« 物価高騰のシンガポール | Main | 今ここにあるまさに迷惑 »

May 17, 2015

香港ダブルで3連覇達成

1705201514午前8時近くに起床。何度か目は覚めたもののたっぷり8時間近く寝たのかも。本日も午前中は原稿など。で、午後から競馬場。競馬がはじまって、黒い雲が出てきて稲光も見え、確実にスコールが来るぞ来るぞという雰囲気も、雨雲は競馬場の近くをかすめただけで影響はなく。SAICは、2番手を追走したマイネルフロストが4コーナーで逃げたダンエクセルに並びかける場面があったものも追い比べでは分が悪く、ダンエクセルが逃げ切って連覇。クリスフライヤースプリントとともに香港が3連覇。近走成績イマイチでも実力と本気度が違うということか。ホテル戻りで原稿を書いていると、日付変わって午前1時過ぎからNHKの国際放送で『花燃ゆ』がはじまり、そのまま寝ずに空港行きタクシーの迎えが来る午前3時半まで。

競馬●黒潮皐月賞ジュメイリーが逃げ切り勝ち。内から迫ったサムライマジックはクビ差2着。ブルージャスティスが3着。人気のリワードヘヴンは見せ場なく9着。●GIクリスフライヤースプリント。後続を引き付けながらのエアロヴェロシティが楽な感じで逃げ切ってGI・3勝目。1馬身半差2着にエンペラーマックス。3連覇を狙ったラッキーナインはスタート後こそ勝ち馬と併走していたが、そこから2度挟まれる場面があって最後方近くまで位置取りを下げながらも内ぴったりを回ってきて盛り返したものの3/4馬身差3着まで。●GIシンガポールエアラインインターナショナルC。外枠からハナをとったダンエクセルが逃げ切り勝ちで連覇。3番手からのミリタリーアタックがゴール前迫って半馬身差2着。地元のケシュアが3着。見せ場をつくったマイネルフロストは4着。●G3ヴィンテージクロップS(ナヴァン14F,4&up):昨年のG2ロングディスタンスCで重賞初制覇を果たしていたフォーゴットンルールズが4連勝。アンサードが1 1/4馬身差2着。●G2イタリアダービー(カパネッレ2200m,3yo):父マルティノアロンソ産駒のゴールドストリームが人気にこたえて勝利。3馬身差2着にサウンドオブフリーダム。3着にタイムチャントで、ステファノ・ボッティ調教師は3着まで独占。そして3年連続の制覇。●G3ヴィジルS(ウッドバインAW7F,4&up):後続を離して逃げたブラックホーネットが粘って逃げ切り勝ち。パントルースキーがゴール前迫ったが3/4馬身差まで。1 3/4馬身差3着にザアプルーヴァル。人気のカルガリーキャットは5頭立ての最下位。9歳になったシンガポールのロケットマンがブリーダーズCに挑戦する可能性。

競馬終了後も原稿があったため必然的に休肝日。

|

« 物価高騰のシンガポール | Main | 今ここにあるまさに迷惑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/61609296

Listed below are links to weblogs that reference 香港ダブルで3連覇達成:

« 物価高騰のシンガポール | Main | 今ここにあるまさに迷惑 »