« 牝馬57キロでこのレース | Main | 朝シャンのち山椒の刺激 »

August 16, 2012

6頭立てブリーダーズGC

ブリーダーズゴールドカップは地元のエイシンブイダンスが取消して結局6頭立て。地元馬の出走がゼロとなったが、去年の結果を見れば地元馬はタイムが4秒から5秒も足りないことは明らかで、だったら無理に頭数合わせで出走させるより、少頭数でもレースのレベルに合った馬だけでやったほうがいいと思う。頭数とは関係なくテスタマッタやシビルウォーが出ていることでJpnIIの格はキープできるわけだし。中央のダートのレベルが今ほどではなかったときなら、地方馬が何かのまぎれで勝つこともあったけど、今はもうそれもほとんど期待できないほどにレベルが開いた。2歳戦を別とすればダートグレードで馬券の対象となるのは南関東以外ではラブミーチャンとエーシンクールディとオオエライジンくらいか。そういう意味ではサマーチャンピオンでもきっちり4着で賞金を稼いでいく高知の馬はむしろすげーなあと思う。馬場貸しとか言われるけどJRAも賞金を負担しているんだからそうなっても悪いということはない。いろんなところで何度も書いてるけど、馬券の売上げを考えるならせめてフルゲートの半数くらいはJRAの馬が出られるようにするべきでしょう。JRAのI-PATでも馬券を買えるようになるわけだし。

競馬●ブリーダーズゴールドC。1コーナーでテスタマッタがかかり気味にハナへ。それほど差のない4番手を進んでいたシビルウォーが直線を向いて並びかけるとそのまま突き放して6馬身差。テスタマッタがなんとか2着に残り、メイショウタメトモが半馬身差3着。G3デスモンドS(レパーズタウン8F,3&up):ダントルDuntleがロイヤルアスコット開催のリステッドから連勝。3/4馬身差2着にバリーバッカレディー。すでに引退が発表されていたユニオンラグズは、来年レーンズエンドに繋養される。パシフィッククラシック連覇のかかっていたアクラメーションだが左前繋靭帯炎のため回避。復帰時期は未定。

本日休肝日。

|

« 牝馬57キロでこのレース | Main | 朝シャンのち山椒の刺激 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/55445692

Listed below are links to weblogs that reference 6頭立てブリーダーズGC:

« 牝馬57キロでこのレース | Main | 朝シャンのち山椒の刺激 »