« 騎手用ストップウォッチ | Main | ゴールドシップのスゴイ »

May 02, 2015

季節もの、ふきのとうで

0205201546風薫る5月とはよく言ったもので窓を開け放っておくと通り抜けていく風が心地よく芳しい。昼にジョギングして、夜はお料理当番という、久しぶりに戻ってきた感じの日常の週末。とはいえ夕飯までの間、ずっと原稿とかやってるのも日常なわけですが。で、ちょっと前にどこかの飲み屋さんの本日のオススメとしてFacebookで見た、ふきのとうとトマトソースのパスタをどうしてもつくってみたくなってつくってみたわけです。ふきのとうの苦いの、おいしゅうございました。

競馬●G1 2000ギニーズS(ニューマーケット8F,3yo c/f):外ラチ沿いの馬群の中を進んだ人気のグレンイーグルスが残り1F手前で先頭に立って完勝。ゴドルフィン@仏のテリトリーズが2 1/4馬身差2着。3/4馬身差3着にアイヴァウッド。●G2ジョッキークラブS(ニューマーケット12F,4&up):重賞初挑戦のセカンドステップが人気のテレスコープをアタマ差でしりぞけた。18馬身離れた3着にペザーズムーン。●G1ケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ10F,3yo):先行3頭が直線叩き合いとなっての決着は、18番枠から3番手につけたアメリカンフェイロアが直線半ばで抜け出した。ファイヤリングラインが1馬身差2着。逃げたドルトムントは2馬身差3着。ムブターヒジは8着、カルベディエムは10着。2歳チャンピオンがケンタッキーダービーを勝ったのは2007年のストリートセンス以来。父パイオニアオブザナイルはマインザットバードにぶっちぎられて2着だった雪辱。ボブ・バファートは4勝目。●G1ターフクラシックS(チャーチルダウンズ芝9F,4&up):離れた最後方を追走したフィネガンズウェイクが4コーナー大外をまわしてゴール前差し切った。逃げたスカイキャプテンがアタマ差2着もゴール前の競り合いで外によれて4着に降着。アタマ差3位入線のジャックミルトンが繰り上がって2着。不利を受けたシークアゲインが3着。●G1ヒューマナディスタフS(チャーチルダウンズ7F,4&up f/m):直線3頭の競り合いとなって外のデイムドロシーがゴール前で抜け出しG1初勝利。1番人気ジュディザビューティはアタマ差2着。さらにアタマ差で逃げた伏兵ムーンリットストロール。●G3ウェストチェスターS(ベルモント8F,4&up):昨年のベルモントSの覇者トナリストが1頭だけ離れた後方を進んだが、前の3頭を直線で楽にとらえて突き放し今季初戦を快勝。

本日のワイン●ずっと以前に開けた残りで、ノストラーダ・マカベオ・ムスカ2012。泡はアルゼンチンのアイレスアンディノス・エクストラ・ブリュット。なるほど、シュナンブランですか。しかしソルビン酸使用に気づいたのは飲んだあとのこと。赤はスペインのオリオルロッセール、ロカプラナ・シラー2011。濃くておいしい、スペインでシラーをつくるとこうなるのか、という。さらに、カミノイベリコ・テンプラニーリョ2012も開けたみたい。

|

« 騎手用ストップウォッチ | Main | ゴールドシップのスゴイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/61531744

Listed below are links to weblogs that reference 季節もの、ふきのとうで:

« 騎手用ストップウォッチ | Main | ゴールドシップのスゴイ »