« November 2009 | Main | January 2010 »

December 31, 2009

地方で重賞7つの大晦日

大井競馬場へ。本日は重賞が7つ。それらのうちいくつかの更新をしながらも大井で東京2歳優駿牝馬を見る。しかし期待していたB級グルメ屋台村。どれとは書かないけど、これでこの値段とるんですか、という残念なものであった。オノユウもプリマビスティーにちぎられてしまい残念であった。その後も大井のだだっ広い臨時記者席@会議室を独り占め(寂)して更新作業など。西友で半額になった刺し盛を買って20時過ぎに帰宅。妻の妹家族、いとこなどが来ていて大人4名、中学生小学生各1名の総勢6名。サシミ、カニ、牛焼肉など豪華ににぎやかに年越し。

競馬●桐花賞。やや離れた5番手追走のゴールドマインが3~4コーナー外から進出し、直線抜け出して勝利。それを追った1番人気マヨノエンゼルも直線外から伸びて2着。3着ダンストンリアル。●尾張名古屋杯ハクシンフリーダムが逃げ切り重賞初出走で勝利。4番手から直線差を詰めたモエレダンスクインが2馬身差2着。3着テラノハイトップ。●園田ジュニアカップ。4番手から3コーナーで先頭に立ったフィオーレハーバーが、並んできたフウリンカザンを振り切って直線抜け出し勝利。直線伸びてきたハイパーフォルテが1 3/4馬身差2着で平松厩舎ワンツー。7馬身差3着にタガノバロット。●肥後の国グランプリ。中団追走のタニノウィンザーが、逃げていたテイエムジカッドを3コーナーでとらえ直線突き放して圧勝で連覇。4馬身差2着にテイエムジカッド。1馬身半差3着にコスモタクミ。●雪の笠松、東海ゴールドカップ。2番手から3コーナーで先頭に立ったのはキングスゾーンだが、後方2番手追走のノゾミカイザーが向正面から徐々に位置取りを上げ、4コーナー手前でキングスゾーンに並びかけると直線は一騎打ち。最後はノゾミカイザーがアタマ差出て勝利。3馬身差3着に逃げたエーシンアクセランが粘った。●東京2歳優駿牝馬。中団追走から3~4コーナー大外をまくってきたプリマビスティーが直線あっという間に抜け出して完勝。断然人気オノユウは4番手好位から4コーナーで先頭に立ちかけたが、突き放されて3馬身半差2着。2馬身差3着にキョウエイトリガー。●高知県知事賞。中団から3コーナーで単独先頭はジョインアゲンだったが、4コーナーで内を突いたゴッドセンドが直線抜け出して勝利。外から伸びたハンドシェイクが1馬身差2着。ジョインアゲンはさらに1馬身遅れて3着。サンタアニタの最終レースを勝ったギャレット・ゴメスが、わずか10,606ドル差でジュリアン・レパルーを逆転。18,571,171ドルを獲得して4年連続の賞金リーディングとなった。キャッシュ・アスムッセンが299万ドルの債務不履行。ダーレーのオフリーワイルドが全米の新種牡馬リーディング。ダーレーがサウスキャロライナのエイケンに360エーカーの土地を購入。トレーニング施設をつくるため。

本日のワイン●カヴァでカンパッソス・ブリュット
メディチ・エルメーテ、レッジアーノ・ロッソ・セッコ・レ・グロッテ
ペインターブリッジ・ジンファンデル2006
それからいただきもののドイツのアイスワイン。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 30, 2009

大振り惨敗ばんえい予想

午前4時就寝、午前7時半起床で原稿とかネット更新とかの続き。さすがに目標にしていた元日分の予想までには至らず。と、1年後へ向けての覚え書き。大井ふるさとコーナーのばんえい場立ち予想には1時間ほど遅刻して到着。で、ばんえいの予想は、これが完全にウラ目ウラ目をいってしまい、予想の能書きと結果がまったく逆じゃんという状態。わたしの予想を参考にした方、すいませんすいません。東京大賞典で儲かってるものだから馬券もかなり大振りになってしまい、ことごとく球種を読み間違えかすりもせずに3球三振という感じ。終了後は場立ち予想後の恒例となりつつあるお疲れさま宴会を品川で。帰宅後に予想原稿などをやらないといけないのでワインを舐めるようにちびちびと。しかも温かい紅茶をがぶがぶ飲みながら(笑)。というわけで早めの散会。いちばん盛り上がったのが睡眠時無呼吸症候群の話と、ネルネルだったような。

競馬●ライデンリーダー記念。ぴたりと2番手追走のエーシンシャウラが直線で抜け出し勝利。直後を追走した1番人気マルヨサイレンスがゴール前差を詰めたが半馬身差2着。アタマ差3着にホワイトロマン。●東京シンデレラマイル。最後方追走から徐々に位置取りを上げたパノラマビューティが直線ラチ沿いから抜け出し勝利。外から伸びたラインジュエルが半馬身差2着。連れて伸びたフサイチミライがクビ差3着。1番人気コスモプリズムは4コーナー最後方から追い込んだが4着。押して2番手追走のアンペアは13着。●ばんえいヤングチャンピオンシップ。障害わずかに先頭のホクショウバトルがゴール前伸びて勝利。続いたアウルメンバーが2着。第2障害を越えてやや置かれた断然人気テンマデトドケはゴール前盛り返したが届かず3着。アゼリの初産駒、テイクコントロールのデビュー戦。サンタアニタ第3レースのAW8F戦で、最後方追走から僅差1番人気アイヴォリーファッジを1馬身半差でしりぞけ勝利。父エーピーインディ。

本日のワイン●グラスでシャルドネを1杯。オーストラリアビクトリア州のウィンガーラ、モンティーズヒル・シラーズ・カベルネ2008。チリのビオワイン、デ・マルティノという作り手のヌエヴォ・ムンド・カベルネ・マルベック2007リゼルヴァ。これはなんとも渋々で固いワインであった。失礼いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2009

馬券でカニの東京大賞典

大井競馬場へ。さすがにこの日ばかりは場内の食べ物やさんはどこもけっこうな行列。ゆえにB級グルメ屋台村の焼そば関係は明日か明後日に持ち越し。ATMはさらに長い行列だった。それでも入場32,631人は昨年の90.6%。売得金は東京大賞典が92.5%で、全レース合計が91.2%。う~ん。で、東京大賞典。一緒に8枠に入って不安だったのだがやっぱり2頭は強かった。一番楽なレースをしたのがロールオブザダイスと。セレンはもうちょっと前には行けなかっただろうか。というわけでほぼ1点の馬券的中。どんな馬券だったかは「地方競馬最前線」の来年初回放送(1月12日)でやると思うので。終了後はまっすぐ帰宅。の前に、魚屋さんに寄ったら正月モードになっていたので、馬券も当たったことだし大晦日用のカニを買ったんだった。帰宅して東京大賞典の原稿に続いて大晦日の予想原稿。去年は朝までかかったらしいけど、今年は夜が明ける前になんとか。

競馬●東京大賞典。2番手追走で一旦下げ、追い出しを遅らせたサクセスブロッケンがヴァーミリアンとの叩き合いをハナ差で制した。ロールオブザダイス3着。メンバー中最速の上がりのセレンは惜しい4着。●イナズマクロスの産駒。イナズマバイブル

そんなわけで本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2009

リスタートの5重勝馬券

一応今年の会社営業終了日。お仕事は早めに切り上げお疲れ様の飲み。ちょっと前から相談していた会社至近の池袋・丸冨水産へ開店の16時に……の予定が結局17時になった。昨夜に続いて刺身、焼魚をたらふく食った。2軒目まで行き、結局早い時間に始めても呑んべえのお約束でそれなりの時間になった。
ばんえいの5重勝馬券があらためて1月9日の開催からスタート。当初は5重勝を導入する7主催者(だっけ?)で同時スタートということだったと思うのだけど、結局ばんえいだけ先行するのだろうか。ランダムか、通常の馬券のように予想したものに投票するか、主催者が選んだらしいのだが、ランダムを選んだ主催者はやはり「新たなファン層の開拓」が理由なのだろうか。だとすればネット投票のみというのはちょっとハードルが高いような。って、以前にも書いたっけ。

競馬●ウエノマルマドンナの産駒、ユメコウロ

本日のワイン●池袋・丸冨水産にて。リンカーンエステート、アデレードヒルズ・ソーヴィニヨンブラン・シャルドネ2007サシミ。刺身に合わせるためにつくったワインらしい。
びすとろHiroにて。デ・ボルトリ・ディービー・ブリュットNV。南アのバレラ・レッドコノスル・カベルネソーヴィニヨン2008

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2009

追われるプレッシャーは

中山競馬場へ。今日のうちにやっておくと楽になれる原稿もあったので中山行きはやめようとも思ったのだけど、ちょっと無理して行くことにした。ただ有馬記念だけというならたぶん行かなかったと思う。今年はメンバーいまいちだったし。しかし。内田博幸、中央に移籍するときの目標だった中央リーディングになれた感想を直接聞きたかった。ずっとリードしていて、常に追いかけられる立場というのは相当にプレッシャーだったみたいだ。地方では石崎、的場がまだトップを張っているときにリーディングをとって、中央でも武豊がいてリーディング。両方でリーディングというのはほかにいないですからね、と。それから最多勝の記録もあるし、と。終了後は新橋に移動していつものメンバーで宴会。この週末はちょっと食いすぎ。明日早めに出社したいので1軒のみで帰宅。

競馬●中島記念。向正面で早めに仕掛けたミヤノオードリーが、逃げていたアルカライズに3コーナー過ぎで並びかけ叩き合うところ、直線でワンパクメロが並びかけ、さらに後方から大外を追い込んできたヘイアンレジェンドがまとめて差し切った。●ばんえいダービー。第2障害で最初に仕掛けたアオノレクサスがひと腰先頭で越えたが、続いた1番人気キタノタイショウがすぐに交わして余裕のゴール。キタノタイショウとほぼ同時に障害クリアのホクショウバンクがゴール前わずかにアオノレクサスをとらえて2着。●G2サンガブリエルH(サンタアニタ芝9F,3&up):2番手追走のプラウディンスキーが4コーナー手前で先頭に立ちそのまま粘って連覇。最後方追走からゴール前差を詰めた1番人気ルーブレトンはクビ差で2着。1 1/4馬身差3着にアクラメーション。17カ月ぶりの復帰戦となったラヴァマンは逃げたものの直線後退して最下位の7着。

本日のワイン●魚金本店にて。
ジャン・フランソワ・オロスケット、シャトー・ラ・グラーヴ・ミネルヴォワ・エクスプレッション2008
セグラ・ヴューダス、ヴィーニャエレダード・ブランコ2007
ラングドックのドメーヌ・ド・クリスティン、メルロー2007
セグラ・ヴューダス、ヴィーニャエレダード・ティント2006
どれもメモをとるほどのものではなかったかも。それにちょっと値付けが高いかも。魚金では焼酎か日本酒を飲むのが吉。と、覚え書き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2009

恐ろしい年末年始が待つ

年末につき早めに竹見さんち訪問。仕事とはいえ明日あたりまではまだのんびり。しかし年末年始を考えると恐ろしい。東京大賞典の日はまだほかに重賞がないからいいけど、12月30日から1月3日までの5日間で重賞が合計、に、にじゅういっこ。さらに。高知では元旦に金の鞍賞を突然重賞として追加したらしい。というわけで、にじゅうにこ。さて、どうやって乗り切ろう。
というわけで東京大賞典は「地方競馬最前線」でも出したとおり、◎サクセスブロッケン、○ヴァーミリアン、▲セレン、△フリオーソ、△ブルーラッド、△ゴールデンチケット。馬券的には◎○のほぼ1点。このメンバーに入れば能力は抜けてると思う。ゴールデンチケットは予想を出したときはまだ補欠だったのでいちばん下になってるけど、上の2頭にからめて買うならセレンとゴールデンチケットくらいか。

競馬●G1ラブレアS(サンタアニタAW7F,3yo f):離れた最後方追走のエヴィータアルゼンティナが4コーナー大外からまくって直線差し切り完勝でG1初制覇。2馬身差2着にスターラークス。3着アメーズドバイグレース。3番手追走の1番人気ガビーズゴールデンギャルは7着。●G1マリブS(サンタアニタAW7F,3yo):好スタートのエムワンライフルが直線突き放して逃げ切り完勝でグレード初勝利。調教師、馬主、生産は75歳のブルース・ヘッドリー。5番手あたりを追走した1番人気ミスリメンバードは直線ラチ沿いから抜け出すが2馬身半差2着。クビ差3着にパパクレム。●G3サービューフォートS(サンタアニタ芝8F,3yo):断然人気ザユージュアルキューティーが直線抜け出し6連勝。1馬身差で接戦の2着争いはギャラントサンがわずかに抜け出し、クビ差3着にマッソーニ、ハナ差4着リヴィエラカクテル。●G2W.L.マクナイトH(カルダー芝12F,3&up):断然人気プレシャスパッションがハナに立ち、リヴィングストンストリートが競りかけこの2頭が後続を10馬身以上離して逃げる展開。3コーナーで先頭に立ったのはスパイスルートだったが、直線追ってきた9歳のクラウディーズナイトがゴール前でとらえて勝利。1 1/4馬身差2着にスパイスルート。半馬身差3着にウィンチェスター。プレシャスパッションは5着。●G3ケニーノーJr.H(カルダー7F,3&up):最後方追走の2番人気モトヴァトが直線前が詰まりながらも外に切り替えて差し切り勝ち。クビ差2着に伏兵ドリームマエストロ。2番手から直線を向いて先頭に立ったプリンスジョシュアは粘れず3着。断然人気バイカーボーイは5着。●G3ステージドアベティーH(カルダー8.5F,3&up f/m):3番手追走の1番人気スイートリペントがゴール寸前ギリギリ届いて勝利。後続をやや離して逃げた伏兵アメージングは直線でも単独先頭で粘ったがハナ差2着。3馬身半差3着にオーロラライツ。●G1ザビールクラシック(エラズリー2000m,3&up)を勝ったのはヴォーヌロマネ

本日のワイン●カヴァ、グランカステルフロリット・ブリュット・ロサードNVペインターブリッジ・ジンファンデル2006

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2009

平和に帰宅の年末金曜日

本日までの原稿3本、それぞれなんとか催促の連絡が来ないうちに無事終了。終電近くに絶対乗ってはいけない年末の金曜日。しかも世間的には給料日。終電はどんなことになるんだろう。むしろ見てみたい気もするが……。夜9時前には会社を出られて一安心。飲んで遅くに帰る人が多いからなのか、むしろこのくらいの時間帯だと電車は普段より空いてるような。

競馬●今年も28日と30日に大井のふるさとコーナーでばんえいの場立ち予想やりますんで、よろしくお願いします。わたしは30日のみの参加。それから来年も1月2日の帯広記念を川崎競馬場で発売しますので、こちらもよろしくひとつ。

本日のワイン●オーボンクリマ・サンタバーバラカウンティ・ピノノワール2008。円高ゆえか、ネットでえらく安い値段なのを発見したのでまとめ買い。やっぱオーボンクリマのピノ最高!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2009

けっこう重症な出遅れ

チェックアウトの12時近くまで原稿をやって園田競馬場へ。ホテルから競馬場まで20分足らずで着いてしまった。便利だ、新阪急ホテルアネックス。兵庫ゴールドトロフィーは、断然人気のラヴェリータがダッシュがつかなかった上に行き脚もつかず。レース後、騎手と調教師のお話を聞いたところ、この出遅れグセは相当に重症みたい。本日は原稿を書く時間がほしかったので新幹線での帰京。ありがたいことに(泣)明日までの原稿が山盛りあるので出社してそのままお泊り。

競馬●兵庫ゴールドトロフィー。4番手追走のトーセンブライトが直線一瞬にして抜け出し完勝。2番手につけたリミットレスビッドが2着で、8歳、10歳の決着。行き脚がつかず1コーナーを後方4番手で回ったラヴェリータは向正面からずっと追い通し。直線鋭い追い込みを見せたが半馬身差の3着。昨日に続いてアンカツで中央が上位独占。●ドバイワールドCミーティングのプログラムを発表。芝6FのG3アルクォーズスプリントを新設。というより2月下旬にやってたのを賞金増額で移設しただけですね。そのほか、ダート→AW以外の変更点は、ドバイディーティフリーが9Fに、UAEダービーが9.5Fに。

というわけで本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2009

雨降り名古屋グランプリ

Itosakiko名古屋競馬場へ。東京駅の新幹線ホームに上がってちょっと面食らった。親子連れが多い。こんな週のど真ん中の休日なのにと思ったのだが、よくよく見ると奥様とお子様だけ旦那より一足先に帰省という感じだろうか。ま、近くに耐え切れないほどうるさいガ、いやお子様がいなくて助かったが。名古屋競馬場入口の案内に目が留まった。「伊藤咲子のトーク&ライブショー」と。伊藤咲子といえば、ぼくがまだ小学校低学年のときに、たしか西川峰子と一緒に日本歌謡大賞だかなんだかの新人賞をとったような記憶が…。まだ現役でしたか。本日の目的のひとつである「ぎふ屋」のうな丼(上)を食べていると、突然「ひまわり娘」が聞こえてきた(写真)。ああ、伊藤咲子って、アイドルだけど歌うまかったよなあ。今でもファンクラブがあるらしい。名古屋グランプリは雨。ま、傘ナシでどうにか耐えたが。で、人気2頭の決着。地方勢は大差でやっぱりそれだけ力の差があった。最終レース前、検量室横にいらしたT調教師から「来年は数よりタイトルを獲りにいきますよ」という興味深いお話をうかがう。終了後、本日は大阪泊。梅田駅横の新阪急ホテルアネックス。楽天トラベルで安かったので初めて利用したけど、メシを食うところは近くにたくさんあるし、部屋もけっこう広いしネットも快適。これで5000円は安い。何よりチェックアウトが正午なのがすばらしくすばらしい。

競馬●名古屋グランプリ。好ダッシュで先頭のマコトスパルビエロが一度もハナを譲らず逃げ切り。直線ワンダースピードが差を詰めたが半馬身まで。地方最先着はコパノカチドキだが4着のメイショウトウコンからは大差。●オーバルスプリント。1番人気ノースダンデーが中団5番手追走から直線を向いて先頭に立ち完勝。追ってきたクレイアートビュンが2馬身差2着。3着スリーセブンスピン。復帰戦を悪天候によりスクラッチしたラヴァマンが今度は芝のG2サンガブルエルHで27日にあらためて復帰。

本日のワイン●コンテ・ディ・カヴール、シャルドネ・スプマンテ・ブリュットNV。その後フランスのヴァンドペイどこだったかのマルベックを飲んだのだがめずらしくメモ忘れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2009

年末恒例殺人的満員電車

夕飯を食って会社に戻るときにハッと気づいた。世間は明日お休みなのね。ってことは、年末の本日は金曜日と同じような状態ですか、終電近くは。23時前に帰らなければ。と思い、原稿にとりかかるもキリのいいところまでやって結局終電の3本前。このくらいの時間になれば迷わず朝まで仕事して始発でゆったり座って帰るところだが、明日は名古屋行きなのでそういうわけにもいかず。会社を出る。100mくらい歩いたところで、ハッと気づいた。ついさきまでやっていたものとは別の原稿、ネタのメモ書きだけしたテキストデータを会社のMacに保存したまま、モバイル用のレッツノートに移してくるの忘れてるじゃん! 金曜日までの原稿。明日水曜は名古屋、そのまま木曜は園田なので、その間にどこか時間を見つけてやらなければならん。一旦戻ってパソコン立ち上げてデータコピー。で、結局はいつもの終電1本前。果たしてその通勤快速は新宿で混雑により6分遅れと。つまりは池袋到着が終電の定刻とほぼ同じ時刻になり、終電を目指した客まで一緒になって年末恒例の殺人的混雑列車に。ぼくはするっとうまく乗ったけど、当然乗り切れない客が多数。混んでるだけならまだしも当然のことながら車内は酒臭っ。一触即発の殺人的満員電車(しかもその何割かが酔っ払い)って、身を削ってる感じだよね。

競馬ゼニヤッタ敗れる。「女性アスリートオブザイヤー2009」の投票で、テニスのセリーナ・ウイリアムズに大差をつけられての2位。って、テニスと競馬じゃ、それ自体の知名度に差がありすぎるような。しかしながらレイチェルアレクサンドラが7位でベスト10に競馬が2つも入ったのはすばらしい。

本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 21, 2009

ベルモントS休止の危機

今年最後の「地方競馬最前線」。ゲストは亀和田武さんでした。名古屋、園田、大井と年末のダートグレードの予想3つ。北海道2歳優駿から全日本2歳優駿まで地方馬が地方のダートグレード5連勝できたけど、さすがに名古屋と園田は厳しそう。本編終了後、来年の番宣などの収録。来年は初回放送が隔週の火曜日で、な、な、な、なんと1時間番組になりますので、よろしくお願いします。夜はお疲れ様でしたの会。競馬の世界もあまり明るい話題はないけど、地方競馬的にはラブミーチャンに対する期待が共通して大きい。「ラブミーチャン、ラブハマチャン」とか横断幕を出すヤツ、絶対いると見た。いや、誰か出してください。

競馬ニューヨーク州がすぐにでもアケダクトでのスロットマシン導入を認めてくれないとNYRAが6月までに資金不足に陥るかもしれず、ベルモントSが休止になるかもしれない危機オーストラリアのシーニックブラストがカリフォルニアのジョン・シレフス厩舎に移籍。香港スプリント最下位で、オーストラリアでは3カ月出走できないため。

本日の酒●芋焼酎をお湯割で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2009

登録商標の焼そばとは?

中山競馬場へ。1コーナー寄りのスタンド前あたりは席取りもされないような状態でポツポツと空いていた。今はG1でも朝日杯だとこの程度なのね。ローズバドの仔で小牧G1。見に来てよかった。インタビューを聞いてまっすぐ帰宅。日曜日の夜で見切り価格となった黒マグロの刺身。キャベツ処理のためにマルちゃんの焼そば。以前にテレビの何かの番組でやってたけど、東洋水産・マルちゃんでもっとも売上げを上げているのがこの焼そば3人前なのだそうだ。しかも。CMなどは今までに一度も流したことがないと。よくよく見てはじめて気づいたのだが袋に登録商標と。まさか単なる焼そばという一般名詞が登録商標になるはずもなく、では何が登録商標なのだろう。製法か何かなのだろうか。

競馬●福山王冠。7番手追走の1番人気グラスレジェンドが4コーナーで馬群をさばいて進出。直線差し切って勝利。中央時代を通じて通算17戦目での初勝利が重賞。直線一瞬先頭に立ちかけたドリームパンドラが3/4馬身差2着。3~4コーナーで先頭に立ったイマカツウィーズは3馬身差3着。●G1ハリウッドスターレットS(ハリウッドパークAW8.5F,2yo f):BCジュベナイルフィリーズ3着だったブラインドラックが7頭立て最後方追走から直線を向いて先頭に立つと後続を突き放して圧勝。オークリーフSに続くG1勝利、父ポラーズヴィジョン。7馬身差2着に最低人気のミスヘザーリー。3着アーメンハレルヤ。僅差1番人気のビューティシャンは5番手追走で最下位。おおお。エリック・ルグリ、引退レースを勝利。ぼくが共有させていただいているスパークルもシンガポール10戦目で初勝利。う、うれしい。

本日のワイン●メディチエルメーテ、レッジャーノ・ランブルスコ・アッソーロ・ロッソ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 19, 2009

ジャドモントはW.モット

年賀状の心配をしなければいけない季節。昔と違って携帯電話とか電子メールとかMixiとかでほぼ誰とでもすぐに連絡がとれるようになった今、もう年賀状の役目は終わってるだろ、と思いつつ。今年の正月にいただいた年賀状を見直すと、やっぱり送らんといかんよねと思うのであった。基本、送ってくれた人にしか送らないので、数は少ないのだけど。

競馬●G1キャッシュコールフューチュリティ(ハリウッドパークAW8.5F,2yo):断然人気ルッキンアトラッキーがラチ沿いの好位追走から直線を向いて抜け出し完勝。6戦5勝でG1・3勝目。ボブ・バファートはこのレース5勝目。3/4馬身差2着に2番人気ノーブルズプロミス。3着メイクミュージックフォーミー。●ルイジアナチャンピオンシップデイクラシック(フェアグラウンズ9F,3&up):断然人気スターギターが3番手追走から4コーナー手前で先頭に立つと、直線楽に突き放し、2着アイドライクアダブルに7 3/4馬身差をつけて圧勝。来週のG1ラブレアSで1番人気が予想されたカールスバッドが調教中の骨折で安楽死。ジャドモントファームの北米でのメイン厩舎が2010年はビル・モット調教師に。ブラジルのチャンピオンマイラー、カポディテュッティがリチャード・マンデラ厩舎に転入。エリック・ルグリの引退はこちらでも。

本日のワイン●オリオル・ロッセール、キュヴェ・エスペシアルNV。これはやはり最強のリーズナブルカヴァ。昨日のつづき、ヴァンサン・ドニ・ベルトー、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・プリエール2006

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2009

奥が深そうなブリ大根

中京ではけっこう集団的なインフルエンザ感染だったらしい。朝日杯、行こうと思ってるんだけど、どうしよっかなと。
年末の金曜日につき早めの帰宅。池袋駅までの道すがら飲み屋さんを覗くとどこもいっぱい。そして店の前にも酔っ払った方々の集団が。それでも21時ごろの埼京線にはまだ酔っ払った方々はほとんどいなくて快適であった。月曜日にらでぃっしゅぼーやで幻の三浦大根が来ていた。これはブリ大根にしようと決めていたのでようやくとりかかる。完成の見た目のわりには手間がかかる料理で、煮込みの時間まで入れて2時間超。うまいっちゃうまいけど満足のデキにはちょっと遠い。これはリベンジの機会が必要であろう。最近は料理がかなり和食系に傾倒しております。

競馬75周年を迎えるサンタアニタの開催初日12/26にゼニヤッタがお披露目。

本日のワイン●キザンファミリーリザーブ2007ヴァンサン・ドニ・ベルトー、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・プリエール2006。フレッシュでジャムジャムでちょっと軽め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2009

ドバイで芝のスプリント

ラブミーチャンのことで書こうと思ってて忘れてた。NARグランプリの表彰なのだが。最優秀2歳は確定として、東京大賞典で地方馬が勝たなければ09年では唯一のJpnI勝ち馬となり年度代表馬の可能性も高い。さらに。京都1200mのレコード勝ちと1400mのJpnII勝ちで最優秀短距離のタイトルに加え、最優秀牝馬と、4冠の可能性がとっても高い。まあ全日本2歳優駿の勝ち方にはそれくらいのインパクトはあったかと。
ちょっと前だけど、帯広競馬場の複合施設の概要が発表されましたね。とかちむら。ま、いろいろクリアしないといけない問題も多いようですが、完成したあかつきにはにぎわってほしいもんです。

競馬キングブライアンという種牡馬。初めて聞いた。馬名だけは強そうだ。川崎の新馬戦と下級条件を4勝なのねドバイワールドカップのシリーズにターフスプリントが加わるかもしれない。メイントラックが芝になって、芝の直線1200mが使えるため。シーザスターズが満場一致でアイルランドの年度代表馬に。

連続休肝日。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 16, 2009

エリック引退フランスへ

寒。というより、空気が冷たい。川崎競馬場へ。全日本2歳優駿はマスコミが多くてびっくり。ユキチャンがはじめて川崎に出たときと同じくらじゃないだろうか。お客さんもけっこうぎっしり。「セミナイター」という名前はちょっとどうかと思うけど、寒くてもこの時間にしたのは正解だったかも。ま、メンバーがよかったというのが一番の理由だろうけど。ラブミーチャン。圧倒的なスピードでの逃げ切りは初めての川崎コースも関係なし。仕掛けどころとかコースどりとか鞍上の経験とかさまざまな要素がビッグバンとは対照的だった。さらに。4コーナーラチ沿いをぴったり回ったブンブイチドウと、大外を回らされたビッグバンでは何馬身くらいの距離損があっただろう。勝ちタイム1分40秒0はレースレコード。そういえばアラブ争覇のマルシンヴィラーゴっていくつだった?と思って見たら、なんと1分40秒1ですよ。しかも良馬場。やっぱあんときのマルシンヴィラーゴってとんでもなくすごかったんだなと思い出した次第。

競馬●全日本2歳優駿ラブミーチャンが兵庫ジュニアグランプリと同じような展開でアースサウンドを突き放し逃げ切り5連勝。ブンブイチドウが今回も直線追い込んで2着。アースサウンドは3着。ビッグバンは7着と。アーメド・ザヤットが3400万ドル以上の債務不履行。パイオニアオブザナイルってのは会社名だったのね。カルダー競馬場で12/5に予定されていたG3トロピカルターフH、G3マイチャーマーHは、馬ヘルペス発生のため延期となっていたが、結局そのまま中止が発表された。08年のドバイゴールデンシャヒーンを勝ったベニーザブルがフロリダのヴァイナリーで種牡馬入り。種付料は4000ドル。エリック・ルグリが今週日曜日の開催を最後に引退。最後の騎乗馬はぼくも共有させていただいてる馬。フランスに戻ってパスカル・バリー厩舎でアシスタントトレーナーをして調教師を目指すそうだ。

本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 15, 2009

メイダンからのリリース

メイダンからニュースリリース。本日、70名のプレス代表者を招待してメイダンのグランドスタンドとかコースのプレヴューが行われたと。ぼくも招待されてみたかったなあ、とか言ってみる。日本からはどなたか行ってたんでしょうか。それと。先週にもニュースリリースが来ていて、メイダンのグランドスタンドの屋根にはソーラーパネルをつけましたよと。しかし今さらドバイで環境に配慮してますよとアピールされても、ぷぷぷって感じよね。ところでそうしたリリースがなぜメイダンNews & Mediaのところに掲載されないのだろう。記事の更新は10/20で止まったまま。

競馬BCダートマイル2着のレディズエコーをシェイク・ラシッドのザビールレーシングがご購入。サラブレッドタイムスの2009年十大ニュース第1位は、レイチェルアレクサンドラとゼニヤッタの活躍。

本日のワイン●ガヴィオリ、ランブルスコ・ディ・ソルバーラ・セッコ。ちょっと色の薄い軽い感じのランブルスコのフリザンテだけどこれはこれでOK。黒糖焼酎「奄美」をお湯割で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2009

中国くさい本日のう○こ

香港→羽田はフライト時間実質3時間15分。うとうとしただけで寝たという感覚はほとんどなし。午前6時半過ぎだったかほぼ定刻で羽田着。外に出る。モ、モノレールはどこから乗るの??? 案内表示がなくしばし歩き回り、なるほど無料連絡バスで第1(または第2)ターミナルに行かないといけないわけね。初めての羽田国際ターミナルでおのぼりさん状態になってしまいまいした(笑)。出社して2時間ほど仮眠。う○こが「中国くさい豆腐の揚げ物」のような芳しい香りだったのは気のせいでしょうか(笑)。昼過ぎからグリーンチャンネル「地方競馬最前線」。終了後、会社戻りでネットの更新などしてようやく帰宅。香港で飛行機に乗ったのが日付的に今日だったと考えれば長い1日でございました。

競馬●アブダビがドバイワールドに対して100億ドルを緊急支援。というニュースがブラッドホースにまで来年のサラトガ開催は、アケダクトのスロットマシンなどによる収入がなければ財政不足になると。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2009

寒過ぎるの暑過ぎるの

昼前に競馬場へ。今年も競馬場のプレスルームはキンキンに冷えて寒い。ズボンの下にヒートテックをはいてくるか迷って最高気温20度超のところに行くのにヒートテックはいかがなものかと思ってやめたけど、やっぱりはいてくるべきだった。次回への覚え書きってことで。って毎年書いてるような気がするけど。しかし外は暑い。いくら香港とはいえ12月とは思えないほど暑い。いや暑いというより熱い。上下黒の服装なので直射日光下ではその黒が焼けるように熱い。日陰に入れば暑さはそれほどでもないのだが。しかし馬券は熱くはなかった。特にスプリントとマイルは香港馬が上位を独占。堅い決着。ゆえに3連単的中もちょいプラスにちょいトリガミ。馬券が当たって面白くないというのもなんだけど、よっぽどいらない香港馬を除いて香港馬を組み合わせて買うだけで当たった。
終了後は最新版香港ミシュランで1つ☆となったという「杭州飯店」。いつも香港でお世話になるKさんがなんとミシュラン☆に顔パス。いや、顔パスだった店に☆がついたというべきか。いずれにしてもすばらしい。が、名物ともいえる「中国くさい豆腐の揚げ物」を罰ゲーム的に3つも食べることに(苦)。ひととおり食って飲んだところで、JALの夜中便で帰国のため先に失礼させていただく。さすがに空港の免税店とかお土産やさんは0時近くにはほとんどが閉店していた。

競馬●香港ヴァーズ。好位追走のスパニッシュムーンが直線馬群を割って抜け出し勝ったかと思ったところ、道中最後方のダリアカナが4コーナーで外に持ち出して追込み短頭差で差し切った。半馬身差3着にカスバーブリス。さらに半馬身差の4着にジャガーメイル。やはり上位3頭はフランス・イギリスの決着。●香港スプリント。カリフォルニアフラッグとローレルゲレイロが後続を離しての競り合い。ローレルゲレイロは直線半ばで後退。好スタートも6番手まで下げたセイクリッドキングダムが余裕で抜け出し勝利。道中最後方のワンワールドが勝ち馬以上の脚で伸びて半馬身差2着。3着ジョイアンドファン、4着グリーンバーディーでここまで香港馬。カリフォルニアフラッグは粘っていたが5着。●香港マイル。後方3番手を追走したグッドババが直線伸びて勝利。断然人気ハッピーゼロが半馬身差2着。3着フェローシップ、4着エジプシャンラーで、これも香港馬が4着まで独占。●香港カップ。縦長の6番手を進んだヴィジョンデタが直線外から伸びて勝利。ぴったりマークして追走したコレクションが馬群を割って抜け出したが3/4馬身差で2着。3着プレスヴィスで人気3頭の決着。●中日杯。人気のトウショウデザイアを突くようにぴったり2番手を進んだゴールデンミションが向正面で先頭に立つとそのまま差を広げ、直線は一杯になったがセーフティリードでゴール。向正面から追ってきたナムラグローリーだが時すでに遅く8馬身差2着。3着ビッグドンで、ハナを切ったトウショウデザイアは苦しくなって4着。●福山ヤングチャンピオン。縦長の5番手を追走したフォーインワンが4コーナー手前で先頭に立ち直線抜け出して勝利。3番手追走のビクトリーヒマワリが粘って3馬身差2着。勝ち馬を追ったナカドイセンプーはアタマ差3着。●ばんえいオークス。障害先頭はワタシハキレイズキだが、3番手のワタシハスゴイが残り10mで余力十分に交わした。2着にワタシハキレイズキで格付け順、人気どおりの決着。3着ヒマワリカツヒメ。ピムリコ、ローレルパークの以前の所有者だったド・フランシス・ファミリーが両競馬場を買い戻したいと。破産したマグナの資産が来月オークションにかけれらる。

本日のワイン●杭州飯店にお持込で。
シャンドン・オーストラリア・ブリュットNV
南ア・ステレンボッシュのテレマTHELEMA・シャルドネ2006。典型的ニューワールドの樽樽シャルドネ。
アルゼンチンの大手アラモスALAMOS、セレクション・マルベック2007。今回最安値の香港ドル2桁のワインながら中華に合うと好評。さすが充実著しい南米大手の実力であります。
シャトー・ジスクールのセカンド、ラ・シレーヌ・ド・ジスクール2004。さすがマルゴー3級のセカンドであります。お上品でエレガント。
チェレットCERETTO、バローロ・ゾンケッラZonchera2004
香港国際空港の真夜中のラウンジにて。ルイラトゥール・アルディッシュ・シャルドネ2007。JALのCにてシャンパーニュ、ピペ・エドシック・ブリュットNV

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 12, 2009

引退してる?ゼニヤッタ

JALの午前便で香港へ。ぎちぎちの満席でアップグレードもできず。今回は月曜日の朝に帰ってこなければならずJALになった次第。夜はいつものご一行様総勢4名で銅鑼灣あたりをさまよう。入ったのが「一品香菜館」という上海料理。客はほとんど地元民だが英語日本語のメニューもあった。飛び込みのわりには満足度高し。ひとり170HK$だったか。安っ!
ところでゼニヤッタ。日本のスポーツ新聞などでは引退と断言されてる記事がいくつもあったけど、アメリカのメディアではそういう記事を見かけてないよなあと思っていたのだが、やっぱりまだ正式に引退は発表されてないよね。ココでも「Zenyatta may be retired.」という書き方だし。

競馬●G3クイーンズカウンティH(アケダクト9.5F,3&up):ロッドマンが直線突き放して楽に逃げ切り。ステークス初出走での勝利。向正面で2番手に上がった1番人気リサーチャーは勝ち馬から5 3/4馬身離されなんとか2着。最低人気のモアザンアリーズンが迫ったがアタマ差で3着。●G3ネイティヴダイヴァーH(ハリウッドパークAW9F,3&up):こちらも直線単独で抜け出したマストトラックが逃げ切り。ボビー・フランケルが調教していた馬で10戦ぶりの勝利。混戦の2着争いから抜け出したハイコートドラマが1馬身半差2着。1番人気ネコベイはクビ差3着。ラヴァマンは雨が降り続いていたため結局スクラッチですか。●アルゼンチンのG1カルロスペレグリーニ大賞典は、インタラクションが連覇のかかったライフオブヴィクトリーに3馬身差をつけて勝利。アルゼンチン3冠の2冠目ジョッキークラブ大賞勝ちがありG1・3勝目。G1ブラジル大賞典の勝ち馬Jeune-Turcは僅差の3着。ルイジアナチャンピオンズデイは風雨により後半4レースを残して中止。

本日の酒●成田JALのラウンジにて。ベッレンダ、プロセッコ・コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・ブリュットNV。JALのYにて。いかにも安そうなスペインの白、Airen BARON MAXIME 2008の1/4プラスチックボトル。一品香菜館にて。青島のビンビールをひたすら。7-11で買ったチリの激安赤をホテルの部屋で。フリンダーズチョイスFLINDERS CHOICE・メルロー2008。ん?破片の選択?余りものから選んでつくったワインという意味ですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2009

冬のこの時期に大雨は

冷たい雨の金曜日。年末間近につき終電近くにはならないよう早めに帰ろうと誓った金曜日。突発作業なども発生せず、とりえず香港前にやっていかなきゃいけないことなど夜8時前にはめでたく終了。週に3日も平日夜に家メシなんてきわめてめずらしい。たぶん今のところに住んでからはじめての経験。海外渡航前夜に早めに寝られるなんてことも記憶にない。だからこの時期としてはめずらしいほどの大雨なのかも。

競馬ジョエル・ロザリオが1日6勝でハリウッドパークのタイレコード。ブリーダーズカップの新たな計画。開催場を固定化する調査をはじめるとか、road to the Breeders’ Cupのこととか、優先出走権とか。

本日のワイン●定番になったランブルスコ、メディチエルメーテ、レッジアーノ・ロッソ・セッコ・レ・グロッテNV
続きのアルノー・コンビエ、サンヴェラン2006

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2009

忘れたままの転送設定

午前中。バリウム飲んで胃のレントゲン。ゲップはしてないつもりだったのだが「胃がしぼんじゃいましたね」と言われて炭酸(?)の粉を飲みなおしになった。バリウムの飲みなおしではなかったのでたいしたことはなかったけど。そのまま本日は家でお仕事。だいたい目標も達成して夜はお料理当番。賞味期限がだいぶ過ぎた冷凍のシソ餃子。それとスパゲティー・ボンゴレ・ビアンコ。夜、某酔っ払い(失礼)から電話あり。受けたところで切れたようなのでかけ直すと「ソフトバンクに転送されたぞ!」と。なぬ。前回外国に行ったときに海外用の携帯に転送設定して解除するのを忘れたままだったことに気づいた。いつだ。ブリーダーズCのときだ。たしかに最近、受けたつもりが切れてる電話が多いなあと思ったらそういうわけだったのね(汗)。ここ1カ月ほど、わたしの携帯に電話してソフトバンクに転送されちゃった方々におかれましては、ホント申し訳ありません。今週土曜日の香港行きでまた転送設定になるんだけど。

競馬ラヴァマンが土曜日のG3ネイティヴダイヴァーHで1年5カ月ぶりに復帰。

本日のワイン●ドゥプレヴィユ・ブランドブラン・ブリュットNV
ブルゴーニュ・マコン地区サンヴェランというAOCのアルノー・コンビエ、サンヴェラン2006。う、うめぇ。蜜とか柑橘とかヴァニラとか樽の焦がしたのとか、そんなのが複雑に。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2009

十大ニュース発表の季節

Yukiyaki船橋競馬場へ。メインのパドックのあと馬券を買いスタンドに入ると「ユキチャン応援メニュー 白あんかけやきそば」を発見! 通常のあんかけやきそばより50円高い400円也。これ食べてみたかったなあ。しかしこのときすでに発走約5分前。で、断念。ま、味自体は通常の黄色いあんかけとあんまり変わらないだろうと思うけど。ってことで、来年のマリーンCあたりにまた期待しましょ。で、クイーン賞。テイエムヨカドーはちゃんと来てくれたのにユキチャン抜けという、なんとも情けない結果。ま、スポーツ紙などでも好調と伝えられてたユキチャンは普通切らないでしょうから、参考にしていただいた方におかれましては馬券はゲットしていただけたかと。砂をかぶらない好位の外めを追走できたのはユキチャンには絶好の展開であった。まっすぐ帰宅して家でおしごと。

競馬●クイーン賞。2番手から3コーナー先頭のテイエムヨカドー、直後にピタリとつけたユキチャン、直線は2頭の一騎打ち。最後はユキチャンがクビ差で先着。後方追走のパノラマビューティが3馬身差の3着。有馬澄男地方通算4000勝は史上5人目と。サンタアニタ・ジョージウルフジョッキーアワードのファイナリスト。サラブレッドタイムスの今年の10大ニュース、カウントダウン。レイチェルアレクサンドラのプリークネスSが、タイム誌の今年のスポーツ部門第5位に。「NTRA Moment of the Year」のファン投票受付ちう。ホルヘ・リカルドがガン治療から復帰。

明日バリウム検査につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2009

ふるさと納税でばんえい

先週のことだが。ばんえい競馬の来年度の継続がとりあえず正式に発表された。ばんえい十勝になって初年度の07年度こそ話題性もあってそこそこの売上があったものの、その後は2年連続で前年比約10%減。まさに来年度の次の年度が正念場となるであろう。帯広市には「ばんえい競馬の振興」に使ってくれと指定していわゆるふるさと納税ができますので。みなさまよろしくお願いします。ココでは「寄付金」となってるけど、これではただの寄付金みたいでふるさと納税なのかどうかちょっとわかりにくいような。ふるさと納税についてくわしくはこちら

競馬マイケル・キネーン引退

本日のワイン●ハンパにあいてた2種。ノストラーダ・ロゼ2007シャトー・カップ・ド・フォジェール2004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2009

日本にやってくるパイロ

午前5時半起床。で、昨日やり残したJCダートの原稿1本。午後からグリーンチャンネル「地方競馬最前線」。現在の枠での放送も残り3回。早いもんですな。で、船橋・クイーン賞は、◎テイエムヨカドー、○ヤマトマリオン、▲ヘイローフジ、△パノラマビューティ、△ベルモントプロテア、△ラインジュエル。あれ、ユキチャンは?
定番の終電1本前で帰宅。寒くなったので思い立って真夜中にクリームシチューをつくる。さすがにベシャメルソースからはつくりませんよ。ハインツの缶詰ホワイトソースで。

競馬おおお。パイロは日本で種牡馬ですか。種付料は200万円。アパレンティスを除いて最低の斤量を118ポンド(53.5kg)にしましょうという動きスティーヴ・アスムッセンが3度目の記録更新となる年間623勝。8/29のG2セレブレーションマイル(グッドウッド)を勝ったデリゲーターがステロイドのメチルプレドニゾロンの陽性反応で失格が確定。ザシントが繰り上がり。

本日のワイン●金曜日にあけたロゼがまだ残ってるのだが本日はどうしてもボルドーな気分だったので、AOCコートドカスティヨン、シャトー・カップ・ド・フォジェール2004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2009

日航の涙ぐましい努力

本日ももちろん阪神競馬場へ。ジャパンCダートの予想はまったくもってお粗末なものであった。エスポワールシチー様におかれましては直接お会いしてお詫び申し上げたい気持ちでございます。最近はなんだかヒモ同士という決着が多い。陽が沈んだあとの阪神競馬場は寒かったなあ。帰途、蛍池駅併設のショッピングセンターにある十割そば「轟庵」でひとり夕飯。鴨せいろはおいしかった記憶があるけど鴨の汁そばいまいち。経営難のJALの経費削減は涙ぐましい。機内サービスの温かい飲み物は温かいお茶と紅茶がなくなってコーヒーとスープのみになった。それからコレも。分割手数料でちょっとでも収入を得ようと。臨海線から埼京線の直通電車で原稿。帰宅してさらに原稿。1本は断念。翌朝やることにして午前1時半に寝る。

競馬●G3ヴァーノンO.アンダーウッドS(ハリウッドパークAW6F,3&up):行ったままの決着でキンセールキングが逃げ切り勝ち。デルタストームが迫ったがクビ差届かず2着。1 1/4馬身離されてミスターキャッチト。1番人気ノーブルコートは4着。●G1ナショナルデイC(アブダビ1600m,PA 4&up):ミズナがシャディーダを短頭差でしりぞけ今シーズン3連勝。昨シーズンからUAEでは負けナシの8連勝。シェイク・マンスール・ビン・ザイードのワンツー。3着にシェイク・ハムダンのネスナースNESNAAS。

というわけで本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 05, 2009

ミートソースかけごはん

Kaorudon阪神競馬場へ。到着してメシ。4階のミュンヘン。園田競馬場のミュンヘンには何度も入ったことがあるけど阪神は初めて。カオルボウル(だったか?)と命名されたとんかつライス。上にたっぷりとかかってるソースは、なんと!ミートソースであった。甘酸っぱいソースはゴハンには合わないっす。普通のソースで食べたかったなあ。せっかくカツ自体は肉がやわらかくておいしいのに。10レースWSJSの第1戦。4コーナーでぶつかった審議の結果は「双方の動きにより接触したものでした」と。的場さんの言い分は「ぶつけられた」。でもたしかにパトロールビデオでは的場さんも内に寄ってるようには見える。もちろんボレルも外に行ってるが。なんとも微妙な審議であった。
で、ジャパンカップダートの予想。
 ◎ヴァーミリアン
 ○サクセスブロッケン
 ▲ワンダーアキュート
 △シルクメビウス
 △エスポワールシチー
 △マコトスパルビエロ
前日売りではエスポワールシチーが1番人気ですね。たぶん3連勝と南部杯圧勝が評価されてるのだと思うけど、盛岡コースは勝つ馬が着差をつけて勝つコースなので、あの着差は割り引いて見る必要があるかと。かしわ記念もカネヒキリ骨折だったし。というわけで印上位3頭の勝負だと思いまする。

競馬●G2バヤコアH(ハリウッドパークAW8.5F,3&up f/m):3番手追走の伏兵ザルダナが直線半ばで抜け出して勝利。後方から直線伸びたシルヴァースワローが1 1/4馬身差2着。3着キャットバイテール。最後方追走の1番人気チームガイストは6着。08年のドバイゴールデンシャヒーンを勝ったベニーザブルが引退。サマーバードはすでに帰国して手術をしたのね。で、来年も現役。BCがチャーチルダウンズでダートに戻るのでまあそうだろうね。

本日のワイン●本日誕生日。45歳。ホテルの部屋でひとり寂しく。ジェイコブズクリーク・シャルドネ・ピノノワール・ブリュットNV
スカイィ(って読むの?)SKALLI、クルールデュシュドCOULEURS DU SUD・カベルネソーヴィニヨン2008。ラングドックだけどギシギシに濃いカベルネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2009

年末の金曜は早く帰ろう

早めに帰れる見通しだったのがちょっとずつ苦戦して結局23時過ぎ。金曜日だけにこの時刻の池袋の街はもう完全に年末の喧騒。来週以降の金曜日は早めに帰ろう。もしくは、朝まで仕事して始発で帰るか。忘れないようにここに書いておく次第。今年はカレンダー的に25日(金)の夜なんか、京浜東北線の終電とかは乗れない客が出るんじゃないだろうか。

競馬●G3デルタジャックポットS(デルタダウンズ8.5F,2yo):1番人気ルールとアーオーバンゴの一騎打ち。終始先行したルールが最後までハナを譲らずクビ差で勝利。後方から押し上げてきたオークモットが2 3/4馬身差3着。●G3デルタプリンセスS(デルタダウンズ8F,2yo f):3コーナーで先頭に立ったクワイエットテンパーが直線突き放して圧勝。デビューから3戦連続2着のあとのこれが初勝利。7 3/4馬身差2着にベラディアマンテ。3着ジョアニーズキャッチ。ラヴァマンが12/12のG3ネイティヴダイヴァーHで復帰する。ペンシルヴェニアダービーが来年はグレード外ですか。ほかにコティリオンS、プレスクアイルダウンズマスターズSも。ペンシルヴェニア州競馬委員会が、全米格付委員会が求める高度な薬物検査に従えないからと。ケンタッキーダービーで1番人気だったフリーザンファイヤーの復帰戦は3着。

本日のワイン●スペインのノストラーダ・ロゼ2007。ロゼもうまいのはうまいす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2009

無観客公営競技はどうか

大井競馬場前にウィラ大井というショッピングモールがオープンしたらしい。競馬終了後、新橋とか品川とか大森とか大井町とかに移動しなくても飲み食いができるようになるかと思いきや、入ってる飲食店は、牛丼すき家、セルフうどん、回転寿司。そうですか。居酒屋っぽいのがないのが残念。
ミッドナイト競輪だそうで。無観客。なるほど、ネット・電話投票が売上げの多くの部分を占めるようになるとそうなるかもねえ。ただホントにそれでいいのかとは思うけど。

競馬●おお、2代目イチノキングが勝った。来年の北米の格付け。アーカンソーダービー、クラークH、アルフレッドG.ヴァンダービルトHが新たにG1に。BCは、ジュベナイルフィリーズターフがG2、ターフスプリントもG2、マラソンはG3。で、G1からG2への降格は5レース。ウインターグリーンスタリオンステーションの種付料。ポラーズヴィジョンは新種牡馬ランキング3位になったことで昨年より倍額の1万ドル。

本日のワイン●シャトーメルシャン日本の地ワインシリーズ、山梨県甲府市玉緒地区笛吹川流域の地ワイン2009年新酒(白)。さすが地ワインシリーズの甲州。ただヌーヴォーはやっぱりヌーヴォーのような。通常の地ワインの甲州と比べて飲んでみたいなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2009

財政破綻でも馬は買う

午後から競馬場へ。久々に大井の昼間開催。今やナイトレースの期間が長く、船橋や浦和でも薄暮になったりするので、かつて通常だったタイムスケジュールがえらく早い時刻に感じる。セレン、そんなに強くなってましたか。恐れ入りました。ただ今回はペースが遅かったようなので、グレードレースでは厳しいペースに対応できるかどうか。終了後、会社戻りか帰宅か迷った末、まっすぐ帰宅。移動の時間的ロスをちょっとでも節約するため。ゆえに帰宅してもお仕事。紙媒体のゲラチェックや会社の雑務などを除けば、最近ではほとんどがパソコンとネット環境さえあれば仕事ができる状況なのはありがたい限りであります。ただそのぶんどこにいても仕事をしなきゃいけない状況でもあるわけですが。

競馬●勝島王冠。早め中団を追走したセレンが4コーナーでは3番手集団まで進出。直線で追い出されると一瞬にして突き放した。セレンの直後を追ってきたマズルブラストが3馬身半差2着。逃げ粘ったヴァイタルシーズが3着。バグパイプウィンドは4着。●園田金盃。最後方追走のハスフェルが向正面から進出。3~4コーナーで大外からまくるとゴール前で差し切って勝利。同じく後方から勝ち馬を追うように進出したバンバンバンクが3/4馬身差2着。1周目直線で先頭に立ち、直線まで粘っていたキヨミラクルは半馬身差3着。4着カラテチョップ。ゼニヤッタ。サンタアニタでも冬開催の初日となる12月26日に引退セレモニー。経済危機とは関係なく、今後も馬は買うよ、とシェイク・モハメド。来年7月23~25日にチャーチルダウンズ競馬場でHullabaLOU Music Festivalを開催。ボンジョヴィ、ドゥービーブラザーズ、マイケル・マクドナルドとか。個人的にはカンサスって今どんなメンバーなんだろう、とか。そういえばボンジョヴィガールという馬がいた。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2009

最優秀のみを選ぶ難しさ

角田輝也調教師、年間214勝の新記録。さすがに今度こそNARグランプリで表彰されてもいいと思うのだがどうだろう。今年は北海道の角川調教師も。合わせて角角コンビで(勝手にコンビにしてみた・笑)。ダートグレードの実績やら賞金や、すでに南関東新記録の100勝越えをしてることなどから川島正行調教師になってももちろん異論はないのだけど、そもそも舞台が違うのだからその中でひとりというのは難しい。特別賞で表彰するか、それより騎手と調教師は「優秀」を3~4人程度選んで、その中で「最優秀」を決めるようにすればいいと思うのだけど、どうでしょう。

競馬キアラン・マクラフリンが3件別々の薬物違反で、12月1日から30日間の調教停止。カルダー競馬場で12/5に予定されていた2つのG3が、馬ヘルペスの影響で延期に。フロリダで繋養されていたリドパレスが、来年はペンシルヴェニアのノースヴュースタリオンステーションに移動。

本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »