« 西から東へではない雨雲 | Main | ロイズのラムレーズン »

August 19, 2012

猛暑にスノーフェアリー

Dscf4112最高気温は確実に30度越えで、雲はまるで南の島のそれ。湿度がそれほど高くないのはやっぱり秋が近いからか。ジョギング、別所沼2周で汗を流す。本日も扇風機のみ。今年の夏は客人が来た時以外はクーラーなしで乗り切れるかも。夜も寝るときは扇風機のタイマーで、朝は暑くて目が覚めたら扇風機。

競馬●福山・金杯。コスモワッチミーが外枠からやや強引にハナを奪い、続いたサマースピード、シルクプレストと3頭の争いになったが、コスモワッチミーが直線突き放して圧勝。6馬身差2着にシルクプレストで、2馬身差でサマースピード。G1ジャンロマネ賞(ドーヴィル2000m,4&up f/m):昨年の京都・エリザベス女王杯以来となったスノーフェアリーが接戦を制してG1・6勝目。愛チャンピオンSから凱旋門賞へという予定。3/4馬身差2着にイジートップ。半馬身差3着にガリコヴァ。4着タイムピース。前走G1ファルマスS勝ちのジオフラは6着。G1モルニー賞(ドーヴィル1200m,2yo c/f):レックレスアバンダンがデビューから4連勝でG1制覇。3/4馬身差でジョージバンクーバー、短クビ差でパーラメントスクエアで、2、3着はともに重賞初挑戦となったクールモアの伏兵。●G2ケルゴルレイ賞(ドーヴィル3000m,3&up):ジョシュアツリーが昨年2月以来の勝ち星。1馬身差2着にブリガンティン。短クビ差3着シャーワルディ。人気のヴァルダマーは4着。アメリケインはブービー6着。●G2レイクプラシッドS(サラトガ芝9F,3yo):3番手追走の1番人気ステファニーズキトゥンが直線前が壁になりながらもゴール前差し切り勝ち。次走は10/13のG1クイーンエリザベスIIチャレンジC。2番手から直線で先頭に立っていたセンターコートが半馬身差2着。3/4馬身差3着にソマリレモネード。●G3ランチョベルナルドH(デルマーAW6.5F,3&up f/m):1番人気ワインディングウェイが7頭立ての離れた最後方追走から4コーナー一気にまくって、逃げ粘っていたシュガーインザモーニングをゴール前で半馬身とらえた。1 1/4馬身差3着にルモア。●G3ロングエーカーズマイルH(エメラルドダウンズ8F,3&up):逃げたウィニングマシーン、3番手のテイラーセッドが3コーナー過ぎから一騎打ちとなり、最後はテイラーセッドがアタマ差出た。1馬身半差3着に直線内を伸びた1番人気オウサムジェム。●G2スカイクラシックS(ウッドバイン芝10F,3&up):イギリスからの移籍馬フォルテデマルミが直線半ばまで最後方だったが大外から差し切った。逃げ粘ったブービー人気のストーミーロードが3/4馬身差2着。1番人気スカロも後方から伸びたがクビ差3着。なんと!リダウツチョイスが来年フランスのアガ・ハーン・スタッドにシャトル。種付料は7万ユーロ。アラバマSで4着だったゾーインプレッシヴが右前脚を骨折していた。トゥオナーアンドサーヴが今シーズン限りで引退し、ゲインズウェイファームで種牡馬に。今年のアーリントンミリオンは1989年以来史上最高の入場人員34,022人。売り上げも前年比14%アップ。

本日のワイン●ジェイコブズクリーク、スパークリング・シラーズ。ん~、ちょっと甘いかなあ。続きのキザン、セレクションシャルドネ2010マール・ド・キザンで〆。

|

« 西から東へではない雨雲 | Main | ロイズのラムレーズン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/55469832

Listed below are links to weblogs that reference 猛暑にスノーフェアリー:

« 西から東へではない雨雲 | Main | ロイズのラムレーズン »