« June 2015 | Main | August 2015 »

July 31, 2015

真夏の夜のブルームーン

0108201529夜。月が悲しいほどに明るい。ブルームーンだそうで。
ネットのお知らせを見て、おおっ!と思っていた、ばんえいのフリーマガジン、Pommele(ポムレ)を送っていただきました。これ、ばんえい十勝の公式サイトではお知らせしないんですかね。わたしが気がついてないだけだったらスミマセン。見たい人多いと思うので、PDFにして公開するのはダメなんですかね。それと、一度見た人は、次号はいつ出るんだろうと楽しみにしてると思うんですよ。その案内が、ない。12月ごろを予定しているようですが。

競馬●G2キングジョージS(グッドウッド5F,3&up):シェイク・ハムダンのムスミールMuthmirが人気にこたえ、G2グロシェーヌ賞に続いての重賞2勝目。このレース連覇がかかったテイクカヴァーはアタマ差2着。半馬身差でムーヴインタイム。●G3グロリアスS(グッドウッド12F,4&up):ドバウィ産駒のダブデイがデットーリで重賞初制覇。カタールベースの調教馬が英国で初勝利。調教師はJassim Al Ghazali。人気のザコルシカンは3/4馬身差2着。●G3サラブレッドS(グッドウッド8F,3yo):英1000ギニー4着だったマラバーMalabarが、メンバー中唯一の牝馬ながら勝利。3馬身差2着にクールカンパニー。セントジェームスパレスS2着で人気になったLatharnachは3着。●G3クイーンズプレートS(グッドウッド7F,3&up f/m):伏兵Amy Eriaが人気のOsailaを半馬身差でしりぞけ勝利。で、アルシャカブレーシングのワンツー。パドックのスクーリングをやっただけでニュースになるアメリカンフェイロア。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2015

満身創痍といわれた7月

予定していた2週間が過ぎたので、ギブスをとってみましょうか、と。左足にへんに力が入らないように、そろっと歩いてみて、とりあえずだいじょうぶっぽい。それでも寝てる時に不意に無理な状態になってしまわないように、しばらく寝るときだけはギブスをつけておかないといけないようです。足だけでなく、身体に経年劣化を感じさせられる6月7月でありました。

競馬●王冠賞。ハナをとったオヤコダカが直線では後続の脚色を確認しながら完勝のゴール。川原さん、門別で重賞通算100勝。離れた中団から位置取りを上げてきたタイムビヨンドが2馬身差2着。さらに2馬身差で直後の3番手を追走していたフジノサムライ。●G2リッチモンドS(グッドウッド6F,2yo c/g):シャラーShalaaがG2ジュライSから連勝で3連勝。2 3/4馬身差2着にTasleet。●G2グッドウッドC(グッドウッド16F,3&up):クビ、短頭という接戦を制したのはビッグオレンジで、G2プリンセスオブウェールズSから連勝。重賞初挑戦も人気になったクエストフォーモアが2着。G1アスコットゴールドC勝ちのトリップトゥパリが3着。●G3フィリーズS(グッドウッド14F,3&up f/m):父デュークオブマーマレードのシンプルヴァースが重賞初挑戦で勝利。1馬身半差2着にヒドゥンゴールド。2馬身半差3着にヨルダンプリンセス。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2015

大井でファラオ買います

3007201513夕方大井競馬場へ。サンタアニタウィークということでお知らせされていたアメリカンファラオのTシャツを、値段によっては買おうと思っていて、4000円以上だったらやめようかなあと思っていたのだが、しかし。向こうで売っている25USドルに今の為替レート1ドル=約120円を単純に掛けただけの3000円だったので買いましたよ。さらに。今年のブリーダーズCのオフィシャルTシャツも、やはり現地価格と同じ3000円(=25USドル)で売っていたのでこちらも買ってしまいました。
そしてアメリカンファラオは日曜日のハスケル出走に向けてモンマスパークに到着

競馬●サンタアニタトロフィー。2番手につけたソルテが4コーナー手前で先頭に立つと、直線あっというまに抜けた。転入初戦、的場で臨んだケイアイレオーネは4番手追走から2馬身半差2着。9歳のカキツバタロイヤルが3着にがんばった。●G1サセックスS(グッドウッド8F,3&up):グレンイーグルスが回避して、やはり無敵のソロウがG1・4連勝で昨年から8連勝。エーロッドが半馬身差に迫って2着。ロッキンジS勝ちのナイトオブサンダーは6着。●G3ゴードンS(グッドウッド12F,3yo):G1ジョッキークラブ賞2着のハイランドリールが今季初勝利。1馬身半差2着にスコティッシュ。●G3モールコムS(グッドウッド5F,2yo):Kachyが人気のキングオブルークスを3/4馬身差でしりぞけデビューから2連勝。ダーレー・アメリカがサウスキャロライナのエイケントレーニングトラックを9月1日で閉鎖。

本日の酒●あぢかったので帰宅して、サントリー・プレモルの350ml缶。冷えた一ノ蔵を1杯だけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2015

実家近く、うなぎを食す

本日は会社を休んで実家へ。認知症の介護施設に入っている母を見舞いに。今日、昨日、数日前、何年も何十年も前の出来事がごっちゃになって時間の概念がなくなっているらしい。それと、自分の言いたいことの言葉が出てこずにストレスを感じている様子。症状は日によってだいぶ違いがあるらしいもののとりあえず元気ではある。夕方から、父、兄家族と、近所の寿々家という料理屋さん。実家にいた20年かもっと以前から知ってはいたものの入ったのは初めて。経営者はよんどころのない事情で変わったりしたらしいが、店内には生簀があり魚だけでなくちゃんとした素材のものが出てきて、こんな田舎でもそれなりの客は来ているようでちょっと感心。
それにしても門別は2歳オープンのターフチャレンジが霧で中止になったのは、なんとも。

競馬●金沢スプリントカップ。園田で4連勝中だったトウショウセレクトが後続を引きつけての逃げから直線で差を広げて勝利。4番手から追ってきたキクノフレヴァンが2馬身差2着。2番手を追走していたヒカルカミヒコーキがさらに2馬身差で3着。●G2ヴィンテージS(グッドウッド7F,2yo):デットーリ好調。アルシャカブにトレードされて初戦のガリレオゴールドがデビュー2戦目から3連勝。父パコボーイ。3/4馬身差2着にイブンマリク。G2スーパーラティヴSを勝っていたゴドルフィンのバーチウッドは5着。●G2レノックスS(グッドウッド7F,3&up):G1で好走していたトアモアが、こちらもゴドルフィンにトレードされての初戦を勝利。3/4馬身差でダッチコネクション。●プリンスオブウェールズS(フォートエリー9.5F,3yo):直線3頭が叩き合ってクビ、クビという接戦を制したのは、最後方追走から外を伸びた伏兵ブレーキングラッキーでステークス初勝利。父ルッキンアトラッキー。クイーンズプレート勝ちのシャーマンゴーストは2着。3番手から直線一旦は先頭に立ったフィールドオブカレイジが3着。デットーリがシャーガーカップに出場できず。キングジョージでハナ差2着だったイーグルトップでムチの使いすぎによる騎乗停止のため。

2807201532本日の酒●寿々家にて。愛媛の梅錦・山川流・純米酒。久保田・萬寿。
帰り際に寄ったアズーリ@武蔵浦和にて。写真のワインたちをグラスで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2015

地味に活躍のパイロ産駒

南関東はパイロまつり。この日2レース行われた大井の新馬戦は、サブノムテキ、アンカットジュエルが勝って、ともにパイロ産駒。さらに。25日川崎第2レースの新馬戦を9馬身差で圧勝したシャークカイザーもパイロの産駒で、第3レースにはパイロ産駒が出ていたなかったので、南関東の新馬戦出走機会3連勝中(というのが記録になるのかどうかわかりませんが)。パイロ産駒の出世頭はいまのところ唯一グレードのタイトルがあるシゲルカガ(北海道スプリントC)で、地方馬では浦和桜花賞のシャークファング。で、2年目の産駒(現3歳)で収得賞金トップは、中央馬を含めても、なんとパーティメーカーであるらしい(喜)。2007年にモンマスパークで行われたBCジュベナイル。普段なら中止になっているであろう泥田のような馬場を、4コーナー絶望的な位置からものすごい追い込みで2着に入った衝撃を忘れられないでいた甲斐はあった。

競馬英・愛2000ギニーからセントジェームスパレスSを連勝中のグレンイーグルスはサセックスS回避のもよう。馬場がよくないため。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2015

猛暑の時期の枝豆と茄子

2607201509コレ、さすがに大トロの味はしませんが、アボカドと言われればそういう感じがしないでもなく、ま、ふつうにワサビ醤油味ですね。
今週は週日5日のうち競馬場に3日、グリーンチャンネルが1日、で、出社したのが1日だけだったので当然しわ寄せがくるわけで、ご迷惑をおかけしないようひたすら原稿を書く。家で1日じゅう冷房の中にいると、直接冷たい風があたっているわけでもなく、28度の設定なのに、かなり不健康な感じ。なのでときどき酷暑のベランダに出たり買い物に行ったりで汗をかく。この時期、枝豆と茄子がもーれつにおいしい。おそらく暑い時期に体にいい何かがあるのだろう。

競馬●吉野ヶ里記念エスワンプリンスが逃げ切り勝ち。意外にも古馬になって地元のS1重賞初制覇。4番手からゴール前迫ったマイネルパルフェが半馬身差2着。3着シゲルモトナリ。勝ち馬の直後でプレッシャーをかけたケージーヨシツネは4コーナーで失速して5着。●ばんえい大賞典。まさかのセンゴクエース除外。障害先頭はテンカトウイツだが、まもなくとらえたシリウスが差をひろげて勝利。テンカトウイツが2着。障害5番手から伸びたコウリキが3着。●G2ロベールパパン賞(メゾンラフィット1100m,2yo c,f):アルシャカブのGutaifanがデビュー2戦目から3連勝。父ダークエンジェル。アタマ差2着にAjaya。●G1ダルマイヤー大賞(ミュンヘン2000m,3&up):ジュリアーニGuilianiがG1初出走で重賞初制覇。半馬身差2着にAjalo。連覇を狙った人気のラッキーライオンは4着。●G1コーチングクラブアメリカンオークス(サラトガ9F,3yo f):逃げたアイムアチャッターボックスに、直後でマークしたカーアライナがゴール前迫ったもののハナ差及ばず。だったが、アイムアチャッターボックスが外によれてカーアライナにぶつかったとして2着に降着。人気のカーアライナがエイコーンSからG1連勝。●G1ビングクロスビーS(デルマー6F,3&up):断然人気マソキスティックが直線を向いて先頭に立ったが、4番手から追ってきたワイルドデュードがゴール前とらえてG1初勝利。マソキスティックは1 1/4馬身差2着。スタートで外に飛んで最後方追走となったコービーズバックは3着まで。●G3ロイヤルノースS(ウッドバイン芝6F,3&up f/m):断然人気エイジレスが、逃げたリーコートを直線でとらえ3/4馬身差をつけコースレコードでの勝利。5馬身半差3着にゼンセーショナルバニー。

本日のワイン●カヴァは、グランパッション・ブリュット。続きのジューステンベルグ・フェアヘッド2009。ナッツ類との相性バツグン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2015

買うのが得か賃貸が得か

大阪からの戻り。のときのお楽しみ、蛍池の轟庵で昼酒。と思ったら、さすがに土曜日の正午ちょっと過ぎという時刻では満員盛況。で断念。帰宅して、夜はマンションの理事会。13年も経つとメンテナンスだ修繕だというのがいくつも出てきて、それが100万円単位の金額になるので、意見をまとめたりがなかなかに大変。こういう苦労を最初から知ってたら、マンション買うのもどうなのかね、と思ったかも。一括現金で買えるならいいけど、高い利息(以前に比べたら最近はそうでもないけど)を払うのと、賃貸の家賃とどっちがお得なのかはおそらく永遠の謎。日本は資産を持ってるステータスみたいのもあるしね。

競馬●G1キングジョージVI&クイーンエリザベスS(アスコット12F,3&up):注目のゴールデンホーン、フリントシャーは馬場が渋ってスクラッチとなり7頭立て。2番手追走から先頭に立ったポストポンドに、うしろから追ってきたイーグルトップが並びかけての叩き合いは、差し返したポストポンドがハナ差でG1初制覇。逃げたロムスダルが3 3/4馬身差3着。ゴールデンホーンはヨークのインターナショナルSに向かう。●G3プリンセスマーガレットS(アスコット6F,2yo f):前走G2ダッチェスオブケンブリッジS2着で人気のベシャラーBesharahが重賞初勝利。3馬身差2着にグレートページ。●G2ヨークS(ヨーク10.5F,3&up):7歳の伏兵トゥリウスがトップノッチトントを半馬身差でしりぞけ勝利。人気のプリンスジブラルタルは3/4馬身差3着。●G1ダイアナS(サラトガ芝9F,3&up f/m):前3頭から大きく離れた4番手を追走したハードノットトゥライクがゴール前でぎりぎりとらえコースレコードで勝利。ゲームリーSからG1連勝。ハナ差でテッピン。クビ差でラビットのキトゥンズクイーン。最後方を追走した人気のステファニーズキトゥンは見せ場なく5着。●G3サンフォードS(サラトガ6F,2yo):逃げ切ったマグナライトだが直線で外に飛んだあと内に切れ込んで進路を妨害して3着に降着。外を伸びたアンクルヴィニーが2位入線から繰り上がって勝利。父アンクルモー。不利を受けたパーコレイターは繰り上がっての2着。●G2サンディエゴH(デルマー8.5F,3&up):人気のバイエルン、アピーリングテールが3番手以下を離して競り合うところ、追ってきたゲイリー・スティーヴンスのキャッチアフライトがゴール前で差し切った。アタマ差でアピーリングテール、バイエルンは1 1/4馬身差3着。●G3ジャージーショアS(モンマス6F,3yo):最後方から進出したヘブロンヴィルがゴール前差し切って勝利。父マジェスティックパーフェクション。直線先頭に立っていたダブリュヴィージェットセッターがクビ差2着。断然人気ブレイムジェムは4着。●G3オンタリオメートロンS(ウッドバインAW8.5F,3&up f/m):後方2番手からラチ沿いを押し上げたアチェナが直線の接戦から抜け出しグレード初勝利。外を通った人気のストラトザコースは3/4馬身差2着。逃げたスカイランダーガールはアタマ差3着。

本日のワイン●カヴァはアシエンダ・デル・カルチェ・ブリュット。在庫処分品最後の1本、ジューステンベルグ・フェアヘッド2009。黄金色はそれなりに時間がたったからなのか、今どき流行らないんだろうけど、こってりしたシュナンブラン。たいそうおいしゅうございます。あっ、現行バージョンは2011なのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2015

大丈夫か五輪この時期で

2407201516昨日に続いて午前5時起床。推定朝8時ごろに送られてくるはずの原稿の編集をどこでやるか思案の結果、羽田空港に早めに行ってラウンジにて。朝7時前の埼京線は座れはしないもののまだラッシュというほどではなく、しかも混雑で玉突き状に電車が送れるというリスクも少なく、なるほどラッシュ時に羽田に向かう時は早めに行ってラウンジでやることをやった方が快適だなあ、という覚え書き。で、伊丹空港から園田競馬場へ。昨日昼ごろまで雨が降っていた大阪地方は酷暑。この不快指数の高さは世界有数なのではないだろうか。赤道直下のアジア人もびっくりだ。ナイター開催にもかかわらず昼過ぎに競馬場に来たのは、新たに調教師試験に合格した方々にインタビューをお願いしていたため。有馬さん、北野くんはまさに今日、引退セレモニーもあるということでナイスタイミング。兵庫サマークイーン賞は、ピッチシフターが痛恨の出遅れ。昨日まで大雨で砂を何度も補充していたという馬場はエーシンサルサに味方したんじゃないだろうか。
ところで東京オリンピックのエンブレムが発表されたこの日の5年後が開会式だそうで、となると梅雨が明けた猛暑の時期にすっぽりオリンピックが入ってるわけで、大丈夫なのかこんな時期にやって。マラソンとか。日本に来るガイジンさんたちは、トウキョウはなんて暑いところなんだ、ってびっくりするんじゃないだろうか。

競馬●兵庫サマークイーン賞。逃げたケンブリッジナイスをぴたりと2番手で追走したエーシンサルサがゴール前でとらえて突き放しこのレース連覇。ゴール前一杯になったケンブリッジナイスは2馬身半差2着。人気のピッチシフターはスタートでタイミングが合わず最後方から。向正面では1頭だけ前2頭との差を詰めてきたもののとらえきれずアタマ差3着。●G2レイクジョージS(サラトガ芝8.5F,3yo f):5番手を追走したミセスマクドゥガルがゴール前外から差し切った。父メダグリアドーロ。半馬身差で2着争いは大接戦となったが、逃げたフェザードが粘って2着、2番手のキャラマリーがハナ差で3着。●G3スカイラーヴィルS(サラトガ6F,2yo f):2番手から直線抜け出したオフザトラックスが快勝。メイドンから2連勝。父カーリン。4番手から追ってきたバンリーが3 1/4馬身差2着。さらに離れて4着にデックトアウト。人気のポジティヴリーロイヤルは最下位8着。●G3クーガーII H(デルマー12F,3&up):縦長の最後方追走も3コーナー手前で凝縮した馬群から直線で抜け出したのは、久々ダートのビッグジョンビー。父ハードスパン。半馬身差2着にベイルアウトボビー。人気のスカイキングダムは4 1/4馬身離れて3着。サラトガ夏開催開幕は34,783名の入場で大盛況。新たな場内実況Larry Collmusさんのサラトガデビューで、ダーキンさんの伝統も引き継ぐ。

サンルート梅田泊でも休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2015

絶望的な順位から大逆転

そういうわけで午前5時起床で本日の仕込み。昼過ぎからグリーンチャンネル。スーパージョッキーズトライアル@園田の中継。となりのスタジオでは、あいちゃんねるの収録があり、SJTの結果は間に合ったのだろうか。リハ前に会ったふじぽんに挨拶代わりに「岩手、どっちか優勝だね」と言って、実際に第3戦が終わった時点ではますますその可能性が高まったのだが、しかし。まさか11位から2戦連勝で大逆転とは。今年も1ポイント、1ポイントという差で決着。それにしても騎手交流の中継は難しい。普通の重賞が簡単というわけではないのだが。終了後、まだ陽があるうちに帰宅。で、日付が変わるまで原稿たっぷり。

競馬●クインオブクインの産駒クインザヒーローが未勝利勝ち。父アドマイヤオーラ。●G3シルヴァーフラッシュS(レパーズタウン7F,2yo f):ドバウィ産駒のTanazaがデビューから2連勝。人気のアリススプリングスは1 1/4馬身差2着。●G3タイロスS(レパーズタウン7F,2yo):父ガリレオのドーヴィルがデビューから2連勝。3連勝を狙った人気のSanus Per Aquamは半馬身差2着。ラドブロークスとコーラルが合併に合意。ブリーダーズフューチュリティ、ブルーグラスSとG1・2勝のカルペディエムに剥離骨折が見つかり引退。来年ウインスターファームで種牡馬に。復活するはずのサフォークダウンズの開催が再び2週間ほど遅れるもよう。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2015

スキーヤーから調教師へ

今週唯一の通常出社。原稿、雑務などたっぷりあって、明日の地方競馬中継の仕込みが志半ば、明朝早起きしてやることにして帰宅。
バナナの棚がすっからかん、ということを14日のエントリで書いたが、本日西友のバナナの棚にお知らせがあり、一時的ブームとかではなく、生産地が干ばつで入荷が少なくなっているとのこと。バナナの産地が干ばつなんて初めて聞いたような気がする。ということは、違う産地のバナナを仕入れている他のスーパーでは普通にあったりするんだろうか。

競馬●ノースクイーンカップ。人気のサンバビーンが直線後続を突き放して逃げ切り勝ち。6馬身差がついてルージュロワイヤル、ジュエルクイーンと、ヒダカソウカップで1、2着だった3歳馬。首の怪我で休んでいるライアン・ムーアの復帰は来年。さんざんな評判のチェルムスフォードの新たなポリトラックの馬場。アルペンスキーの金メダリスト、ボード・ミラーがメリーランド州のフェアヒルトレーニングセンターの厩舎を取得し、サラブレッドの調教に挑戦する。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2015

ウォーエンブレム里帰り

昨日に続いて船橋競馬場へ。グリーンチャンネル開局20周年記念の冠レースに併せてのトークイベント。須田くんとコジトモと一緒に。予想よりも昔のグリーンチャンネルの思い出話が盛り上がった。それにしてもマトバさんは今日も元気だった。

競馬アウヤンテプイが北海道では初めてマイルを走ってレコード勝ち。ラドブロークスとコーラルの合併間近。ウォーエンブレムが9月下旬に社台スタリオンステーションからケンタッキーのオールドフレンズへ。早くも来年のケンタッキーダービー&オークスのロゴを発表。

終了後メシのお誘いをいただいたものの、明日以降の予定を考えてまっすぐ帰宅。で、本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2015

今年最初の地方馬DG勝ち

午後から船橋競馬場へ。よくこの暑さで競馬やってるよなあ、というほどの暑さ。習志野きらっとスプリントは、さすがに初めての古馬一線級の流れは厳しいだろうと軽視したルックスザットキルが快勝。外枠に入ってむしろ控えたことがよかったのかも。内枠に入ったら包まれないようにある程度前に行かなければならず、前2頭との競り合いに巻き込まれていたのではないかと。マーキュリーCは、例によって実力以上に差がつく盛岡コースでユーロビートがあっと驚く圧勝。スローに落ちた2コーナーでの好判断。吉原寛人グレード初勝利。船橋終了後は、へー、こんなところにこんな商店街があったんだというところの、すし旬菜わさびへ。船橋の厩舎関係者がけっこう利用してるらしい。回らない寿司屋なのにトロタクがあった。トロタクって、どのくらい一般的なんでしょうか。

競馬●マーキュリーカップ。ペースが落ちた2コーナーをまわったところで一気に仕掛けたユーロビートが直線先頭に立って突き放した。5番手から直線外を伸びたソリタリーキングが6馬身差2着。トウショウフリーク3着。●名港盃。重賞初挑戦のアップアンカーが逃げ切り勝ち。2番手追走、兵庫のサウスウインドが直線離されるも2馬身半差2着で行ったままの決着。人気のノゾミダイヤが追いかけたが2馬身差の3着。●習志野きらっとスプリント。外目3番手を追走した3歳のルックスザットキルが、前で競り合った2頭を直線でとらえて勝利。中団から追ってきたサトノタイガーが3/4馬身差2着。3着サーモピレー。サクラシャイニーは直線伸びかけたが夏負けの影響もあって4着。G2ハードウィックSを制したスノースカイがキングジョージに75,000ポンドを払って追加登録。アメリカンフェイロアを唯一負かしたことのあるオムの次走は?(といってもアメリカンフェイロアのデビュー戦は5着なのでほかにも先着した馬が3頭いる)昨年のアーカンソーダービーを制しケンタッキーダービー3着だったダンザが来シーズン、スペンドスリフトファームで種牡馬に。

本日の酒●すし旬菜わさびにて。生ビール。扶桑鶴・袋吊り・純米吟醸。扶桑鶴・無濾過生原酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2015

35年もたって話せること

夕方、春日部へ。中学時代の同級生の集まりで本日はこぢんまりと5名。の予定が、ひとり奥さんの親が急病とかで欠席して4名。ぼくにとっては中学時代にはほとんど口をきくこともなかった3名なのだが、わずか3年間だけ同じところにいたというだけで、当時のことだけでなく今のこともいろいろ話せるというのは何なんでしょうね。大人になってからと違って、小学生、中学生のころは、自宅以外は学校が世界のほぼすべてだからというのはあるような気がする。
1907201519帰宅すると妻はすでに寝室で、しかし台所には野菜が放置。これで明日のお弁当のおかず作って、という意思表示に違いなく。玉ねぎは除外して、冷蔵庫にあったがんもどきと、ナス、ニンジン、ピーマンで煮浸しをつくってこれが自画自賛のデキだったのだが。あとで冷蔵庫に豚肉があったのを発見して、おそらくナス味噌炒めか、ナスと豚肉の生姜焼きをつくってほしかったのかと。まあいいでしょう。

競馬●トレノ賞。4番手から3コーナーで先頭に立ったエプソムアーロンがあとは後続を寄せ付けず。直線を向いて2番手のミータローをマウンテンダイヤがようやくとらえて2着は3馬身差。●G2キルボーイエステートS(カラ9F,3&up):3歳のウェディングヴァウが初勝利で重賞初制覇。父ガリレオ。エイダン・オブライエンは、66あるアイルランドのグループレースのうち65を制した。残り1つブラウンズタウンSは今年7/5にすでに終了。人気のブローチは2馬身差2着。●G3ミンストレルS(カラ7F,3&up):英2000ギニー、コモンウエルスCともに6着だった3歳のホームオブザブレーヴが重賞初勝利。人気のゴードンロードバイロンは3馬身半差2着。●G2ユジェーヌアダム賞(メゾンラフィット2000m,3yo):アガ・ハーンのダリヤンが重賞初勝利。父シャマーダル。1馬身半差2着にウォーディスパッチ。人気のエピキュリスは4着。●G2サンクレメントH(デルマー芝8F,3yo f):6頭立て最後方追走のプライズイグジビットがゴール前外から差し切って勝利。好位から直線を向いて先頭に立った人気のサンセットグロウは1馬身半差2着。●G2ニジンスキーS(ウッドバイン芝9F,3&up):一団馬群の好位から人気のアーユーキディングミーが直線で抜け出した。半馬身差2着にゴールデンセイバー。後方から大外を追い込んだザアプルーヴァルが2馬身差3着。カリフォルニアクロームは引退せず来年復帰すると。

本日の酒●チェーン居酒屋の「わん」て、もしかして初めてかもしんない。一番搾りの生。妙高酒造・シャトー妙高・特別純米。ん〜、いまいち。ということであとは焼酎。れんと、明るい農村などをロックで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2015

ゲートインでゴールイン

1807201545赤見ちゃんの人前結婚式&披露宴。からの二次会、三次会。高崎競馬場が廃止になってから11年。早いなあ。おめでとうございました。


競馬●フェアリーカップ。金沢では5戦して4着が最高だったという転入初戦のシェイプリーが4コーナー9番手から大外一気で突き抜けた。3番手から直線を向いて先頭に立っていたヴァイキングが3馬身差2着。やはり後方から外を伸びたスパンコールがクビ差3着。●G1アイリッシュオークス(カラ12F,3yo f):英オークス馬クオリファイは馬場状態を嫌ってスクラッチ。ラビットから離れた2番手を追走したカヴァートラヴが直線早めにとらえて押し切った。年明けデビュー2戦目から4連勝でG1制覇。父アザムール。1 3/4馬身差での2着争いは追い比べとなって英オークス6着からのジャックネイラー。G2リブルスデールS勝ちで人気となったカーヴィーはアタマ差3着。2歳時にG1フィリーズマイル勝ちでラビットをつとめたトゥギャザーフォーエヴァーが4着。●G2サファイヤS(カラ5F,3&up):ステッパーポイントが、3連勝中で断然人気のメッカズエンジェルをクビ差でしりぞけた。3/4馬身差3着にムーヴィースタ。●G3アングルシーS(カラ6.5F,2yo):ファイナルフロンティアがデビューから2連勝。父ドリームアヘッド。クビ差2着にミスケイティーメイ。●G1エディーリードS(デルマー芝9F,3&up):縦長の6番手を追走したガブリエルチャールズが直線外からまとめてとらえて突き抜けた。3 3/4馬身差2着にトウェンティトウェンティヴィジョン。芝に戻ったフィネガンズウェイクは離れた最後方から追い上げたものの3着。人気のミッドナイトストームは5着。●G1デラウェアH(デラウェア10F,3&up f/m):2番手から4コーナーで前をとらえたシーアドラマがゴール前で振り切ってG1初勝利。逃げたフライヴォラスは直線食い下がったものの2馬身差2着。3 3/4馬身離れて3着にアメリカ。人気のロサリンドは5着。●G2インディアナダービー(インディアナダウンズ8.5F,3yo):2番手追走のティズシェイディーが直線で抜け出して勝利。父ティズナウ。逃げたミスターズィーは1 1/4馬身差2着。人気のディヴァイニングロッドはアタマ差3着。●G2インディアナオークス(インディアナダウンズ8.5F,3yo f):後続を引きつけて逃げた伏兵ハイダラーウーマンが、ぴたりと追走してきたスイートグラスを振り切って2 1/4馬身差をつけて勝利。父スーパーセーヴァー。人気のオーシャンウェーヴは後方から押し上げたものの2 1/4馬身差3着。コモンウェルスCからジュライCとG1連勝のムハーラーは今シーズン限りでおそらく引退。

本日のワイン●披露宴にて。ヴァンムスーがあって、白と赤はヴァン・ド・フランスの何か。二次会も泡と白。三次会はヴァルディヴィエソ・ブリュット。13時頃から21時過ぎまで飲み続け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2015

六角形のエコノミー座席

スカパー!で見ていたそのだ金曜ナイターは台風通過の影響でどしゃぶり。メインレースの本馬場入場後、場内実況で電車の運行状況伝えるとか、初めて聞いた。それにしてもゴール前の直線は大きな水たまりもできていて、よくこれでやったな、という感じ。習志野きらっとスプリントを回避して確勝を期したマルトクスパートにはちょっと気の毒な競馬だった。
何日か前のニュース。フランスの航空機メーカーが六角形のエコノミークラス席の特許を取得したと。果たしてこれを採用する航空会社があるんでしょうか。この距離感は実際に座ってみないとわからないなあ。隣に人がいる・いないで値段が違ってもいいような・笑。

競馬42歳のリチャード・ヒューズがグロリアスグッドウッド開催のあと引退。秋には調教師デビューの予定も。テイラーメイドファームがカリフォルニアクロームの30%の権利を取得。キーンランドのブリーダーズCに合わせてケンタッキーホースファームツアーというのが行われる。ダラハニ、デイラミの母ダルタワが26歳で死んだ。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2015

1か月も経過しての発症

1707201534左足に、人生初のギブス装着となりました(^_^;)。池袋駅で階段を踏み違えてぐぎっとやったのが6月5日のこと。あまりの痛さに翌日からのベルモントSに行けなかったどうしようと焦ったものの、会社までたどりついてしばしののちには問題なく。足首を逆に曲げるとちょっと痛いけど、歩くのも走るのも問題なくというまま7月に入り、いいかげんそろそろ完治かと思ったところ、なぜか7月7日になって歩くだけでも痛いという状態に。9日に整形外科で診てもらったところ骨には異常なし。湿布とサポーターのようなものをして様子をみていたもののよくなる気配がなく、むしろ悪化している感じもあり、しばらくギブスつけてみましょうか、ということになった次第。電車に乗って、おそらくそうなるだろうと思ったけど、立っていると席を譲られました。ギブスしてると見た目には痛々しいけど、ほぼ普通には歩けるので本人的にはむしろ楽なのですよ。譲られた席を固辞するというのもなんとなく難しい。で、来週飛行機で伊丹行きなんですが、優先搭乗していいすかね・笑

競馬●ライゾマティクス。評判以上の強さでスーパーフレッシュチャレンジを大差圧勝。トアモアが来シーズンはゴドルフィンの勝負服で走る。厩舎は変わらずリチャード・ハノンのまま。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2015

銀座から六本木への贅沢

仕事は早めに切り上げて夕刻銀座へ。ソラトニワ銀座『銀座競馬倶楽部 村上卓史の馬イイ話』に、間もなく高知に帰る赤岡騎手出演ということで見学に。松屋の屋上で銀座の心地よい風に吹かれてビール片手に外で聞いていたら出さされました(^_^;)。終了後は日比谷線で六本木へ。で、「いち」。夏っぽくなってきた野菜たちに夏っぽい日の本のお酒をおいしくいただきました。

競馬首を痛めたライアン・ムーア。復帰は秋以降に。レキシントンのダーレー・アメリカの種牡馬がシャトルせず南半球シーズンの種付けを受け付ける。ストリートセンス、ハードスパン、エルシーヴクオリティなどなど。

1507201537本日の酒●放送を待ってる間にエビスビール500ml缶。
いち@六本木にて。すでにビールは飲んでしまったので、スッキリした白ワインをとお願いして出していただいたのが、新潟のカーヴドッチ、ソーヴィニヨン・セミヨン2014。はじめて飲みました。さすがです。
そしてオススメの日本酒へ。まずは新政の飲み比べということで、秋田酒こまち銀の精をいただきました。
そしてお願いした、青森・三浦酒造のビキニ娘。楽しゅうございます。飲まなかったけど、モヒカン娘のほうには燗でもどうぞという意味があるらしく。
伯楽星の新澤酒造店の夏季限定酒・愛宕の松・純米吟醸・ひと夏の恋
以降は盛り上がりすぎてメモなし(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2015

三冠馬が大統領に謁見?

バナナがない。昨日も今日も近所の西友のバナナの棚はすっからかん。また何かのブームにでもなってるんでしょうか。と思って検索してみたものの、2008年のバナナダイエット(でしたか?)ブームの記事しか引っかからず。たまたまですかね。
8月1日付の調教師・騎手免許試験合格者が発表。兵庫の3名はいずれも他場からの移籍組。それぞれさまざまな思いがありそうで、いずれお話をうかがってみたいなと。

競馬●G1パリ大賞典(ロンシャン2400m,3yo c/f):父ドバウィのイラプトEruptが3番手追走から直線で抜け出して完勝。G3リス賞から連勝で今年4月のデビューから4連勝。G2オカール賞勝ちで人気となったアンペアはうしろから追いかけたものの2馬身差2着。1 1/4馬身差3着に愛ダービー2着のストームザスターズ。●G2モーリスドニュイユ賞(ロンシャン2800m,4&up):短頭、短頭という接戦を制したのはドイツ調教の牡6歳ヴァルツァータクトで重賞初勝利。2着に人気のバシロンBathyrhon、3着フリュネFrine。アメリカンフェイロアがデルマーに凱旋。次走ハスケルに向けデルマーで調教される。Paul Tonko議員が、アメリカンフェイロア三冠達成のオフィシャルセレモニーをホワイトハウスでやってくれとオバマ大統領にお手紙。ダートに戻ってのデルマー夏開催が16日に開幕。

本日の酒●ちょい遅めの夕飯、餃子の王将にて生ビール2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2015

いろんなレタスが大集合

レタスの季節なのか、普通の丸いレタスとか、サニーレタスとか、グリーンリーフというレタスとか、いくつかのとこからさまざまな種類のレタスがうちの冷蔵庫に集合してしまい、普通にサラダにして食べていたのではとてもなくなる量ではなく、どうしたものかと検索したらなるほど、さっと茹でておひたしとか胡麻和えにすればいいのね。あたりまえだけどカサがものすごく減ってあっという間に消費。昨日と今日で3種レタスをおひたしで食べ比べ。味の違いがわかって茹でても変わらずレタスの味でおいしゅうございました。

競馬BCジュベナイルフィリーズターフ、ベルモントオークスを勝ってデビューから6戦全勝のレディーイライが蹄葉炎に。BCターフをはじめ昨年芝のG1で4戦4勝のメインシーケンスが腱の断裂が見つかって引退。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2015

引退かものCal'クローム

捻挫が今頃になって悪化ということもあって家でおとなしくしていた週末。
59キロがどうかと思われたベストウォーリアが完勝。1400mなら、ということか。それにしてもJBCスプリントの舞台が1400mにならない限りダート1400mにはチャンピオン級のレースがなく、JpnIIのさきたま杯が最上級で、そういう意味ではこの馬には悩ましい。来年川崎のJBCまで頑張るか、それともマイルだけどもう一度南部杯を狙うか。
アーリントンミリオンを目指していたカリフォルニアクロームが調教中に管骨を痛めて年内休養。このまま引退の可能性も。というニュース。遠征ゆえのリスクなのだろうか。結果的にドバイワールドC2着がラストランになるのか。

競馬●オパールカップ。人気2頭のうしろ、やや離れた4番手を追走したロゾヴァドリナが3コーナーから仕掛け、直線で先頭に立つとそのまま突き放した。2馬身半差で人気2頭の2着争いはウインバローラスがレジェンドロックをアタマ差でしりぞけた。●北斗賞。障害先頭のフジダイビクトリーがそのまま後続を寄せ付けず逃げ切り勝ち。オレノココロ、インフィニティー、ニュータカラコマと続いてここまで4頭の争いとなり、障害を越えた順で入線という結果。●G1ジャンプラ賞(シャンティイ1600m,3yo c/f):ジャンリュックラガルデール賞、英2000ギニーでともに2着だったゴドルフィンのテリトリーズがG1初勝利。8頭立て、直線を向いても馬群の最後方から差し切った。唯一食い下がったダッチコネクションが半馬身差2着。

本日の酒●泡はオリオルロッセール・キュヴェ・エスペシアル。一ノ蔵・特別純米酒・辛口。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2015

値段なりの枝豆198円也

日差しがほとんど夏、という土曜日。枝豆の季節。枝豆は値段なりの味がするもののひとつで、かといって高くても1袋せいぜい500円以下なので、買うときはだいたい高いのを買うのだが、しかし。今日たまたま行ったスーパーには198円(税別)というのしかなく。しかも袋に「B級品」という表示。B級品というのは、A級品に傷がついたり虫食いだったりしてB級なのか、それとも単にランクが下なのか。ほかに枝豆が見当たらなかったので前者を期待して購入。いつものとおり2分ちょっと茹でて食べる。う〜む、残念ながらたぶん後者。味があんまりしない。あえて何も言わずに妻に食べさせると、「今日の枝豆まずい」と一言。さすがです。
高知競馬で17年ぶりに2歳新馬戦。ここには書ききれないくらい復活への軌跡と奇跡があったのだろうなあと。

競馬●ハヤテスプリント。1000m戦ゆえか人気2頭、ホレミンサイヤ、クリールジェニーがハイペースで競り合い揃って討ち死に。離れた4番手から追ってきたランデックアロマが残り100mで交わし去ってデビュー戦以来の勝利。外から伸びたハッピーキャリーが4馬身差2着。オンブラウニー3着。●G1ジュライC(ニューマーケット6F,3&up):人気の3歳馬ムハーラーが昨年2着のトロピクスをハナ差でしりぞけ、コモンウェルスCからG1連勝。1馬身半差3着にイースタンインパクト。●G2スーパーラティヴS(ニューマーケット7F,2yo):ゴドルフィンのバーチウッドが勝って4戦3勝。クールモアで人気のエアヴァイスマーシャルは1馬身差2着。クビ差3着にトニーカーティス。●G2サマーマイルS(アスコット8F,4&up):人気のエーロッドがG3ダイオメドSから連勝。1馬身半差2着に4連勝で重賞初挑戦のライトニングスピアー。●G2グレートレディーM S(ロスアラミトス6.5F,3&up f/m):3番手追走から直線を向いて先頭に立ったファンタスティックスタイルが楽勝。父ハーランズホリデー。後方から追ってきたリヴィングザライフが3馬身半差2着。人気のサンデールールズはさらに離れて3着。●G3アメリカンダービー(アーリントン芝9F,3yo):2番手から直線で先頭に立った人気のワールドアプルーヴァルが押し切った。父ノーザンアフリート。クリテンデンが差を詰めてきたもののクビ差まで。逃げたナンザレスが2馬身差3着。●G3アーリントンH(アーリントン芝9.5F,3&up):2番手から4コーナーで前をとらえたクワイエットフォースが、直線内から迫ったミドルバーグを3/4馬身差でしりぞけた。人気のアップウィズザバーズは2 1/4馬身差3着。●G3モデスティH(アーリントン芝9.5F,3&up f/m):直線を向いての接戦からウォーククロースが抜け出した。父タピット。内のマンゴディーヴァが半馬身差2着。人気のウルグアイ産ガガエーは3着。●G3スターズアンドストライプスS(アーリントン芝12F,3&up):馬群の5、6番手を追走した断然人気ザピッツァマンが、逃げ粘るローマンアプルーヴァルをクビ差とらえて勝利。●G3デラウェアオークス(デラウェア8.5F,3yo f):最低人気カラミティケイトが逃げ切り勝ち。後方から追い込んだピースアンドウォーが1 3/4馬身差2着。ケンタッキーオークス勝ちで断然人気となったラヴリーマリアは5着。●G3ロバートG.ディックメモリアルS(デラウェア芝11F,3&up f/m):2番手から4コーナーで先頭に立ったシースティークCeisteachが、内から迫ったクイーンズパレードをアタマ差で退けた。人気のキトゥンズポイントは3/4馬身差3着。●G3パークスダッシュH(パークス芝5F,3&up):2番手から直線半ばで先頭のタイトンドタッチダウンが押し切って勝利。ゴール前迫ったブービー人気のモンゴリアンサタデーがアタマ差2着。ライアン・ムーアが首の怪我でMRI検査の結果、1カ月以上の休養。2013年の愛1000ギニーを制し、昨年はウッドバインのG1 E.P.テイラーSを制していたジャストザジャッジが引退。香港2014/2015シーズンの年度代表馬はエーブルフレンド。モンマスパークがアメリカンフェイロアのハスケル出走に合わせて『Pharoah Phan Phestival』を計画。

本日のワイン●泡は定番になりつつあるフィンカ・ラ・ピンターダ・ブリュット。続きのキザンワイン・白2013。いただきものの、ニッカウヰスキー余市蒸留所。おいしゅうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2015

しみじみとトマトカレー

久しぶりに太陽さんさんの金曜日。週間予報では晴れマークがしばらく続いているものの梅雨明けはまだだそうで来週木曜日あたりからはまた傘マーク。
そういえば。ジャパンダートダービーの大井のパドックで、おそらく馬主さんか誰かと一緒だったのだろう、レースを見に来ていた他地区の某騎手に、「もうすぐやめますから」といきなり言われた。ん?と思ったが、調教師試験受けてるの?と聞いたら、そうだという。「受かればですけどね」とは言っていたものの、やめると言い切るからにはおそらく合格する手ごたえがあってのことなのだろう。若手と思っていた騎手がひとりまたひとりと調教師になっていくという現実に、しみじみと自分のトシを感じる今日このごろ。
日付が変わって帰宅して、野菜の在庫処理的にトマト缶でチキントマトカレーを作成。

競馬●G1ファルマスS(ニューマーケット8F,3&up f/m):勝ったのは伏兵アメージングマリアで、G2デュークオブケンブリッジSから連勝でG1初制覇、ということでは昨年のインテグラルとまったく同じ。1馬身差2着にユーロシャーリーン。アタマ差3着アヴニールセルタン。英1000ギニー2着などで人気となった3歳馬ルシーダは6着。●G2ダッチェスオブケンブリッジS(ニューマーケット6F,2yo):ハナ、短頭差という接戦ながら、イルミネートがデビューから3連勝。父ゾファニー。2着ベシャラーBesharar、3着ブルーバイユー。●G3サマーS(ヨーク6F,3&up f/m):ニュープロヴィデンスが今季初勝利。アタマ差2着にラッキークリステール。3/4馬身差3着にキヨシ。『アラビアのロレンス』でベドウィンの部族長を演じ、馬主としても知られたオマー・シャリフさんが83歳で亡くなったと。

本日のワイン●トマトカレーをつくりつつ、キザンワイン・白2013

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2015

身体的いたわりの必要な

近ごろ体のさまざまなところに不具合が。6月17日の京成盃グランドマイラーズの日に発症した腰痛は湿布と通院によるリハビリでほぼ完治したものの、6月初旬に駅の階段を踏み外しての捻挫が、ほとんど気にならないほどになっていたのだがしかし、気づかないうちに不用意な力が加わっていたようで1カ月以上も過ぎた今頃になって歩くだけで痛いという状態に。五十路にもなるとさまざまにメンテナンスが必要ですな、と思う今日このごろ。

競馬●星雲賞。馬群の後方追走も4コーナーでラチ沿いを突いて直線先頭に立ったグランプリブラッドがそのまま押し切った。オヤコダカをぴたりとマークして4コーナーで先頭をうかがったウルトラカイザーが迫ったものの3/4馬身差で2着。さらに外から迫ったキタノイットウセイが3/4馬身差3着。4コーナー手前で先頭に立ちかけたオヤコダカは直線で競り落とされ4着。とはいえ今の時期の3歳馬としてはがんばった。●G2ジュライS(ニューマーケット6F,2yo c/g):アルシャカブのシャラーがデビュー2戦目から2連勝。父インヴィンシブルスピリット。1馬身差2着にゴドルフィンのステディペース。●G2プリンセスオブウェールズS(ニューマーケット12F,3&up):デュークオブマーマレード産駒のビッグオレンジが重賞初勝利。セカンドステップが半馬身差2着。デビューから4連勝で注目されたマースーブMahsoobは6着。●G3バーレーントロフィー(ニューマーケット13F,3yo):G2キングエドワードVII2着で人気となったミスターシンMr Singhがデットーリに戻って重賞初勝利。ゴドルフィンのフューチャーエンパイアが2馬身半差2着。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2015

こんな日もある門別大井

0807201507マナミンが1000mのアタックチャレンジに出走。がしかし、出遅れてレースにならず、というのを見届けて雨の大井へ。レースのあたりで雲の切れ目が来てくれないかと思っていたのだが、しかし。その願いもむなしく、むしろレース直前になって雨風が強くなった。やはり水の浮く馬場だと着差がついてという結果。ライドオンウインドあたりはこの馬場でなければこんなに離されただろうか。パーティメーカーはパドックで騎乗前にかなりテンションが上がっていたので、あの時点で終わってたかな。馬場も向かなかっただろうし。終了後、まっすぐ帰宅して原稿。ユニコーンS勝ち馬の勝利はカネヒキリ以来ちょうど10年ぶり2頭目、とか

競馬●ジャパンダートダービー。逃げたクロスクリーガーが直線を向いて一旦は後続を離したものの、4コーナーでもまだ離れた6番手あたりだったノンコノユメが残り100メートルでとらえて突き放して圧勝。クロスクリーガーは2馬身半差2着。3番手追走のラッキープリンスが粘って5馬身差3着。4コーナーで勝ち馬と同じような位置にいたストゥディウムも伸びを見せて4着。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2015

最強へゴールデンホーン

午前5時起床。で、中継などの仕込み。最近、夜に無理するのではなく、まず最低これだけ寝ないとたぶんもたないという時間だけ寝て、早朝から仕事をするようになった。ジイさん化ともいえるけど。で、昼からグリーンチャンネル。そういうわけで、地・中・海ケイバモードの収録と、スーパージョッキーズトライアル@大井の中継の2番組。打合せ、リハーサルなどが入り組んで、控室を行ったり来たりしたあとスタジオを移動。騎手交流戦は、紹介セレモニーとか表彰式のインタビューとかの映像が入ってきてくれないとネタ的にひじょーにぎびしー。想像していたくらいに脳みそを消耗したので、終了後は頭をほぐすために、回転してないけどそれほどは高くはない寿司屋で一杯。いや、四杯。へろへろになって、なんとか電車を乗り過ごさずに帰宅して、ばたんきゅー。

競馬●MRO金賞。中団から位置取りを上げてきたバズーカが、逃げて直線でも先頭だったバニスターを直線半ばでとらえた。バニスターは半馬身差2着。向正面からバニスターをとらえにかかった人気のコパノジョージは直線一杯になって5馬身差3着。兵庫から遠征の5頭が掲示板独占。あら残念。ユートピア死んだんだ。プリンスオブウェールズS回避となったカリフォルニアクロームはアーリントンミリオンへ。フランケルがデビュー6戦目の英2000ギニーでレーティングが130に達したのに対して、ゴールデンホーンはデビュー5戦目のエクリプスSで130を獲得

本日の酒●エビスの生を1杯。獺祭・純米大吟醸。「何か夏の酒を」とお願いして出していただいたのが、陸奥八仙。「さらに夏の…」とお願いして、奈良県の何だったか銘柄忘れ。そして陸奥八仙に戻ってもう1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2015

ばんえい競馬教室@新橋

午後からGateJ.新橋へ。第5回のばんえい競馬教室には席がほぼ埋まる70名ほどのお客様にお越しいただきました。しかしワタシ、心ここにあらずという感じ。その後の飲みは泣く泣く辞退して会社戻り。やってもやっても終わらない翌日のSJT中継と地中海の仕込み。

競馬デットーリがニューマーケットのLegends Of The Turf walkに加わる。今回ほかに、シャーガー、プリティポリーなども。ベルモントパークでのブリーダーズCに向けたスーパーサタデーが、今年は9/26と10/3の2週に分けて開催。アメリカの白毛馬。7月4日にキャリア2戦目で初勝利。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2015

アメリカのテロ警戒仕様

アメリカ独立記念の花火を見に行く人たちに今年は厳戒態勢というニュースをやっていた。手荷物検査ではクーラーボックスなどの持ち込みが許されず、傘も入口で捨てさせられてという映像。今年のベルモントSでも、実際にはそれほど厳しくはなかったものの、発表されていたレギュレーションとしては同じレベル。やっぱりベルモントSはテロ警戒態勢だったのではないかと、あらためて。
明日がGate J.でばんえいのトークイベント、そしてあさって火曜日は地・中・海ケイバモードと地方競馬中継のダブルヘッダーゆえ、その準備などのため出社した日曜日。

競馬●岩鷲賞。逃げたラッバレットに、ぴたりと2番手のナムラタイタン。直線を向いてもラブバレットが先頭だったが、ゴール前でナムラタイタンがとらえて1馬身半差をつけて勝利。中団から4コーナー手前で3番手に押し上げたアフリカンハンターがそのまま内で粘って3着。●G1ドイツダービー(ハンブルグ2400m,3yo c/f):父デュークオブマーマレードのNutanが5馬身差圧勝。A.シュタルケはドイツダービー7勝目。P.シールゲンは5勝目。G2オッペンハイムウニオンレネンを制していた
Shimranoは11着。●G1ユナイテッドネイションズS(モンマス芝11F,3&up):4コーナーで2番手まで押し上げたビッグブルーキトゥンが直線で抜け出した。一昨年につづいてこのレース2勝目。最後方からのスランバーが1馬身半差2着。クビ差3着にトワイライトエクリプス。逃げたシャイニングコッパーはハナ差4着。人気のメインシーケンスは後方まま7着。●G3サルヴァトールマイルS(モンマス8F,3&up):昨年2着だったブレードスターが向正面で先頭に立つと直線では後続を寄せ付けず。2馬身差2着にレッドヴァイン。断然人気レースデイはブービー6着。●G2プリンセスルーニーH(ガルフストリーム6F,3&up f/m):先行2頭での決着は、2番手から直線で抜け出した人気のメリーメドウが勝利。逃げたフラッターバイは1 3/4馬身差2着。キストゥリメンバーが2馬身半差3着。●G2スマイルスプリントH(ガルフストリーム6F,3&up):逃げたフェイヴァリットテールが直線突き放して圧勝。BCスプリント勝ちで人気となったワークオールウィークは3番手から追ったものの4 1/4馬身差2着。2番手追走のワイルドキャットレッドが1 1/4馬身差3着。●G3アザレアS(ガルフストリーム7F,3yo):逃げたドッグウッドトレイルがそのまま押し切ってステークス初勝利。ゴール前迫った人気のウアスカは1 1/4馬身差2着。2 3/4馬身差で3着にアイムアロッカー●G3キャリーバックS(ガルフストリーム7f,3yo f):2番手から3コーナーで先頭に立ったグランドビリが粘り込んで勝利。人気のバルバドスは5番手から追ってゴール前迫ったものの1馬身差まで。4馬身半離れて3着にファンアンドビーナ。●クイーンズプレートS(ウッドバインAW10F,3yo):直線で先頭に立ったのはダニッシュダイナフォーマーだったが、4コーナー5番手まで押し上げたストロナックのシャーマンゴーストがゴール前でとらえて勝利。デビュー4戦目のメイドンから4連勝。父ゴーストザッパー。ダニッシュダイナフォーマーは1 1/4馬身差2着。半馬身差3着にコンクエストブーガルー。●G2ダンススマートリーS(ウッドバイン芝9F,3&up f/m):4番手の内から直線外に持ち出したストラトザコースがゴール前抜け出して勝利。最後方を進んだ人気のワッツダチャンシズはラチ沿いから猛追したもののアタマ差まで。半馬身差3着にソリッドアピール。●G2ハイランダーS(ウッドバイン芝6F,3&up):2番手から直線先頭に立ったブービー人気のゴーブルーオアゴーホームが粘ってトラックレコードで勝利。ケイティーズアイが外から迫ったがクビ差まで。人気のサムシングエクストラは4着。●G3シングスピールS(ウッドバイン芝12F,3&up):好位から4コーナーで先頭に立ったアルダススノーがしのいで連覇。父シアトリカル。内からダイナミックスカイが迫ったがアタマ差まで。人気のハイパーは2馬身半差3着。ゴールデンホーンが無敗のままキングジョージへ。

本日の酒●一ノ蔵・特別純米酒・辛口。ちょっと飲みたいときはワインより日本酒のほうが飲み過ぎなくてよろしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2015

無敵のゴールデンホーン

P1010458麻婆豆腐。近ごろ市販されている麻婆豆腐の素は、片栗粉が別添されておらず、それでもちゃんとトロみがついて、豆腐と挽き肉とネギさえ用意すればそれなりのものができるというなかなかのスグレモノ。とはいえやっぱりですね、ニンニクとかショウガとかネギとか豆板醤とか甜麺醤とか、ワタシは日本の味噌も入れるんですが、ほかにラー油とか山椒とか、そうした調味料とか薬味の割合で味の変化を楽しむというのが楽しいですなあ。という麻婆豆腐をつくってみた、そろそろ梅雨も終盤かという土曜日。

競馬●G1コーラル・エクリプス(3ダウン10F,3&up):古馬初対戦で注目となったゴールデンホーン。スタート後すぐに先頭に立って、ぴたりと追走してきたザグレイギャツビーをゴール前3馬身突き放して完勝。凱旋門賞のオッズではトレヴに次いで2番人気。●G2ランカシャーオークス(ヘイドック12F,3&up f/m):父サーパーシーの4歳馬レディーティアナが重賞初勝利。3/4馬身差2着に昨年のヨークシャーオークスで4着があったラストラス。人気のミスマルジュリーはクビ差3着。●G3コーラルチャージ(サンダウン5F,3&up):シェイク・ハムダンの3歳馬ワーディーが重賞初挑戦での勝利。半馬身差2着にウインドファイヤー。●G1ダーバンジュライ(グレイヴィル2200m,3&up):伏兵パワーキングがG1初勝利。3/4馬身差2着にパンタアレナス、3着テリーナでシルヴァノ産駒が3着まで独占。SAダービー勝ちで人気のリーガルイーグルは5着。●G1ベルモントオークスS(ベルモント芝10F,3yo f):中団うしろ9番手を追走した断然人気レディーイライが直線あっという間に抜け出して圧勝。デビューから6連勝で、BCジュベナイルフィリーズターフに続くG1・2勝目。2 3/4馬身離れて接戦の2着争いは伏兵イッツオンリーアクティングダッドが制した。●G1ベルモントダービーS(ベルモント芝10F,3yo):3番手から3〜4コーナーでラチ沿いから先頭に立ったフォースザパスが直線突き放して完勝。G3ペンマイルから連勝。父スパイツタウン。3 3/4馬身差2着にキャンダル。半馬身差3着にスタートアップネイション。テイクオーヴァーターゲットという馬がいて5着。逃げた人気のボロは最下位。●G2サバーバンH(ベルモント10F,4&up):エフィネックスが、昨年のベルモントS勝ちで断然人気のトナリストとのゴール前の接戦をアタマ差で制した。直線先頭に立っていたコーチインジが1馬身半差3着。●G3ドワイヤーS(ベルモント8F,3yo):2番手から直線先頭に立ったスパイツターが後続を寄せ付けずデビューから2連勝。父スパイツタウン。BCジュベナイル勝ちのテキサスレッドは6番手から追ってきたが2馬身半差2着。3着トミーマッチョ。●G3ヴィクトリーライドS(ベルモント6.5F,3yo f):スタート後最後方だったアイリッシュジャスパーが直線で抜け出した。4コーナー最後方だった人気のエンチャンティングレディーは3馬身差2着。●G3ベルモントスプリントチャンピオンシップS(ベルモント7F,3&up):断然人気プライヴェートゾーンが後続を寄せ付けず逃げ切り勝ち。3 1/4馬身差2着にクリアリーナウ。●G2ロスアラミトスダービー(ロスアラミトス9F,3yo):4コーナー手前で先頭に立ったギミーダルートに、直線でプロスペクトパークが迫ったものの、ギミーダルートがハナ差で勝利。逃げた人気のケンタッキアンは7 3/4馬身離されて3着。●G3ドクタージェームスペニーメモリアルH(パークス芝8.5F,3&up f/m):昨年G1ジャストアゲームSを制していた断然人気コーヒークリークが好位追走から直線で抜け出した。1 1/4馬身差2着にテスタロッシ。

本日のワイン●カヴァはボデガス・ロペス・モレナス、ラール・デ・プラタ・ブリュット。赤はキザン・ファミリーリザーブ2011。2つ前のヴィンテージ。2日に分けて飲むつもりがするっと空いてしまいました。ボルドー左岸の1万円とか5万円とかするのよりこっちのほうがおいしいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2015

便利になったぶんの不便

本日も電車遅れ。およそ40分も。とはいえ遅れだしてからはずいぶん時間がたっていたので、所要時間としてはそれほど変わらず。タイミングと運ですね、電車の遅れは。そして帰りも20分以上の遅れ。これは金曜終電近くのラッシュと接続待ち。終電近くに乗っちゃいけないことはわかってるんだけどねぇ。ついギリギリまで仕事してしまいました。最近電車の遅れが多くなったのは、複雑にいろんな路線が乗り入れるようになって便利になったぶん、何かアクシデントがあるとさまざまに破綻が起きる、という感じでしょうか。

競馬●G3モリーピッチャーS(モンマス8.5F,3&up f/m):3番手追走の断然人気ガットラッキーが直線突き放してグレード初勝利。父エーピーインディ。5馬身半差2着にスティッフト。逃げたジェイズツーステップヘイローが3着。ローレルパークの夏開催初日が、付近の水道管破裂によって中止に。

本日休肝日。終電近くで帰宅して、飲まないで寝ようとすると深い眠りに落ちるのに時間がかかるという最近。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2015

そういえば気づいた賭け

早めの出社、と思ったら非常停止ボタンが押されたとかの影響で電車が止まって池袋着が30分も遅れ。単に会社に行くだけだからよかったようなものの、飛行機に乗ろうとしてる時にこれほど遅れられたらたまらんね。通勤時間帯のときは一応20分くらい遅れてもだいじょうぶなように出かけるようにしているのだが、さすがに30分以上ともなるとなあ。
賭けの対象にもなっていたアメリカンフェイロアの次走がハスケルと発表された。それにしてもこういうブックメーカーでの賭けって、たとえば馬主にしてみれば「当たり」がわかってるわけで、仮に直接馬主ではなくても知り合いとかに教えてガッポリとかってことはないんですかね。スポーツ競技とか、八百長でもない限り勝ち負けを確実に予想することが難しいものならともなく、ある特定の人が意図的に結果を決められるものを賭けの対象にするのって、ブックメーカーにとってはものすごいリスクがあったりしないんですかね、とふと思いまして。

競馬ハンガリーでデビューしG1キングズスタンドS4着など短距離で活躍したオーヴァードウスが仙痛のため死んだ。10歳。南カリフォルニアでムチの使用制限の新ルールが施行。続けて叩けるのは3回まで。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2015

おにぎらずから焼うどん

0107201538市販のコロッケ(栗かぼちゃコロッケ)でおにぎらずつくってみました。けっこうちゃんとできるもんですね。ご飯は限りなく薄く、がコツ。
夜、川崎競馬場へ。メニューを片っ端から食べてみたいと思うようになった4階指定エリアの築山亭。本日は特製焼うどん。770円はなかなかにイイ値段だが、すげー和風だしをきかせた醤油味。鷹の爪がアクセント。なるほど屋台とかキッチンカーとかでてきとーにつくってる焼うどんとは違います。まだまだ食べたいメニュー多数。ウインナー生姜焼き(笑)とか、安くて明らかに酒飲みのためのつまみですね。で、スパーキングレディーカップは人気3頭での決着も、う〜ん、そういう順番は想像できませんでした。競馬は難しい。

競馬●笠松・クイーンカップ。3番手の外に持ち出して追走したメモリードルマンが4コーナー手前で前をとらえると後続を振り切って勝利。中団から徐々に位置取りを上げたミトノレオが追ったものの2馬身差2着。さらにうしろから追ってきたアイナが3着で遠征勢が上位独占。●スパーキングレディーカップ。逃げたサウンドガガが楽な手ごたえで直線を向いて粘っていたが、3番手追走のトロワボヌールがゴール前でラチ沿いから抜き去って勝利。サウンドガガは1馬身半差2着。トロワボヌールの外を追走したサンビスタは3コーナーから追い通しで3馬身差3着。直線伸びるかに見えたピッチシフターは4着。●G3ドミニオンデイS(ウッドバインAW10F,3&up):7頭立て後方2番手を追走した人気のレッドライフルが3〜4コーナー外をまくって直線抜け出し快勝。最後方追走のフロリダウォンが1 1/4馬身差2着。ペンダーハーバーが3着。G1ナンソープSを2度制して13歳でも現役だったボーダーレスコットが2度めの引退。トワイニング死んだんですか。

本日のワイン●NomiDeriにて。セルフサービス90分飲み放題のワインを。シードル、ランブルスコ、シャルドネ、ソーヴィニヨンブランなど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »