« June 2009 | Main | August 2009 »

July 31, 2009

さすが中国の商標登録

去年のことがあるのでゲリラ豪雨を気にして毎日ピンポイント予報を気にしている今日このごろ。ま、ゲリラ暴雨の場合はピンポイント予報でもどうにもなんないんだけど、気休めってことで。
「讃岐うどん」が中国で商標登録申請って。テレビのニュースでやっていたけど、異議申し立てをして登録が破棄されるまでには何年もかかるらしい。それよりも下の関連ニュースにあるように、安室奈美恵、福原愛、藤原紀香、浜崎歩、さらに奥巴馬(オバマ)などがすでに商標登録されているというのがスゴイ。さすが中国。
エマールが330億円の赤字と。あの国の最大手の赤字額としてはたいした額ではないような気もするけど、どうなんでしょ。

競馬●G2リッチモンドS(グッドウッド6F,2yo c/g):断然人気ディックターピンがデビューから3連勝。3馬身差2着にバズワード。3着スターゲイズ。●G3グローリアスS(グッドウッド12F,4&up):イラストリアスブルーが1番人気ウォーリンガーをクビ差でしりぞけ6歳にして重賞初制覇。1 3/4馬身差3着にハリカナサス。●G3オークツリーS(グッドウッド7F,3&up f/m):シェイク・ラシッド・ビン・モハメドのサマーフェイトが重賞初勝利。1 1/4馬身差2着にセレクト。3着プリーズシング。1番人気ゴールデンストリームは10着。●大雨によるダート変更でたくさんスクラッチして4頭立て、G2→G3となったレイクジョージS(サラトガ芝9F,3yo f):ダートとオールウェザーしか出走したことないビーフェアが勝利。マリーズフォリーズに並びかけられるも直線突き放して4馬身差をつけた。離れた3着にザベストデイエヴァー。ベルモントパーク春夏開催の1日平均売上げが前年比13.9%減。ウイッカーS(デルマー芝8F,3&up):今シーズン初出走のコロネルジョンが勝利

本日のワイン●世界No.1(?)だったかという文句にだまされて妻が買ってきたフレシネ・コルドン・ネグロ。こんなサイトまであるんですな。中身はたいしたことなくても大手がここまでやれば売れちゃうという……。きのうの続き、ロス・アルボリトス、カベルネソーヴィニヨン2007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2009

だから冷房はきらいだ

む。むむむ。なんかヘンだ。腕は冷たいのに胸あたりからは汗がひかない。寒いというほどの冷房でもないのに、体温の調節機能がちょっと失われたみたいだ。ぬ。ぬぬぬ。ちょいとさわさわと喉も痛くなってきた。こんな暑い時期に風邪をひくわけにはいかん。気合を入れなおそう。

競馬●G2グッドウッドC(グッドウッド16F,3&up):ゴドルフィンの1番人気スキャパレッリがムーリライアンを1馬身差でしりぞけ勝利。12馬身離れた3着にザベッチワースキッド。●G3アウディS(キングジョージS・グッドウッド5F,3&up):キングズゲートネイティヴが昨年のG1ゴールデンジュビリーS以来の勝利。2 3/4馬身差2着にトータルギャラリー。3着インキシルInxile。1番人気ボーダーレスコットは4着。●G3フィリーズS(リリーラングトリーS・グッドウッド14F,3&up f/m):セヴェナSevennaが重賞初制覇。1馬身半差2着にカシークレディー。3着ヴィクトリアモントーヤ。●G2サンフォードS(サラトガ6F,2yo):父スマーティジョーンズの1番人気バックトークが離れた6番手追走から直線まとめて差し切った。G3バシュフォードマナーSから連勝でデビューから3連勝。クビ、クビの接戦で2着エニューモレート、3着ルイヴィルルミナリー。連邦破産裁判所が、マグナがオーストリアに所有する競馬場を売却することを承認。

本日のワイン●続きのアラン・ジョフロワ、シャブリ2006。赤は、チリのロス・アルボリトス、カベルネソーヴィニヨン2007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2009

すでに与野党逆転現象

午前中、竹見さんち訪問。なるほどあそこでああしてるのはそういうことなのね。と、説明していただくとすごくよくわかる。ラゾーナ川崎1Fのダイニングセレクションで昼飯。平日だからと思っていたら夏休みゆえ子供連ればかりで大騒ぎであった。
しかし来月に控えた総選挙関連のニュースを見ていると、自民が民主のあげあしをとったり、マニフェストの重箱の隅をつついたりする場面を見ていると、すでに選挙前から与野党が完全に立場逆転という感じですな。

競馬G1サセックスS(グッドウッド8F,3&up):ラビットの2番手を追走した1番人気の3歳馬リップヴァンウインクルが直線を向くと持ったまま先頭に立ちそのまま押し切ってG1初勝利。道中5番手あたりのパコボーイが直線追ってきたが2馬身半差で2着。4馬身離れた3着にガナーティ。●G2ヴィンテージS(グッドウッド7F,2yo):父ザールの1番人気エクステンションが順当勝ち。1 1/4馬身差2着にMata Keranjang。3着コーポラルマドックス。●サラトガ開幕。G3スカイラーヴィルS(サラトガ6F,2yo f):1番人気ホットディキシーチックが4コーナー手前で先頭に立つと直線突き放して圧勝。ロビー・アルバラード、スティーヴ・アスムッセンはこのレース連覇。6 1/4馬身差2着に2番人気ビューティシャン。さらに離れた3着にカウガールマリー。22日に開幕したデルマーで6頭が故障。3頭はポリトラックでの調教中。2頭がポリトラックでのレース中。1頭が芝でのレース中。

本日のワイン●アラン・ジョフロワ、シャブリ2006。シャブリって普段あんまり積極的には飲まないんだけど、セットの中に入ってたのがなかなか飲まれずに取り残されてたので開けてみた。シャブリなんていつ以来、と思ったら去年のBCからの戻りのUAで飲んでました。ってか、「いつ以来?」ってそのときも書いてるし(^_^;)。ほんのり樽がきいてて、柑橘系鉱物系でまずまずおいしゅうございました。1月にプティシャブリも飲んでますね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2009

ナチュラルなフィールドで

午後、目黒雅叙園へ。第9回JBCイメージキャラクターとなるプリンセステンコーさんなど関係者の記者会見。あれ。JBCの前後はラスベガスにいて、当日競馬場に来るかどうかはスケジュール調整してみますって話だったと思うのだけど、表彰プレゼンターとして来るようなことになってますね。ま、いっか。ぼくなんかの年代だと、初代引田天功さんの特番とかをドキドキしながら見たなあとか思い出したり。帰社してあわただしくやることだけやって定時前に帰宅。順番がまわってきたマンション理事会の会合があるので。家で夕飯が食べられるような時間に帰るなんてことは年に何度あるでしょ。野菜処理でふつーのカレーライスをつくった。シンガポールあたりではこれを「ジャバニーズスタイルカレー」と言って、ビュッフェなどの食事でたまに出てくることがあるのよ。

競馬●ターフチャレンジは、最低人気のブンブイチドウでしたか。●G2ベットフェアC(レノックスS・グッドウッド7F,3&up):前走英2000ギニー9着だったシェイク・ハムダンのフィンジャーンFinjaanが勝利。昨年2歳時のG3モールコムS以来ちょうど1年ぶりの勝利。半馬身差2着にバルサザールズギフト。3着リーガルパレード。G1ジュライC2着で1番人気のメインエイムは最下位8着。●G3ゴードンS(グッドウッド12F,3yo):今年デビューで前走メイドン勝ちながら1番人気のハービンジャーHarbingerが勝利。1 3/4馬身差2着に父ドバイディスティネーションのファイヤーベット。クビ差3着アーバンポエト。●G3モールコムS(グッドウッド5F,2yo):断然人気ムシューシュヴァリエが勝って7戦6勝。1 1/4馬身差2着にミスターマナナン。3着アーチャーズロード。レイチェルアレクサンドラ。あらためて今年のブリーダーズCには出ねーよと。来年、ナチュラルなフィールドでフェアなレースをしたいと。

連続休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 27, 2009

ヴィクトリームーン死亡

午後からグリーンチャンネル「地方競馬最前線」。終了後直帰、とか飲みに行くとかしてみたいのだが、なかなかそういうわけにもいかず、出社して結局終電近く。その日にやらないといけないことは午前中にやっていかないとダメね、と誓いを忘れないように書いておく。
そういえば、久々にようやく競馬場の食べ物を更新。写真とるだけだと忘れちゃうし。もう2カ月近く前のダービーウイークで、佐賀門別、気合の入った姫路。さらにマーキュリーCのときの盛岡

競馬帯広すごい雨だなあとスカパー!を見ていたら、ばんえいはメインレースの本馬場入場後、もうすぐ締め切りとなるかというころに残り2レースの中止決定。中止のタイミングってむずかしいよねえ。03年のUAEダービーを勝ち、南アフリカに戻って種牡馬をしていたヴィクトリームーンが厩舎内の事故で脚を骨折し安楽死。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2009

白スパインデアン豚丼

Shirospa昨夜、7-11で思わず買っちゃった「ご当地サンド」。「白スパ」「赤スパ」って、ますやパン(PDF)のまねっこじゃないっすか(^_^;)。まあそういう意味で地元の方々にはおなじみだろうからご当地としたんだろうけど、旅行者には何がご当地なんだかたぶんわからないと思う。で、赤スパはまだしも、白スパは元祖ますやさんにはぜんぜんかないません。
お昼はインデアンカレーでインデアン大辛。やっぱ帯広のインデアンはノーマルのインデアンルーに限るね。で、帯広競馬場。今シーズン初訪問なのでいろんな人にご挨拶。小寺さんのご教授により昨日のラベンダー賞の負けを取り戻して余りあるほどのプラス。今日のうちに東京に戻っておかねばならず、メインのばんえい大賞典は馬券だけ買って帯広駅。桔梗にて、十勝鶏のひやあつに、半盛豚丼のセット1,150円也。いまや観光名所となった「ぱんちょう」の大行列に比べると、ここはホントに空いてて穴場。ま、席も少ないんだけど。羽田行きの最終便にて帰宅。

競馬●ひまわり賞。好位勢4頭を引き付けて逃げたアンダーゴールドが直線突き放して圧勝。7馬身離れた2着争いはダンストンメイビスがテンショウスズランをクビ差でしりぞけた。断然人気のシルバーカテリーナは直線伸びず4着。●ばんえい大賞典。障害ひと腰先頭はワタシハキレイズキだったが、ゴール前4頭一団の大接戦はワタシハスゴイがわずかに先着。障害2番手のアアモンドヤマトが2着。3着ウィナーミミ、4着ワタシハキレイズキと、上位4頭のうち3頭が牝馬。G1フェニックスS(カラ6F,2yo c/f):1番人気アルフレッドノーベルがゴール前よく伸びてデビュー3戦目から3連勝。先行したエアチーフマーシャルがよく粘り半馬身差で2着でクールモアのワンツー。2馬身半差3着にウォークオンバイ。●G2ロベールパパン賞(メゾンラフィット1100m,2yo c/f):ジャドモントファームのスペシャルデューティが、アガ・ハーンの断然人気Siyouniを1馬身半差でしりぞけて勝利。アタマ差3着に前走G3ボワ賞勝ちのドールドアップ。●G2ユジェーヌアダム賞(メゾンラフィット2000m,3yo):英ダービー8着だったプリンセス・ハヤのドビュッシーが重賞初勝利。半馬身差2着にワールドヘリテージ。3着にゴドルフィンのプリンスジークフリート。●G1バイエリシェスツフトレンネン(ミュンヘン2000m,3&up):1番人気プレシングが07年のローマ賞に続くG1勝利。3/4馬身差2着にプレシャスボーイ。3着トランコ Trincot。●G2ニジンスキーS(ウッドバイン芝10F,3&up):2番手追走の1番人気ラーイズアトーニーが3番手以下を離して進み、3~4コーナーで先頭に立って勝利。ゴール前差を詰めたマーチフィールドが1 3/4馬身差2着。3着シャンゼリゼ。ベルモントパークの春夏開催が終了。ラモン・ドミンゲスが近代では新記録となる98勝でリーディング。調教師はゲイリー・コンテッサ。

本日のワイン●ニールエリス・イングルウッド・ソーヴィニヨンブラン2008マール・ド・キザン

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 25, 2009

雨でも絶景なり石勝線

Paoはっ!と時計を見る。午前7時45分。あれ、何時に出かける予定だったんだっけ? ん、8時05分でしょ。もう間に合わん。いつの間にか目覚ましを止めてたらしい。札幌行きの飛行機乗り遅れか。パッケージのチケットなので当然変更はきかないし。こういうときは冷静になって考え直す。1本電車を遅らせても間に合いそう。とりあえず必要なものをバッグに詰め、5分でシャワー。ふう。なんとか間に合った。結論。睡眠3時間しかないのにワインをたっぷり飲むのはやめましょう。で、札幌競馬場。Yちゃんに電話して競馬場内のスープカレーリレーで、今週は「ぱお」だそうだ。スペシャルチキン野菜カリー。ここのはかなりトマトな感じのスープカレー。満腹。雨中のラベンダー賞はえらくがっかりな結果。応援していたオノユウがぜんぜんダメだっただけでなく、地方馬の最先着は5着。こんなことはラベンダー賞が今の形で行われるようになって初めてじゃないかと思ったのだが調べてみたら97年が同じ状況だった。ぼくは地方馬ならなんでも応援というわけではぜんぜんないのだが、このラベンダー賞だけはなんとかひとつよろしくお願いしたい。失意のままスーパーとかち7号で帯広へ。途中、追分から占冠のあたりでは川を渡るときに一面に水蒸気がもわもわと立ち昇っていてなかなかに幻想的。トマムから新得あたりでは完全に雲のなかを走っている感じであった。途中「急ブレーキをかけます」という放送があり、しばらく止まったかと思ったら、鹿か何かを轢いてしまったという。いや~、北海道だね。15分ほど遅れて帯広着。さて、ひとりで何を食おう。帯広は選択肢がたくさんあるのだ。思案の末、えふしのカウンターにて刺身で日本酒。山わさびたっぷりの冷奴が絶品であった。

競馬G1キングジョージVI世&クイーンエリザベスS(アスコット12F,3&up):後方3番手追走の1番人気コンディットが直線半ばで先頭に立ってBCターフ以来の勝利。中団外を追走から直線を向いて一旦先頭に立ちかけたタータンベアラーが、アスクを競り落として2着。3頭出しのマイケル・スタウトが上位独占。しかし。王様・女王様を冠したレースのスポンサーが賭け屋ってすごいよね。イギリスっぽいっていうか。G3プリンセスマーガレットS(アスコット6F,2yo f):1番人気レディーオブザデザートが2番手集団追走からゴール前で抜け出して勝利。父ラーイ。1馬身半差2着にフルマンデート。3着サンドヴィクセン。●G2ヨークS(ヨーク10.5F,3&up):断然人気ゴドルフィンのカークリースが2歳時の伊G1グランクリテリウム以来の重賞勝ち。父ジェイドロバリー。1 1/4馬身差2着にアライドパワーズ。半馬身差3着にキングズギャンビット。●G1コーチングクラブアメリカンオークス(ベルモントパーク10F,3yo f):8頭立て最後方追走で4コーナーでも後方2番手だったファニームーンが大外から差し切り勝ち。前走G1エイコーンS8着からの巻き返しでグレード初勝利。馬群を割って抜け出したドントフォーゲットギルがクビ差2着。直線先頭に立っていたウイニングライドは半馬身差3着。断然人気リヴィンラヴィンは5着。●G1エディーリードS(デルマー芝9F,3&up):伏兵グローバルハンターが離れた2番手追走から直線で前をとらえ粘って勝利。アルゼンチン産で北米ではグレード初勝利。ゴール前差を詰めたオーサムジェムが1馬身差2着。3着ワッツザスクリプト。スタート後先頭のソーンソングは1~2コーナーで外に逸走して競走中止。替わって先頭に立った1番人気モントレージャズは5着。チリのG1馬アランカエルソルほか複数の南アメリカの活躍馬がUAEの誰かにまとめて買われた。

本日の酒●スーパーとかち7号の車内販売で、はこだてわいん北の葡萄酒めぐみ・赤。ワインというよりジュースにアルコールを入れましたという感じ。えふしにて。酔鯨。黒帯純米吟醸。コンビニで買った梅酒をホテルで。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 24, 2009

夜さ恋ナイターはじまる

夜さ恋ナイター開幕。スカパー!で高知競馬の中継も始まったので、最初から見る。「モー展。」ちゃんと見たのはじめてかも。手作り感満載だけど、地方競馬はこういうのがおもしろい。点灯式。大井との場間場外とか場内映像とのからみなんだろうけど、ほとんどの場面が映像のみで、音声は関係ない音楽が流れてるだけだったのが残念であった。というか、映像は点灯式で、音声は大井のレース実況という場面には笑った。いえ、批判ではなく、今の高知ではこうした状況もしかたないかと思うわけであります。夜さ恋ナイターズ演奏による「夜さ恋ナイターの唄」にはとっても期待していたのだけど、これも映像のみで関係ない音楽が流れていたのはとっても残念であった。

競馬●笠松クイーンカップ。3番手追走のニュースターガールが3番手追走から3~4コーナーで先頭に並びかけ、直線抜け出して勝利。ライデンリーダー記念以来の勝利。2番手追走のワールドレデーが粘って2馬身差2着。3着ブルーベリー。1番人気トウホクビジンは中団のまま伸びず4着。●トレノ賞スパイナルコードが直線突き放して逃げ切り勝ち。3歳時の高知優駿以来の重賞勝ち。3番手追走のオリジナルステップが、2番手で粘っていたコスモジャイブを交わして2着。パイロってゴドルフィンにトレードされてたんだ。来週水曜日のサラトガ開幕日に復帰。ラファエル・ベハラーノ。集中治療室からは出た。ラモン・ドミンゲスがベルモントパーク開催93勝目を挙げ、27年前のアンヘル・コルデロJr.の記録を更新。

本日のワイン●ここのところ家で飲むタイミングがなかったのでハンパに開けてあったのをいくつか。ニールエリス・イングルウッド・カベルネソーヴィニヨン2007神戸ワイン・セレクト・ロゼ2006をそれぞれ1杯ずつ。ニューボトルでニールエリス・イングルウッド・ソーヴィニヨンブラン2008。ギシギシに青いソーヴィニヨンブラン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2009

異常なのが通常な天気

競馬場などに出かけるときは近くの場合でも遠征の場合でもたいていピンポイント予報を確認していくのだが、それはほんとうによく当たるなと感心する。ところが最近、この梅雨明けから夏の時期に限ってはアテにならないことが多くなった。ゲリラ豪雨というほどではないにしても、東京アメッシュなどを見ていてまわりにまったく雨の地域がない場合でも突然降ってくるなんてこともしばしば。北海道も最近では南のほうは梅雨がある感じだし。ホントに気候が変わった。山口とか福岡の豪雨はだいじょうぶでしょうかね。異常気象も毎年のことになると異常とは言えなくなるような。

競馬●華月賞。2番手追走のムサシが直線を向いて先頭に立ったが、4番手追走のエイガゴールドが差しきってアタマ差で勝利。落馬負傷の宮崎光行から吉田稔への乗替りだった。クビ差3着に中団から早めに押し上げたビービールミナス。●G3タイロスS(レパーズタウン7F,2yo):クールモアの断然人気ケープブランコがデビューから2連勝。3馬身半差2着にマルファクMarfach。短頭差3着にパーフェクトシメトリー。●G3メルドS(レパーズタウン10F,3&up):シーズアワマークが、オブライエン親子のロードアドミラルを短頭差でしりぞけて勝利。前走G1タタソールズゴールドC勝ちで1番人気のカジュアルコンクエストは1 1/4馬身差3着。8/2に行われるG1ハスケルの総賞金が125万ドルにアップ昨日のデルマーの開幕日に44,907人の入場人員レコード。

連続休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2009

香港の国際サイマル拡大

サンタアニタトロフィー。行く気満々だったのだが諸事情により断念。南関東の重賞を会社で見るのは久しぶりな感じ。グリーンチャンネルをはじめてからちょっと無理しても競馬場には行くようにしていたので。最大の事情は明日締め切りの原稿が終わらなくなってしまう可能性もあったため。高岡調教師3冠のインタビュー記事で、来週発売の競馬ブックに掲載なので、よろしくひとつ。雨が降りそうというのも断念した理由のひとつだったんだけど、メインのあたりは雨はぜんぜんだいじょぶだったみたい。

競馬●兵庫サマークイーン賞。4コーナーで内を突いたバージンサファイヤが直線で一旦出たが、外のキーポケットが差し返してハナ差で勝利。牝馬重賞4勝目。田中学は復帰後重賞初勝利。●サンタアニタトロフィー。東京大賞典以来のブルーホークが2番手追走から直線で先頭に立ち、ラチ沿いから迫ったクレイアートビュンを振り切って半馬身差で勝利。●馬主が元調教師同士という1、2着。ニューブラウン。●G3ヴィシー大賞典(ヴィシー2000m,3&up):ダリィダリィDaly Dalyが5歳にして重賞初制覇。1馬身差2着にイネスティマブル。3着セルティックウルフ。ラファエル・ベハラーノがデルマー開幕日の第3レースで落馬し、顔面複雑骨折ナプロキセンの陽性反応でオークロンH1着失格となっていたイッツアバードのオーナーが異議申し立て。ジョージワシントン唯一の産駒がタタソールズオクトーバーイヤリングセールに上場される。アメリカからロイヤルアスコットに遠征して2勝を挙げたウェズレー・ウォード調教師が、今度は2歳馬をミドルパークSとチュヴァリーパークSに遠征させる。かも。香港における国際サイマルキャストの制限が10レースから15レースに拡大される。BCの馬券発売がマイルだけでなく何レースか増える予定と。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2009

払われてしまった暑気

梅雨に戻った感じ。おそらく天気図的にも梅雨明けというのがあいまいになってきていて、ぼくらが子供のころとは気候がだいぶ変わっている。暑気は払われてしまった感じだけど暑気払いという理由をつけて夕方からL社と合同の飲み会。四ッ谷今井屋本店にて。水炊き、おいしゅうございました。2軒目まで行って久々にタクシー帰り。すげー飲んだ。帰宅は何時だったのだろう。

競馬●ウメノファイバーの下、フレンドベルが7馬身差圧勝。父マイネルセレクト。ゴドルフィンのお買い物。8/2のハスケルに出走予定のアトミックレイン。リチャード・デュトローが30日の調教停止を了承。Rosemary Homeister Jr.という騎手がコロニアルダウンズで通算2,139勝目を挙げ、女性ジョッキーとしてはジュリー・クローンの3,704勝についで歴代2位になった。

本日のワイン●ルイ・ラトゥール、アルディッシュ・シャルドネ2006。普段飲み価格とはいえルイ・ラトゥールをハウスワインにしてるとはなかなか。シャトー・メルシャン、Jフィーヌ・メルロー・マスカットベリーA 2007。水炊きのポン酢に合うね。さすが国産。マールボロのウィザーヒルズ・ピノノワール2007。ここまで1軒目。2軒目でテンプラニーヨ&カベルネの濃いのを飲んだような。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 20, 2009

負けるときはこんなもん

雲はぽかりぽかりと浮かんでいるものの、昨日の雨は何だったのってくらいなピーカンの盛岡競馬場。そうそう。今シーズンから報道控室にネットを引いてくれた。これはひじょうにありがたい。さすがに山の上まではイーモバイルも完全に圏外だったので。あとは、レースをいつやってんだかわからない状態なので、場内放送のテレビを1台入れていただければ完璧なんですが。よろしくお願いします。死角のないのが死角とはよく言ったもので、今回のマーキュリーカップの予想では、負けるはずがないと思われていた南部杯でのアブクマポーロのことがちらちらと頭をよぎっていたのだが、着順は違えども、スマートファルコンは逃げ馬をまったくとらえられずという同じような負け方だった。ま、負けるときってのはこんなもんよね。マーキュリーカップのあとに2レース残っていたので、ゆっくり出てもまだ最終レース前。ところが競馬場の前にはタクシーがまったくいない。ダートグレードなのにこのタクシーのいなさ加減はどうよ。最終レース後の無料バスでは時間がかかりすぎるし。これほどタクシーが待っていてくれないのでは、今後ちょっと対策を考えないとヤバイかも。今回は15分ほど待ってようやく来たタクシーに、駅まで行くという前に並んでいた方に相乗りさせてもらって事なきを得たのだが。

競馬●マーキュリーカップ。スローに落として逃げたマコトスパルビエロが、4コーナーでスマートファルコン、サカラートに並びかけられるも直線突き放して4馬身差圧勝。スマートファルコンはなんとか2着。3着サカラートだけ中央馬の中では抜けて人気がなかったのにはちょっと驚いた。サカラート○(対抗)だったので。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2009

雨で不良の盛岡芝コース

コスモバルクが出るというのでマーキュリーカップより1日早く競馬場へ。秋田方面は荒天らしく秋田新幹線は盛岡までで打ち切りとなりバスでリレーするという。盛岡駅前の北上川も普段よりかなり水量が多く濁流と化していた。盛岡市内も競馬場も雨が強くなったり弱くなったりを繰り返していたのだがコスモバルクが装鞍所からパドックに出ようというころに薄日がさしてきて雨が上がってくれた。で、せきれい賞。勝ったのは、中央未勝利、南関東でも移籍後31戦してわずか1勝というコスモヴァシュランでコスモバルクに7馬身差をつける圧勝だった。「ほとんどの馬がのめっていた」と町田騎手。検量室前で「勝っちゃったらまずいだろ」という河津調教師。まあたしかにそうだわね。コスモバルクはこれほどの不良馬場は経験がなく、やはりダメだったみたい。終了後Oさんにホテルまで送っていただきその流れでぼくの希望でステーキ・鉄板料理「和かな」盛岡本店。一度食べてみたかった短角牛。いわて短角牛ロース150g=5500円のステーキセット。なるほどサシの少ない牛はいいねえ。トレーサビリティのしっかりした日本の牛でこの値段だと、量的にはこんなもんよね。ホテルでいつの間にか爆睡してしまったが午前1時過ぎにパッと目が覚め全英オープンをプレーオフの最後まで見てしまった。

競馬●せきれい賞。スタート後やや遅れた7番手も4番手集団につけたコスモヴァシュランが3コーナー過ぎで単独先頭に立ち直線突き放した。同じく4番手集団を追走したコスモバルクは7馬身差2着。さらに7馬身離れた3着にソーユアフロスト。●福山スプリントカップ。またまた高知・雑賀正光厩舎の条件馬ファンドリコンドル。スタート後は6番手も3~4コーナーで進出し直線で先頭に立つと最後は余裕の3馬身差。ハナを奪ったコスモハードリカーが2着に粘り、3着にトミノプラネット。●吉野ヶ里記念。スタート後2番手も1~2コーナーで先頭に立ったエフケーフィルが直線独走で楽勝。中団から直線抜けてきたビッグクラウンが4馬身差2着。3着マイネルマキシマム。2番手追走の1番人気アルカライズは5着。●北斗賞。最初に仕掛けたのはナリタボブサップだが障害先頭のカネサブラックがそのまま楽勝。ナリタボブサップがやや離れた2番手に続いたが、ホクショウダイヤが今回も差して2着。南アG1マーキュリースプリント(クレアウッド1200m):ダーバンジュライ7着だったアワジャイアントがシャークスベイに4 1/4馬身差をつけて勝利。父ジャイアンツコーズウェイ。G1ドイツ賞(デュッセルドルフ12F,3&up):ゲッタウェイが1番人気フラミンゴファンタジーを3/4馬身差でしりぞけてG1初制覇。ハナ差3着にAppel Au Maitre。●G2デラウェアH(デラウェアパーク10F,3&up f/m):スローに落として逃げたスイフトテンパーが直線突き放して勝利。5番手からまくってきたアイコンプロジェクトが2 1/4馬身差2着。1番人気アンブライドルドベルは3~4コーナーで勝ち馬に並びかけたが直線遅れて3着。●G3バルバロS(デラウェアパーク8.5F,3yo):2番人気アワエッジが逃げ切ってメイドン、ステークス、グレードと3連勝。アラン・ガルシアは両重賞とも後続を引き付けて直線突き放すという同じパターンでの勝利。1番人気イットハプンドアゲインは7馬身差2着。3着デンヴァー。●G3サンセットH(ハリウッドパーク芝12F,3&up):4頭立て。後続を離して逃げたブラックアスターが向正面でポルフィドに並びかけられるも4コーナーから突き放してステークス初勝利。1番人気スプリングハウスは3~4コーナーで勝ち馬に迫ったが2馬身離され2着。ポルフィドは3着。ハリウッドパーク春夏開催が終了。頭数不足のため開催日数を削減し、1日平均の売上げも前年比11.2%減という厳しい現状。

本日のワイン●「和かな」にて。ロバート・モンダヴィ、ウッドブリッジ・ジンファンデル2007。値付け的には安くないけど、こうしたリーズナブルで安心できるワインを置いてるのはイイ。てか、メニューには「ジンファンデル(カリフォルニア・辛口)」としか書いてなかったのだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2009

シンガポールのいろいろ

シンガポールで気づいたことをいくつか。今年秋だったか年末までだったかにオープン予定だったマリーナベイサンズだが、工期の遅れからオープンは来年の旧正月ごろ、セントーサ島のゲンティンズのカジノと同時期になるもよう。MRTがダンタウン線だとか2015年くらいまでにあらたに2路線ができるらしい。「チャンギ空港を世界のハブ空港に」みたいな見出しがあったので、すでに十分トップクラスのハブ空港じゃんと思ったのだが、2009ワールドエアポートアワードで仁川、香港に次ぐ3位というのが相当に屈辱的だったらしい。チャンギ空港は過去に2位より下には落ちたことがなかったのだそうだ。ま、関空とかはもう勝負にならないほど差をつけられたという感じだが。
シンガポール滞在約31時間。いつものUAの朝便で帰国。前夜にチェックしたらエコノミープラスの通路側の席が1個だけ奇跡的に空いていたのでラッキーであった。

競馬●G3シャドウェルS(ハックウッドS、ニューベリー6F,3&up):1番人気ハイスタンディングが4連勝で重賞初制覇。1 1/4馬身差2着にプライムディフェンダー。3着ドンカスターローヴァー。●G3メシドール賞(メゾンラフィット8F,3&up):アガ・ハーンの断然人気アルナダナAlnadanaが重賞初勝利。3馬身差2着に南ア産のミスターブロック。3着プットニーブリッジ。●G2ヴァージニアダービー(コロニアルダウンズ芝10F,3yo):9頭立て8番手追走のバトルオブヘイスティングがゴール前差し切って勝利。2番手追走から直線で先頭に立ったストレートストーリーは粘りきれずアタマ差2着で、G2コロニアルターフCと同じワンツー。3/4馬身差3着にテイクザポイント。1番人気ホールドミーバックは5着。●G3ヴァージニアオークス(コロニアルダウンズ芝9F,3yo f):中団追走のブラインドデートが叩き合いとなったシェアードアカウントをアタマ差でしりぞけて勝利。最後方追走のカタラが2 1/4馬身差3着。●G2デラウェアオークス(デラウェアパーク8.5F,3yo f):ステークス初出走の伏兵ケアレスジュエルが直線突き放して逃げ切り勝ち。7 1/4馬身差離された2着にマリブプレイヤー。3着ミスユナイテッドネーションズ。1番人気ボンジョヴィガールは4着。●G3ロバートG.ディックメモリアルS(デラウェアパーク芝11F,3&up f/m):3~4番手好位追走のカプリースが直線内から抜け出して勝利。父モンズンのドイツ産で6歳にしてグレード初制覇。クビ差2着にトレンサ。3着ダイナズラッシー。逃げた1番人気のアストロロジーは4着。●G2スワップスS(ハリウッドパークAW9F,3yo):ボブ・バファート生産馬主調教のミスリメンバードが逃げ切り勝ち。1番人気グレイズンは最後まで差を詰められず1 3/4馬身差2着。3着スコアウィズケイター。●G2アグリームH(ハリウッドパークAW7F,3&up f/m):9頭立て最後方追走の3歳馬エヴィータアルゼンティナが直線外からまとめて差し切り勝ち。やはり後方から伸びたシルヴァースワローが2馬身差2着。アタマ差3着にレディーランバージャック。逃げた1番人気ココベルは6着。●G3アーリントンオークス(アーリントンパークAW9F,3yo f):6頭立ての縦長6番手追走のピーチブルーが4コーナー最内を突いて直線外に持ち出し差し切り勝ち。最後方から大外を伸びた最低人気スイートアンドフローレスが半馬身差2着。3着ホットチャチャ。逃げた1番人気シーエスシルクは5着。●G3ジャイプールS(ベルモントパーク芝6F,3&up):前で競り合った2頭の決着はシルヴァーティンバーがゴール前突き放して6歳にしてグレード初制覇。1馬身半差2着にヒーローズリワード。離れた位置から直線追い詰めたデューデートがクビ差3着。

本日のワイン●メディチエルメーテ、レッジアーノ・ロッソ・セッコ・レ・グロッテNV

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2009

ほんものシャンパーニュ

Piperheidsieck取材はお昼にちょっとやって完了。夕方、ナイター開催の競馬場へ。高岡厩舎、第1レースでいきなり勝利。シンガポールダービー明けの開催の最初のレースでまた勝ったら、そりゃ注目されるわね、という雰囲気だった。で、シャンパンルームでちょっとびっくり。今まではシャンパンルームといいつつ、楽天で検索すれば1000円そこそこという感じのスパークリングワインだったのだが、な、な、な、なんと!ホンモノのシャンパーニュが出てきた。ぼくとしては久々のシャンパンルームだったので知らなかったのだけど、ちょっと前からホンモノに変わってたらしい。スバラシすぎる。本日、高岡調教師にはお客さんとかもおらず、シャンパンルームでは抜栓せずオーナーズラウンジに持っていって、ぼくひとりで優雅にシャンパーニュをいただく。ああ幸せ。レース合間の場内放送では、ジョリーズシンジュがコックスプレートに行くことなどが延々と話題になっていた。そしておまけに馬券。単勝で3レース見事にころがった(払い戻し全額ころがしたわけではないけど)。4レース目で外れたので、そこでやめておいたが、余裕で今回の航空券代がでちゃったのよ。おほほ。

競馬●読売レディス杯。ぴたりと2番手追走の1番人気アウロラプラネットが3コーナー手前で先頭に立ってそのまま押し切った。3番手追走のケイティクラシーは並びかけることができず1馬身半差で2着。中団追走のマルヨスーパーラブが直線迫って3/4馬身差3着で人気どおりの決着。バルバロの全弟ニカノールはケガのためヴァージニアダービーはスクラッチと。ファインダーズフィーとワイルドキャットベティービーが死亡。1万勝ジョッキー、ホルヘ・リカルドが2年前から患っているリンパ腫の治療のためしばし休養。

本日のワイン●シャンパンルームで出されたのは、ピペ・エドシック・ブリュットNV

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2009

突発シンガポール行き

シンガポールへ。シンガポール3冠なんていうたんへんなことになったので急遽取材に。サーチャージがなくなって航空券もえらく安かったし。だからなのかここ1~2年ではなかったくらいUAが混んでる。といっても満席というほどではなく真ん中5席に3人という感じだけど。それでも帰りなんかエコノミープラスの通路側が空いてないし。
そういえばハリウッドパークの廃止問題。日本のスポーツ紙などはだいたいどこも「廃止が決定」と断定してるけど、これはどこから引っ張ってきたのだろう。むこうの競馬メディアでは、まだ決定というまでの報道は見かけていないのだけど。日刊スポーツの奥野さんのコラムでは「再開発許可が下りた」という表現だし、東スポの秋山くんのコラムでも「廃止へ向け秒読み段階」、ぼくも夕刊フジのコラムでは「閉鎖される可能性が高い」という表現にしておいた。ばんえい競馬の存廃のときも「廃止へ」という表現をかなりされたけど、報道ってのはそういうもんなのかね。

競馬●オッズパークグランプリ2009。マルヨフェニックスは返し馬で手綱の金具が抜けて落馬。が、大事には至らず。2番手追走のキングスゾーンが3コーナー手前で先頭に立ったが、中団から位置取りを上げたマルヨフェニックスが直線半ばで差し切った。キングスゾーンは1 3/4馬身差2着。アルドラゴンは3~4コーナーでキングスゾーンに並びかけたが、直線離され4馬身差で3着。●星雲賞。2番手追走の1番人気ゴッドセンドが直線一旦は3番手に下がりながらも、直線先頭に立ったモエレエトワールを差し切った。逃げていたモエレソーブラッズは直線後退して3着で人気どおりの決着。●G3シルヴァーフラッシュS(レパーズタウン7F,2yo f):クールモアのガリレオ産駒、キャバレーCabaretが勝利。シェイク・ハムダンのアルシャーバーが4馬身半差の2着。短頭差3着にKitty Kiernan。スティーヴ・アスムッセンがテキサス州で6カ月の調教停止。かもしれないアイウォントリヴェンジは、やはり共有オーナーに対して法廷へ。

本日のワイン●成田のレッドカーペットクラブにて。今日は暑かったのでまず生ビールを1杯。いつものVignebelleの白を2杯。UAのYにて。カリフォルニアのレッドウッドクリーク・カベルネソーヴィニヨン2007の1/4ボトル。ちょっとギシギシに濃いかなあ。ベイリーズをロックで1杯。UA・Y席のアルコールはカード払いが標準になったみたい。日本発着路線では現金でもOKだけど、それ以外はカード払いのみらしい。ま、機内で現金を扱いたくないというならそれが普通だと思うが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2009

雨で速すぎ門別の馬場

夕方から川崎競馬場へ。原稿などをギリギリまでやっていたら競馬場到着がメインのパドックという時刻になってしまった。結果。腹減ったのに何も食べられず。で、スパーキングレディーカップ。シスターエレキングのハナを叩いたクィーンオブキネマが最後まで粘って、そんなに強かったのかという印象。シスターエレキングも粘れなかったとはいえグレード実績のない馬たちはすべてうしろにいるわけで、展開次第ではまだまだチャンスは巡ってくるだろう。勝ったのはラヴェリータでしたね。予想ハズレ。最終レース前に場内に出てみたが、やっぱりヤキソバとかコロッケとかはもう店じまいだった。品川で途中下車してエキナカの回転寿司で軽くメシ。改札出てないから途中下車とは言わんか。帰宅して何日か前からの懸案だった茄子の味噌炒めをつくる。

競馬●スパーキングレディーカップ。4番手追走のラヴェリータが、直線逃げ粘るクィーンオブキネマを並ぶ間もなく交わして勝利。3番手の外、絶好位を進んだメイショウバトラーは直線離されて3着。アンペアの5着はがんばったような。4コーナーで前に迫ったヤマトマリオンは直線バタバタで6着。●アタックチャレンジでレコード勝ち。ジョオーサマ。なのだが、今週は馬場が早すぎる。ケンタッキーダービー1番人気でスクラッチしたアイウォントリヴェンジ。怪我してたの聞いてねーよと法廷へ。種牡馬を引退したブラックタイアフェアーは、ケンタッキーのオールドフレンズ引退馬施設へ。

明日からのお出かけにそなえて本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 14, 2009

独立記念日なんだそうで

暑いと思っていたらやはり今日、関東地方は梅雨が明けたとみられると。夜。先週だったかにお誘いがあり、いつもの九段下・東京タヴァーンでにて7月14日ということでパリ祭スペシャルディナー。今までパリ祭なんて気にしたことなかったなあ。なんでもかんでも記念日にはこうして商売に結びつけるのはいかにも日本ぽい。その代表といえばバレンタイン。それからボジョレーヌーヴォーもだけど、最近はだいぶ商売にはならなくなってきたようで。

競馬●バオーⅠ世諸国馬遊記だそうで。G1パリ大賞典(ロンシャン2400m,3yo c/f):シェイク・モハメドにアンドレ・ファーブルという新しいコンビのキャヴァルリーマンが重賞初勝利。父ホーリング。Maxime Guyonという騎手も売り出し中らしい。1馬身半差2着にクールモアのエージオブアクエリアスで父はガリレオ。3着にゴドルフィンのG2イタリアダービー勝ちマスタリー。1番人気Beheshtamは6着。●G2モーリスドニュイ賞(ロンシャン2800m,4&up):前走G1ミラノ大賞典3着のヴワライシVoila Iciが勝利。短頭、クビ差の接戦で、2着ウインクル、3着シェミーマ。1番人気ポワンティイストPointillisteは4着。レイチェルアレクサンドラは8/2のハスケルへブリーダーズカップ・ベッティング・チャレンジというのが参加者100人限定で行われるらしい。

本日のワイン●東京タヴァーンにて。
シャンパーニュは、フィリップ・ゴネ、ブリュットNV。それから同じブリュット・ロゼNV
白を飛ばして赤は、ジョルジュ・リニエ、モレサンドニ・クロデゾルム・1erクリュ2005
メインはポイヤックのシャトー・グランピュイデュカス1985
以下は余りモノをちょっとずつ、ドメーヌ・ペロミノ、ブルゴーニュ・ピノノワール2005
タルデュ・ローランTARDIEU LAURENT、ジゴンダス2002
ほかにオーストラリアのメルローも飲んだような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2009

暑くなってまいりました

梅雨が明けたんじゃないかというような暑さ。午後からグリーンチャンネル「地方競馬最前線」。汗をかかないように、ゆっくり歩いて、階段もゆっくり昇る(笑)。そろそろ替えのTシャツを常に持ち歩かないといけない季節ですな。夜、帰宅すると大量の野菜が届いていた。とりあえずわさび菜を一夜漬けにしてみた。わさびといっても刺身に使うわさびとは種類が違うらしい。

競馬バルバロの全弟ニカノールが7/18のG2ヴァージニアダービーに出走予定。

本日のワイン●神戸ワイン・セレクト・ロゼ2006に氷を入れて1杯。なんとなくサングリアみたいな感じではある。続きのニールエリス・イングルウッド・カベルネソーヴィニヨン2007。冷やしてもおいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2009

シンガポール3冠達成!

夜7時前。刺身が見切り販売で安くなるころを見計らってスーパーへ車を走らせていると携帯に電話が。普通なら出ないところなのだが「通知不可能」の表示でシンガポールからに違いないと思って車を止めて電話をとる。果たして、現地に行っているキープアウェイの馬主Oさんから。ジョリーズシンジュがシンガポールダービーをぶっちぎったという。すごい!シンガポール4歳3冠達成。抜群のスタートからほとんど何もせずに5馬身差の圧勝。途中競りかけてくる馬がいたものの、その馬は大差の最下位。改修されてスピードが出る馬場になったとはいえ、地元馬同士のレースで2分00秒20は優秀なタイム。109というレーティングがついた。コックスプレート、行くんだろうか。
Tmthumburgというわけでお料理当番。激安になってたミナミマグロとアボカドの刺身。トマト煮込みハンバーグがすげーおいしくできた。

競馬●オパールカップ。2番手追走の大井エイブルインレースが4コーナーで先頭に立ち、並びかけてきたフレンチマリーを振り切って1馬身差で勝利。3着にブービー人気のセンリグランピー。南関東から遠征の3頭が1、2、4着という結果。G1アイリッシュオークス(カラ12F,3yo f):英オークス勝ちのサリスカが後方4番手追走からまったく持ったままの調教のようなレースぶりで前の馬を交わして圧勝。3馬身差2着にローゼスフォーザレディー。英オークス2着だったミッドデイが3着。●G3アングルシーS(カラ6.5F,2yo):1番人気ウォークオンバイが馬群から抜け出してデビューから2連勝。1 3/4馬身差2着にキングレッドリー。3着にクールモアのベートーヴェン。●G3リゾランジ賞(メゾンラフィット1200m,3&up):ドーヴィルで行われた一昨年の勝ち馬ティザが勝利。クビ、ハナの接戦で2着デルヴィータ、3着アイボア。●G3ハリウッドジュヴェナイルチャンピオンシップS(ハリウッドパークAW6F,2yo):1番人気ネセサリーエヴィルが逃げ切り勝ち。ラチ沿いから伸びたジップクイックが3馬身差2着。3着クラシカルスルー。●プリンスオブウェールズS(フォートエリー9.5F,3yo):2コーナーで先頭に立ったブービー人気のギャラントが、ゴール前叩き合いとなった1番人気の牝馬ミルウォーキーアピールをハナ差でしりぞけ勝利。1冠目のクイーンズプレートを制したアイオブザレパードは半馬身差3着。ジュライCで左後脚の管骨骨折で手術中のテイクオーヴァーターゲットはやはり引退。シンダーとリンガリがブラジルへシャトル。

本日のワイン●カヴァ、カステル・ド・ラ・コマンダ・ブリュット・ナチューレNV。きのうの続きでニールエリス、イングルウッド・シラーズ2007。さらにイングルウッド・カベルネソーヴィニヨン2007。濃いっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2009

本日は昭和50年でした

昨日なんとなく仕事一段落と思ってしまったら今日になってがっくり疲れがきた感じ。で、ネットの更新など少々あったもののだらだらと過ごしてしまった。気分的な問題なので、油断して一段落とか思わないほうがいいかもと思ったり。というわけで夕方6時前からちびちびと飲み始める。で、お料理当番はなんとなくつくってみたくなった麻婆豆腐。最後の最後、初歩的な失敗で片栗粉がごそごそと固まりになってしまった(笑)。味はまあまあだっただけに。近いうちにまた作ってみよう。月イチくらいのペースでBS2でやってる「日めくりタイムトラベル」をけっこう楽しみに見ておる。家にいるときだけだけど。いいよねえ、昭和って。

競馬高知競馬で複勝復活。なぜ今復活させるのだろう。●福島で、内田博幸4勝、戸崎圭太3勝ですか。●G2サマーマイルS(アスコット8F,4&up):前走G1クイーンアンS3着だったシェイク・ハムダンのアクラームが1番人気にこたえて勝利。半馬身差2着に父ネイエフのコンフロント。さらに半馬身差3着にインボンギ。●G3ミンストレルS(カラ7F,3&up):スリーロックスが重賞初制覇。父ロックオブジブラルタル。1 1/4馬身差2着にクールモアのジョージバーナードショウ。3着マッドアバウトユー。1番人気ジャンバジュキバは5着。●G3インターナショナルS(カラ9F,3&up):ジャドモントファームの断然人気フェーマスネームが勝利。2馬身差2着にステイングオン。3着にクールモアのラビットでおなじみレッドロックキャニオン。●G1マンノウォー(ベルモントパーク芝11F,3&up):中団よりややうしろを追走の1番人気ジオポンティが3~4コーナー外から進出し、直線で差し切ってG1・3連勝。伏兵マスカティアが逃げ粘って1 3/4馬身差2着。半馬身差3着にキジャノ。4着チンション。●G1プリンセスルーニーH(カルダー6F,3&up f/m):1番人気ゲームフェイスが4番手追走から4コーナー手前で先頭、直線突き放し圧勝でG1初制覇。逃げたキープザピースが6 3/4馬身差2着。最低人気オリノキア3着。インディアンブレシングはスクラッチ。●G2スマイルスプリントH(カルダー6F,3&up):2番手追走の伏兵イートンズギフトが直線で抜け出し勝利。断然人気ベニーザブルは5番手追走から直線で追ったが1馬身半届かず2着。1馬身差3着に最低人気プロセッサーズターフ。直線まで逃げ粘っていたイキガイは5着。●G3アザレアS(カルダー6F,3yo f):スタート後後方のファーストパッセージが外から徐々に位置取りを上げ、逃げていたケイズアンドジェイズを直線で競り落とした。3連勝でグレード初勝利。ケイズアンドジェイズは3/4馬身差2着。3馬身差3着にロイヤルカード。1番人気アンダーグラウンドはブービー8着。●G2キャリーバックS(カルダー6F,3yo):6頭立て縦長の展開で後方追走2頭の決着。ノットフォーシルヴァーが直線で抜け出して勝利。1番人気ユーラッキーマンは4馬身半差2着。3着プリンスジョシュア。●G2アメリカンダービー(アーリントンパーク芝9.5F,3yo):直線半ばで最後方のレッドが外に切り替え最後の100mだけで前の6頭をごぼう抜き。直線単独先頭だったノーインフレーションがアタマ差2着。3位入線のオイルマンは5着に降着。プロシードビーが繰り上がり3着。断然人気ジャイアントオークは4着。●G3アーリントンH(アーリントンパーク芝10F,3&up):後方追走のジャストアズウェルが4コーナー4番手まで押し上げ直線で差し切ってグレード初勝利。直線馬群を割って伸びたジェントルマンチェスターが1馬身差2着。1番人気コスモノートは2番手追走から直線で先頭に立ったがクビ差3着。2番人気サバジンビは7着。●G3モデスティH(アーリントンパーク芝9.5F,3&up f/m):5頭立て1番人気のピュアクランが最後方追走から3~4コーナー外から押し上げ直線で抜け出しグレード5勝目。逃げたダーレーのティザクイーナが2馬身半差3着。クビ差3着にダイナフォース。●G1ハリウッドゴールドC(ハリウッドパークAW10F,3&up):やや離れた2番手追走のレールトリップが、逃げたトレスボラチョスを差し切って3馬身差をつけ勝利。4 3/4馬身離れた3着に後方から押し上げたライフイズスイート。1番人気パレーディングは5着。●G2ロイヤルヒロインズマイルS(ハリウッドパーク芝8F,3&up f/m):去年までのキャッシュコールマイル。逃げたパトリシアズジェム、2番手のタスカンイヴニングが直線馬体を併せて一騎打ち。1番人気のタスカンイヴニングがハナ差出てグレード初制覇。人気2頭の決着。1 3/4馬身差3着にガッタハヴハー。●G2ダンススマートリーS(ウッドバイン芝9F,3&up f/m):逃げた伏兵ポインツオブグレースが直線突き放して勝利。2番手追走のジンジャーブルーが2 1/4馬身差2着。1馬身半差3着にムシュカ。1番人気コールウッドダンサーは4着。ロウヤーロンが疝痛の手術による合併症で安楽死

本日のワイン●続きのムルダーボッシュ・ソーヴィニヨンブラン2006
ユニブラン100%のヴァンムスー、シャンブレア・ブリュットNV。イケてない泡6本セットの最後だけはまあまあだった。
昨日のとセットだった神戸ワイン・セレクト・ロゼ2006。こっちもちょっと熱で逝っちゃってる感じだけど飲めないというほどでもない。
南アのニールエリスがつくるイングルウッド・シーラズ2007。うわっ!3桁価格でこの香りと味。さすがニールエリス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2009

冴えない4日ぶりワイン

久しぶりの始発帰り。ずっと会社にいたほうが時間が無駄にならないのだけど、木曜から金曜にかけては最近毎週会社泊な感じで、そうすると金曜日に指定されている新聞とかダンボールとかの資源ゴミが出せないのよ。というきわめて家庭的な理由で。あらためて午後から出社。なんとなく仕事が一段落した感じで、3日連続の休肝日のあとということもあり時間を気にせず飲むぞと本日2度目の帰宅。が、以下のような結果に……。

競馬●名港盃。2番手追走のテキサスイーグルが直線で一旦は先頭に立ったが、直後をぴったり追走していたカモンネイチャがとらえて1馬身半差で勝利。出遅れた1番人気ウイニングウインドは5馬身差で3着。名古屋競馬場はJBCに向けた改修工事で1カ月ほどお休みだそうで。G1ジュライC(ニューマーケット6F,3&up):キングズスタンド2着だったフリーティングスピリットが好位追走から外へ内へと大きく寄れながら先頭に立ってG1初制覇。勝ち馬に突き飛ばされたメインエイムだが繰り上がりにはならず1 1/4馬身差で2着。南アのジェイジェイザジェットプレーン3着。スタート後ハナに立ったテイクオーヴァーターゲットは7着。キングズスタンド勝ちで1番人気のシーニックブラストは10着。ゴールデンジュビリー勝ちのアートカノサーは12着。●G2スーパーラティヴS(ニューマーケット7F,2yo):父ハーフトのシルヴァーグリーシャンがデビューから3連勝。1馬身差2着にロワドヴィテッセRoi De Vitesse。3着シェークスピアリアン。クールモアの1番人気エンペラークラウディアスは6着。●G3サマーS(ヨーク6F,3&up f/m):昨年2歳時にG1チュヴァリーパークS勝ちのあるシリアスアティテュードが1番人気レッスンインヒューミリティをアタマ差でしりぞけて勝利。3 3/4馬身差3着にルックビジー。テイクオーヴァーターゲットはジュライCで管骨を骨折していて手術と。future in balanceという表現がどの程度危ない状況なのかニュアンスがわかりかねる。日本でも繋養されたブラックタイアフェアーが繁殖能力の減退により種牡馬引退。23歳。

本日のワイン●妻がどなた様からかいただいてきた神戸ワイン・エレガント(白)2002のハーフボトル。神戸市内産シャルドネ100%使用と。妻がすでに1杯だけ飲んだ形跡があり、注いでみると黄金色の液体で、あれっ?と思ったのだが、コレが完全にお逝きになってました。日本のこの価格帯のワインで2002年とはけっこう時間たってるなあと思ったのだが、さらに熱にも長時間さらされていたんだろうと想像。即刻、料理酒行き。気を取り直して冷やしてあった南アのムルダーボッシュ・シャルドネ・・・・・と思ったらソーヴィニヨンブラン2006でした。気分はシャルドネだったのでハシゴを外された感じに加え、飲んでみるとシャルドネほどイケてなくてちょっとがっくり。とはいえボトル3/4ほど飲んで撃沈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2009

ハリウッドパーク廃止へ

日航の利用客数、最悪の下落率と。まさかこれほど国際線の利用が落ち込むとはという感じでしょうか。関連して関空路線の相次ぐ撤退、さらにトヨタが落ち込んだことによる中部国際空港の利用者減と。そして気がつけばアメリカからの太平洋路線の経由地が成田をスルーされて仁川とか香港とかシンガポールにどんどん移行している現状。だいじょぶか、日本の航空関連業界。
ハリウッドパークがいよいよ廃止濃厚。今年の11~12月が最後の開催になる可能性が高いと。たしかぼくが初めて行ったアメリカの競馬場がハリウッドパークで、その後何度か行ってるので、もしほんとに最後の開催になるなら行きたいなあと。

競馬●G2ジュライS(ニューマーケット6F,2yo c/g):1番人気アルカノArcanoがデビューから2連勝。3/4馬身差2着にオーペングレイ。3着レッドジャズ。●G2プリンセスオブウェールズブルースクエアS(ニューマーケット12F,3&up):ジャドモントファームのドクターフリーマントルが重賞3勝目。半馬身差2着に今シーズン初戦のスキャパレッリ。アルワーリーがクビ差3着。1番人気ダンカンは最下位9着。●G3バーレーントロフィー(ニューマーケット13F,3yo):英ダービー9着、ゴドルフィンのカイトウッドが1番人気にこたえて勝利。2馬身半差2着にシェイク・ハムダンのタクティク。3着アバヴアベレージ。ケンタッキーダービー2着のパイオニアオブザナイルが左前脚の怪我で引退。昨年のG1ブルーグラスSの勝ち馬モンバが左後脚怪我のため引退。

始発まで会社につき連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2009

おみごと!テスタマッタ

Testamatta夜から大井競馬場。に向かう途中で久しぶりにジャポネ@有楽町に寄ってナポリタン(中盛)で腹ごしらえ。最近夕方でもけっこう混んでるような。で、ジャパンダートダービー。勝負服が同じなのでスーニとテスタマッタを間違えて見てたときもあったのだけど直線で赤い帽子が抜けてきたときはちょっと鳥肌が立った。馬主の吉田和美さんはワインを馬名にしている馬が何頭かいて、ロックドゥカンブに続くワイン名の活躍馬だろうか。写真はウチで飲まれる時をじっと待っているテスタマッタの2003年。終了後はまっすぐ帰宅。天王洲アイルからの臨海線→埼京線の直通に座ると原稿がすすむくん。

競馬●ジャパンダートダービー。7番手を追走したテスタマッタが4コーナー内を突き、直線外に持ち出して抜け出した。武蔵野SからJCダートの予定。シルクメビウスも直線伸びて2馬身差の2着。逃げたゴールデンチケットが4馬身差3着。スーニは4コーナーで一杯になり6着。中央6頭→南関東2頭→他地区5頭という、見事に実力どおりな着順となった。●門別。走路冠水のため中止とは驚いた。G1ファルマスS(ニューマーケット8F,3&up f/m):昨年のBCマイル勝ちで1番人気のゴルディコワがヘヴンセントを半馬身差でしりぞけ勝利。G1・4勝目。さらに半馬身差3着にスペーシャス。レインボーヴューは4着。●G2チェリーヒントンS(ニューマーケット6F,2yo):前走G2クイーンメアリーS2着のミシールMisheerが勝利。3 1/4馬身差2着にシェイク・ハムダンの1番人気ハバーイブ。3着レディーダルシャーン。25歳のジェイドハンターが種牡馬引退。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2009

デビュー3連勝で栄冠賞

栄冠賞。やっぱ無理しても行くんだったなあ。オノユウがデビューから3連勝。表彰式が終わったころを見計らって「おめでとうございます」の電話をしてみた。ちょうど最終レースがスタートしたところだったのだが、すでに競馬場を後にして祝勝会のお店に入ったところだという。早っ! ラベンダー賞が楽しみになりました。
関空路線さらに減便・廃止。関空ができたときには伊丹を廃止してなんて話もあったような気がしたけど、こりゃますます無理だよねえ。仮にほんとに廃止するとしたらビジネス客はほとんど新幹線に流れるだろうし。

競馬●栄冠賞。3番手追走のオノユウがゴール前で抜け出して勝利。2馬身差で4頭横一線の2着争いはウイニングリーダーが外から差して角川厩舎のワンツー。3着ロサガリカ。1番人気ショウリダバンザイは外を回ったこともあってか5着。ロケットマンが調教後に右前管骨の亀裂骨折がみつかった。すぐに手術をしてボトルを埋め込んだらしい。6カ月の休養を要すると。スプリンターズSに来られなくてなんとも残念。暮れの香港に間に合うかどうかという感じでしょうか。リチャード・デュトローの調教停止は30日間。昨年5月2日にクレンブテロールの陽性反応が出た問題で、当初の15日間から倍付けなった。ドバイゴールデンシャヒーンを勝ったビッグシティマンがStrangulated Cecum(盲腸の閉塞?)で死亡。7/5ハリウッドパークでの調教後のこと。手術したが手遅れだった。フランスの種牡馬アナバーが疝痛の手術後に死亡

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2009

南関出走2頭のダービー

いつもよりちょい早めの時間から「地方競馬最前線」収録。終了後、えらい睡魔が襲ってきた。睡眠時間が短かったということもないんだけど、やっぱしゃべるのは頭をフル回転させるからだろうか。出社しても仕事にならず。先週やろうと思っていてずるずる引き延ばしていた原稿がさらに明日以降に延びることになった。
で、「地方競馬最前線」ではすでに出したジャパンダートダービーの予想。
◎テスタマッタ
○スーニ
▲ゴールデンチケット
△サイレントスタメン
△ワンダーアキュート
△シルクメビウス
テスタマッタは前走ダート1200メートルだけど古馬1000万クラスで後方一気のあの勝ち方は強い。距離もだいじょうぶでしょう(たぶん)。あまり人気になりそうもないだけに楽しみではある。広いコースに変わるスーニと2頭が本命という感じで。それにしてもサイレントスタメンが出たからいいようなものの地元南関東はあと1頭がロマですか(^_^;)。そういえばわりと出走に前向きだったカラテチョップが出ていないことに今ごろ気づいた。目標である黒潮盃を勝ちに来るんでしょう。

競馬エリザベス女王所有の障害馬ムーンリットパスから禁止薬物が出た問題で、ニッキー・ヘンダーソン調教師は4万ポンドの罰金と3カ月の調教停止。

本日のワイン●ドメーヌ・サンジャックダルバ・ミネルヴォワ2007

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 05, 2009

競馬も疲弊するアメリカ

アメリカンオークスでした。つい何年か前は日本馬が勝ったり何頭も遠征したりグリーンチャンネルで生中継したりと盛り上がったのに、今じゃ日本にいるとやってないも同然な感じ。もしかして今年で終わりかと思うとちょっと悲しい。「廃止の可能性」という話が出てくるとどんどん廃止の方向へ報道が行ってしまうのは、日本もアメリカも似たような感じ。って、まだハリウッドパークの廃止が決まったわけじゃないですが。レース名に「インヴィテーショナル」がついてるものの、かつてのように誘致活動はしてないんでしょうかね。まあ今どき総賞金が70万ドルではちょっと魅力ないわね。そこへ持ってきて北米の馬券の売上げが前年比二桁の割合で減っていると。だいじょぶかね、アメリカの競馬。

競馬●岩鷲賞。逃げたフリーモアが直線沈んでゴール前は4頭の大接戦。中団から差してきたダンストンリアルがアタマ差出て重賞初勝利。道中後方追走で外から追い込んだリュウノツバサが惜しくも2着。直線一旦は単独先頭に立ったメタモルキングが3着。4着アンダーボナンザ。●マイネルセレクト産駒が佐賀で圧勝。ニッポンタイショー。カラテチョップのひとつ下ですね。●G1ジャンプラ賞(シャンティイ1600m,3yo):父スパイツタウンのロードシャナキルがG1初勝利。アタマ差2着にワゾドフーOiseau De Feu。ドイツから遠征のイリアンIrianが半馬身差で3着。1番人気ウエストファリアは5着。●G3ボワ賞(シャンティイ1000m,2yo):牝馬のドールドアップが勝利。1馬身差2着にシャンティイクレム。1番人気コーポラルマドックスは3着。●G3クロエ賞(シャンティイ1800m,3yo f):今年デビューのウィルサイドが2戦目から3連勝で重賞初勝利。アタマ、クビの接戦で2着ワンクレヴァーキャット、3着デノミネーション。●G1ドイツダービー(ハンブルク2400m,3yo):ヴィエナーヴァルツァーWiener WalzerがG2ウニオンレネンから連勝。1 1/4馬身差2着にソルディノ。クビ差3着にタフネスダノン。●G1アメリカンオークスインヴィテーショナル(ハリウッドパーク芝10F,3yo f):中団よりうしろを追走した馬たちの決着は、1番人気ゴージップガールが直線半ば一瞬で抜け出して完勝。芝では6戦5勝。3 1/4馬身差2着にウェルマニード。3着レックスレノス。●G1トリプルベンドH(ハリウッドパークAW7F,3&up):1番人気の3歳馬ゼンセーショナルが他馬に一度も並びかけられることもなく逃げ切った。ステークス初出走でG1勝ち。1馬身差2着にラッシュウィズサンダー。2番人気ノーブルコートがアタマ差3着。●G2トムフールH(ベルモントパーク7F,3&up):4頭立て3番手追走の1番人気マニングスが4コーナー内を突いて抜け出し、こちらも3歳馬の勝利。逃げたライリータッカーが2 1/4馬身差2着。3着ドリヴンバイサクセス。断然人気になるはずだったファビュラスストライクはスクラッチ。●G3ジャージーショアS(モンマスパーク6F,3yo):後続を引き付けて逃げたカスタムフォーカルロスが直線突き放して圧勝。6 1/4馬身差2着に1番人気スナップショット。3着ハッピーブル。●G3ローカストグローヴH(チャーチルダウンズ芝8F,3&up f/m):5頭立て一団の後方を進んだ1番人気クローズアウトが直線で外から抜け出し楽勝。45日間のチャーチルダウンズ春開催のクローズアウトデイにクローズアウト。3馬身差2着にグロリアグッドボディー。3着スティーリンキッスイズ。マスケットマンが左前脚骨折で戦線離脱。北米の6月の馬券売上げが前年比なんと16.9%減。6月までの半年間合計では同10.5%。

本日のワイン●今日はやめとこうかと思ったけどせっかくの日曜日なのでやっぱり飲む。昨日とは一転、普段飲みワインに戻って南仏のリーズナブルな自然派、ドメーヌ・サンジャックダルバ・ミネルヴォワ2007。こういうやさしい何気ないグルナッシュ、好きです。さすがに昨日たくさん飲んだんでボトル半分以上残しておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2009

6時間ロングランワイン

お料理教室つながりで市内ご近所のおじょーさま方(と書けと強く言われた)とそのだんなさま方をお迎えしてうちで飲み会。総勢7名+お子さんおひとり。何がたいへんだったって、部屋の整理整頓掃除。身内以外では久々の来客だったので、かなりちらかってホコリも溜まっていた。たまに来客を迎えると掃除を強いられるというのがメリットではある。お料理は、Kさんが焼いたバジルのパンと赤ワインのパン。Tさんご持参はカポナータと秘密のからすみ。Aさんご持参はカブとオクラのピクルス、茹でた鶏肉の中華風。わたし作は、カツオたたきとインドマグロ中トロのカルパッチョ。安売りしてたので思わず買ってしまったインドマグロ大トロは普通に刺身で。はじめて作ってみたラムにパン粉・ローズマリー・パセリ・パルミジャーノレッジャーノなどをまぶして香草焼き。やっぱうまいよね~、なみかたのラム。午後7時ごろスタートして日付変更線過ぎまで。おいしく楽しく盛り上がりました。

競馬G1エクリプスS(サンダウン10F,3&up):道悪の愛ダービーを回避したシーザスターズが断然人気で勝利。デビュー2戦目から5連勝でG1・3連勝。1馬身差2着にリップヴァンウィンクル。4馬身半離された3着にコンディット。●G3コーラルチャージ(スプリントS・サンダウン5F,3&up):Ialysosが1番人気トリプルアスペクトを半馬身差でしりぞけて勝利。クビ差3着にマスタプラスタ。4着マツノスケ。●G2ランカシャーオークス(ヘイドック12F,3&up f/m):5歳の伏兵バルシバBarshibaが重賞初勝利。3 3/4馬身差2着にフォーレンインラヴ。スターファラと1番人気ハイヒールドが3着同着。G1ダーバンジュライ(グレイヴィル2200m):3歳馬ビッグシティライフが勝利。3/4馬身差2着にZIRCONEUM。3着フォレストパス。連覇が期待されたポケットパワーは5着。●G1プライオレスS(ベルモントパーク6F,3yo f):2番手から直線を向いて先頭に立ったのはライトグリーンだったが、道中5番手から差を詰めたキャットムーヴズがゴール前差し切って3/4馬身。デビューから3連勝でG1勝利。父テールオブザキャットのヴァージニア産。同馬主でカップリング1番人気2頭のワンツー。2 1/4馬身差3着にリフォレステーション。G1エイコーンS勝ちで2番人気のガビーズゴールデンギャルはスタートでつまづいて最下位。●G2サバーバンH(ベルモントパーク10F,3&up):後方追走の伏兵ドライマティーニが直線馬群の間からゴール前で抜けて勝利。キアラン・マクラフリン調教になって2走目、1番人気エイジアティックボーイは2馬身差2着。クビ差3着にライジングムーン。さらにクビ差4着に逃げ粘ったファイナリーメイドイット。2番手追走イッツアバードは7着。●G2ドワイヤーS(ベルモントパーク8.5F,3yo):3番手追走のケンセイKenseiが4コーナーで先頭に立ち直線突き放して圧勝。3 1/4馬身差2着にカンヴォケーション。つまづいてダッシュがつかず最後方からとなった断然人気ウォリアーズリウォードは3着。●G1ユナイテッドネーションズS(モンマスパーク芝11F,3&up):後続を20馬身も離して逃げたプレシャスパッションがコースレコードの逃げ切りでこのレース連覇。2馬身差まで追い詰めたロウロが2着。4馬身半差3着にブラスハット。最後方追走の1番人気コートヴィジョンは6着。●G3サルヴァトールマイルH(モンマスパーク8F,3&up):コールプレイが直線突き放して逃げ切り勝ち。1番人気スムーズエアーは3馬身突き放されて2着。さらに3馬身差3着にソーラーフレア。2番人気ツーステップサルサは4着。●G2ファイヤークラッカーH(チャーチルダウンズ芝8F,3&up):直線外から追い込んだ1番人気ミスターシドニーが差し切り勝ち。2番手から直線で一旦先頭に立ったインカキングは1馬身半差2着。シースピーク3着。連覇のかかったソーンソングは逃げて4着。●G2アメリカンH(ハリウッドパーク芝9F,3&up):向正面を向いて先頭に立ったモントレージャズが徐々に後続との差を広げて勝利。最後方から押し上げたアーティストロイヤルが3 1/4馬身差2着。1番人気ホワッツザスクリプトは3着。●G3シカゴH(アーリントンパークAW7F,3&up f/m):断然人気インフォームドディシジョンが直線突き放して5連勝。最後方から押し上げたアンフォーガットンが4 3/4馬身差2着。4コーナーまで勝ち馬と競り合ったオーセニキャットが3着。マインザットバードには、プリークネスでも乗ったマイク・スミスがとりあえずG2ヴァージニアダービーとG1トラヴァーズの2戦。

090704wines本日のワイン●モエエシャンドンのカリフォルニア展開、シャンドン・ブランドノワール。赤みがかった麦わら色はピノノワールですね。プチシャンパーニュという感じ。
もう1本泡。カヴァでオリオルロッセール・キュヴェエスペシアル・ブリュットNV
白っ。ド・トラフォード・シュナンブラン2003。トロッとした官能的な液体。本日一番のびっくりはこれでした。
いただきもののティエリー・モルテ、マルサネ2005。これも十分おいしいけどトラフォードがあまりにこってりだったのでちょっと霞んでしまった。
赤っ。Kさんに持参いただいた中央葡萄酒のグレース・メルロ2007
昨日やまやのセールで買ったカレラ・ミルズ2006。まだちょっと若いかなあ。
Tさんに持参いただいたルーチェのセカンド、ルチェンテ2006
オルネライアのセカンド、レ・ヴォルテ2005。このあたりからどんな味だったか覚えておりません。もったいない。
ド・トラフォード・カベルネソーヴィニヨン2002
7名で9本。よく飲みました。ま、6時間近くかけてますから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2009

バーゲンに燃える気持ち

昨日のこと。週末のちょっとしたお気楽なワイン会に備えてやまや池袋東店に寄った。あくまでも食材とか調味料の調達のためであり、ワインを買うつもりはなかったのね(ホントです)。すると「7/3よりカリフォルニアワインセール」のお知らせが。で、店内に入ると「この商品の販売は7月3日からです」の貼り紙とともにすでにセール品が棚に並んでいて、そこにはカレラやオーボンクリマなどが楽天でも見かけないような値段で並んでいたのよ。そういうわけで本日7月3日。あらためてやまや池袋東店に突撃。あの。バーゲンとかに目の色を変えて行く女性の気持ちがちょっとわかりましたね。ぷちっ、と何かが切れて予定以上に買っちゃいました。オーパスワンの2005年が18,800円だったかというのにも心動かされたけど、さすがにそれは思いとどまった(^_^;)。

競馬●タップダンスシチー産駒の初勝利。アールパラダンス福山・高知競馬をスカパー!で放映開始。なるほど園田・姫路とは開催日がほとんど重ならないものね。福山と高知がテレビで見られるのはうれしい。●G3バシュフォードマナーS(チャーチルダウンズ6F,2yo):3番手集団を追走の断然人気バックトークは直線を向いて前が壁になったもののそこをこじ開けて抜け出し勝利。ビーシャープソナタの半弟で父はスマーティジョーンズ。直線を向いて先頭に立ったフラッターザンミーが1馬身差2着。1馬身半差3着にブラッシーボーイ。昨日のニュースではダーレーだったけど今日のはゴドルフィンが買ったことになってるジェラスアゲイン。同じっちゃ同じだけど。ダウンズアフターダーク3日間で89,115人の入場があったチャーチルダウンズ。4年半ぶりに復帰したシェーン・セラーズが2日のエヴァンジェリンダウンズ第1レースで勝利。今年の仏ダービー馬ルアーヴルが腱を傷めて引退。さらにゴドルフィンのお買い物。G1セントジェームスパレスSと英2000ギニーでともに2着だったデリゲーター。

本日のワイン●イケてないスパークリングワイン6本セットの残り2本のうちの1本。コント・ド・ローブ・ブランドブラン・ブリュット。フレシネ級に泡が荒い。裏ラベルに書いてある「エレガントな泡立ち」ではぜんぜんないんですけど。酸化防止剤として亜硫酸塩は当然としてもビタミンCまで入ってるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2009

レイチェルオークション

日本調教馬も活躍したアメリカンオークス。「ハリウッドパークが廃止されれば、今回が最後となるだろう」という表現がされてますな。ハリウッドパークの開催が決まってるのはこの春夏開催までだっけ? 次の冬の開催は決まってないんだっけ? しばらく行ってないので最後になるならその前に一度行きたいなと。

未来の帯広競馬場デザイン・コンクール。我こそはという方は、よろしくお願いします。

競馬●第1回園田ダービーを制したアヤノミドリの仔、モエレデフィニット。●逃げ切りでロージズインメイ産駒として初勝利のロージズダーレーのお買い物。ロイヤルアスコットにアメリカから遠征してG2クイーンメアリーSを勝ったジェラスアゲインそういえばオーナーが同じだったんだ。レイチェルアレクサンドラの関連グッズをケンダルジャクソンワイナリーのサイトでチャリティーオークションに。ストリートヒーローがオーストラリアにシャトル。ケープタウンはブラジルへ。香港の年度代表馬はヴィヴァパタカ。人気投票は僅差でセイクリッドキングダム。

週末にそなえて本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2009

どうなる浦和のスタンド

Urawa1go2004年7月1日にはじめたこのブログが6年目に突入でございます。本日は浦和の重賞ということで、家で作業ののち、競馬場へ。1号スタンドの1階部分に白い板が張り巡らされ、工事関係者以外中に入れないようになっていた。取り壊すんだろうか、それとも大掛かりな補強をするのだろうか。もし解体して一から建て直しとなると、実況席や審判の部屋がなくなってしまう。開催日程を見ると、浦和はちゃんと毎月開催があるので、それはないような気はするが。さて、どうなるんでしょう。

競馬●浦和ゴールドカップ。ハナに立ったノースダンデーが直線突き放して勝利。重賞連勝で5連勝。3番手追走のクレイアートビュンが2馬身半差2着。勝ち馬をぴったりマークして進んだトップサバトンは直線伸びを欠いて3着。●園田フレンドリーカップ。3番手のアルドラゴンが3コーナー手前で仕掛け、逃げたリヴァーフィールドに並びかけると、ゴール前でクビ差とらえて勝利。2馬身半差3着にドリカムジャガー。●G3ブラウンズタウンS(フェアリーハウス7F,3&up):伏兵グロウイングがルミナスアイズを短頭差でしりぞけ重賞初制覇。3着カリダハ。●G3ドミニオンデイS(ウッドバインAW10F,3&up):4コーナーまで後方のマーチフィールドが直線馬群を割って差し切り勝ち。父エーピーインディのオンタリオ産。逃げ粘ったアプルーヴァルレーティングが1 3/4馬身差2着。断然人気ヴァケーションは2 1/4馬身離れて3着。マインザットバードの鞍上。次走予定8/1のG2ウエストヴァージニアダービーでカルヴァン・ボレルが乗れないことから、今年ずっと乗れる別の騎手を探すと。昨年行われなかったG1フランクJ.ドフランシスダッシュSが復活。24歳のラーイが繁殖能力減退により種牡馬引退。引き続きスリーチムニーズファームで余生を過ごす。

本日のワイン●続きのキザンファミリーリザーブ2007。梅酒をロックで1杯。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »