« キングオブケイジャンズ | Main | ついにギンガリュウセイ »

August 11, 2012

父母年度代表馬の3歳牝

本日も午前3時半起床。男子サッカー3位決定戦は、準決勝のメキシコ戦から体力と気力がついていかなくなっちゃった感じ。打ちひしがれてもう一度寝る。連日2時間か3時間くらいずつ細切れに寝ていると、これを書いていても昨日の出来事なのか今日の出来事なのか、日付の変わり目がよくわからなくなったり。野菜の在庫が溜まってきたので野菜中心の夕飯当番。モロヘイヤを茹でて刻んでぬめぬめにしたやつを生姜ポン酢で。キャベツとカラムーチョ(笑)のサラダ。生湯葉と枝豆豆腐。久々に骨付きラムを焼いた。

競馬シャーガーカップは、武豊騎手がキャプテンの世界選抜チームが優勝。個人ではスプリントを制したマシュー・チャドウィックが45ポイントで優勝。2位は26ポイントのヘイリー・ターナー。●G3ローズオブランカスターS(ヘイドック10.5F,3&up):ゴドルフィンのドバウィ産駒ハンターズライトが重賞初勝利。1番人気ジェットアウェイは2馬身差2着。●G3スイートソレラS(ニューマーケット7F,2yo):これもゴドルフィンで1番人気のサーティファイがデビューから2連勝。父はエルーシヴクオリティ。1馬身差2着にスカイランターン。3着にシェイク・ハムダンのレヤーダー。●G2ポモーヌ賞(ドーヴィル2500m,3&up f/m):ラポムダムールLa Pomme D'Amourが重賞初勝利。2馬身差2着にシマーリングサーフ。アガ・ハーンの1番人気ダルカラは3着。●G3ゴントービロン賞(ドーヴィル1000m,4&up):ドンボスコが5歳にして重賞初勝利。Sagramorが3/4馬身差で2着。●G2フォースターデイヴH(サラトガ芝8F,3&up):3番手の内ぴったりをまわってきた1番人気ワイズダンが直線半ばで抜け出し圧勝。外から伸びたコーポレートジャングルが5馬身差2着。逃げたゲットストーミーは2馬身差3着。●G2ラホヤH(デルマー芝8.5F,3yo):4頭立てゴール前3頭の接戦となったが、3番手追走のオールドタイムホッケーが外から差し切った。ハナ差2着に逃げた1番人気マイベストブラザー。アタマ差3着にチップスオールイン。●G3モンマスオークス(モンマスパーク8.5F,3yo f):後続を引き付けて逃げたワインプリンセスが直線突き放して完勝。5戦3勝でグレード初勝利。父ゴーストザッパー、母アゼリという年度代表馬同士の産駒。2 1/4馬身差2着にプラウドパール。ハナ差3着ジェマイマズパール。1番人気モロウコーヴは見せ場なく5着。●G3ガーデニアS(エリスパーク8F,3&up f/m):2番人気ソルティーストライクが逃げ切ってステークス3連勝。1番人気ジョイフルヴィクトリーは2番手で食い下がったが1 1/4馬身差2着。5馬身差3着にリッジスター。昨年のG1オグデンフィップスを勝ったオウサムマリアが屈腱炎のため引退。

本日のワイン●カヴァはクエヴァスサントヨ、メトードトラディシオナル・セミセッコ。セミセッコ(やや辛口)でもやっぱりデザート向き。オーボンクリマ、サンタバーバラカウンティ・ピノノワール2009

|

« キングオブケイジャンズ | Main | ついにギンガリュウセイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/55411453

Listed below are links to weblogs that reference 父母年度代表馬の3歳牝:

« キングオブケイジャンズ | Main | ついにギンガリュウセイ »