« November 2014 | Main | January 2015 »

December 31, 2014

2歳女王はハナ差の決着

3112201415帰省客の大きな荷物に揉まれながら本日も大井競馬場。年末のラスト3日間を大井で過ごすようになって何年になるだろう。大井の3日連続の重賞が固定化した2007年からだろうか、と思ってこのブログを遡ってみたところ、07、08年あたりは今以上に年末年始に重賞が集中していて、したがって大晦日は家で更新作業や原稿書きなどをしていたらしい。3日間通うようになったのは2009年からで意外に最近だった。大井では他場の重賞の結果を気にしつつ。桐花賞は、北上川大賞典でコミュニティを本命にしたら3着だったので、やっぱナムラタイタンしかないのかと思って印を下げたら今度はコミュニティが来た、というバツの悪さ。園田ジュニアカップは注目馬同士の一騎打ちとなり、勝ったのは重賞初挑戦のインディウム。4コーナー手前ではトーコーヴィーナスのほうが余裕があるように見えたが、直線では遊ぶところがあったように見えた。馬体を併せず離そうとしていた川原騎手はさすが。東京2歳優駿牝馬は、ゴール前2頭の競り合いとなって、鞍上もどちらが勝ったか顔を見合わせてわからなかったらしい。写真判定の結果が出て、検量室の中から真島騎手が叫ぶ声が聞こえてきた。その後、臨時記者室で高知県知事賞の結果を更新するというのも毎年のこと。まっすぐ帰宅。今年来客は甥っ子2名だけ。マグロを中心に魚を大量に食って暮れゆく平成26年。

競馬●桐花賞。逃げたのはモズで、2番手を追走したナムラタイタンが3コーナー手前で先頭に立ってそのまま押し切るかに思えたが、中団うしろから進出してきたコミュニティが直線半ばでとらえて2馬身半突き放した。7馬身差3着にワットロンクン。モズ6着。●東海ゴールドカップ。好スタートも2番手に控えたノゾミダイヤが3〜4コーナー中間で先頭に立ってそのまま押し切った。直後でマークしていたタッチデュールが2馬身差2着。後方から直線馬群を割って出てきたヤマニンデューンが3馬身差3着。●園田ジュニアカップ。逃げたトーコーヴィーナスに3番手から早めにとらえに行ったインディウムと、人気2頭の一騎打ちは、ゴール前でインディウムがぐいっと伸びて1 1/4馬身差。これも父パイロ。3着は6馬身離れてポッドライジング。●東京2歳優駿牝馬。3番手追走から4コーナー手前で先頭に立ったララベルに、直後でマークしていたティーズアライズが直線内から並びかけての叩き合いは、ララベルがわずかに先着。1 1/4馬身差3着にリボンスティック。●高知県知事賞。ファイアーフロートが逃げてオオミカミがぴたりと2番手も、後方から2周めに入って徐々に位置取りを上げてきたリワードレブロンが3〜4コーナーでまくりきって直線突き放して圧勝。永森大智3連覇、雑賀正光4連覇。内をじわじわと伸びたカネマサゴールドが7馬身差2着。半馬身差3着にリバティバランス。ニューヨーク地区の2014年リーディング。騎手は278勝でイラド・オリッツ。弟(兄?)のホセ・オリッツが226勝で2位。調教師は133勝でデヴィッド・ヤコブソンで、トッド・プレッチャーを30勝上回った。Blood-Horseのジェンティルドンナ・スライドショー。

本日の酒●カヴァはアブシディス・ブリュット。八海山・純米吟醸。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2014

充実牝馬戦で3歳馬圧勝

3012201445午後から大井競馬場。東京大賞典が終わるといきなり閑散という雰囲気だが、それでもスタンドの中にはわりと入っている。東京シンデレラマイルのメンバーが毎年充実してきているように思うのは、やはり南関東では牝馬のダートグレードがたくさんあって、それを狙うメンバーが集ってくるからかもしれない。ノットオーソリティが2番手から抜け出してちょっとびっくりという強さを見せた。このレース、3歳馬の勝利は8回目にして初めて。川島正一調教師がたびたび使う「馬をつくりなおして」という表現でがとても興味深く気になる。終了後、明日用の酒などを仕入れて帰宅。一旦寝てから大晦日から正月にかけてたっぷりある重賞の予想など。

競馬●ライデンリーダー記念。3番手の外を追走したマルヨバナーヌが3コーナー過ぎで先頭に立って押し切った。人気のティープリーズは出負けしたことで馬群の中5番手を追走することになり、勝ち馬を追ってゴール前迫ったが半馬身差まで。2番人気ワールドウェーブが3馬身差3着。●東京シンデレラマイル。2番手を追走したノットオーソリティが4コーナー手前で前をとらえると直線突き放して圧勝。逃げたケンブリッジナイスが粘って5馬身差で2着。アタマ、アタマでレッドクラウディア、マルカンパンサー。2014年の北米の競馬場で1レースあたりの平均出走頭数が8頭を上回っていたのは24競馬場。

本日休肝日。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 29, 2014

来年へ期待の東京大賞典

2912201441午前7時起床、のつもりが8時になって原稿。13時過ぎに大井競馬場。ふるさとコーナーでのばんえい競馬の場立ち予想は、ブルーコンコルドが東京大賞典を勝った年からだったような気がするので、今年で少なくとも9年目。よく続いている。今年は曜日の関係で残念ながら年末は今日だけ。東京大賞典は、いつもどおりホッコータルマエが絶好のスタートで、今回はちゃんとコパノリッキーがハナを取りにいって、ほとんど2頭のためのレース。最後は4馬身差でタルマエさんの圧勝となった。とはいえサミットストーン、ハッピースプリントも来年につながるレースができてまずは一安心。この決着では馬券は当たりませんが。終了後、コパさんの1年感謝の会に参加させていただく。で、会社戻りの正月イヴイヴイヴ。

競馬●東京大賞典。スタートからゴールまで、ほぼ人気2頭のレース。ハナをとったコパノリッキーに、3〜4コーナーでホッコータルマエが並びかけての競り合いは、直線を向いたところの手ごたえで勝負あり。ホッコータルマエが4馬身差をつけた。サミットストーンがコパノリッキーに迫って1馬身半差で3着。中団から押し上げたハッピースプリントが4着。22歳のセリーナズソングが繁殖引退。今年限りでの閉鎖が決まっていたサフォークダウンズだが、2016年7月末までのサイマルキャスト発売の継続が認められた。

本日のワイン●原稿書きがあるゆえ、白赤それぞれグラスで1杯。チリのシャルドネとカベルネソーヴィニヨンだったらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2014

有終の有馬記念で引退式

2812201400有馬記念へ。ジェンティルドンナは、天皇賞で「単勝5倍(最終的には4.7倍)もつくことは二度とないだろう」と思って買って2着だったのだが、しかし。今回はさらに人気の盲点だった。展開的にはゴールドシップが届いてもという感じがあったものの、最後までよく粘った。それにしても7着まで0秒2差という紙一重の勝負。ただそういうところで勝ちきれるのがほんとうに強い馬なのだと。GI・7勝のうち4勝が牡馬相手。ウオッカもGIは7勝だがそのうち牡馬相手が5勝だった。これが日本の牝馬では牡馬相手のGI最多勝ですかね。ジェンティルドンナの引退式は、なにかもっと仕掛けがあるかと思ったら意外にあっさりだった。終了後はいつものメンバーの宴が神楽坂にて。車に便乗させてもらったらやっぱり時間がかかってしまい、到着したのは2時間飲放題コースの残り30分ほど。がんばって食って飲みましたよ。

競馬●中島記念。2番手追走のサウスパシフィックがうしろを気にしながら向正面で仕掛け3コーナー過ぎで先頭に立つと、直線差を広げて完勝。中団から押し上げてきたコパノエクスプレスが3馬身差2着。勝ち馬のうしろをマークするように進んだエスワンプリンスはさらに3馬身離れて3着。●ヤングチャンピオンシップ。最初に仕掛けたホクショウキズナが障害ひと腰先頭だったが、2番手に続いたセンゴクエースが残り30mで交わすとそのまま差を広げて完勝で8連勝。ホクショウキズナが一杯になりながらも2着。障害離れた4番手のキンメダルが迫って3着。●金の鞍賞。投票集計の不具合で10分以上の遅れ。4番手追走のプリンセスボーラーが3コーナー過ぎで先頭に立ったが、直後でマークしていたブルージャスティスが直線を向いて交わし2馬身差をつけて勝利。さらにうしろから追ってきたサムライマジックが1馬身差3着。●G3デイトナS(サンタアニタ芝6.5F,3&up):好スタートも控えて5番手の外を追走したベティーズバンビーノがゴール前で差し切った。ステークス初出走での勝利。さらに外から迫ったリルビットオファンが半馬身差2着。人気のスイートスワップは1馬身半差3着。

本日の酒●神楽坂もんにて。熱燗。長野の澤の花 超辛口吟醸酒。岐阜 竹雀 純米うすにごり生酒。帰宅してカヴァを少々。クエバスサントヨ、メトードトラディシオナル・ブリュット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2014

イタリアからの有楽町へ

昨日のこともあり夜は何度もうなされるような夢を見て、さらに午前4時とかに目が覚めてあとはほとんど眠れず。夕方の早い時刻から有楽町ワイン倶楽部。イタリアのチェスコンというワインメーカーのファミリーが休暇のため来日するのに合わせて立食パーティーが催され、参加。仕事を残してきてしまったためちびちびとしか飲めず。18時半過ぎにお開き。2軒めには行かず、帰宅。ちょっと寝て仕事の続き。いよいよ追い込み。

競馬●G3W.L.マクナイトH(ガルフストリーム芝12F,3&up):5番手から4コーナーで先頭に立ったディヴァインオースがそのまま押し切り、古馬初対戦でのグレード勝ち。ゴール前差を詰めたフィクサドアが半馬身差2着。3着マンチュリアンハイ。●G3ミスタープロスペクターS(ガルフストリーム6F,3&up):3番手から4コーナーで先頭をとらえた人気のスピーカファイが直線で抜け出した。父ハーランズホリデー。1 1/4馬身差2着にリスクファクター。逃げたモンゴリアンサタデーが3着。●G3ラプリヴォヤントH(ガルフストリーム芝12F,3&up f/m):人気のアイリッシュミッションが4番手の外から4コーナーで先頭をとらえて押し切った。直線外から迫ったタブリードが3/4馬身差2着。クビ差3着フォトコール。●G3ロバートJ.フランケルS(サンタアニタ芝9F,3&up f/m):人気のレディーピンパーネルがゴール前の接戦を制した。イギリスからの移籍で北米初勝利。外から伸びたダイヴァーシーハーバーはハナ差届かず2着。クビ差3着にスリーハーツ。●G3ミッドナイトルートS(サンタアニタ6.5F,3&up):3番手以下を離して逃げた2頭の決着で、ディスティンクティヴパッションが逃げ切り勝ち。1 3/4馬身差で2着にエアオブストームが粘った。ハナ差3着にアピーリングテール。昨日のG1ラブレアSで断然人気ながら2着だったタリスが右前脚に怪我。ガルフストリームパークでは62歳のゲイリー・ベインという騎手が勝利。

本日のワイン●いずれもチェスコン。ピノヴェネッツェ2012、ラボッソ2013、レフォスコ2013、ピノネーロ2011。寝酒に、れんとお湯割りを2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2014

死がそこに現実として

午後、大井競馬場へ。東京大賞典に出走するソイフェットのレナード・パウエル調教師、メラニー・モリエール調教厩務員の記者会見。終了後、買い物などをして実家へ。父母、そして特に兄の健康状態が想像していた以上に悪く、さらにこれもなんとなくはわかっていたのだが兄嫁との関係も最悪なものだった。死に向かうときくらい穏やかな気持で過ごせないものかと思ったのが正直なところ。そういう意味ではボケがだいぶ進んだ母がもしかしていちばん幸せなのかもしれない。ボケといっても会話はしっかりしていて、なるほど幼児返りというのはこういうことなのか。ただ、今自分が何をしようとしているのかがわからなくなると不安になるようだ。

競馬●G1マリブS(サンタアニタ7F,3yo):断然人気シェアドビリーフが3番手から直線先頭に立って接戦を制してG1・4勝目。直後から迫ったコンクエストツーステップがクビ差2着。逃げた2番人気シートゥが半馬身差3着。●G1ラブレアS(サンタアニタ7F,3yo f):断然人気タリスが直線でも先頭だったが、じわじわと差を詰めてきたサムズシスターが半馬身とらえ、ステークス初出走で勝利。父ブラザーデレク。最後方から押し上げたサンキューマリールーが1 3/4馬身差3着。●G2マティスブラザーズマイルS(サンタアニタ芝8F,3yo):3番手集団の内を追走したアラートベイが直線で前をとらえ、外から迫ったホームランキトゥンをクビ差で振り切った。1馬身差3着にオウサムリターン。来年のベルモントSデイはG1・6レース。枠順抽選は3日前の6/3にロックフェラーセンターで行う。

本日の酒●実家に持参した、八海山・純米吟醸・しぼりたて原酒・越後で候。4合瓶の3/4ほどをひとりで飲んでしまったら「飲み過ぎだ」と父に怒られてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2014

金沢でも東京も雪という

都内近郊は晴れの予報が、大井のナイター中継をテレビで見ていたら白いものがチラチラと降ってきてびっくり。東京大賞典の枠順。明日かと思っていたら本日出ました。フルゲート16頭は、なんと2003年のスターキングマンが勝ったとき以来11年ぶり。帝王賞に至っては前回フルゲートになったのは2000年のファストフレンドのときだったという。すでに地・中・海ケイバモードで出した印は◎ホッコータルマエ、◯ワンダーアキュート、▲コパノリッキー、以下略。相変わらずこの路線は逃げ馬不在で、前回馬群の中でレースにならなかったコパノリッキーが行くのか、そのひとつ内にいるホッコータルマエが主張するのか、イチかバチかのサミットストーンかというところでしょうか。

競馬●金沢競馬は今シーズン最終日。雪が降りだした中を、中日杯から中9日のケージーキンカメが締めた。

連続休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2014

意外や家クリスマスなの

夜の街はどんなに盛り上がっているのだろうと思って晩飯に池袋の街に出たのだが、しかし。盛り上がっているのは電飾だけで、ラーメン屋とかセルフうどんやとか定食屋が空いてるのはわかるとして、飲み屋さん系も年末としては意外に空いてたような。Facebookとかにアップされた写真を見ても、家で鶏とケーキって方が多いようで、最近はそういう傾向なんでしょうか。終電近くのラッシュを避けて、終電1時間ちょっと前の埼京線もむしろ普段より空いていて拍子抜け。帰宅して、地味に里芋と人参の煮物をつくりましたとさ。

競馬●兵庫ゴールドトロフィー。好ダッシュのメイショウコロンボがハナをとり、後方を追走していたジョーメテオが向正面で一気にまくって3コーナー過ぎで並びかけたが、4コーナーで再び差をつけたメイショウコロンボがそのまま押し切って逃げ切り勝ち。ジョーメテオは1馬身半差2着。4番手を追走していたサクラシャイニーが5馬身差3着。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2014

寿司屋のカウンターにて

グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』の収録。有馬記念特集に東京大賞典も。終了後にミーティングなどもあり開放されたのは午後9時過ぎ。遅くなったものの夕飯は寿司気分だったので門仲でひとり寿司。事前調査の第一候補が満員盛況につき、近くにあった築地系チェーン寿司屋さん。カウンターのみで先客3名のグループがみなさんタバコを吸っていたものの、幸いにも満席ではなかったので、お店の方に耳打ちして、一番遠い席に移動させてもらう。今どき、喫煙だから行くお客さんと敬遠するお客さんと、どっちが多いのだろう。イヤなら禁煙の店に行けばいいだけの話なのだが、日本にはアルコールを提供する店でその選択肢がきわめて少ない。

競馬●名古屋グランプリ。トウショウフリークはプラス23キロに加え掛かっておしまい。3コーナーからエーシンモアオバー、ニホンピロアワーズの競り合いとなり、3〜4コーナーで一旦はニホンピロアワーズが前に出る場面もあったが、差し返したエーシンモアオバーがクビ差で一昨年に続いての勝利。向正面から追いどおしで迫ったシビルウォーがゴール前迫ったが半馬身差3着。

本日の酒●某チェーン寿司屋にて。熱燗1合。加賀山水・純米吟醸。帰宅して、つづきのヴァンサンブーケ・ソーヴィニヨンブラン2013をちょっとだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2014

グッドウッドもカタール

午前中、竹見さん訪問。先週の川崎ジョッキーズカップを森下博騎手が勝ったハナシで、「あと1カ月くらいで竹見さんが引退した年齢を森下さんが超えますね」というようなことを話したら、どうも竹見さんはまだ現役を続けたい思いもあったらしく、ちょっと寂しそうだった。
月曜日だからと普段どおり終電の1本前で帰ろうと思ったら池袋駅埼京線ホームは人が溢れんばかり。なるほど世間は明日が休みということをまったく忘れていた。何とか乗ったけどお客さん乗りきれず。終電はどうなったんだろう。12月中旬以降は曜日に限らず遅くとも22時台の電車で帰ろう。ということは以前にも誓ったことがあるような。

競馬グッドウッド競馬場がカタールと10年間のスポンサーシップ契約。グローリアスグッドウッド開催は『カタール・グッドウッド・フェスティヴァル』となる。賞金もアップ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2014

師走のわずかな在宅日に

P1000131昨日のワインの余韻を引きずりつつ、おみやげにいただいたチャーシュー入りちまきを蒸して昼にいただく。今月2度めにして最後の1日じゅう家にいる日。ゆえに夕飯当番。いわゆるふるさと納税のおびひろ応援寄附金で送られてきた食材からジャガイモと人参でクリームシチュー。おいしくいただきました。しかし今シーズンのばんえい重賞は相変わらずむずかしい。人気3頭での決着なのに。

競馬●白嶺賞。内枠からハナに立った3歳のライズラインが後続を寄せつけず逃げ切り勝ち。4番手からクロワッサンが迫ったが1馬身半差まで。2番手を追走した人気のキモンレッドは5馬身離されて3着。●ばんえいダービー。断然人気ハクタイホウが障害先頭で、ホクショウマサル、キサラキクと続いて人気3頭の勝負は、ホクショウマサルが余裕をもってとらえて勝利。ハクタイホウはゴール寸前でキサラキクにも交わされて3着。ハイシャパラルが死んだ。腸に穴があいたことによる手術の最中。BCターフでのジョハーとの同着優勝が個人的思い出。

本日のワイン●カヴァはアシエンダ・カルチェ・ブリュット。ん〜、相変わらず泡が弱い。ゆえに捻っただけではコルクが抜けず。ヴァンサンブーケ・ソーヴィニヨンブラン2013。900円とは思えないヴォリュームのある白。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2014

恒例中華でブルゴーニュ

2012201455雨は夕方から夜にちょっと降るくらいかと思っていたら、昼前から降りだして夕方はどしゃぶりに近いような降り。そんな中を中野まで。5年前だったか6年前だったかから参加させていただいている、ワイン屋社長さんのプライヴェートなワイン会に今年も。四川中華に貴重なお高いブルゴーニュがメイン。四川といってもやたらに辛い中華ではなく、ときにピリリときいた山椒がブルゴーニュのスパイシーなところにピタリとくるという贅沢。年の瀬を実感する恒例行事のひとつ。

競馬●G1ロスアラミトスフューチュリティ(ロスアラミトス8.5F,2yo):5頭立てで人気を分けた3頭の大接戦。3番手に控えて3〜4コーナーでとらえにかかった1番人気ドルトムントが外でわずかに出てトラックレコードでの勝利。デビューから3連勝。父は2冠馬ビッグブラウン。アタマ差でファイヤリングライン。ハナ差でミスターズィー。●G1ケープギニーズ(ケニルワース1600m,3yo):人気のアクトオブウォーが勝って7戦6勝。父は南アリーディングのダイナスティ。

2012201419本日のワイン●MON花@中野にて。
山崎ワイナリー、シャルドネ 2013。樽は使わずステンレスのみとのこと。
シャトー・フュイッセ・プイィ、フュイッセ・テート・ド・クリュ2010
ドメーヌ・ラリュー、ピュリニー・モンラッシェ 1ER スーレピュイ2011
ドメーヌ・タカヒコ、ヨイチノボリ・パストゥーグラン2008
ドメーヌ・タカヒコ、ナナツモリ・ピノノワール2012
マシャール・ド・グラモン、ニュイサンジョルジュ・レ・オーポワレ2006
ルネ・ブーヴィエ、ヴォーヌ・ロマネ・レ・クロワ・ブランシュ2010
ドメーヌ・エレスティン、ジュヴレシャンベルタン 1ER ラ・ペリエール 2009
ダヴィッド・デュバン、モレサンドニ 1ER クロ・ソルベ2010
レミ・ジャニアール、クロ・ド・ラ・ロッシュ 2011
帰宅して。寒かったので、れんとお湯割り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2014

川崎のスゴイ59歳を見た

年末の川崎開催最終日恒例の川崎ジョッキーズカップ。2番人気のテッペントッタルに騎乗した59歳の森下博騎手が、直線、追って、追って、迫ってハナ差とらえての勝利。何かスゴイものを見たような。今、南関東で“森下”といえば“淳平”だけど、少し前までは迷うことなく“博”だった。さすがに騎乗数も少なくなって、今年これで8勝目だけど、まもなく、現役騎手としての年齢では竹見さんを超える。

競馬●めずらしい神奈川県産という2歳馬が川崎の新馬戦を勝った。フライトファルコン薬物検査でメタンフェタミンが検出されたリサ・クロップが3年間の騎乗停止。モンマスパークの実況をしていたトラヴィス・ストーンさんがチャーチルダウンズの実況に。

本日休肝日。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 18, 2014

ばんえい@新橋の4回目

午前6時起床、通勤ラッシュでの出社。原稿をできるとこまで進めて午後からGate J.@新橋。第4回のばんえい競馬教室。年末のこの時期でどうかと思ったけど、じわじわとお客さんに来ていただいて最終的に一応席がほぼ埋まる程度にはなって70数名。終了後は隣のビル地下、2時間食べ放題飲み放題の中華やさんで。会社戻りのため1時間ほどで失礼させていただきました。

競馬雪のため名古屋開催中止。トム・ダーキンさんがエクリプス賞功労賞を受賞。

本日の酒●まだまだ原稿がたっぷり残ってるゆえ、乾杯でビールをコップ1杯でおしまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2014

世紀末かのごときの騒ぎ

明日のGate J.でのトークイベントを前に、北海道から来る方が荒天で来られなかったどうしようという備えのために右往左往した1日。結局は今日のうちに移動できることになってひと安心。夜は川崎競馬場へ。夕飯代わりにコロッケ2個を両手に(笑)。1個めを食べ終わろうかというあたりで、上顎をやけどしてベロンとなっていることに気づいた。コロッケ屋さんは行列で、揚げるそばから売れていくので揚げたてなのはわかっていたのだが、しかし。衣の部分はおそらく摂氏0度に近い外気ですぐに冷まされていたものの、どうやら中の具はものすごく熱いままだったらしい。共有させていただいているパーティメーカーがなんとJpnIに出走。向正面で例によってとぼける場面があって鞍上はムチを入れていた。が、直線だけちゃんと走って5着は上出来でしょう。終了後はお誕生会を兼ねていつものNomi-Deli。夜はまさに年末の忘年会シーズン。我々はナイター競馬のあとなので入店が夜の9時過ぎだが、そのあとに入ってきたグループは当然のことながら2次会か3次会かという盛り上がり。年末というより世紀末かという騒ぎでございましたよ、いろんな意味で(苦)。

競馬●全日本2歳優駿。先行争いを前に見て5番手を進んだディアドムスが3コーナーで仕掛けて一気に前をとらえ、直線食い下がったタップザットを半馬身差でしりぞけた。3馬身差3着にタイセイラビッシュ。レッド・ポラードが使っていた鞍がオークションに。

本日のワイン●nomi-deliにて。メニューにはないけどサングリアをホットワインで、2杯。カヴァをグラスの表面張力(笑)で1杯。明日早起きなので遠慮気味に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2014

近ごろお気に入りなブリ

Dsc_9110最近。食べ物のなかでいちばん好きなもののひとつに急浮上したのが、ブリ。刺身はもちろん、塩焼き、照り焼き、今の時期ならしゃぶしゃぶも。それで思いついたオリジナルでヒットだったのが、ブリの混ぜご飯。ブリの切り身を軽く焼いて、ほぐしたうえで、ごま油で炒め、酒、しょうゆ、砂糖で濃い目に味をつける。ごはんは鎌田醤油のだし醤油もしくは鮭節だし醤油で薄く味をつけて炊いておく。これに味付けしたブリ、そして成田漬物本舗の甘酢生姜を千切りにしたものを混ぜる、というもの。おにぎりにするとなおおいしくいただけます。
夜は、人と人をつなげる席を池袋にて。

競馬NTRA Moment of the Yearの投票はじまる。ロージー・ナプラフニクがBCディスタフを勝って引退発表、が選ばれるのではないか、と予想。

本日のワイン●びすとろHiroにて。泡はチリのバルディビエソ・ブリュット。白はジャン・クロード・マス、トワベー・エ・オウモン・シャルドネ。安定のおいしさ。最後にグラスなみなみの赤を1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2014

仕切りなおしてキンカメ

午前6時起床で原稿2本。JALの午後便での帰国は、特典航空券で空いていたので1Dという最前列の席をとったら、通路を挟んで1A,Cの席にはVIPのご夫妻がいらっしゃいました。行きの飛行機で何度も聞いた『アテンション・プリーズ』がずっと頭の中をぐるぐるとしたまま帰国。帰りも成田と思い込んでいたところ、羽田着であることを昨夜になって知ったという・笑。日本の航空会社の機内は寒くなくて快適。

競馬●雪で延期になった中日杯は、なかなかに見応えのある人気2頭の一騎打ち。2番手追走のケージーキンカメが2周目向正面で先頭に立ち、ぴたりとマークしていたジャングルスマイルが並びかけ一騎打ち。3コーナー過ぎではジャングルスマイルが前に出る場面もあったが、内のケージーキンカメが直線でじわじわと離して2馬身差で勝利。2馬身差の3着にナンディン。カルメットファームの来年の種付料。イングリッシュチャンネルは25,000ドル。

本日のワイン●CXのラウンジにて。シャンパーニュはピペエドシック。機内にて、シャンパーニュはドゥラモット・ブリュットNV。ニュージーランドのマタヒウィマウント・ヘクター・ピノノワール2012。キャビンアテンダントさんに注がれるままに飲み過ぎました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2014

見事にエーブルフレンド

1412201405香港は快晴。陽のあたるところにいると汗ばむ陽気も、日陰は涼しく、さらに臨時のプレスルームはやはりコートとひざ掛けが必要なくらい寒い、と今回も覚え書き。香港国際競走は、まず負けないだろうというマイルのエーブルフレンドはやはりちょっと次元の違う強さで、2400mのヴァーズ以外香港が強かった。日本からは9頭が出走したものの、いずれも必ずしもそのカテゴリーでトップという馬たちばかりというわけでなく、それで勝たせてもらえるほど今は甘くはない、ということ。ただその中には休み明けの馬が3頭いて、日本にはイマイチ使うレースがないから選択肢のひとつとして出走するというのは悪くはないと思う。netkeiba.comにて。終了後は、大圍駅近くの楓林小館 Fung Lum Restaurantにて総勢15名。鳩、食いました。

競馬●香港ヴァーズ。中団追走から直線切れたフリントシャーが1番人気にこたえての完勝。ウィリーカザルスがゴール前で迫ったが半馬身差まで。カレンミロティックは4番手から直線を向いて先頭に立ちかけたもののそこから伸びず5着。●香港スプリントエアロヴェロシティが逃げ粘って勝利。ジョッキークラブスプリント勝ちのペニアフォビアがゴール前で迫ったがハナ差2着。ストレイトガールはその2着馬の直後を同じ脚色で伸びたものの3着。●香港マイル。互角のスタートも10頭立てのほとんど最後方に近い位置まで下げたエーブルフレンドが直線あっという間に突き抜けて圧勝。4 1/4馬身差がついて接戦の2着争いは逃げたゴールドファンが粘り、グランプリボスは惜しくも3着。ワールドエース4着。●香港カップ。4コーナーでも後方にいたミリタリーアタック、デザインズオンロームが直線馬体を併せて外から伸び、デザインズオンロームが短頭差とらえて勝利。シリュスデゼーグルは4着。●金沢が雪でまた翌日に延期。えっ!ジェイミー・スペンサー、引退撤回したのか!

P1000035本日のワイン●大圍駅近くの楓林小館 Fung Lum Restaurantにて、お持ち込み。
泡はシャンドン・オーストラリア・ブリュット
白は、ジャケ買いしてみたSaltram Maker's Table ソーヴィニヨンブラン2009。この品種にしてもすごい緑色な液体。
南アはパール地区のGLEN CARLOU シャルドネ2010。これもシャルドネのわりにやや黄緑。
赤は、ニュージーランドのMATUA VALLEY マールボロ・ピノノワール2011
FERRATON Pere & Fils クローズエルミタージュ La Maliniere 2006。えっ、クローズエルミタージュでこの値段?と思って買ったら、やっぱりちょっと逝ってたみたい。
チリのHARAS CHARACTER シラー2007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2014

昭和を満喫して香港行き

B0021211_5273512JALの夕方便で香港へ。機材がB767の古いのだったようでちょっと残念。音楽チャンネルで、60-70年代の日本のポップスをなんとなく聞いていたら能勢慶子『アテンション・プリーズ』にハマってしまった。まず歌い出しが<土曜日の闇の中>と始まるのがすっごい昭和。当時は週休2日ではなかったから、土曜日の夜が、今の金曜の夜みたいな感じだったんだと。そもそも歌詞の中に出てくる<アテンションプリーズ>が本来の意味ではなく、「飛行機に乗ってどこかに行く」みたいな意味で使われているのもおかしい。そしてサビ、<I'm flying, flying to you. 体ごと、心ごと I'm flying, flying to you. あなたにあずけます>という歌詞にヤラレました。調べてみたら、作詞・喜多條忠、作曲・浜田省吾ですって。ちょっとびっくり。15回くらい聞いてしまいました(笑)。あるんだね、YouTubeには。夜22時半過ぎに香港着。

競馬●寒菊賞。ハナをとった単勝元返しのスペクトルが向正面でスローに落とし直線突き放した。グッドギアーが2馬身差2着。●G1スターレットS(ロスアラミトス8.5F,2yo f):BCジュベナイルフィリーズ勝ちのテイクチャージブランディが逃げ切ってグレード3連勝。内の3番手を追走していたフェザードがラチ沿いから迫ったが半馬身差で2着。クビ差3着にメイビリーン。●G3シュガースワールS(ガルフストリームパーク6F,3&up f/m):好位で機をうかがっていたメリーメドウが直線半ばで抜け出して勝利。2番手から直線で先に前をとらえたワイルドキャットリリーが1 1/4馬身差2着。人気のアールフリーロールは逃げたものの4着。●G1カルロスペレグリーニ大賞(サンイシドロ2400m)は、ホルヘ・リカルドのIdolo Portenoが4馬身差で勝利。2016年の英ダービーですでに66-1のオッズがついているフランケルの全弟はアンドレ・ファーブル厩舎へ。ハーネスレースの調教師Ron Burkeが、トッド・プレッチャーの北米調教師年間賞金レコードを更新。

本日の酒●JALサクララウンジにて。
ニュージーランドのシレーニ・エステート、ソーヴィニヨンブラン・スパークリング。スパークリングでもちゃんとソーヴィニヨンブランがわかる。さらに銘柄不明のロゼスパークリング。赤はイタリアのメンヒル、クオータ 29・プリミティーヴォ
JALのCにて。
シャンパーニュは、ドゥラモット・ブリュットNV白はアルザスでリッティマン・リースリングV.V.2012。めっちゃ辛口なリースリング。
赤はシャトーオーマコ・コートドブール2009。ボルドー右岸のわりにやや軽め。
さらに赤、ピーチーキャニオン・ウェストサイド・ジンファンデル2011
さらに(笑)。サントリー白州シングルモルト、山崎シングルモルト。
種類は飲んだけど、すごい酔ったって感じでもなかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 12, 2014

浮ついた空気の師走金曜

JALから東京ー小松便大幅値下げのお知らせ。まさに北陸新幹線開業のタイミング。さらに料金だけでなく、JALマイル会員向けにはeJALポイントやFLY ONポイントの加算プレゼントまで。金沢は、最寄り空港が自衛隊の基地と一緒の小松ゆえなかなかに不便で、新幹線開通後は相当に飛行機のお客さんが減るでしょうねえ。
夜7時前、夕飯と買い物などで池袋の街に出てみると、明らかに普段とは違う人々が浮ついたような空気。なるほど師走も半ばの金曜日。終電近くはたいへんな混雑になると感じ、23時より前の電車には乗ろうと思っていたのだが、しかし。明日の香港行きを前にやるべきことをやっていたら結局終電3本前。酔客の積み残しがでるほどの混雑で、終電などはどんなだったんだろう。あな、恐ろしや。来週再来週の木曜金曜は早めの帰宅かもしくは会社泊の始発帰宅にしようと誓う今年も年末。

競馬2014年イギリスのスポーツイベントの入場人員で、トップ10のうち4つを競馬が占めたと。

連続休肝日。今週は休肝3日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2014

6連勝でゴールドカップ

浦和競馬場に行く前に期日前投票。今週月曜日になっても投票所入場券(というのか?)が届かず選管に電話したところ、解散から公示まで期間が短く、やはりいろんな自治体で発送が遅れていたのだそうだ。で、ようやく届いたのが昨日だったか一昨日だったか。浦和・ゴールドCは連勝中のリアライズリンクスが逃げ切り勝ち。といっても、ハナをとるのに追っていって、さらに3コーナー過ぎからは追いどおしで粘ってしまうというのだから強かった。そしてソルテは重賞で5度目の2着。吉原くんはとっても悔しそう。終了後に出社。

競馬●ゴールドカップ。1周目のゴール板過ぎまで気合を入れてハナを取り切ったリアライズリンクスが最後まで粘りきって逃げ切り勝ち。ピタリと2番手を追走したソルテはとらえきれずアタマ差2着。最後方から外に持ち出してまくってきたケイアイヘルメスが1馬身半差3着。ハナ争いに敗れて3番手追走となったセイントメモリーは8着。●1月8日から始まるドバイワールドカップカーニヴァルの登録馬(PDF)。主要国以外ではノルウェーから2人の調教師が23頭。厩舎がそのまま引っ越してきた感じ。ほかにスウェーデンとかトルコとか。ウルグアイの3冠馬サーフィーヴァーは、結局だれが馬主になったのでしょうか。ニアルコスファミリーのフラックスマンホールディングスが2014ブリーダーズカップシリーズの生産者賞、John Deere Awardに。BCクラシック、スタート直後の混乱について再度の討議。FBIからNYRAのセキュリティへの転身。

本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 10, 2014

ひょうたんから駒という

宴の最中にFacebookにアップした写真についたコメントから盛り上がり、来年デビューするとある牝馬の運命が決まろうとしていてちょっとびっくりするなど。

競馬早くも2016年の英ダービーのおはなし。フランケルの全弟の1歳馬に66-1のオッズがついた。G1クールモアスタッドSを勝ったブレイズンボウをダーレーがお買い上げ。引き続き元の馬主であるOntrack Thoroughbredsの勝負服で走り、来年種牡馬に。オークロンパークの一般入場料が来年は無料に。

本日の酒●某お寿司屋さんで会食。獺祭とか銀盤とか、おすすめの日本酒をたっぷりいただきまして。メモなし。帰宅の電車で途中下車(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2014

心置きなく日の本の酒を

午前中、健康診断の結果を聞きに。昨年、γ-GTPの値が91まで急上昇したのは、さすがに検査の2日前に飲み過ぎていたこともあり、今年は初めて検査5日前から禁酒してみたら、58まで下がっていて一安心。正常値は51未満だけどやめればちゃんと下がるということがわったのでまあいいでしょう。そういうわけで、夜は心置きなく『地・中・海ケイバモード』の忘年会。P社さん御用達という八丁堀と茅場町の間にある和田家というお店。こだわりの充実した日本酒のおすすめをたっぷりいただいた。最初に出されたお刺身が、おそらく仕入れてすぐではなく食べるべきときに出してくれたものなのだろう。鯛などは噛むと歯を押し返してくる弾力があり、赤身などはねっとりと歯にまとわりついてくるような、ちゃんとした料理としての刺身。スーパーで売ってる素材としての刺身とはさすがに違いますね。

競馬2009年にメタンフェタミンの陽性反応が出て9カ月の騎乗停止があったリサ・クロップが、尿検査を提出しなかったことで騎乗停止(という内容でよろしいでしょうか)。ウッドバインの実況アナウンサー、Dan Loiselleさんが来年5/31で引退。引退したトム・ダーキンさんがBig Sport of Turfdom Awardを受賞。

本日の酒●和田家にて。乾杯のビール。
山形県・新藤酒造店、九郎左衛門・裏・雅山流・香華
八海山・しぼりたて原酒・越後で候。アルコール度数19.0%という。
高木酒造、十四代「大吟醸」双虹。あっ、やっぱこれ高いんだ!
青森・八戸酒造、陸奥八仙・槽酒(ふなざけ)特別純米無濾過生原酒・青ラベル
長野、佐久の花・純米吟醸・手詰め直汲み

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2014

緊張の冬、日本海の競馬

昨日の開催が土曜日からの雪のためこの日に延期になった金沢だが。走路整備に時間がかかって第5レースが取止め。第6レースはやったものの、走路状況悪化のため第7レース以降は取止めと。この日の天候自体はそれほど悪くはなかったので、その間にどういうやりとりがあって中止に至ったのかちょっと気になる。そしてメインレースで金沢初出走の予定となっていたサマーウインドが除外となっていたのだが、レースは中止になっても記録は除外として残るんですな。そして金沢は次の週末も雪予報。だいじょうぶか中日杯。重賞が中止とか延期になると、いろいろと大変なのです、よ。

競馬アイルランドの年度代表馬は、キングズスタンドS、ナンソープSを制したソウルパワー。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2014

久々の中京は満員大盛況

チャンピオンズCの中京競馬場へ。今のスタンドになって、打合せでは寄ったことがあったものの、開催日ははじめて。前回、中京で馬が走っているのを見たのは、愛知県競馬組合主催の正月開催のような気がする。高松宮記念くらいは入場があるのかどうかと思っていたらなんと!今年の高松宮記念(24,882人)より2万人近くも多い44,461人とは驚いた。パドックやスタンド内を歩くのに難儀なほど。ただTOKIOが来てなかったらどのくらいだったんだろうというのはちょっと知りたいかも。復活したホッコータルマエは、1年前と同じように東京大賞典、川崎記念、フェブラリーSを使ってドバイを目指すとのことで、「叩かれながら力をつける馬」だからということのようなのだが、果たして。それにしても西の方の競馬マスコミの方に多いようなのだが、実際にその馬が出走していたり、次走予定として出ると言っている地方のレースを、ないものとして扱うというのはどうなのか。

競馬●北上川大賞典。モズが単騎の逃げでかなり縦長の展開。3番手を追走していたナムラタイタンが早めにモズをとらえにかかり、直線を向いて交わすと2馬身差をつけてレコード勝ち。離れた3番手から追ってきたコミュニティが半馬身差まで迫ったものの3着。3連複はさすがに260円という決着。そこから4着馬には3秒3の大差がついた。●G3ヴァレディクトリーS(ウッドバインAW14F,3&up):2番手から4コーナー手前で抜け出した人気のターキッシュが押し切ってステークス初勝利。後方から3〜4コーナーでまくってきたロイヤルブレシンングがクビ差まで迫ったが、直線内に切れ込んで進路妨害があって3着に降着。2 3/4馬身差で3位入線のペンダーハーバーが繰り上がって2着。これにてウッドバインの今年の開催が終了。騎手リーディングは170勝を挙げたパトリック・ハズバンズで7度目。サンシャインミリオンズが賞金減額でますます縮小。

本日の酒●名古屋、ディアボロ・バンビーナにて。スパークリングをグラスで1杯。赤をグラスで1杯。帰宅して。愛宕の松・蔵の華・限定純米吟醸を1杯。寝酒に、れんとのお湯割りを1杯。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 06, 2014

高知に見る2歳戦の復活

高知では11月23日に今シーズン初めての2歳戦が組まれ、この日は2歳戦が2鞍。これまでならこの時期の高知の2歳馬はシーズンが終わった北海道からの移籍馬や早めに見切りがつけられた中央からの移籍馬がほどんどだったのが、1組戦を勝ったのは高知デビュー馬で11/23のデビュー戦が2着だったリワードヘヴン。2着は北海道1勝馬だが、3着はこれがデビュー戦のリワードシンディという結果。一時は2歳馬の入厩がほとんどなく金の鞍賞も休止されていたという状況があり、それでいて2歳の新馬が入厩するまでになったのはスゴイ。出走手当もまた上がったということらしいし。あとは笠松とばんえいが、もうちょっとなんとかならんもんかなあ、と。
冷蔵庫の余り野菜でこの冬の初鍋は、とり野菜みそトマトから。

競馬●G2バヤコアS(ロスアラミトス8.5F,3&up f/m):2番手から4コーナー手前で先頭に立った断然人気ティズミッドナイトが、ゴール前でウォーレンズヴェニーダに並びかけられたもののアタマ差で振り切ってトラックレコードでの勝利。G1ゼニヤッタS2着があったがステークス初勝利。4 1/4馬身離れて3着にレガシー。

本日のワイン●ヴィッラアニータ・ヴィウラ・シャルドネ2012

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2014

タイ移住を考える誕生日

なんと!信じられないことに50歳になってしまったらしいです(ヒトゴト・笑)。思えば大学在学中に仕事をはじめたハタチそこそこからあっという間の30年。30年があっという間ということは、今からはあっという間に死んじゃうということでしょうか。誕生日だからということで特に何事もなく、強いて言えばFacebookでお祝いのメッセージをたくさんいただいたというくらいで、日付が変わる直前くらいに帰宅。12月5日というのは、タイのプミポン国王と誕生日が同じということを今年はじめて知りました。微笑みの国に移住したら国民のみなさんに誕生日を祝ってもらえるような気がしますが、どうでしょう。

競馬キーンランドのブルーグラスSが来年は1週繰り上がってケンタッキーダービーの4週前となり、賞金が75万ドルから100万ドルにアップ。2015年の北米の重賞格付け。リステッドからGIIIに8レースが昇格。G1は昇格も降格もなし。

本日休肝日。の予定が、グラスビールを1杯だけいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2014

クリスマスらしきことを

午前6時起床。そーゆーわけで昨日1本も原稿ができなかったぶん早朝の出社。通勤の満員電車はやっぱり気が滅入る。
0312201458毎年クリスマスらしきことは何もしないんですが、先日、笠松競馬場に行った時に笠松愛馬会でクリスマスの飾りを売っていたので買ってみました。調教師の奥様方の手作りで、ひとつとして同じものはありません。

競馬●園田金盃。ダッシュよくハナをとったトーコーニーケが逃げ切り勝ち。ハナをとれず4番手からラチ沿いをまわってきたハルイチバン、4コーナー手前で一旦は勝ち馬に並びかけたラヴフェアリーが1馬身半差で2着同着。アケダクトで騎乗していたアレクサンドラ・ハラが、レース中に馬が故障して投げ出され鎖骨を骨折。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2014

ジンギスカンがつなぐ縁

0312201454昼間開催の南関東は冬時間になってメインの発走が15:15とか極端に早くなった。ゆえに早朝に起きて家で仕事らしきことをやってから船橋競馬場へ。快晴。来春繁殖入りすることが決まったらしいトウホクビジンの話題があちこちで。そしてクイーン賞は、トロワボヌールが手ごたえ十分に並ぶ間もなく交わし去って、あいや、恐れいりましたという強さ。ブルーチッパーは、もしかして中央のダートのほうが向いてるのかも。終了後、以前から行ってみたかったジンギスカンの美食屋へ。16時半開店のところ16時10分ごろに着いてカギは締まっていたものの店を開けていただいた。ちょっと食べて飲んで帰って原稿少なくとも1本、できれば2本と思っていたところ、なんと!お店を出たのが23時近くだったという罠。そろそろお開きかという雰囲気になった20時前くらいに某さんがいらっしゃって、そこからあぶない話などいろいろ。それでも取材でしか話したことがなかった某さんとこのタイミングで話す機会ができたということはよかった。写真、ラムの厚切り肉をミディアムレアくらいに焼いてというのが絶品でございました。

競馬●クイーン賞。3コーナー過ぎからは中央4頭の争いとなったが、縦長の7番手から前3頭を見る位置につけたトロワボヌールが直線追い出されると並ぶ間もなくまとめて交わして完勝。1馬身半差2着にアクティビューティ。逃げたブルーチッパーは3馬身離れて3着。

本日の酒●美食屋にて。寒かったのでまずは麦焼酎お湯割り。温まったところで生ビール・中。あとはひたすら赤霧島をお湯割りで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2014

師走に迎えるクイーン賞

2110201450何日か前のお弁当。フライパンで鶏肉を焼いて野菜を炒めて鎌田醤油のにんにくだし醤油で味付けしただけの鶏肉スタミナ弁当。あとはコショーも振ったか。にんにくだし醤油、ホント便利。
師走に入っていきなり冬が押し寄せて迎えるクイーン賞。JBCレディスクラシックでは外枠に入って逃げられず展開的にかなり厳しくなった◎ブルーチッパーで。JBCには出られたけど重賞勝ちのないトロワボヌール、ブルーチッパーに、JBCを除外になったカチューシャは、ここで勝って賞金を稼いでおかないと年が明けてからのダート牝馬重賞への出走が難しくなるかもという争い。

競馬金沢開催が荒天のため翌日に順延。オールドフレンズファームに移動したシルヴァーチャーム。

本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2014

プログレッシブ演歌な宴

午前中は竹見さんのお宅訪問。昼過ぎに出社して、夕方から今年最初の忘年会。は、某ホテルの大宴会場にて、東京馬主会さまの忘年懇親会に今年も招待いただきました。今年司会だったゆかりんごにも久しぶりに会った。メインの余興は一昨年に続いて細川たかしさん。音でかい、声がでかいというのもあるけど、興味があるなしにかかわらず、超一流の芸は万人を惹きつけるものがあるなあと。そして。望郷じょんがらって、和風プログレッシブロックだよなあと思ったり。いや、プログレッシブ演歌か。

競馬●水沢・プリンセスカップ。外枠からハナをとったミラクルフラワーが、3コーナーから徐々に後続との差を広げて直線では独走。岩手で重賞2勝目。4馬身差2着にパシコペンネッタ、クビ差3着にユヅルノオンガエシで北海道が3着まで独占。●ルースリンド産駒。ロイドも2勝目でJRA認定勝ち。ロンジン・ワールドベストジョッキーはライアン・ムーア。ポイントはこちらから

本日のワイン●忘年懇親会にて。さすがのシャンパーニュ。そして赤はラングドックのだったか、こちらもおいしゅうございました。まっすぐ帰宅。久しぶりにカレーをつくる用に赤を開けたのでさらに飲んでしまいました。ヴィッラアニータ・テンプラニーリョ2012

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2014 | Main | January 2015 »