« カジノで再生した競馬場 | Main | 極寒の機内はどうなのさ »

November 23, 2014

アケダクトの悲劇未遂

2311201456昨夜は東海岸時間の午後9時には寝て、本日は午前2時前に起床。このまま飛行機に乗って寝れば体は日本時間。というわけで日本に帰るだけの日。写真は、アケダクト競馬場スタンド内のカジノ入口。
ニューヨーク、面白いなあ。僕はハタチそこそこのたしか1987年に初めてロサンゼルスに行って、アメリカのいろんなことに感激したのだけど、それがもしニューヨークだったらもっと影響を受けてたかもなあ、と思う。でも当時はまだ地下鉄とかは危なくて乗れなかっただろうけど。ニューヨークの地下鉄は慣れてくるとわかりやすい。がしかし。特に週末とかはイレギュラーな運行があるようで、アケダクト競馬場からの帰りも乗ったのは当然A-Trainなのに、いつの間にかFの路線に入っていたり。で、帰りのアケダクト競馬場の駅。何度やってもどこの改札でもメトロカードを認識してくれなくてホームに入れず。おそらく15分か20分くらいに1本しか来ない電車が来て泣きそうになった。競馬場&カジノ専用駅なので駅の係員は常駐しておらず。おろおろしていたところ、電車がすでにホームに入っているタイミングで、回転扉ではなくベビーカーの人とかも入れる扉の改札から入った人がいて、閉まる間際にその扉をガッとつかんでなんとか電車に乗れたという。無賃乗車ということになるんだけど、係員もいないし切符売り場があるわけでもないのでほかにどうしようもなかったのです、はい。

競馬●ドリームエイジカップ。最初に仕掛けたのはトレジャーハンターだが、インフィニティーがひと腰先頭で、差なくトレジャーハンターが続いた。インフィニティーがそのまま振り切って、なんと今シーズンの初勝利。障害離れた4番手のオイドンが追い込んで4着。3番手からのオレノココロが3着。●G2ジョッキークラブスプリント(シャティン1200m):中団外を追走したペニアフォビアが直線で抜け出して重賞初勝利。半馬身差2着にスマートヴォラティリティ。逃げたアンバースカイは8着。人気のアエロヴェロシティは最下位14着。●G2ジョッキークラブマイル(シャティン1600m):縦長の5番手を追走した1番人気エーブルフレンドが残り200mで抜け出して完勝。2 1/4馬身差2着にゴールドファン。3着アンビシャスドラゴン。ハナズゴールは直線弾けず9着。●G2ジョッキークラブC(シャティン2000m):残り200mを切って人気のミリタリーアタックが先頭に立ったが、中団外から伸びてきたブレージングスピードが差し切ってアタマ差で勝利。●G2ケネディーロードS(ウッドバインAW6F,3&up):8頭立て最後方のカルガリーキャットが直線外からまとめて差し切った。2馬身差2着にシャープセンセーションで人気2頭での決着。

本日のワイン●帰りのUAのYにて。有料になってからスパークリングがあるのを思い出し、Delapierreというカヴァの1/4ボトル。

|

« カジノで再生した競馬場 | Main | 極寒の機内はどうなのさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/60707629

Listed below are links to weblogs that reference アケダクトの悲劇未遂:

« カジノで再生した競馬場 | Main | 極寒の機内はどうなのさ »