« 半年ぶりシンガポールで | Main | 馬刺しがオススメのお店 »

November 16, 2014

飲みながらシンガポール

昨日のシンガポールの疑問。午前0時過ぎにコンビニでアルコールを売ってくれなかった件。ちょっと前にリトルインディアで交通事故を発端とした、シンガポール建国以来初とも言われる暴動があり、そのためその近辺でアルコールの販売が一時厳しくなり、その名残だそうだ。それと為替レート。10月末までは1S$=80円程度だったのが、その後急激に上昇したそうだ。100円くらいまでいくのではないかと。あらためて、60円ちょっとだったころが懐かしい。本日のは昼過ぎから競馬場。共有馬の出走もなく、関係馬のシンガポールゴールドC出走もなく、久しぶりにのんびりとシンガポールの競馬を楽しみました。昼から飲みながら競馬なんて、日本じゃなかなかできません。研修旅行で来られていた札幌馬主協会の方々にもお会いしました。それと目下シンガポールリーディング4位のアラン・ムンロ。元気です。が、馬の首に顔をぶつけたとかで(真偽のほどは定かではない)、現在上の前歯4本がなく、とても間抜けな顔です。可哀そうなので写真は撮らないでおきました。

競馬●南部駒賞。4番手の内を追走した断然人気ロールボヌールが向正面で外に持ち出して3コーナー過ぎで前に並びかけ、4コーナー手前で追い出されると直線だけで6馬身突き放した。逃げたスペクトルが2着。そのうしろから追ってきたフジノサムライは4馬身差3着。●シンガポールゴールドC。2番手を追走した2番人気ケシュアが直線を向いて抜け出し、トライアルのエルドラドクラシックから連勝。アルゼンチン産の4歳馬。人気のウォーアフェアは直線で差し切る勢いだったが途中から伸びを欠いて5着。4着まではすべて50キロなのに対してトップハンデ58キロはさすがにきびしかったか。●G2ベッサラビアンS(ウッドバインAW7F,3&up f/m):人気のヒラビーが好位から4コーナーで先頭に立ってそのまま押し切りグレード初勝利。母は2007年のカナダ年度代表馬シーリーヒル、父ディストーテッドヒューモア。2 3/4馬身差2着にディスコバービー。1馬身半差3着にスカイトレジャー。ロージー・ナプラフニクの引退セレモニー。

本日のワイン●シンガポールターフクラブのご招待席。めずらしくワインがカリフォルニア。白はナパヴァレーのIRONY シャルドネ2011。赤もナパのメルローでした。ホテルに戻ってギネスの500ml缶。

|

« 半年ぶりシンガポールで | Main | 馬刺しがオススメのお店 »

Comments

ご無沙汰しております…
私は東京とシンガポールで会社を作り、行ったり来たりしています。
相変わらず、ワイン飲まれてますね。
最近は南アワインから遠ざかっておりますが、私も相変わらず飲んでいます。また、お会いできることを楽しみにしています。

Posted by: Srivatsan | November 17, 2014 at 06:41 PM

すみません。スパムコメントがたくさんつくもので、見逃しておりました。
もしかしてarigatt-sanですか?

Posted by: さいとー | November 20, 2014 at 07:15 PM

はい、そうです…なぜか、Nameが変わってしまっていますが…

Posted by: arigattsan | November 21, 2014 at 06:54 AM

やはりそうでしたか。大変にご無沙汰しております。
シンガポールでニアミスでしたか。ぜひシンガポールでお会いしたいものです。
わたしは、ここ何年かγ-GTPの値が上がってきたので、今年からだいぶ飲む量を減らしています。

Posted by: さいとー | November 21, 2014 at 08:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/60668812

Listed below are links to weblogs that reference 飲みながらシンガポール:

« 半年ぶりシンガポールで | Main | 馬刺しがオススメのお店 »