1杯だけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2016

望まず来たるカツカレー

1211615月に一度の税理士さん来社。当社近所に税理士さんお気に入りの手作りパン屋さんがあり、そこでパンを買ってお昼にするという予定が、なんと!パン屋さんが休みだと電話があり、代わりに通称肉屋の源ちゃんで我々のぶんの弁当も買ってきてくれるという。「では、カレーライスお願いします」と言ったら、「カツカレーにしますか?」「いや、普通のカレーで」という押し問答(笑)の末、やっぱり買ってきていただいたのはカツカレーだったという。真上からの写真なのでわかりにくいですが、ご飯だけですでに容器の上のレベルに達していて、その上にカレールーで、さらにカツ。当然フタはちゃんと閉まらず、カレールーも手前から少々もれているという、あくまでも普通盛りの揚げたてカツカレー700円也。当然ですが、ご飯は少々残しましたです、はい。税理士さんは日替わりのサービス弁当をたいそう気に入られて、「来月おじゃまするときもお昼に買ってきますから、お好きなものをおっしゃってください」とのこと。会計事務所のほうからFAXが送られてくる間に、ほとんどお弁当を食べただけでお帰りになられました。

競馬●園田クイーンセレクション。先行した人気3頭が4コーナー横一線となって追い比べとなり、人気のスマイルプロバイドが抜け出して勝利。4コーナーで3頭の直後まで進出したベッロポモドーロがゴール前外から迫ってアタマ差2着。1 1/4馬身差3着にランランラン。キニナルーイは4着。●G2アルファヒディフォート(メイダン芝1400m):前で飛ばした2頭から離れた4番手を追走したセーフティチェックが直線半ばでとらえて抜け出した。今季UAE初出走でこのレース連覇。ぴたりと追ってきたハリーズサンが1 3/4馬身差2着。2番手から直線先頭に立っていたマスターマインドは3着。フランクフルト競馬場をドイツフットボール連盟に売却する計画?クレイボーンファームに繋養されていたアーチが心臓発作で20日に死んだ。21歳。代表産駒は2010年のBCクラシックでゼニヤッタを負かしたブレイム。ローレルパークの23、24日の開催が冬の嵐のため中止。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2016

原因不明の突然の低体温

昨夜。布団に入ったときに、なんとも肩のあたりが冷や冷やで、一旦眠りに落ちたもののすぐに目が覚めてしまった。たしかに気温が低かったこともあるんだろうけど、熱発による寒気とは明らかに違っていて、体温が低い感触。体温計(耳に入れるタイプ)で計ってみたら、右耳は平熱だったものの、左耳は何度計っても34.5度とかでちょっとびっくり。生姜湯を飲んで厚いフトンを1枚増やしてみたもののあまり改善はみられず。このまま眠れないのではグリーンチャンネルの中継が困るので、お風呂を沸かしてお湯につかってみたのが午前3時。ようやく改善して眠れたのが午前4時過ぎ。10年以上前、真冬の帯広競馬場のタクシー待ちで完全に体が冷えてしまったことはあったけど、普通に生活していての低体温は初めて。何がどうしてこうなったんだろう。と、覚え書き。
P1020580そういうわけで、オフト後楽園で馬券を仕入れてグリーンチャンネル。で、地方競馬中継は、高知の新人王争覇戦と船橋記念の二元中継。忙しかった。それにしても騎手交流戦はやっぱり予想不能。と、放送で言うわけにもいかないし。終了後はまっすぐ帰宅。西友で見切り販売となっていたカツオのタタキをなめろうにしてみました。うまいよね、なめろう。薬味をみじん切りにして混ぜるだけで簡単だし。ミョウガと生姜と、カツオなのでニンニクも使ってみました。そして写真とは別に、酢なめろうにも。酒のアテに最高。

競馬●船橋記念。好スタートも3番手に控えた51kgイセノラヴィソンが残り100mを切って抜けだした。4番手集団から外をじりじり伸びたアルゴリズムが半馬身差2着。逃げたワールドエンドが2馬身差3着。やや出負けも2番手につけたルックスザットキルは直線失速して最下位10着。雪のため、新春ペガサスカップが中止。シンガポールの厩舎でレンサ球菌(ストレプトコッカス)に4頭が感染。関連厩舎の計128頭を検疫厩舎に移動。2010年に種牡馬を引退したキングマンボが老衰のため安楽死。26歳。カリフォルニアクロームは早くもドバイへ向け21日に出発。

本日の酒●京都・伏見の玉乃光・純米吟醸を上燗くらいなかんじで。バロンドボーラン・ブラン2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2016

南国土佐にも雪が舞い

通常出社。会社で、見るでもなくつけっぱなしにしているスカパーの地方競馬中継。船橋の最終レースが終わって、チャンネルを夜さ恋ナイターの高知に変えると、雪がチラチラ。さすがに高知だからすぐ止むだろうし、積もることもないだろうと思っていたら、徐々に大粒の雪になって見通しが悪くなり、馬場もパドックもうっすらと雪化粧となるに至って、第9レースが取止めのアナウンス。たしか10年以上前、12月中旬に高知に行った時、競馬の最中に雪が降ったという経験はあるのだが、もちろん積もるとかまでには至らず。それでも中止になったのは第9レースだけで、その後無事に行われたのは売り上げ的にも不幸中の幸いか。それにしても高知で雪でレース取止めとはびっくりだ。首都圏の雪は日曜夜から月曜朝まででひとまずおさまったものの、全国的には大荒れの日本列島。

競馬2015年のワールドベストレースホースランキングでは、134でアメリカンフェイロアがトップに。最終ランキングで北米調教馬がトップになるのは2008年のカーリン以来。ベストレースは凱旋門賞で125.75。2位がBCクラシックで124.33。ジャパンCは7位と。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2016

雪につき計画的在宅勤務

P1020574午前8時前起床。雪は積もっていたもののすでに雨。昨夜、手はずを整えておいたとおり、交通機関に影響が出たので社員一同(って、2名ですが)本日は出社せず在宅勤務に。さすがのピンポイント予報どおり、午後3時を過ぎて見事に太陽が出てきた。写真はうちのベランダから。在宅ゆえ、これも帯広市ふるさと納税でのいただきもの、大納言小豆というやや大きめの小豆でおしるこを仕込む。小豆のほかに使うのは、水、砂糖(三温糖)、それとわずかな塩だけ。それだけの材料でこれほどのスイーツは世界中探してもないんじゃないかと思うほどおいしい、と最近思う。
そういえば4か月ぶりの復帰戦となったマナミン(馬)。3コーナー手前あたりまではいい感じの手ごたえでぴたりと3番手についていたものの、直線ではまったく競馬をやめてしまった。
そしてばんえい競馬は、日常が戻っての9日以降の開催は1億円に届いていなかったのが、この日はなんと1億4000万円超。すごいなあ。雪で家にこもった人たちが買ってくれたんだろうか。

競馬●G3メガヘルツS(サンタアニタ芝8F,4&up f/m):先行人気馬総崩れとなって、馬群の中団うしろを進んだケリーベルが差し切ってステークス初勝利。父エンパイアメーカー。さらに後ろから直線伸びた2番人気ストーミールーシーがハナ差2着、シアタースターがクビ差3着。北米はマーティン・ルーサー・キングJr.デイの休日だったこの日、G3トボガンSが行われる予定だったアケダクトの開催が強風のため中止。で、トボガンSは24日に延期。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2016

食べてわかる品種の傾向

1171633やるべきことが家での作業だけだとつい寝すぎてしまう日曜日。以前、腰が痛くなって長くは寝てられなかったことを思えばシアワセ。若いころならなんでもなかった普通のことが、トシとともに普通であることをありがたく思うようになってきた。久しぶりに土日と続けてジョギング。午前中は晴れ間もあったものの、午後にはすっかり曇ってどんどん気温が下がった。原稿をやって、溜まったダンボールを片付けていたら、すでに夜。夕飯は、引き続いてのジャガイモで、きたあかり、北海こがねをレンジでチンしてみました。味にそれほど違いはないものの、きたあかりはほっこりしていて箸をさすと崩れ、北海こがねはややしっとり。なるほど今さらながら、男爵タイプは煮崩れしやすく、メークインのような細長いタイプは煮崩れしにくいんだ、という品種の傾向に気づいた。メインは、いただきものの黒毛和牛の味噌漬け焼き。

競馬●花吹雪賞。単勝元返しのドンプリムローズがピタリと2番手から3コーナー過ぎで前をとらえ、内をすくったタイムオブレディーが直線一旦は先頭に立ったものの、ゴール前でドンプリムローズが差し切って5連勝。外から迫ったプリモプレストが半馬身差2着。さらに半馬身差でタイムオブレディー。●大高坂賞。逃げたサクラシャイニーが3コーナーから後続との差を広げて楽勝。2番手追走のエプソムアーロン、中団から追ってきたメイショウパーシー、さらにうしろからのマウンテンダイヤの2着争いとなって、4コーナーで内を突いたマウンテンダイヤが5馬身差2着。1馬身半差3着にエプソムアーロン。キアラン・ファロンが引き続きアメリカで騎乗する。オールドフレンズで余生を過ごしていた32歳のガルチが安楽死。1988年のBCスプリントを制し、ブリーダーズC勝ち馬で生存している馬では最高齢だった。

本日のワイン●フランス南西地方・コートドガスコーニュのプレモン、グランエロン・ルージュ2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2016

十勝のジャガイモフェア

1161634葉物から順にようやく在庫の野菜が処理できてきて、あとに残ったのは日持ちする大量のジャガイモ。それは男爵とかメイクイーンとか一般的なものではなく、帯広市のふるさと納税で送られてきたのが、北あかり、北海こがね、さやあかね。別のところからのいただきものが、ノーザンルビー、シャドウクィーン、レッドアンデスと、計6種類。十勝のジャガイモフェアとかできそうな感じであります(笑)。そういうわけでジャガイモを大量に使えるメニューということで、鶏肉でクリームシチュー。濃紫のシャドウクィーンを使ったら白との対比できれいかな、と思ったら、色が溶け出て茶褐色がかったクリームシチューになってしまいました。

競馬●G2ラカナダS(サンタアニタ8.5F,4&up f/m):3番手から3コーナー過ぎで前をとらえたクールモアのタリスが直線突き放して圧勝。4番手を追走していたバードアトザワイアーが5 1/4馬身差2着。ヤヒルワ3着。●G3ルコントS(フェアグラウンズ8F70y,3yo):3コーナーからまくって直線抜け出したのはトムズレディだったが、さらにうしろから追ってきた人気のモートムが差し切って勝利。父アンクルモー。2 1/4馬身差2着にトムズレディで、GMBレーシングのワンツー。3/4馬身差3着にアンクルウォルター。●G3カーネルE.R.ブレッドリーH(フェアグラウンズ芝8.5F,4&up):断然人気チョコレートライドが逃げ切り勝ち。ローマンアプルーヴァルがゴール前迫ったが3/4馬身差2着。半馬身差3着にブラープ。●サンシャインミリオンズクラシック(ガルフストリーム9F,4&up):好スタートも6番手に下げた人気のメキシコマが、向正面で先頭に立ったミスタージョーダンに3コーナー過ぎで迫っての一騎打ちとなり、フロリダ産のメキシコマがゴール前で突き放して勝利。ミスタージョーダンは1馬身半差2着。12馬身離れての3着にカトリックカウボーイ。アメリカンフェイロアが満票での北米年度代表馬。エクリプス賞一覧。

本日のワイン●めずらしく家でゆったりひとり飲み。キザンワイン・白2014。いつでもキザンが飲める幸せ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2016

ゴボウには迷わず牛肉で

1151658中札内産のゴボウと和牛の切り落としでしぐれ煮。肉じゃがには豚バラ、で、ゴボウには迷わず牛肉。今回はたまたま冷凍在庫の和牛だけど、豪州産の脂身の少ない赤身の切り落としのほうが脂ぎとぎとにならなくていいかなかあ。それにしても、醤油、砂糖、酒、みりん、という同じ調味料でもさまざまな料理に変化する和食ってすごいと思う。それだけ食材が豊かということか。ここ1週間ほど、朝晩かなり冷えるようになった。寒い、ではなく、空気が冷たい、と思うことは、東京あたりではあまりない。そういうわけで、池袋西武で改装にともなうセールがはじまったので、懸案だったダウンジャケットのぴったりしたのを買って帰宅。

競馬1992年のアイリッシュダービーを12馬身差で勝ち、キングジョージも6馬身差で制したセントジョヴァイトが死んだ。27歳。ベットフェアとパディパワーは2月には合併。NTRA Moment of Yearは、アメリカンフェイロアのベルモントS。

本日の酒●れんと、お湯割り2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2016

ドバイにも元気な10歳馬

1年ほど前だったか池袋某所にカウンターだけの牛かつやさんができて、ほどなくして行列ができるようになってしまい、入れそうな機会がなかったのだが、ランチタイム終了の14時前に通りかかったら空席があったのでようやく入ってみた。ランチメニューの牛かつハーフとメンチかつのセット。ここの牛かつ、塩かしょうゆでお好みでわさびをつけて刺し身のように食ってくれというものなのだが、しかし。かんでもかんでも肉の味がしない。ちょっとびっくりだ。フルサイズの牛かつ食わんでよかった。メンチかつも、真ん中がほんのりピンクで肉汁が出てと、見た目はおいしそうだけど、味はぼけっとした感じ。ん〜、あんまり張り切って来なくてよかった。
そしてJALの携帯サイト終了のお知らせ。空港に着く直前、ClassJに空席があるかどうかのチェックでよく使っていただけに、これからはiPadを取り出さないといけないのかと思うとちょっと残念。ガラケーもそろそろ終焉か。今のが故障したら、さすがにスマホにするかなあ、という気がする。

競馬●白銀争覇。気合を入れて逃げたサイモンロードに、ヒカルカミヒコーキがぴたりと2番手。直線を向いてもこの2頭が先頭で、そのまま決着するかに思えたが、道中後方2番手から追ってきたメモリージルバがゴール前の一瞬で差し切った。サイモンロードは半馬身差、ヒカルカミヒコーキはクビ差。●UAE1000ギニーズトライアル(メイダン・ダ1400m,3yo f):ポラーリヴァーが12月のメイダンのメイドンから2連勝。父コングラッツ。9月にニューマーケットのG2ロックフェルSを勝っていたゴドルフィンのプロミシングランは4 3/4馬身差2着。●UAE2000ギニーズトライアル(メイダン・ダ1400m,3yo):G1ミドルパークSで3着だったステディペースが、同5着だったルーローをハナ差でしりぞけゴドルフィンのワンツー。●ドバウィS(メイダン・ダ1200m,3&up):2013年にドバイゴールデンシャヒーンを制した10歳のレイナルドザウィザードが直線半ばで抜け出しこのレース連覇。2 3/4馬身差2着にクールカウボーイ。直線先頭に立っていたレッツゴーフォーイットが1馬身差3着。クリプトンファクターは4着。●シングスピールS(メイダン芝1800m):モアアスペンが4番手から直線で抜け出した。直線を向いて先頭のビッグバズが1馬身差2着。●ラニ

本日の酒●れんと、お湯割りを3倍ほど。このくらいが翌日に影響もなく適量かも、と思う今日このごろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2016

賞金1200万ドルのレース

午後から大井競馬場。年明け初戦のJpnIIIとはいえ、ホワイトフーガにとっては楽な相手だった。次はフェブラリーSだそうで、さて牡馬が相手でどうなのか。それと。端午Sを勝っているとはいえそれ以降は地方しか走ってないので中央のダートの流れが合うのかどうかということも未知数。翌日の資料などの準備をすっかり忘れていたため、終了後に出社。の途中、通りすがりで銀座松屋屋上へ。ソラトニワ銀座のゲストはキャプテン渡辺さん。後半1時間近くもスタジオでご一緒してしまいました。ひさしぶりにジャポネで夕飯にして、出社。競馬が昼間開催だと、その後にたっぷり仕事ができていいですなあ。飲みに行ってしまうとたっぷり6時間コースになるんだけど。

競馬●TCK女王盃。スローな流れとなって3番手の外目を追走したサウンドトゥルーが直線を向いて抜け出し完勝。そのうしろから1頭だけ追ってきたパワースポットが1 1/4馬身差2着。3馬身離れてタマノブリュネットが3着。フランク・ストロナックが世界最高賞金となる1200万ドルのレースの計画をぶちあげた。ペガサス・ワールド・チャンピオンシップスと称し、ブリーダーズCとドバイワルドCカーニヴァルを避けて1月に。フランスのPMUの総売上が3年連続でダウン。父フランケルで、デインドリームの初仔がナッシングバットドリームスNothing But Dreamsと名付けられた。吉田照哉さんも共有。ハリウッドパークの跡地にNFLのスタジアム建設という計画。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2016

おしゃれに新装!地中海

O0800060013539122934『地・中・海ケイバモード』の新春初回。なんだかオープニングがおしゃれになったと思ったら、おっさん4人がずらっと並んだ図ですみません。ノドがどうかと心配だったのだが、Facebookで見かけた龍角散ダイレクトのトローチがなかなかの効果。本番しゃべらない合間に舐めて、もししゃべるところになっても飲みこめるので。それにしてもマンゴー味にしなくてもいいと思うのだが。スタジオの関係で16時には収録が終わり、17時より新年会を一昨年の忘年会と同じ和田家@茅場町にて。「酒飲みは何時に始めても終わる時間は同じ」という法則のとおり3次会まで。飲み過ぎました。

競馬●桃花賞。クビ、ハナ、クビ、クビという5頭の接戦となって、東京2歳優駿牝馬7着だったワカチナが4番手追走から内を突いて勝利。門別最終日ブロッサムC勝ちのラッキーバトルが2着。3着クラトイトイトイ。兵庫から移籍のナツが4着。東京2歳優駿牝馬5着だったエメンタールベルンがここも5着。ゴールデンスリッパーを勝ったあと一部権利をクールモアに買われたヴァンクーヴァーがバリードイルに移動してロイヤルアスコットを目指す。

1121631本日の酒●まず熱燗。に続いて、静岡の開運・無濾過純米。宮城の萩の鶴・純米吟醸の濁りの発泡、すっきり美味しゅうございました。土佐の文佳人。2軒目では泡でバルディビエソの白とロゼ。3軒目ではグラスワインを飲んだような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2016

ついに芝でもパイロ産駒

本日も出社。グリーンチャンネル、ときどき地方競馬ナインを見つつの原稿など。フェアリーSはビービーバーレルが逃げ切り勝ち。パイロの産駒はシゲルカガがJpnIIIの北海道スプリントCを勝っていたもののJRAの重賞は初勝利。今年のセリではパイロ産駒高くなりそう、という意見多数。そして中舘英二さん。調教師になって1年たたずの重賞制覇ということではネットで賞賛の声が多数。やっぱり個性的で印象的な騎手だったからでしょうな。

競馬●トウケイニセイ記念。最内枠からハナをとったラブバレットが逃げ切り勝ち。黒船賞へ。内の好位4番手を追走していたエーシンシャラクが4コーナーでも内を突いて4馬身差2着。競りかけていったワットロンクンは直線伸びず2馬身差3着。ロイヤルアスコット開催の賞金が18%アップの総額658万ポンドに。スリーチムニーズに繋養されていた19歳の種牡馬エクスチェンジレートが安楽死。アーミン、ボールダンシング、サンセットグロウ、スワップフリッパルーなどのG1勝ち馬を出した。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2016

世間の休みを嘆く3連休

自宅にて原稿書き。で、「明日休みなのかよ!」という独り言を何度つぶやいたことか。我々自由業っぽい人たちにとっては、もう祝祭日いらん、て感じじゃないですか。とくにハッピーマンデーの連休とか。それと、我々以上に小学生くらいのお子さんを持っているお母さんたちも思ってるでしょうね。ようやく年始の修行原稿の先が見えてきて、夕飯は料理当番。香港のKさんからおみやげにいただいた花椒を使って麻婆豆腐。おお!痺れるウマさ。

競馬●九州オールカマー。中央準オープンから転入で1年ぶりの実戦となったバンブーリバプールが逃げ切り勝ち。4番手から追いかけた昨年の勝ち馬スイングエンジンがゴール前迫って半馬身差2着。

本日のワイン●まだ喉の調子はよくないけど料理当番なので飲んでみます。続きのコノスル、オーガニック・シャルドネ2015。カヴァはボデガス・コヴィニャス、エンテリソ・ブリュット。カリフォルニアのホーククレスト、モントレー・シャルドネ2010。厚みがあって樽香もあって由緒正しきニューワールドなシャルドネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2016

クローム快勝でドバイへ

191630恒例年始修行の原稿もようやく本日から後半。で、通常出社。なんだか夕飯に出るのもめんどうだったので普段はほとんど食べないコンビニ飯。そういえばと思い立って話題の10分どん兵衛をやってみましたよ。最近カップ麺とかあまり食べなくなっているので(といって正月にはカップヌードル・トムヤムクンを食べたわけですが)きっちり5分のどん兵衛との違いがどうかはわかりませんが、なるほどやわやわの麺はわるくない。カップ麺ではむしろ麺のコシとかにこだわらなくていいんではないかと。つまり5分とか正確に計らなくても熱湯を入れててきとーに5分以上放置しておいてもおいしく食べられますよ、ということでよろしいかと。それと、フワフワになった揚げはおいしいと思います。

競馬●G2サンパスカルS(サンタアニタ,8.5F4&up):プリンスオブウェールズS回避からの復帰戦となったカリフォルニアクローム。2番手追走から持ったまま3コーナー過ぎで先頭に立つとそのまま後続を寄せ付けず。4番手から追ったインペラティヴが1 1/4馬身差2着。1馬身差3着にホッパーテュニティ。カリフォルニアクロームは1/21にドバイへ向かい、前哨戦を1戦して昨年2着だったドバイワールドCへ挑戦。●G3シャムS(サンタアニタ8F,3yo):外枠から4番手に控えた人気のコレクテッドが4コーナーで先頭に並びかけると直線で抜け出し、ダート初出走で勝利。父シティジップ。1 1/4馬身差2着にレッツミートインリオ。1馬身半差3着ラオバン。●G2フォートローダーデールS(ガルフストリーム芝8.5F,4&up):2番人気ハートトゥハートが逃げ切り勝ち。ゴール前半馬身まで迫って2着がルークスアレー。1 1/4馬身差3着にオールインクルーデッド。人気のロクティはハナ差4着。●G3ハルズホープS(ガルフストリーム8F,4&up):5頭一団の3番手を追走したムシャウィッシュが差し切った。前走初ダートだったG1シガーマイル4着からの勝利。逃げたヴァリッドがクビ差2着。●G3マーシュアズリヴァーS(ガルフストリーム芝8.5F,4&up f/m):引きつけて逃げた人気のサンディヴァが直線単独先頭に立って押し切った。1馬身半差2着にアリトルビットサッシー。1馬身差3着にテュティパエシ。

のどがのどが…で、連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2016

どうなるサウジアラビア

昨年末あたりにドバイ行きの航空券などを調べていて、一昨年、昨年あたりよりサーチャージがだいぶ安くなったなあと思っていたら<過去10年で最低水準とされる原油安>なのね。ただそのぶん航空運賃が安くなったかといえば、航空会社によってはそうでもないような。それにしても原油安によって国家予算が1000億ドルの赤字ってすごい。石油がいつまで人類の主要燃料であるかももはやわからず、石油で国家をやっていくのはもう無理、ということか。そういう意味で早い時期から石油に代わる収入源を見つけたというか無理やりつくったというか、ドバイはうまくやったなあと。

競馬●父ゴールドプルーフ、母父オースミジェットという渋い血統のレッドプルーフが2勝目。ゴールドプルーフ産駒では現3歳世代2頭のうちの1頭。明け2歳馬まで4世代の産駒でわずか計5頭ということらしい。2015年の北米生産者ランキング。ラムゼー夫妻がダーレーをわずかに抑えて3年連続でトップ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2016

浦和に出現大型ビジョン

171601午後から浦和競馬場。さすがに世間は普通の生活に戻ったばかりとあって競馬場に来るお客さんは少なめ。穂久柳さんのタマシャモ弁当も余りぎみで、明日のお弁当用に余裕で買うことができた。浦和競馬場には今開催から内馬場にビジョンが出現。正確には有馬記念の場外発売から稼働していたらしいが。それにしてもビジョンのちょうどうしろが残り600mの地点で、馬がそのビジョンのうしろを通過するときは正面からの映像になるという。したがって、上り3Fのラップタイムが映像からは計れなくなってしまいました。新設ビジョンの着順のところにも上りタイムは表示されないし。で、ニューイヤーカップ。アンサンブルライフはあの気性で小回りの浦和はだいじょぶなんかいなと思ったら、やはり。結果、メンバー中3頭いた門別デビュー馬が3着までを独占。狙っていたのはその中で1頭だけ人気がなくて、結果3着だった馬なので、まあ馬券は当たらずとも悔いなし。昨日からちょっと風邪気味ということもあり、原稿も本日予定のところまで進んでなかったので、まっすぐ帰宅。そしてメイダンでは早くもドバイワールドカップカーニヴァルの初日。サウジとイランのペルシャ湾を挟んでの対立はだいじょうぶなのか?

競馬●ニューイヤーカップ。2番手追走のタービランスが3コーナー過ぎで先頭に並びかけゴール前で抜け出したが、ゴール寸前一瞬だけ脚を使ったモリデンルンバが差し切った。タービランスはアタマ差2着。中団よりうしろからレースを進めたジャーニーマンが1馬身半差3着。逃げたアンサンブルライフは4着。●純血アラブのG1アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m,PA 5&up):昨シーズンのG1ナショナルデイCを制していたThakifが勝利。3 3/4馬身差2着にUAE産でシェイク・ハムダンのAf Mathmoon。●G2アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m):シェイク・アーメド・ビン・モハメドのルバーナーディンLe Bernardinが直線で一旦は突き放し、ゴール前で詰め寄られたものの振り切って勝利。リステッドからの連勝で7歳にしてグレード初勝利。父バーナーディニ。アル・ラシッド・アル・ライヒ調教師はこの日4勝。アタマ、アタマ、アタマという接戦の決着で2着はLayl。怪我をしていたエーブルフレンドはオーストラリアで長期休養へ。

本日の酒●れんとのお湯割り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2016

今さらどうするのテレカ

懸案だった、会社のデスクまわりの片付けと、雑誌類の選別と、地層になった紙類を整理して捨てるなどの作業。午後一気にやってようやく新年が来た感じ。そんななか90年代の競馬関連のテレフォンカードが大量に出てきて、さてこれらはどうしたものか。さらに。もうおそらく10年ほども使っているコピー機の入れ替え手続きなど。夜になってようやく年始恒例の集中した原稿書きにとりかかる。それにしても昨日まで暖かかったのが急に寒くなった。ま、この時期としては普通の寒さだけど。

競馬●9日のG2サンパスカルSで復帰するカリフォルニアクロームのサイト TheChampIsBack.com がテイラーメイドスタリオンズにオープン。先着100名様にカリフォルニアクロームの2016年のカレンダープレゼント。昨年2着だったドバイワールドCに再度挑戦の可能性も。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2016

7日間連続での1億円超え

競馬一般的には東西の金杯で2016年のJRAの競馬が始まった日だが、地方競馬で興味津々だったのは、ばんえい競馬の単独開催だったこと。果たして売上は、1億3583万円余り。これで正月5日間連続開催がすべて1億円超えだったばかりか、年末の28、29日から7日間連続での1億円超となった。1日平均の売上が6700万円程度にまで落ちた2011年度など1億円を超えた日は年間で何日かしかなかったような気がするのだがどうだろう。今年度、発表されている4〜11月の1日平均では約9200万円。地方競馬IPATでの発売がないばんえい競馬でのこれだけの回復は、どう説明されるのだろう。ネット投票の普及と景気か。ばんえい競馬自体の認知度アップもあるかもしれない。ただばんえい競馬には、馬券が売れても生産者の高齢化と生産頭数の減少という課題は引き続き残る。馬券の売上げをどう生産に還元していくかだが、重種の場合は食用市場との関係もあってなかなかに難しい。

競馬おおお。チャンネル4の解説をクビになったジョン・マクリリックさんが、競馬の放映がITVになることで戻ってくると?2015年の北米の馬券の売上は10,676,223,640ドルで、前年比では2011年以来となる1.18%のアップ。ちなみに約107億ドル≒約1兆2700億円は、JRAの2015年の年間売上のちょうど半分程度と。

肝臓強化週間(笑)を脱して11日ぶりの休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2016

気がつけば10日間連続で

仕事初めという感じの人たちと、まだ休みという人たちとが入り混じった電車と街の雰囲気の中を通常出社。更新作業などをひととおり終えて、ようやく個人的年賀状にとりかかれました(スミマセン)。昨日気づかないうちに右手親指の腹の部分をちょっと切っていたようで、血が滲んで文字を書くのに難儀したという。夜は最近めったに行かなくなった回転寿司(除く、船橋競馬場横の銚子丸)に行ってみた。なるほど最近は韓国とか中国とか、そっちのほうと思われるお客さんが増えてるのね。気がつけばクリスマス前後に6日間連続で飲まなかったあと、年末年始は10日間も連続で飲んでしまいました。まあ飲み過ぎたのは30日だけだったのでいいでしょう。さすがに体重2kg増。

競馬豪G1スプリングチャンピオンSなどを勝った種牡馬ハンプトンコートが、スペンドスリフト・オーストラリアからレキシントンのスペンドスリフトファームへシャトル。南がベースで北へのシャトルはめずらしいかも。

本日の酒●回転寿司にて、喜平を熱燗で。帰宅して、コノスル、オーガニック・シャルドネ2015。意外なすっきり系。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2016

新春3日も川崎競馬場へ

13164930分ほど前まで箱根駅伝の喧騒だっただろうか、という第1京浜を渡って川崎競馬場へ。川崎駅から歩くと汗ばむほどの陽気。昨日よりさらに気温が高かったようで、最高気温は15度とか。場内も昨日より混雑していたんではないだろうか。報知オールスターカップは、金沢のグルームアイランドが直線で鮮やかな差し切り。船橋最終戦がB2級で5着とはいえ、それが今の実力でないことは確かなのだが狙うのは難しかった。そして国内での共有馬の今年最初の出走。パーティメーカーは、行きたがってみたり、砂を被っていやがったり、ちぐはぐなレースで8着。ん〜、いろいろと難しい。そしてこの日もばんえい競馬の場立ち予想で、ばんえい帯広の1日の売上は1億4462万円余り。稲毛神社にお賽銭を投げてまっすぐ帰宅。余っている野菜たちで、とり野菜みその鍋。

競馬●新春賞。2番手のエーシンクリアー、3番手のサウスウインドが3コーナー過ぎで並んで抜け出したが、中団から位置取りを上げてきたアクロマティックが直線まとめて差し切って重賞初勝利。地元重賞だと勝ち切れないエーシンクリアーは1馬身差2着。3/4馬身差でサウスウインド。ニシノイーグルは向正面からまくったものの6馬身離れて4着。●名古屋記念。先行3頭の勝負は、2番手から3〜4コーナーで先頭に立ったドナルトソンが直線で突き放し重賞初勝利。逃げたのはベルラインだったが、3番手から追ってきたイワクラギンガがこれをとらえて4馬身差2着。人気のベルラインは半馬身差3着。●報知オールスターカップ。後方3番手から向正面で仕掛けた金沢のグルームアイランドが、4コーナー外の5番手から差し切った。直線を向いて一旦は先頭に立ったバトードールは1馬身差2着。3番手を追走したムサシキングオーはクビ差3着。●天馬賞。障害先頭はカイシンゲキだが、ほとんど差なくキサラキク、ハクタイホウ、シンザンボーイと続き、シンザンボーイ以外の3頭の争いとなって、止まらず歩いたキサラキクが勝利。ゴール前で詰まりながらもすぐに立てなおしたハクタイホウが2着。障害6番手から追ってきたカンシャノココロが3着。●G2モンロヴィアS(芝6.5F,4&up f/m):4番手の内を進んだプライズエグジビットが4コーナーで先頭に立って押し切った。内から迫ったシュリンキングヴァイオレットがハナ差2着。1番人気エイジレスはゴール前で外から迫ったが半馬身差3着。

本日のワイン●カヴァは、フィンカ・ラ・ピンターダ・ブリュット。続きのキザン・ファミリーリザーブ2008

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2016

ペールギュント産駒勝利

P1020562今年も川崎競馬場へ。川崎の正月開催といえばスタンドを吹き抜ける風が冷たく寒いことこの上ないのだが、今年は寒いという感じはなく、日のあたるところを歩いているとむしろ汗ばむほど。ミルキーによる馬車運行の予定が、馬車のタイヤがパンクしていて中止になったのはなんとも残念。帯広記念は今年も1番人気が飛んで波乱の結果。ニュータカラコマは1番人気にはならないと思ったのだが。この日のばんえい競馬は1億9500万円近くも売り上げた。終了後はまっすぐ帰宅。

競馬●金杯。5番手を追走したサンエイホープが3コーナーから外を通って進出し直線先頭に立って押し切った。追ってきたサプライズハッピーが1馬身半差2着。5馬身差3着にイチダイ。●新春盃。好位から3〜4コーナーで先頭に立ったコースモナーダムが直線独走となって勝利。中団から追ってきたスズノライジンは4馬身差2着。5馬身差3着にミトノレオ。●帯広記念。障害4番手のオレノココロが残り30mで先頭に立ち、ゴール上で詰まったもののすぐに立てなおして勝利。6番手から歩いたキタノタイショウが2着。ゴールギリギリで止まったフジダイビクトリーをとらえたホクショウユウキが3着。障害で倒れながらも先頭で越えたニュータカラコマは7着。●G2サンガブリエルS(サンタアニタ芝9F,4&up):単勝47倍、ペールギュント産駒のフランボヤントが、逃げた1番人気のオブヴィアスリーをゴール前でクビ差とらえて勝利。フランス産のフランスデビューだがアメリカに移籍して一昨年のG1ベルモントダービー3着などがあり、これがグレード初勝利。2 1/4馬身差3着にバルアバリ。●G2サンタイネツS(サンタアニタ6.5F,3yo f):逃げた人気のプリティンクールが直線でも粘っていたが、2番手を追走していたフォーエヴァーダーリンがゴール前でとらえて勝利。メイドン勝ちで臨んだBCジュベナイルフィリーズは8着で、これがグレード初勝利。外から追ってきたコードウォリアーが半馬身差2着。プリティンクールはクビ差3着。

本日のワイン●なぜか3本も在庫があった、キザン・ファミリーリザーブ2008。ん〜、さすがに常温保存だからなあ、ギリギリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2016

あけましての、仕事始め

111636あけまして、今年も例年通り元日から通常出社であります。昨夜つくったハンバーグのお弁当を持って。ネットでニュースをチェックすると、年明け早々ドバイダウンタウンの高層ホテルで派手に火事だそうで。現地時間では年が明ける前ですが。2日、3日の重賞予想を一気に。そして元日の夕飯は、たいした店はやってないだろうし、やってる店は混んでるだろうしで、会社の在庫にあったトムヤムクンヌードル(笑)。そしていまだ個人の年賀状まで至らず。2016年最初の共有馬出走はシンガポールにて。これがデビュー戦となったスクリーンヒーロー産駒のゴラーゾは、ラチ沿いの好位4番手を進んだものの直線伸びず、6着でした。

競馬●尾張名古屋杯。2番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったワンダフルタイムがそのまま押し切った。4番手から追走したマルカシグナスが3/4馬身差2着。ゴール前迫ったトーホウボンバーがアタマ差3着。イギリスの競馬中継が、30年以上の歴史を重ねたチャンネル4からITVに変わる。2015年北米の賞金リーディング。アメリカンフェイロアが$8,288,800で年間獲得賞金レコード更新。馬主の賞金トップはアメリカンフェイロアのザヤットステーブル。調教師は6年連続でトッド・プレッチャー。騎手は年間レコードを更新したファヴィアー・カステラーノが3年連続。NYRAのリーディングは、調教師はチャド・ブラウンが初、騎手はイラド・オリッツJr.が2年連続。

本日の酒●帰宅して、孤独のグルメ・旭川編を見ながら、一ノ蔵・特別純米酒・辛口。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »