« ペンギンとクジラを見る | Main | 帰りは南アフリカ航空 »

September 14, 2009

ニールエリス・ワインズ

Nef南アフリカに行く機会があったらぜひ行ってみたいと思っていたニールエリス・ワインズへ。ステレンボッシュのヨンカーシュク渓谷にあり、敷地のすぐ隣は世界遺産なのだそうだ。たぶんこのフィンボスの一角にあたるのだろう。そのWikiにも書いてあるようにこのあたりは山火事が多く、今年3月にも山火事が家の近くにまで迫ってきたそうで、ワイナリーのブドウ畑も一部焼けてしまっていた。黒く焼け焦げた木々が残る地面には、しかしすでに草花が一面に生えていて、ちょうど春先ということもありさまざまな種類の花をつけていた。
Neilellis畑は徐々に無農薬に転換していっているとのこと。ニールエリスのビオワイン、何年後に飲めるのだろう。楽しみだ。カーヴも案内していただき、ワインのテースティング。なんと茅葺になっているご自宅にはつつじや藤まで咲いていた。畑を見渡せる部屋でランチをいただく。この家には見ているだけで幸せな気分になれるものがたくさんあった。ここに来られただけでもわざわざ南アフリカまで来た甲斐があった。またいつか来よう、ケープタウン。

競馬●兼六園ジュニアカップ。5番手に控えたハヤテカムイオーが外から進出し4コーナーで2番手。直線まで逃げ粘っていた名古屋のパラダイスラビーダをアタマ差とらえた。デビュー戦2着で、2戦目での初勝利が重賞勝ち。4馬身差3着にファインスター。1番人気スパイシーターボは4着。

Newines本日のワイン●ニールエリスのソーヴィニヨンブラン(2つのヴィンヤード)、シャルドネ、カベルネソーヴィニヨン、シラーズなどひととおりテースティング。
ランチでいただいたのは、エルギン・シャルドネカベルネソーヴィニヨン・ヨンカーシュクヴァレー・ヴィンヤードセレクション2003コンデ・シラー2004
夜はホテルにて。エルギンのGunnar 2005。カベルネソーヴィニヨン、メルロー、プティヴェルドだったかな。

|

« ペンギンとクジラを見る | Main | 帰りは南アフリカ航空 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニールエリス・ワインズ:

« ペンギンとクジラを見る | Main | 帰りは南アフリカ航空 »