« 20か月ぶりランフォルセ | Main | 無料喫煙所というギモン »

November 21, 2013

競馬を続けるという覚悟

笠松競馬場へ。重賞があるとはいえ平日開催はますます来場者が寂しい。場内の飲食店などはそれでもよく続けてくれていると思う。愛馬会へ顔を出して、いろいろと、いろいろと、お話を聞いた。笠松競馬場もまた、関係者の「続けたい」という強い想いで続いている競馬場だが、それは想いというレベルではなく、競馬を続ける以外に選択肢がないという覚悟ですらあると感じた。2001年の中津以降に廃止になった競馬場は、主催者が財政基盤の小さな「市」であるところが多く、したがって今残っているのは多くが都(23区)道県レベル。しかしながら笠松だけは岐阜県地方競馬組合を名乗るが、存廃の議論があったあとに笠松町、岐南町という「町」が主体になったと記憶する。そういう意味では、市町レベルの主催で続いている競馬場は、ばんえいと笠松のみということになる。

競馬●プリンセス特別。3番手から仕掛けて4コーナー先頭はリックタラキチだったが、4コーナーで狭いところをこじあけたカクシアジが直線楽に交わして勝利。最後方からロングスパートで大外を伸びたフラッシュモブが1馬身半差2着。リックタラキチは半馬身差3着。来年のサンタアニタ開催。今年末から来年4月までの従来通りの開催に加え、4月中旬に短期休催を挟んでハリウッドパークの代わりにその後に続けて春夏開催も実施する。メイダン開催。ゴドルフィンマイルでソフトフォーリングレインの2着だったハーセクが、それ以来の復帰戦を勝利。

本日休肝日。

|

« 20か月ぶりランフォルセ | Main | 無料喫煙所というギモン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 競馬を続けるという覚悟:

« 20か月ぶりランフォルセ | Main | 無料喫煙所というギモン »