« 地味なままシンガポール | Main | 台風が過ぎた南関東は夏 »

May 12, 2015

園田でプルコギの不思議

P1010121園田競馬場へ。台風で飛行機がどうかと思ったものの、多少揺れただけで問題なく伊丹空港着。地上はいかにも台風という雨と風。園田競馬場には少なくとも15年以上前から毎年、年に何度かは来ていると思うのだが外見だけでまだ入ったことのないお店というのはあり、しかしネットで見てこのお店にはこんなのがあったのかと思って初めて入ったのが三木屋。で、プルコギ丼。ご飯の上にキャベツの千切り、その上になるほどプルコギ風な焼肉が乗って、さらに目玉焼き。これもナイスな競馬場ジャンクフード500円也ですよ、小原さん(どの小原さんだ・笑)。
馬場は稍重でのスタートだったものの、第4レースから重になり、第7レースには不良に。準メインのあたりでいったん雨が弱くなったもののそれはやはり一瞬のこと。ほかに重賞勝ち馬がいないというメンバーに対し、すでに重賞5勝のトーコーヴィーナスでは単勝元返しも当然という逃げ切り勝ち。最後の直線は遊んでいたようで、まだまだ実力は出していないもよう。吉田御大にお誘いを受け、ダート・プロのみなさんと梅田駅近くの土佐料理+明石焼きという居酒屋さん。いろいろ話した中で書きモノのネタもいただく。散会は22時過ぎだったようです。

競馬●のじぎく賞。外枠でもハナをとったトーコーヴィーナスが逃げ切り勝ち。2番手追走のジョウショーエガオが唯一食い下がって1 3/4馬身差。凱旋門賞3連覇を狙うトレヴは、5/29コリーダ賞、6/28サンクルー大賞典、9/13ヴェルメイユ賞というローテーションを予定。昨年のG1モルニー賞勝ちで、英2000ギニーを怪我のため回避したザワウシグナルは3歳の今年出走しないまま引退。オーストラリアのSwettenham Studで種牡馬に。エーブルフレンドの次走はクイーンアンS。カラコンティはBCマイル勝ち以来の復帰戦を予定していたロッキンジSを回避。プリークネスSは、トッド・プレッチャー厩舎がすべて回避して7頭立てか8頭立て。

本日の酒●酔鯨・純米吟醸。美丈夫。司牡丹。コンビニで買ったサントリー・ブラウンエール。

|

« 地味なままシンガポール | Main | 台風が過ぎた南関東は夏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/61582928

Listed below are links to weblogs that reference 園田でプルコギの不思議:

« 地味なままシンガポール | Main | 台風が過ぎた南関東は夏 »