« April 2009 | Main | June 2009 »

May 31, 2009

高岡調教師星G1・2勝目

佐賀競馬場へ。天気予報どおり、東京と違ってこっちはいい天気。暑いくらい。と思っていたら、今年は例年の5月に比べてかなり涼しかったそうだ。日なたは暑いけど風通しのいい日陰に入れば涼しいのは真夏だけではないようだ。このあたりは年中湿度が低いのだなあ。今年も佐賀競馬場の事務所で見せていただいた日本ダービーはちょっと感動した。いや、別に事務所で見せていただかなくても場外売りしていたので普通に場内でも見られたのだが。その後ネットなどで記者会見のコメントなどを見てさらに感動した。現地で見られなかったのは残念だが、こっちのダービー栄城賞もまたわざわざ見に来てよかったと思うものだった。馬券も本線で日本ダービーの負けを取り戻して余りあるものだったし。本日は博多泊。ホテルにチェックインして、さて原稿。と思ったところ電話があり。シンガポールの高岡調教師がG1パトロンズボウルを勝ったとのお知らせ。日本産のジョリーズシンジュ。勝っちゃうときはこんなものなのね。スプリンターと思っていたのに1400mでこの強さ。キープアウェイと一緒に1600mのシンガポールダービートライアルを使うらしい。ん~、その日程では見に行けないなあ。今年なかなか勝てなかったロニー・スチュワートもこの土日に一気に5勝も挙げ、そのうちの4頭が日本産馬だった。

競馬●九州ダービー栄城賞。内で3~4番手のギオンゴールド、後方4番手から進出してきた高知のグランシングが4コーナーで並んで叩き合い。最後はギオンゴールドが2馬身突き放した。●柏林賞。3頭横一線で障害を越えたが、トップハンデでも1番人気ライデンロックがわずかに抜けてゴール。2着ウメノタイショウ、3着アカダケキングは0.1秒差。●香港G1チャンピオンズ&チャッターC(シャティン2400m):4番手の内を進んだ1番人気ヴィヴァパタカが、直線先頭に立っていたサムズアップを内からとらえて勝利。サムズアップは勝ち馬の直後から早めに先頭に立ったが粘りきれずクビ差2着。最後方から押し上げたコレクションが3着。●G2サンドリンガム賞(シャンティイ1600m,3yo f):ホームバウンドが重賞初勝利。半馬身差2着にReggane、3着アリアディフェスタ。●G2シャンティー大賞典(シャンティイ2400m,4&up):シンティロが今シーズンオールウェザーのG3ウインターダービーに続く重賞勝ち。アタマ差2着にチンション。断然人気のマガダンは半馬身差3着。●G2グロシェーヌ賞(シャンティイ1000m,3&up):7歳のタックスフリーがブラックマンバツォBlack Mambazoをクビ差でしりぞけて勝利。3着ベンバウン。●G2ハネムーンH(ハリウッドパーク芝9F,3yo f):縦長の後方を追走した1番人気ウェルマニードが直線抜け出した。ステークス初出走でメイドンから3連勝。中団から直線勝ち馬を追った2番人気アクティングレディーが1 1/4馬身差2着。最後方からゴール前追い込んだレックスレノスが3着。

本日休肝日な博多の夜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2009

眠れず食いすぎな週末

疲れがなかなかとれなかったりだとか、長旅で疲れたりだとか、慣れない運動をしたあと1日置いて筋肉痛がきたりだとかでトシだなと感じたことはあるけど、最近では、早朝に目が覚めてしまたったりだとか、疲れてても夜なかなか眠れなかったりだとかで、いよいよほんとにトシとったなと考えさせられるようになってきた。とほほ。昨日、というか今朝も朝4時まで原稿やって寝ようとしたけどなかなか寝られなかったのよ。夜はお料理当番。余ってた野菜とか食材とかでいろいろ作ったら食い過ぎた。結果、満腹のまま寝ることに。最近家メシだと食いすぎるなあ。

競馬●G3ジョンオブゴーントS(ヘイドック7F,4&up):ジャドモントファームの1番人気メインエイムが重賞初出走で勝利。2馬身差2着にビーコンロッジ。3着アラビアングリーム。●G3パレロワイヤル賞(ロンシャン7F,3&up):3歳のAs De Trebolが1番人気ダンケルクDunkerqueをアタマ差でしりぞけ重賞初出走で勝利。3着マリオルMariol。●G1ゲームリーBCS(ハリウッドパーク芝9F,3&up f/m):直線を向いても中団だったマジカルファンタジーがゴール前伸びて差し切り勝ち。デルマーオークスに続くG1・2勝目で、G2サンタバーバラHから連勝。クビ差2着にヴィジット。2番手を追走した1番人気ダイアモンドディーヴァはハナ差3着。最後方追走の2番人気ブラックマンバは4着。●G2サンズポイントS(ベルモントパーク芝9F,3yo f):前走G1アシュランドS2着で僅差2番人気のゴージップガールが向正面で先頭に立つと並びかけてきたブルーグラスプリンセスを直線で振り切って勝利。直線迫ったウォームシャワーが1馬身半差2着。3着ブルーグラスプリンセス。1番人気マジックアフェアーは4着。●G3アリスタイズH(チャーチルダウンズ6F,3&up):3番手追走のボールドスタートが直線抜け出して重賞初勝利。2番手のセマフォーマンが直線一旦は先頭に立ったが突き放されて2 3/4馬身差2着。最低人気ナイツクロス3着。1番人気ソックソックは4着。●G3ドッグウッドS(チャーチルダウンズ8F,3yo f):3~4コーナーで好位にとりついたハイタップがゴール前突き放して重賞初勝利。4コーナーで先頭に立った断然人気のラスターは3 1/4馬身差2着。最後方から押し上げたパーフェクトフォーユー3着。●G3ゴールデンゲートフィールズターフ(ゴールデンゲートフィールズ芝11F,4&up):中団から直線伸びた断然人気のスプリングハウスが勝利。鞍上はラッセル・ベイズ。後方から押し上げたサーデイヴが1 1/4馬身差2着。直線半ばまで逃げ粘った2番人気ヨットスポッター3着。●G2ナッソーS(ウッドバイン芝8.5F,3&up f/m):4番手追走の断然人気ルザリアンが直線抜け出して勝利。3馬身差2着にコールウッドダンサー。3着メドウサフロン。ロビーアルバラードがチャーチルダウンズの9レースで通算4000勝。北米では56人目。

本日のワイン●続きのマルキドボーラン・グルナッシュ・シラー・ロゼ2007。カヴァでカンパッソス・ブリュットNV

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2009

鞍上だけに3冠の可能性

今日こそ間違いなく早めに帰れると思ったのだが。午後、1件打ち合わせに行った先で超特急の原稿のお仕事をいただいてしまった。まことにありがたいことである(泣)。というわけで今日もお決まりの終電1本前。明朝始発帰りでもという勢いだったのだが帰ることにした。雨なのに、普段の終電1本前にくらべてえらい混雑。なるほど給料日後で月末の金曜日なのね。わかりやすいな世間は。
きびしいねえ、ばんえい競馬。コレコレ。そして応援する人々

競馬レイチェルアレクサンドラはベルモントSを回避。KYオークスとプリークネスを勝ったので休みをあげると。復帰は夏以降。マインザットバードの鞍上はカルヴァン・ボレルに戻り3冠ジョッキーのチャンス。ここまでマインザットバードの鞍上が決まらなかったのはこの可能性がわかってたんだろうね。ウッドバイン競馬場では6/3~28の暫定措置として毎日最初の2レースではライトタッチホイップというムチを使わなければならないと。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2009

ダービーウイーク予想が

本日は競馬総合チャンネルの原稿以外にそれほど迫られたものもなく早めに帰れるかと思っていたのだが。やっぱり甘かった。会社に来てみたらけっこうやること満載なのね。というわけで帰宅はいつもの終電1本前。
事前に出したダービーウイークの予想が情けないことになっております。今週月曜日初回放送の地方競馬最前線で予想した馬がすでに2頭出ない。岩手ダービーと東海ダービーね。ま、そのときはレースによって登録馬も出てない段階だったのでしかたないにしても、これが今週土日にも再放送されるのはちびっと情けない。さらに。本日(木曜)発売の夕刊フジのコラムでも各地の有力馬を挙げたのだが、なんとシャレーストーン故障回避でしたか! 登録馬も出てたし各地に問い合わせもして万全を期したつもりが、この段階で故障とは。これもタイミング的にちゃんと確認してれば間に合わなくもなかったんだけど。情報が溢れてくるわけではない地方競馬で枠順が出る前の予想は難しい。って、単なる言い訳なんですが。まだまだ精進が足りませんです。はい。

競馬●オノユウ。北海道では有名人らしい。●G2ヘンリーII世S(サンダウン16.5F,4&up):ジョーディーランドGeordielandが断然人気パッカイPatkaiに5馬身差をつけて勝利。さらに5馬身差の3着にTastahil。●G3ブリガディアジェラードS(サンダウン10F,4&up):昨年のG1イタリアダービー勝ち馬で吉田照哉さんのシーマドトリオンフが勝利。ハナ差2着に昨年のBCターフ勝ち以来のコンディット。1馬身差3着にストッツフォールドStotsfold。1番人気パイプドリーマーは5着。●G2コリーダ賞(サンクルー2100m,4&up f/m):リナミックス産駒のアルパインロゼが重賞初制覇。半馬身差2着にDanse Grecque、3着La Boum。1番人気シェミーマShemimaは4着。ケンタッキーダービー1番人気で18着だったフリーザンファイヤーが疲労による左前脚剥離骨折のため戦線離脱。エドガー・プラドがペルーでの最高スポーツ賞「スポーティングローレル」を受賞。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2009

浦和薄暮開催でがっつり

本日は浦和競馬場なのでそれまで家で作業。薄暮開催なので午後4時過ぎに遅いお出かけ。このくらいの時間だといろんなことをできる時間がとれていいですな。通年薄暮開催にしてくれないだろうか。んでも、浦和記念のときなんか真っ暗になっちゃうから無理か。そもそも浦和って年に何回行くんだよということもあるのだが。終了後ディアボラへ。取材のお手伝いに当然飲みを兼ねて。ディアボラはシンプルに焼いた肉がうまい。がっつり食った。そしてがっつり飲んだ。終盤の記憶があやふやでござる。

競馬●さきたま杯。3番手を進んだスマートファルコンが3~4コーナーで前のバンブーエールに並びかけ、ゴール前で1馬身半突き放して6連勝。4番手追走のトップサバトンがさらに1馬身半差3着。アルドラゴンは向正面から早めに仕掛けて3~4コーナーでは前に並びかけたが直線後退して7着。イッツアバードから禁止薬物ナプロキセンの陽性反応。4/4のG2オークロンHは失格に。

本日のワイン●いつものモンテベッロ・ブリュットNVでスタート。
白はマルケ州のDOCコッリ・ペザレージColli Pesaresi、ファットリア・マンチーニがつくるロンカリアRONCAGLIA・ビアンコ2007。アルバネッラ75%、ピノネロ25%。って、ピノネロを白ワイン醸造法で使ってるらしい。へーへーへー。
トスカーナのカステッロ・デル・トレッビオ・メルロー2004
la cq uova(ラカノヴァと発音するの?)バルバレスコ2004
最後に禁断のグラッパも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2009

とんかつ弁当の罪悪感

通常出社。昼。なんとなくソースでフライものがどうしても食べたくなったので会社近所の肉屋さんで上とんかつ弁当。本日はサービス品になっており消費税サービスの700円也。フライものは普段はあんまり食べないようにしてるうえに、とんかつは年に何度かしか食べないので、いざとんかつを食べるとなると罪悪感があるのよね。さすが肉屋さんという感じで700円にしてはボリュームたっぷり。それでも1000円以下に限定すればやっぱとんかつはここの味噌カツが最高かも。
今週はダービーですね。JR池袋駅の改札のSuicaをピッとやるところには日本ダービーの広告というかステッカーが貼ってある。都内とか山手線内の主要駅には同じように貼ってあるんでしょうか。ここまでやるとはホントにきびしいんだろうなあと。宣伝なんぞあんまりしなくても、ほかによほどのニュースでもない限り、ダービーの週はスポーツ紙の1面が連日のようにダービーの記事だったころが懐かしいよねえ。

競馬テイクオーヴァーターゲットが無事にニューマーケット到着。4度目のロイヤルアスコット挑戦。ロイヤルアスコットにアメリカから遠征するウェズレー・ウォード調教師の馬に騎乗予定だったレネ・ダグラスの代打にジョン・ヴェラスケス。2000年のロイヤルアスコットでもデットーリの代わりにゴドルフィンの馬に乗った。

本日のワイン●ちょっとだけ残ってた続きのシャトー・ベレールガリエ2005。暑くなってきてそろそろロゼの季節ねってことで、ラングドックのフォンカリュー生産者組合がつくるマルキドボーラン・グルナッシュ・シラー・ロゼ2007。美しいサーモンピンクで見事にロゼの味なロゼ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2009

じゃがいもは皮つきで

午後からグリーンチャンネル・地方競馬最前線の収録。1箇所失敗でみなさまにご迷惑をおかけした。すみませんすみません。それとは別に日本ダービーは「にほんだーびー」ではなく「にっぽんだーびー」と発音しないといけないらしい。そう言われてみるとグリーンチャンネルではみなさんそう発音してたような。夕方出社してもろもろやってたら結局終電1本前での帰宅。とはいっても先週よりはちょっと余裕があるのでお料理。在庫がダブついてしまった大根は醤油漬け柚子コショウ風味に。新ジャガと新タマネギで肉じゃが。新ジャガなのでよく洗って皮をむかないままつくったのだが、ジャガイモは皮にこそ泥臭いおいしさがあると再認識したのであった。
新聞でも「超速報」という表現を使うようになったのか。速報は速報であって超がついても速報には変わりないと思うのだが。

競馬●G1メトロポリタンH(ベルモントパーク8F,3&up):中団追走のブリボンが3~4コーナー大外をまくってゴール前抜け出しG1初制覇。馬群を割って抜けてきたスムーズエアーが半馬身差2着で人気を分け合った2頭の決着。逃げたドリヴンバイサクセスは1馬身差3着。●G1シューメーカーBCマイルS(ハリウッドパーク芝8F,3&up):逃げたソーンソングが最後まで粘って接戦を制した。昨年10月のターフマイルに続くG1勝ち。アタマ差まで追い詰めたハイパーバリックが2着。クビ差3着にストームミリタリー。1番人気ホワッツザスクリプトはさらにクビ差の4着。●G3バークレーH(ゴールデンゲートフィールズAW8.5F,4&up):アタマ、アタマ、ハナという接戦を制したのは中団から進出したブービー人気のオーティズムアウェアネス。2着に僅差2番人気のボールドチーフテン。後方から直線追い込んだ1番人気オウサムジェムが3着。4着メゼンディークロン。●G3ローンスターパークH(ローンスターパーク8.5F,3&up):断然人気イッツアバードが、直線叩き合いとなったジョンズボロをアタマ差でしりぞけて勝利。G2オークロンHから連勝。半馬身差3着にソングオブナヴァロン。●G3ウイジャボードディスタフH(ローンスターパーク芝8F,3&up f/m):グレード初挑戦の伏兵ウェイステッドティアーズがトラックレコードで逃げ切り勝ち。ゴール前外から追い込んだスーペリアストームが1馬身差2着。半馬身差3着にラヴトゥテル。1番人気フリバージビットは1コーナーで競走中止。●G3ダラスターフカップH(ローンスターパーク芝9F,3&up):断然人気シースピークが2番手追走から向正面で先頭に立ち、直線突き放して圧勝。昨年10月のG3ブライアンステーションでは1位入線も2着降着になっていたがこれがグレード初勝利。4 3/4馬身差2着にアーネスト。3着レッドロッククリーク。●G3メモリアルデイH(カルダー8.5F,3&up):僅差2番人気のファイナリーメイドイットが逃げ切り勝ち。4番手から勝ち馬の直後に迫った1番人気モトヴァトは最後まで差を詰められず1 1/4馬身差2着。離れた3着にドリームマエストロ。●G3ウイニングカラーズS(チャーチルダウンズ6F,3&up f/m):1番人気ドバイマジェスティが、3コーナーから競り合ったレディーチェイスをゴール前で振り切ってグレード初勝利。父エッセンスオブドバイ。1馬身差でレディーチェイスが入線したが、ゴール前で外によれて3着降着。2番人気キープザピースが繰り上がって2着。レネ・ダグラス落馬の原因となったジェイミー・テリオットが30日間の騎乗停止

本日のワイン●昨日の続き。AOCグラーヴのシャトー・ベレールガリエ2005

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 24, 2009

肉用のカレーパウダーで

20090524205054家。朝からネット更新などののち、昼過ぎにさいたま市長選挙、買い物。帰宅してオークスを見てから久しぶりにちゃんとお料理当番。野菜スティック、カツオのたたきカルパッチョ。メインはシンガポールのリトルインディアでカレー粉を買ってきたのでたっぷり香菜のドライカレー(写真)。日本だとカレー粉というとただのカレー粉しかなくメーカーが違ってもそれほど違わないけど、インド人たちのお店には単にカレー粉といっても同じメーカーから何種類ものカレー粉が出てるのよ。今回は肉用のミートカレーパウダーというのを買ってきてみた。

競馬●福山さつき賞。3コーナー手前で先頭に立ったフジノコウザンが直線バクシンオーを振り切って勝利。最後方追走のザラストアラビアンが3~4コーナー一気にまくって直線追い上げたが届かず3着。●G1アイリッシュ1000ギニー(カラ8F,3yo f):今シーズン初出走ながら1番人気となったアゲインが、早め先頭に立っていたラハリーブをゴール前で差し切ってクビ差の勝利。3馬身半差3着にオーグッドネスミー。●G1タタソーズルズゴールドC(カラ10.5F,4&up):5頭立て一団から直線ヨーイドンの競馬は、終始先頭にいたカジュアルコンクエストが直線後続を突き放してG1初制覇。5馬身半差2着に1番人気フェイマスネーム。3着ラッシュシュイズ。●G3ガリニュールS(カラ10F,3yo):クールモアのグランデュカルが1番人気Alaivanをアタマ差でしりぞけ勝利。3着ザブルヘイズ。●G2イタリアオークス(サンシーロ2200m,3yo f):デムーロ騎乗のナイトオブマジックがワダートをハナ差でしりぞけ勝利。3着クイザクイザクイザ。●G2ヴェイグランシーH(ベルモントパーク6.5F,3&up f/m):キャロリンズキャットが直線突き放して逃げ切り勝ち。3 1/4馬身差2着にポートボヌール。さらに離れた3着にアーウィドリーミン。僅差2番人気のエニーリミットは4着。1番人気ゲームフェイスは最下位5着。●G3ラザロS.ベレラメモリアルS(ハリウッドパークAW7F,3yo):チャーリーズモーメントが逃げ切ってグレード初勝利。直線追い込んだベットオンヴィクターが2馬身差2着。断然人気キャノナイズは1 1/4馬身差3着。●G3コノートカップS(ウッドバイン芝8.5F,4&up):連覇を狙った1番人気のラーイズアトーニーが逃げ粘るところ、後方追走のスターウインズが差し切ってアタマ差でコースレコードでの勝利。1馬身半差3着にソサイエティチェアマン。土曜日のG3アーリントンメイトロンHで落馬したレネ・ダグラスは7時間の手術を終えたが下半身に麻痺が残って歩けなくなる可能性。

本日のワイン●ヴァンムスー、レイター・ブランドブラン・ブリュットNV。コロンバール30%、ユニブラン30%、シュナンブラン40%。家で登場するのはめずらしいボルドー、AOCグラーヴのシャトー・ベレールガリエ2005。メルロー60%、カベルネソーヴィニヨン25%、カベルネフラン15%。おお、濃くておいしいボルドー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2009

無傷の10連勝ゼニヤッタ

今週はだいぶ疲れてたらしい。朝起きて、オムレツだとか千歳空港で買ってきたソーセージだとか、休日っぽい朝飯をつくったあともう一度布団の中へ。グリーンチャンネルをつけたまま、眠るでもなく夢と現実の狭間を彷徨っていた感じで起きたのが昼。体力的というより頭のほうが疲れてた感じ。さらに体を覚ますべくジョギングで別所沼。門別競馬場の闇でコケたときのヒザ。腫れることもなく軽くなら走ってもだいじょうぶな程度なのでよかった。アザになってるので触ると痛いけど。家の片付け、ネットの更新などをやって、夜はお料理教室の奥様方と、なんとなく2カ月に1度の定例となったワイン会。アズーリにて。以前から計画されていたこともあり、新妻シェフはかなり気合を入れてくれたらしい。メインのフランス鴨のスパイシーな蜂蜜ローストが絶品であった。あのロースト具合は素人には絶対にできん。甲州ワイン樽を使った日本酒などサプライズがあり、日付変更線過ぎまで居座ってしまった。

競馬●G1ドゥーンベン10,000(ドゥーンベン1350m,3&up):ここ2戦ともに3着でも1番人気となったアパッチキャットが勝って、今年はオーストラリアSに続くG1・2勝目。アタマ差2着にブラックピラーニャ。3着オールサイレント。●G1アイリッシュ2000ギニー(カラ8F,3yo c/f):英2000ギニーは5着だったマスタークラフツマンがここは1番人気にこたえて圧勝。4馬身半差2着にレイエニRayeni。3着ソウルシティー。英2000ギニー1番人気で2着だったデリゲーターはブービーの8着。●G3エクイストリアンS(カラ8F,4&up f/m):エミリーブレイクが1番人気ビーチバニーを半馬身差でしりぞけ、G3アサシSから連勝。3着ドーヴィルヴィジョン。●G3グリーンランズS(カラ6F,3&up):断然人気アトモストリスペクトが昨秋から重賞3連勝。2馬身半差2着にジャンバジュキバ。3着アイスランディック。●G2テンプルS(ヘイドック5F,3&up):ルックビジーが1番人気ボーダーレスコットをクビ差でしりぞけ勝利。3着ウィダド。G2ミレディH(ハリウッドパークAW8.5F,3&up f/m):BCレディーズクラシック以来の復帰戦、向正面まで離れた最後方追走のゼニヤッタが3~4コーナーひとまくりで直線楽に差し切って無傷の10連勝。5/1のG2ルイヴィルディスタフが復帰戦となる予定だったが道悪でスクラッチしていた。「レイチェルアレクサンドラと対戦する可能性を楽しみにしてるよ」とマイク・スミス。1 3/4馬身差2着にやはり後方から押し上げた2番人気ライフイズスイートで、ジョン・シレフス厩舎のワンツー。3着のオールアイキャンセイイズワオという馬は、このレースを表現するために出走させたんだろうか。●G2シープスヘッドベイH(ベルモントパーク芝11F,3&up f/m):断然人気ダーレーのクリティシズムが逃げ切ってG2ラプリヴォヤントHから連勝。2番手追走のムシュカは4コーナーで勝ち馬に並びかけたものの直線離され2 1/4馬身差2着。ハナ差3着にカプリス。●G3ルイヴィルH(チャーチルダウンズ芝12F,3&up):8歳になったブラスハットが縦長の5番手追走から直線大外を伸びて差し切った。2007年9月以来の勝利で、芝でも8戦目で初勝利。直線早めに進出した1番人気スパイスルートが半馬身差3着。後続を離して逃げたサバジンビは3着。●G3アーリントンメイトロンS(アーリントンパークAW9F,3&up f/m):スタート後先頭も2番手に控えたユーフォニーが直線で抜け出しグレード初勝利。後方から直線で勝ち馬に迫ったキスウィズアツイストが3/4馬身差2着。勝ち馬と併走するように進んだ断然人気インディスクライバブルは2馬身半差3着。●G3阪神カップS(アーリントンパークAW8F,3&up):ヴァケーションが3番手追走から4コーナー先頭で直線突き放しグレード初勝利。後方から直線追い上げたドミニカンが2 1/4馬身差2着。3着チェロキーアーティスト。

本日のワイン●アズーリにて。
安旨で超有名なジャン・クロード・マスがつくるトワベー・エ・オウモン III B & Auromon シャルドネ2007。AOCはリムー。ニューワールドと思うような樽の感じ。
ファルケンシュタイン・ソーヴィニヨン2005。オストリア隣接のトレンティーノ・アルト・アディジェ州なのでドイツ語。ソーヴィニヨンブランとは思えないフルーティー。
東一 山田錦 純米吟醸 勝沼醸造甲州ワイン樽 Azumaichi Koshu Wood 2008
ヤン・シャーヴ、クローズエルミタージュ・ルージュ2002。想像に反してミディアムでこれはちょっとイマイチ。
めずらしくチリでヴィーニャ・エラスリスVina Errazuriz マックス・レゼルヴァ・カベルネソーヴィニヨン2007。鴨のローストに使った7種のスパイスとぴったんこ。スパイシーで凝縮した果実味。
さらに追加。ヴェネト州のモンテ・ダッローラ、ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ2005。コルヴィーナ40%、コルヴィノーネ20%、ロンディネッラ20%、オゼレータ10%など、聞いたことない品種ばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2009

世界2位のロケットマン

朝、ちょいと早めに起きて残った原稿を書いて送信。遠征したり締切だったりの連続だった1週間にようやくメドがついた。午後から出社。あとちょっと、今週のうちにやろうと思っていたことが残ってしまったのだが週末にやろう。終電1本前で帰宅。野菜がしおれまくりなので久しぶりに夜中のお料理。小松菜の胡麻和え。たぶん3週間ほども前に配達されたであろう(^_^;)サツマイモで油揚げと薄甘煮。

競馬ロケットマンのレーティングがセイクリッドキングダムと1ポイント差の121で、スプリンター部門では世界2位。全体では7位タイ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2009

人生最大の乗り過ごし

昨夜から今朝にかけて。原稿を書きつつ睡魔に耐え切れなくなったらベッドの上に倒れて数分~十数分仮眠というのを何度繰り返したことか。1本だけなんとかメドがつき、ちゃんとふとんにもぐって寝たのは1時間半ほど。帰りの飛行機は爆睡して帰京。会社にちょっと寄って請求書印刷してそれを持って某納品。残されたわずかな時間を有効に使うべく、会社には戻らず新橋駅前のマクドナルドで原稿。夕方のマクドナルドというと、日本全国どこでも女子高生の溜まり場というのが相場なのだが、たまげましたね。ここは。2階の禁煙フロアーに入ると、黙々とパソコンに向かっているサラリーマン、OLが多数。女子高生で溢れるマクドナルドとは対極ともいうべき静けさでノートパソコンのキーボードを叩く音が聞こえてくる。中に仕事の打ち合わせをしてる方々が2~3組いて、その会話がちょっと離れたところにいても聞こえてくるほど。で、ぼくも3時間ほど黙々とパソコンに向かう人々に溶け込んでたわけですが。結果、明朝までの目標3本のうち2.5本くらいまで進んだ。それもこれも、今夜は某懇親会があり、心置きなくアルコールを摂取するため。1本でもまるまる残ったら梅酒2杯のみでおしまいにする予定だったのだが、とりあえず明朝早起きしてやればだいじょうぶなところまでは進んだ。というわけでアルコールを摂取できる態勢になって宴。あんまり寝てないので遠慮しながらと思っていたのだが「さいとーさん、いつも寝てないんだからだいじょーぶですよ」とAちゃんにわけのわからんことを言われ調子に乗って飲む。終電より1時間ほど前に終了。新橋駅。山手線のほうが先に来たのでとりあえず田端まではとそれに乗ったのが大失敗。座って爆睡。はっ。と目をさますと渋谷駅を出たところ。自分の置かれている状況が即座には理解できず、次の恵比寿で降りて逆周りに乗った。人生最大の乗り過ごし(泣)。埼京線はすでになく、それでもなんとか京浜東北線の終電1本前に乗れたので助かった。西友で豚バラと牛乳を買って帰宅したのは午前1時半近かったような。

競馬●夜さ恋ナイター(PDF)。昨夜、みんなで予想していたとおりになった。しかし夜はともかく恋のほうまでは想像できなかったけど。ピナクル競馬場が予算を340万ドルから140万ドルへと大幅削減し、開催日数も82日間からなんと25日間へとアンビリーバボーな削減。ドッグウッドステーブルがマインザットバードの半弟をトレーニングセールで買った。父ヨナグスカ。

本日の酒●居酒屋飲み放題コース。まったく期待せずにとりあえずグラスの白ワイン。これがまた、どうせイケてないワインだろうという期待を見事に外さず、あとは日本酒に切り替えた。5合ほどは飲んだと思うがあんまり記憶ナシ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2009

ハデにコケた門別の闇

Photo昨夜(というか明け方)ほとんど寝ながら書いた重たい原稿(文字数が多いという意味ではない)を再考して送信。ちょっとだけ肩の荷が下りた。羽田→新千歳空港。先着組のレンタカーでピックアップしてもらい門別競馬場へ。最初、客の入りはこんなもんか、と思っていたのだが、やはり夜に向けてだんだんと増えてきた。最終的に入場人員は1,698名。かなり入った。大手牧場の有名な方々もほとんど漏れなく顔を揃えていた。知った方々もたくさんいて「どうも」と何度頭を下げたことだろう。内田利雄さんはやっぱりどこにいってもまわりを明るくする。ブラジル行きはほとんど決まっていたのだが、インフルエンザの影響を考えてやめたのだそうだ。6月下旬から岩手で騎乗する。エトワール賞を勝ったクラフィンライデンは内田さんが短期所属している村上正和厩舎。なんで乗らなかったんですかと聞いたら、「50キロじゃ乗れません」と。なるほど。それでも同じような勝負服同士ということで口取りにも加わった(写真)。最終レース終了後、照明を消されてしまい厩舎地区側に止めた車へ戻る道は真っ暗闇。気をつけて歩いていたのだが溝にズボッ(泣)。ハデにコケた。水とか流れていなかったのは幸いだったが、ひざが痛い。さて出発。といったところで携帯がないことに気づいた。懐中電灯を借りて転んだあたりを捜索。あった。よかった。一安心。このまま携帯がなくなった場合の現実を想像してみてゾッとした。千歳泊。総勢6名で飲む。というか、ぼくは原稿があるのでアルコールは自粛。午前1時とかまでやってる店はかなり限られていたのだが、なかなかいい店を発見した。

競馬●エトワール賞。3番手追走のクラフィンライデンがゴール前伸びて差し切った。中団から直線で勝ち馬に並びかけたアドミラルサンダーはアタマ差届かず2着。直線一瞬先頭に立ちかけたアストラルフォースが3着。●川崎マイラーズ。3番手から4コーナーで先頭に並びかけた1番人気ノースダンデーが直線で振り切って勝利。勝ち馬の直後を追走したマンオブパーサーが1馬身半差2着。3着アートルマン。勝ち馬と直線競り合ったロイヤルボスはゴール前で失速し4着。ゼニヤッタの復帰戦は土曜日のG2ミレディHを予定。エイジアティックボーイがキアラン・マクラフリンのところに来ていたのか。6月のG1スティーヴンフォスターに出走するかも。

本日も休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2009

ロケットマンのその後は

ずっと原稿。そのほか今日やらなければならない作業など。今回の原稿は重くてちょっとまいった。
日に日に増える新型インフルエンザの感染者。ダービーウイークで10年ぶりくらいに姫路に行けると思っていたのだが、ちょっと心配になってきた。

競馬ロケットマンのその後。香港スプリントで逆周りを使うんだったら、その前に中山を使っておくれよ。ペンステーションからベルモントパークへの直通列車が復活することになった。ってか、直通やめてたのか。94年のBCマイルを勝ったバラシアが安楽死。蹄葉炎からくる合併症のため。19歳。2004年に種牡馬を引退していたブロードブラッシュも安楽死。26歳。humanitarian(人道主義 )reasonsってどんな理由なんだろう。無敗のハンガリアンスター、オーヴァードウスは、脚の治療が長引いているためロイヤルアスコットには行かない。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2009

ダービー馬の鞍上不在

定刻よりちょい早めに成田着。入江さんに車で都内まで送ってもらったのだが首都高が信じられないくらいガラガラで某会議に間に合ったどころではなくかなり早めに到着。終了後出社。今週金曜日までの予定を逆算していくと、どうしても明日までにいくつかの原稿をやっておかなければならずそのまま会社泊とした。まあシンガポールに行く前からそうなるだろうとは思ってたけど。先月末の香港からの帰りにはちょうど日本で新型インフルエンザの疑い第1号が出たところで、今回帰ってくるときは感染者が爆発的に増えていた。なんだかちょっと怖い国に帰ってくるという感じがしないでもなかった。

競馬●G3ヴィジルS(ウッドバインAW7F,4&up):伏兵フィールドコミッションが直線で差し切って勝利。好位追走のブービー人気ダズンダンサーが1馬身半差2着。クビ差3着にタイムリーアドヴァイス。後方追走の1番人気リベリオンは5着。プリークネスSでマインザットバードに騎乗したマイク・スミスは、ベルモントSと同日のチャーリーウィッティンガムH(ハリウッドパーク)でマデオへの騎乗を決めているため、マインザットバードの鞍上は浮いた状態。プリークネスSは売上が前年比30.7%の大幅アップ。ピムリコの全13レースでも18%アップ。17日、アゼリが3番仔となるゴーストザッパーの牝馬を出産おおお。笠松競馬場のグルメツアー。

旅帰り&会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2009

本物だったロケットマン

暑い。昨日まではそこそこ過ごしやすい気温だったのだが、昨日から雨が降ってないためかシンガポールの5月の普通の暑さが戻ってきてしまった。第1レースの2時間も前に競馬場へ。日本から見に来た方々(取材ではなく)の席をオーナーズラウンジに確保するためなのだが、予想以上に客の出足が早く危ないところだった。あとで聞いたのだがこの日は香港の昼間開催のサイマルがあり、かなり早くから開門していただそうだ。なるほど。来年以降への覚え書きということで。
第7レースのオープンは期待していたキープアウェイが残念なレースで残念。国際スプリントはロケットマンが単勝(たぶん)2倍の圧倒的人気なのには驚いたが、それにたがわぬスピードで2着だったのはすばらしかった。セイクリッドキングダムはロケットマンのうしろにいて、ほんのちょっと詰まった格好で外に切り替えて差し切ったのだから相当強い。が、ロケットマンも浅いキャリアであのレースなら世界トップクラスのスプリンターであることは間違いない。中山のスプリンターズSに来てほしいものだがセントウルSも含めて逆回りなのが障壁になりそう。高松宮記念なら平坦だし絶好の舞台なのだが、その時期だと来年どんなレースになるのかわからないけどドバイのゴールデンシャヒーンに相当するレースに行っちゃうんじゃないかとか。
国際Cは、グロリアデカンペオが見事なレース。プレスヴィスの追い込みもすばらしかったが前が詰まりまくって5~6頭分も外に持ち出さなければならなかったのが痛恨だったことだろう。こういう厳しいレースでは簡単には内は開けてくれないということか。タスカータソルテもエルドラドもうしろからのレースになってしまったのが残念。が、地元馬にとってはタイムも速すぎた。
昨日はジョリーズシンジュでちょっとプラスで終わったのだが、そのプラスも早い段階でなくなり馬券はこてんぱんというほどに負けた。馬券とは関係なくある程度くたくたになるのはわかっていたし時間がちょっと遅いこともあり外でのメシは最初から辞退させていただいた。翌朝も早いし。が、こういうときって疲れていても興奮していてなかなか寝られないのよね。

競馬●星G1クリスフライヤーインターナショナルスプリント:スタート後先頭はロケットマンだが、ミシカルフライトが無理やりという感じでハナを奪った。直線を向くとロケットマンが先頭に立ったが、真後ろにいたセイクリッドキングダムが一瞬外に切り替えると並びかけてアタマ差だけ前に出た。3馬身半差3着にダイアボリカル。ワイカトが4着に健闘。テイクオーヴァーターゲットは外を回ったが直線伸びず8着。●G1シンガポールエアラインズインターナショナルC:ぴったり2番手追走から3~4コーナーで先頭に立ったグロリアデカンペオが最後まで粘った。いつもどおり最後方追走の1番人気プレスヴィスは3~4コーナーで最内を突いたのが不運。直線前が詰まり外に出して猛然と追い込んだがアタマ差届かず2着。2 3/4馬身差3着にバンカブル。●G1共和国大統領賞(カパネッレ2000m,4&up):セルミスSelmisがゴドルフィンの断然人気トランコTrincotを3/4馬身差でしりぞけG1初制覇。短頭差3着にフリーミュージック。●G1サンタラリ賞(ロンシャン2000m,3yo f):1番人気スタセリタStacelitaが6馬身差圧勝でデビューから4連勝。2着にアーティクルレア。2馬身半差3着にアナアメリカーナ。●G1イスパーン賞(ロンシャン1850m,4&up):父サンデーブレイクのネヴァーオンサンデーがG1初制覇。1馬身差2着にグリドグリ。3着ランナウェイ。昨年BCマイルまでG1・3連勝だったゴルディコワは7着。●G2ヴィコンテスヴィジェ賞(ロンシャン3100m,4&up):アメリケインAmericainが重賞初勝利。1馬身差2着にポワンティイストPointilliste。アタマ差3着に昨年のG1カドラン賞勝ちのバナビーBannaby。1番人気コースタルパスは7着。

本日の酒●競馬終了後プレスルームにて。タイガービールの缶を1本。グラスワインの白・赤を1杯ずつ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 16, 2009

レイチェルプリークネス

午後から競馬場。岩田騎手の騎乗は2つ。もともと勝負がかりの馬ではないので着順は気にせず。芝コースの感想を聞いたら、中央のとあまり変わらない感じと。シンガポールでは昨年路盤から大改修をして、わりとスピードの出る馬場になったらしい。メインの1200mのオープンで高岡厩舎の日本産馬ジョリーズシンジュが勝った。高岡厩舎はなんと(たぶん)5年連続でこのシンガポール航空国際Cの土日の開催で勝ち星を挙げていて相性がいい。夕飯は久しぶりのエスミラーダ@チャイムスに5名で。メニューは変わったけど名物のガーリックトーストとエスミラーダスペシャルサラダは変わらぬままでよかった。ラッフルズのロングバーに移動してKさんと合流。名物でもある殻つき落花生がちょっとしょっぱくておいしい。

競馬●G1ロッキンジS(ニューベリー8F,4&up):ヴァーチャルがアレキサンドロスをハナ差でしりぞけ重賞初勝利。半馬身差3着にトワイスオーヴァー。1番人気パコボーイは4着。G1プリークネスS(ピムリコ9.5F,3yo):断然人気となった牝馬レイチェルアレクサンドラが直線で突き放し逃げ切り勝ち。6連勝で通算11戦8勝。牝馬のプリークネス勝利は1924年のNellie Morse以来で史上5頭目。ダービー馬マインザットバードは最後方追走から直線追い込んだが1馬身差で2着。半馬身差3着にマスケットマン。2番人気パイオニアオブザナイルは11着。●G2ディキシーS(ピムリコ芝9F,3&up):1番人気パレーディングが好位追走から直線を向いて先頭に立って押し切った。G3ベンアリSから連勝。ゴール前迫ったジャストアズウェルが半馬身差2着。3着にウェズレー。●G2ディスタフS(ピムリコ8.5F,3&up f/m):ダーレーの断然人気スカイライターが直線突き放して逃げ切り勝ち。アンフォーガットンが4 1/4馬身差2着。3着オールスマイルズ。●G3メリーランドスプリントH(ピムリコ6F,3&up):直線を向いて先頭に立った1番人気ラヴァロが内で粘っていたシルヴァーエディションをアタマ差でしりぞけて勝利。2馬身差3着にケルティックイニス。2番人気アーデイは6着。●G3ハーシュジェイコブズS(ピムリコ6F,3yo):3番手追走のエブリデイヒーローズが直線抜け出して勝利。後方から押し上げたノットフォーシルヴァーが3 3/4馬身差2着。3着チェックリスト。●G3ギャロレットH(ピムリコ芝8.5F,3&up f/m):最後方追走のソシアルクイーンが直線大外一気で勝利。直線内から伸びたオールイズヴァニティはアタマ差3着。2 1/4馬身差3着にテヒダ。1番人気ダイナフォースは5着。●G3シェーファーBCS(ピムリコ8.5F,3&up):最低人気のノーアドヴァンテージが直線抜け出してステークス初勝利。逃げたリアルマーチャンと、中団から差を詰めた1番人気イアが2 3/4馬身差で2着同着。●G2シュヴィーH(ベルモントパーク8F,3&up f/m):後方から徐々に押し上げた断然人気のシアトルスムースが差し切り勝ち。直線一旦は先頭に立ったカラーミーアップは3/4馬身差2着。3着シーチャンター。●G3ロサンゼルスH(ハリウッドパークAW6F,3&up):レッドアローが逃げ切り勝ち。ゴール前差を詰めたポールズホープが3/4馬身差2着。さらに3/4馬身差3着にデヘアアゲイン。1番人気ドッピオは6着。

本日のワイン●エスミラーダにて。
クラウディベイ・ソーヴィニヨンブラン2008
Castello di SELVOLE キャンティクラシコ2005
南アのカノンコップ・カベルネソーヴィニヨン2004
ロングバーにて。コートデュローヌのシラーズをグラスで2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2009

開発進むマリーナ地区

午前3時半起床で本日も調教取材。戻りの最終バス9:30のギリギリまでネットの更新などをしてホテル戻り。競馬場の回線が今年はちゃんと3~4Mくらいのスピードが出るようになったのでありがたい。リトルインディアのムスタファセンターで頼まれもの、タングリンモールで歯磨き粉(^_^;)の買出し。ここのところシンガポールではショッピングコンプレックスやホーカーズが新しくなるにしたがって、食べ物の価格もちょっとずつ上がってきた。10年前に3~4シンガポールドルだったのが、4~6ドルくらいになった感じ。マリーナ地区にできるカジノのシンガポールサンズもだいぶ建物ができてきて、5年ほど前のマリーナがどんな地形だったか思い出せないほどになってきた。
午後。ちょっと寝てから原稿書きをしようと思っていたのだが、結局夕方まで寝てしまった。まあ普段より4~5時間も早起きしてるのだから仕方ない。夜は恒例のガラディナー。

競馬●黒潮皐月賞。2番手追走の断然人気グランシングが、逃げていたガーランドを3コーナーでとらえると直線楽に突き放した。3馬身差2着にガーランド。縦長の中団を追走したベルエキップが1馬身差3着。●G2ヨークシャーC(ヨーク14F,4&up):今季初出走の1番人気アスクが6馬身差圧勝。2着に1ヶ月前まで障害を使っていたブルーバヤンBlue Bajan。3着ヴェラシティ。●G2ブラックアイドスーザンBCS(ピムリコ9F,3yo f):2番人気ペイトンドーロが逃げ切って4連勝でグレード初勝利。好位追走のボンジョヴィガールが1 1/4馬身差2着。1番人気カサノヴァムーヴは5 1/4馬身離れた3着。●G3ミスプリークネスS(ピムリコ6F,3yo f):1番人気ハートアシュレーが逃げ粘ってG3シカダSから連勝。ゴール前追い詰めたシンデレラウィッシュはアタマ差届かず2着。4 1/4馬身離れた3着にトロフィーコレクター。ケント・デザーモがピムリコ・ジョッキーチャレンジで優勝。ハリウッドパークの週4日間開催をカリフォルニアレーシングボードが承認。水曜日はサイマルキャストのみの発売となる。

本日のワイン●ガラディナーにて。オイスターベイ・ソーヴィニヨンブラン2008と、メルロー2007。このメルローがかなりちゃんとしたメルローだった。さらにホテルのロビーでグラスの赤を2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2009

調教抽選タイガービール

昨日書くの忘れてたことがひとつ。UAのY席のアルコール6ドル(または600円)問題。カードでも払えるようになっていたので小銭の必要がなくなって一安心。
昨夜というか今朝というか、午前1:45ごろ寝て2時間ほどの睡眠で起床。4:45からの調教に合わせて競馬場へ。競馬場に着くとタスカータソルテはすでに馬場入りしていた。15-15よりちょっと強めの感じの調教。涼しいと思っていたら地元馬調教の時間帯にけっこうな雨が降ってきた。ホテルに戻ってプレスルームでネットにつなごうと思ったら、自分のパソコンを無線LANでつなぐ場合は部屋でアサインして有料なんだと。うむー。しかもつないでみたら遅いし。これが今回の思わぬ落とし穴であった。
昼。サンテックシティの公衆の面前で枠順抽選。Oオーナーはまさに希望通りの7番を当てた。すごい引き。サンテックシティ内の中華でフルコースに近いランチ。
夜。タイガービールの工場、アジアパシフィックブリュワリーの見学。なるほど、タイガービールだけでなくハイネケンとかギネスとかアンカーとかABCとか、ここでライセンス(?)生産してるのね。一角にあるタイガータヴァーンでバーベキューディナー。5人ずつのチームに分かれて昔よくやったジョッキビール一気飲みのゲーム。今や日本ではほとんど見られなくなった光景かも。出場を勧められたのだがさんざん飲んだあとだったのでさすがに辞退させていただいた。

競馬●東京プリンセス賞。ロケットスタートのネフェルメモリーが直線でも軽く追っただけで後続を寄せ付けず圧勝。牝馬同士ではちょいと格が違う強さ。7番手あたりから位置取りを上げたモエレエターナルが3馬身半差2着で、馬単は200円。2番手追走のツクシヒメが粘って3着。中団よりうしろからのロマは9着。5番手につけたアンペアは徐々に後退して14着。●G2ダンテS(ヨーク10.5F,3yo):前走G3ラフォルス賞3着だったブラックベアアイランドが重賞初勝利。アタマ差2着にフリーマントルでクールモアのワンツー。3着サンズフロンティアズ。1番人気となったG1レーシングポストトロフィーの勝ち馬クラウデッドハウスは8着。●G3ミドルトンS(ヨーク10.5F,4&up f/m):今季初出走のクリスタルカペラが断然人気ダーレミを短頭差でしりぞけデビュー3戦目から6連勝。8馬身離れた3着にプリンセステーラー。アータクスが3年のリースでブラジルへ。

本日の酒●枠順抽選後の中華で(たぶん)イエローテールのカベルネ。べたべたした感じでいまいち。
夜はタイガービールの生をひたすら。あとキルケニー。ABCはジンセン(薬用人参?)が入ったやつ。これはこれでまあまあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2009

芝では圧勝ニカノール

夕方のUAでシンガポールへ。週の真ん中水曜日ということもあるんだろうし、インフルエンザの影響でビジネスでの出張も激減しているのだろう。かなりのガラガラ。C席がいちばん搭乗率が高かったような。というわけでプレミアムエコノミーの真ん中5席を使えてぐっすり。今回は入管の手前にお迎えが来ていてびっくり。名前を呼ばれたので元気よく返事をしてしまった(笑)。近年ドバイなどでも徐々にメディア向けのイベントやおみやげが少なくなっているなか、今回のシンガポールではメディア向けには毎日ディナーもあったりと過去最高のおもてなしではないか。と思っていたところ、翌日に思わぬ落とし穴が……。

競馬●大井記念。縦長の中団を追走したライジングウェーブが直線で抜け出し、重賞初出走で勝利。やはり中団からの1番人気バグパイプウィンドが2馬身差2着。前2頭とは離れた3番手を追走したクレイアートビュン3着。前で競り合い直線まで粘ったマズルブラスト4着。●G2デュークオブヨークS(ヨーク6F,3&up):3/4馬身、クビの接戦を制したのはアトモストリスペクトで、前走11月のG3セーネワーズ賞から連勝。2着にキングズアポッスル。1番人気タックスフリーは3着。●G3ミュージドラS(ヨーク10.5F,3yo f):サリスカSariskaがスタールビーに3 3/4馬身差をつけて勝利。エリザベス女王所有で1番人気のエンタイスメントEnticementは3着。●G3ブルーウインドS(ナース10F,3&up f/m):1番人気Beauty O'Gwaunが伏兵フェスティヴァルプリンセスをアタマ差でしりぞけてデビューから2連勝。3着チャイニーズホワイト。レイチェルアレクサンドラ。プリークネスSは13番の大外枠で8-5の1番人気。ジュリアン・レパルーがチャーチルダウンズ第3レースで北米通算1000勝。バルバロの全弟ニカノールが、初芝となったデビュー4戦目のデラウェア芝8.5Fのメイドンで15 1/4馬身差の圧勝。

本日なんと休肝日。日本から出かける国際線でアルコールを摂取しなかったのはたぶん初めてではないかと。なんか最近ちょっと食べるとお腹がもたれたり、それほど飲んでないのに胃が疲れたりするので、まじめに連続休肝日にしてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2009

ケンタッキーでも馬不足

通常出社。本日会社にはひとり。昨日に続いてなんだかまったくヤル気が出ず。特に何かがうまくいってないということもないんだけど何かこう漫然とした不安が。連載とかの原稿のほかに差し迫ったものがないということもあるのかも。明日からシンガポールなのに、ん~、なんだか行くのがめんどうな気もする。飛行機で海外に行くのに、不安に思うことがあっても、めんどうだと思ったことはないんだけどなあ。そしてシンガポールから帰った来週にはありがたいことに原稿てんこ盛り予定。アレの順番が来週に巡ってこないことを祈る。

競馬●G2グレフュール賞(サンクルー2000m,3yo c/f):父ホーリングのUAE産、カトラスベイCutlass Bayがデビューから3連勝。半馬身差の2着にも父ホーリングで英国産のカヴァルリーマンCavalrymanで、シェイク・モハメドでアンドレ・ファーブルという新しいチームでのワンツー。1馬身半差3着にアリバーAllybar。ケンタッキー州競馬委員会がチャーチルダウンズで現在行われている春開催の7日間減を了承。これにともないステークスレースも少なくなることから425,000ドルを削減。日本産のサイレントネームがブラジルにシャトル。オンタリオ州のガーディナーファームって、アデナスプリングスのグループだったのね。

本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 11, 2009

上泉華陽画伯の屏風絵

午前中竹見さんち訪問。竹見さんのお宅には竹見さんが騎手になるきっかけとなった上泉華陽画伯の絵がいくつもあるのだが、「あれ?まだ見たことなかったっけ?」と言って、本日はもんのすごい屏風絵を見せていただいた。これはホントにすごい。カメラを持ってなかったのが残念。うどん「硯家」で昼飯を食って会社戻り。もろもろ、なんとなくはかどらず。ひとつ原稿を残したまま夜はお約束の九段下「東京タヴァーン」。開店1周年でお安くなってるワインをいただいた。

競馬レイチェルアレクサンドラが追加登録料を払ってプリークネスに出るかどうかはいまのところ未定。チャーチルダウンズが頭数不足などにより52日間予定されていた春開催を7日減らしたいと。

本日のワイン●東京タヴァーンにて。グラスのシャンパーニュ(か、ヴァンムスー)。
ベルナール・モレ、ブルゴーニュ・シャルドネ2005
仲田さんがつくるルー・デュモン、サヴィニーレボーヌ・レ・プイエ2005。うん。これは肉厚でおいしいブルゴーニュ。
ミシェル・グロ、ブルゴーニュ・ルージュ2004。さすが有名どころの安定した味。
レオン・グリヴレ・キュセ Leon Grivelet Cusset、シャンボール・ミュジニー1996
ありゃ、あとボルドーのメルローも飲んだような気がしたけどメモしてないわ。
やっぱりブルゴーニュはピチピチの女子高生みたいなのがよろしいかと。別に女子高生そのものがいいというわけではないので、念のため。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 10, 2009

めずらしく東京競馬場

午後から東京競馬場へ。会う人何人かに「今日、何かありましたっけ?」と言われた(汗)。たしかに、不本意にも中央の競馬場に行くのはそれくらいめずらしいことになってしまったのよ(苦)。週末、外国か地方に行ってるか、そうでないとルーチンワークなどがあり、なかなか府中とか中山とかに行けないのでちょっと無理してたまには行ってみた次第。たまには現場でレース見て取材とかしないとホントに中央競馬を知らない人になっちゃうんで。馬券は救いようのないくらい打ちのめされた。終了後はむかしからの競馬つながりの仲間と残念会。厨房を経由して通された座敷は、ココは上九一色村のサティアンですかというようなつくりでうなぎの寝床だった(笑)。不快というほどではぜんぜんなく、むしろネタとして楽しめるという程度なのでよかったけど。

競馬●カーネーションカップエンジュオウカンが先頭で障害を越え、ギャンブラークインが続いたが、最後までその差は詰まらずエンジュオウカンが久々の重賞勝ち。3番手以下は離れて、6番手に障害を越えたニシキエースが3着。●シアンモア記念。3番手追走のリュウノキングダムが直線を向いて先頭に立つと後続との差を広げて勝利。4馬身差の2着にはブローザウインドが逃げ粘って南関東のワンツー。中団追走3コーナーから進出したオウシュウクラウンがクビ差3着。1番人気ショーターザトッシは中団追走で直線も伸びず5着。●福山ダービー。2番手につけた断然人気アグリヤングが向正面で先頭に立つと直線でも後続を寄せ付けず楽勝。中団から3コーナーあたりで進出したマルサンジョイが2馬身半差2着。3コーナー手前で2番手に上がったムツミイングランドはマルサンジョイにに交わされ5馬身差をつけられて3着。逃げたモエロナツコは7着。●G2ドイツ2000ギニー(ケルン1600m,3yo c/f):1番人気イリアンIrianが、G1クリテリウムアンテルナシオナル勝ちのザフィシオを1馬身半差でしりぞけ勝利。鞍上フィリップ・ミナリック。●G2ダービートライアルS(レパーズタウン10F,3yo):G1クリテリウムドサンクルーなどを勝っているクールモアの断然人気フェームアンドグロリーが圧勝で無傷の4連勝。5馬身差2着にムーラヤンMourayan。3着ファーガスマクアイヴァー。●G3・1000ギニートライアル(レパーズタウン8F,3yo f):アガ・ハーンのダラカニ産駒バリヤナBaliyanaが重賞初勝利。2馬身半差2着にアーロネス。3着ファイリーレッド。●G3アメジストS(レパーズタウン8F,3&up):サミットサージがスリーロックスを1馬身半差でしりぞけて勝利。3着ビーチバニー。1番人気マッドアバウトユーは4着。G1プールデッセデプーラン(ロンシャン1600m,3yo c):シルヴァーフロストが年明け3連勝でG1初勝利。2馬身差2着にルアーヴルLe Havre。G1ジャンリュックラガルデール賞を勝ったシェイク・ハムダンの1番人気ナークースは短首差3位入線も6着に降着。クールモアのウエストファリアが繰り上がって3着。4連勝中だったヴォーカライズドは10着。●G1プールデッセデプーリッシュ(ロンシャン1600m,3yo f):G1マルセルブサック賞2着で今年開幕後のG3アンプリュダンス賞を勝っていたエルーシヴウェーヴがタマジルテTamazirteを半馬身差でしりぞけ勝利。前走G3ネルグウィンS圧勝で1番人気となったファンタジアは1馬身半差3着。マルセルブサック賞の勝ち馬プロポーショナルは4着。●G3サンジョルジュ賞(ロンシャン1000m,3&up):インキシルInxileが重賞初勝利。3/4馬身差2着にムードミュージック。3着ベンバウン。1番人気マルシャンドールは4着。●G3レイルバードS(ハリウッドパークAW7F,3yo f):3番手追走の僅差2番人気ウィッティが直線入口で逃げていたカールスバッドに並びかけるとゴール前突き放して勝利。デビューから3連勝。ウエルアームドの半妹で父はディストーテッドヒューモア。1番人気のカールスバッドは1馬身半差2着。アタマ差3着ウィルオウェイ。●G3ヘンドリーS(ウッドバインAW6.5F,4&up f/m):直線外から追い込んだ1番人気スマートサプライズが差し切って勝利。5歳にしてグレード初制覇。勝ち馬に連れて伸びたプラウドエアレスがクビ差2着。2馬身差3着にオーセニキャット。5/23のテンプルSを回避するハンガリーのオーヴァードウスだが、調教再開が5月末以降で、6月のロイヤルアスコットに間に合うかどうか。チャーチルダウンズが出走投票馬が少ないので今週の開催を1日減らせないかと。ローンスターパークは賞金カットにアリシーバSを休止。マインザットバードとパイオニアオブザナイルのオーナーが結託してレイチェルアレクサンドラがプリークネスSの出走枠に入れないようにしようとしたが、オフィシャルとかファンとかから非難されてやめたというお話

本日のワイン●暑いのでまず中生を1杯いただいた。チリのコンチャントロ・フロンテラ・シャルドネ2008。2軒目「アメリカン」にて。グリーンポイント・スパークリングをグラスで。それからグラスで赤を1杯。たしかチリだったかアルゼンチンだったか。やっぱ。最初にビール飲んでからワインだと酔うな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2009

和食化してる家のメシ

いい天気。競馬日和。が、家で作業。どうも最近家でメシを食うと食いすぎていかん。朝昼兼用は納豆と目玉焼き。なんてことない普通のおかずだけど超半熟の目玉焼きを鎌田醤油のだし醤油で食べるとこれがうますぎてついゴハン2杯。夜は近所の豆腐屋さんの豆腐がおいしいので、ダラダラ飲みながら食べてるとこれも食べすぎ。シンガポールカレーをつくったけど味見程度で明日に持ち越した。誰かに言われたけど自分で料理しててもトシとるとどんどん和食化していくよね、と。なるほどそんな感じ。パスタとか、最近ほんとに使ってない。

競馬●G1 BTCカップ(ドゥーンベン1200m,3&up):短頭、短頭の大接戦を制したのはデュポースDuporthで、2着バンクラバー、アパッチキャットは3着。●G2イタリアダービー(カパネッレ2200m,3yo c/f):ゴドルフィンのマスタリーが重賞初出走で勝利。1馬身半差2着にトゥラティTurati。3着ジャッカルベリー。●G3ダービートライアルS(リングフィールド11.5F,3yo c/g):クールモアの断然人気エージオブアクエリアスが勝利。クビ差2着にモンタフ。3着ファザータイム。●G3チャートウェルフィリーズS(リングフィールド7F,3&up):サンシシャリアSan Sichariaが1番人気ベイリーズカカオをハナ差でしりぞけて重賞初勝利。3着プリーズシング。●G2ピーターパンS(ベルモントパーク9F,3yo):離れた2番手追走の1番人気チャリタブルマンが直線を向いて先頭に立ち、そのまま突き放して勝利。父レモンドロップキッド。2歳時のG2フューチュリティSに続くグレード勝ち。3 3/4馬身差2着にインペリアルカウンシル。3着ブレーヴヴィクトリー。●G2マーヴィンルロイH(ハリウッドパークAW8.5F,3&up):ブービー人気8歳のボールフォーが直線で後続を突き放し逃げ切り勝ち。ぴったり2番手追走の断然人気レールトリップは直線離され1 1/4馬身差2着。3着ダコタフォン。●G3ローンスターダービー(ローンスターパーク8.5F,3yo):前走サンランドダービー2着で断然人気のミシカルパワーが離れた3番手追走から直線半ばで先頭を奪って圧勝。前で競り合ったレッドレッドが直線を向いて先頭に立ったものの勝ち馬に突き放され7馬身半差2着。1馬身半差3着にドゥマー。

本日のワイン●泡は南仏のベルクール・ブランドブラン・シャルドネNV。あとは続きで西友の南アフリカ・シュナンブラン2008

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2009

デパートも昭和の象徴

通常出社。っつーか、早めに出かけたのだが宇都宮線人身事故の影響で結局出社できたのは定時過ぎ(苦)。
6日のことだけど。池袋三越が閉店。10年以上も池袋に通っていて、同じ東口の側なので前は何度も通っていたものの、おそらく一度も中に足を踏み入れることがなかったのではないかという気がする。駅直結の西武や東武が相手では厳しかったか。どこかで読んだけど差別化を図ろうとしてわりと年齢が上の客をターゲットにしていたことも裏目に出たらしい。あとにはヤマダ電機が入ると。デパートという存在もそろそろ終焉かと思うと同時に、平成も20年以上経って昭和のいろんなものがなくなっていくような。以前に書いた新聞の個別配達と、コマーシャル収入で成り立っている地上波とかも含めて。

競馬●G3ギシュ賞(シャンティイ1800m,3yo c):カルヴァドスブルースがG3シェーヌ賞に続く重賞勝ち。クビ差2着に伏兵のダヴィルボーイ。短頭差3着にVesuve。●G3ディーS(チェスター12.5F,3yo):アタマ、アタマ、クビ差の接戦を制したのは、デビュー2戦目のサウスイースター。2着にヒターノエルナンドGitano Hernando。クールモアの1番人気ドラムビートは3着。●G3オーモンドS(チェスター13.5F,4&up):3頭立てで、勝ったのはブチェラッティ。3馬身差2着にシンティロで、昨年の愛ダービー馬で1番人気のフローズンファイヤーはさらに8馬身も離れた3着。オーナーが代わったレイチェルアレクサンドラだが引き続き鞍上はカルヴァン・ボレル。プリークネスSに行くプランがあり、ボレルはダービーを勝ったマインザットバードではではなくレイチェルアレクサンドラに乗るとで、マインザットバードの鞍上は未定と。カーリンの全弟が4月29日に生まれた。25歳のゴーンウエストが、今シーズン限りで種牡馬引退今年のブリーダーズCの席。昨年は2日パッケージでしか買えなかったのを別々に買えるようにした上で大幅値下げ。

連続休肝日。のつもりが飲んじゃった。西友で大々的に売り出してた南アフリカのパール地区で作られているらしいシュナンブランの2008。おそらく委託生産なのだろう、造り手がどこにも書いてない。インポーターも西友の関連会社。あまり期待してなかったけど、580円だったか680円だったかにしてはかなりおっけー。香りは青草系で味は柑橘系のすっきり系でガブガブ飲むにはいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2009

そば屋ではまず鴨せいろ

伊丹空港に向かう途中、次回また絶対寄ろうと思っていた十割そば「轟庵」でちょいと早い昼飯。ぼくはちゃんとした蕎麦屋さんではまず鴨せいろを食べることにしているのだけど、前回たまたま入ったときはそれほどの蕎麦屋だとは思わず鴨せいろを食べずにいたのをちょっと悔いていたのだった。で、今回ようやく実現した次第。予想どおり、うまい。とくに出汁が。で、50円のオプション柚子の絞り汁をちょっと入れるとこれがまたいい感じ。伊丹空港からモノレール利用で蛍池で乗換えの際はおすすめ。となりのカレーやさんも気になるんだよなあ……。次回園田はいつだろう。で、東京戻り。まだゴールデンウイーク中という方もいるようで伊丹→羽田便はまだまだ空席があった。午後3時前に出社。今日は差し迫ったものもなくのんびり。と思っていたのだが、明日昼ごろまでにという原稿をすっかり忘れており、結局夜深い時間までかかってしまった。

競馬●船橋・ゴールデンスプリント(A2)。スパーロービートが好スタートから楽に先行すると直線でも楽な手ごたえなまま完勝。トップハンデ57キロも久々も関係なしという内容。こちらも久々のジルディーディーが2馬身差2着。●G3ハクスリーS(チェスター10.5F,4&up):1番人気ドクターフレマントルが昨年のG3チェスターヴァーズに続く重賞勝ち。短頭差2着にステイングオン。3着エクスプレッソスター。●G3チェスターヴァーズ(チェスター12.5F,3yo c/g):前走G2ノアイユ賞4着の伏兵ゴールデンスウォードが重賞初制覇。2馬身差2着に1番人気マスターオブザホースでクールモアのワンツーだが、勝ったのは人気薄のほう。3着にプリンセス・ハヤのドビュッシー。ゴドルフィンのお買い物。ウッドメモリアル2着でKYダービー9着のウエストサイドバーニー。来年のドバイワールドCミーティング用にと。母父サンデーサイレンスで昨年のウッドメモリアルを制したテールオブエカティが引退。肉体的には問題ないけど競走意欲がなくなったと。リアルクワイエットがウルグアイにシャトル。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

どんな馬にも死角はある

園田競馬場へ。さすがに今日の羽田→伊丹便は空いていた。園田競馬場も雨が降ったり止んだりだったけど、傘をささなければいけないほどではなかったので助かった。ほんとに昨日の雨は残念だったなと。で、兵庫チャンピオンシップ。スーニに「死角はない」と、さんざん地方競馬最前線でしゃべったものの、やっぱりありました。こちら参照。こういうことは、やっぱり現場で話を聞かないとわからないよなあ、とあらためて思った次第。馬券は、○◎を馬連で分厚く買ったので昨日の負けまで取り戻せた。で、本日は梅田泊。航空券は早くに予約したので帰りの便も買えなくはなかったのだけど、今日の夕方帰るより、5千円くらいのホテルに泊まって明日午前中に帰ったほうが安いので。今夜は約束も何もないので午後9時過ぎには原稿も終わらせ、ものすごく久々に出先での夜をのんびりできた。というわけで夕飯はひとりでホテルサンルート併設の回転寿司「くら寿司」。一皿105円均一なので不満はないけど、ちゃんとした寿司と比べてキミは同じ「寿司」を名乗る者として恥ずかしくないのかと、目の前の寿司に向かって心の中で叫んでみた。あくまでも私的覚え書きということで、そこんとこよろしく。しかしホテルにチェックインした午後6時半ごろは待ってる人がかなりな行列だったので、原稿やってから時間をずらして遅い時間に行ったんだけど、連休最終日の夜なんだからみなさんもうちょっとおいしいものを食べましょうよと思わないでもなかった。
氷見の魚屋さんがワインをつくると。どんなワインができるかはわからないですが、こういう試みはいいですねえ。

競馬●兵庫チャンピオンシップ。逃げたゴールデンチケットと、向正面で仕掛けたスーニが3コーナーから一騎打ち。並びかけられたものの一度もハナを譲らなかったゴールデンチケットがクビ差でしのいで勝利。大差の3着にシルクダンディー。地方最先着は勝ち馬から3.5秒も遅れてカラテチョップが5着。●東京湾C。直線を向いて先頭に立ったのはサプライズゲストだったが、ブルーラッドが差し切って勝利。4番人気でも足立厩舎。で、ホッカイドウ出身。サプライズゲストはクビ差2着。後方追走の1番人気ブルーヒーローは直線よく伸びたが5馬身差3着。●赤レンガ記念。中団から早めに進出し3~4コーナーで先頭に立ったモエレエトワールがそのまま押し切った。後方から進出したラプレが2馬身差2着。3着ビーボーン。前でやりあった1番人気カオリノーブルとリファインドボディは最下位とブービーに沈んだ。人気と着順が逆じゃないかという、さすがにシーズン開幕直後な結果。●尾張名古屋杯。内枠からハナを奪ったハードインパルスが逃げ切り勝ち。2番手のシルクデュークが3/4馬身差2着で行ったままの結果。4馬身差3着にゴールデンミション。前走B1特別圧勝で1番人気のニシノプトゥリは6着。ジェス・ジャクソンさんとハロルド・T.マコーミックさんがレイチェルアレクサンドラを買った。調教師もスティーヴ・アスムッセンに。マインザットバードが5/6発売のスポーツイラストレーテッド誌の表紙に。

本日のワイン●くら寿司にて、冷酒を1本。ローソンで買ったレ・グランザルブルというヴァンドペイドックの赤のハーフボトル。コンビニで六百何十円だかのハーフボトルとしてはまずます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2009

カネヒキリの前に4歳馬

午後から船橋競馬場へ。家を出るときはポツポツという感じだったけど、船橋競馬場についたらかなり本格的な雨になっていた。5月の連休にこんな雨なんでめずらしいんじゃないだろうか。ちゃんと調べたわけじゃないけど。それでもお客さんはかなり多かった。馬券もかしわ記念レコードだったそうで。で、かしわ記念の予想は△◎で決まったけど馬券は絞りすぎてハズレ。ま、このオッズでは仕方ないか。終了後は、古くからのニフティ関係のつながり総勢6名でららぽーと内の沖縄料理屋さんへ。酔わないようにちびちびと。締めは同じフロアにあった宮武讃岐製麺所でうどん。南船橋からの武蔵野線は時間が合わず市川塩浜まで行って府中本町行きに乗り換えて帰宅。夕刊フジ原稿、かしわ記念原稿などで、午前2時過ぎまでかかってしまった。

競馬●かしわ記念。中団に控えたエスポワールシチーが3~4コーナー外から一気にまくって直線フェラリーピサを差し切った。カネヒキリもゴール前伸びて勝ち馬に3/4馬身まで迫って2着。が、入線後に下馬して歩いて戻ってきた。フリオーソはボンネビルレコードにも先着されて5着。●駿蹄賞カキツバタロイヤルが中団追走から3~4コーナーで進出し、直線はスギノブライアンと馬体を併せての叩き合いをハナ差で制した。逃げたダイナマイトボディはゴール前で力尽き3馬身差の3着。1番人気シルバーウインドは4着。●兵庫大賞典。4番手追走のチャンストウライがゴール前でぐいっと伸びて抜け出して勝利。2番手追走のベストタイザンが直線も粘って2馬身差2着。逃げたアルドラゴンが3着で、人気3頭の決着は3連複230円。KYダービー当日スクラッチのアイウォントリヴェンジの怪我は意外に重症。靭帯にもダメージがあり復帰できない可能性もハンガリーの無敗馬オーヴァードウスが左前脚を怪我したため予定していた5/23のG2テンプルSは回避。残念。

本日の酒●黒糖梅酒、泡盛の黒糖焼酎、ゴーヤーサワー、各1杯ずつ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2009

単勝元返しのかきつばた

午後から「地方競馬最前線」の収録。1カ月ぶりなのでなんだかすごく久々な感じ。終了後はまっすぐ帰宅。予想とか原稿とかたっぷりなのでさすがに料理はせず、西友で買ってきたコロッケとハムカツでメシ。おしごとは日付変更線ちょい過ぎまでかかった。
しかしスマートファルコンは強かったね。せめて外枠に入ってポートジェネラルとかキングスゾーンが内だったらもうちょっとおもしろくなったのではないかと。もはやこうなると次はいつJpnIを使ってくれるのかという感じで、おそらく帝王賞は使わない感じでそうなると次のJpnIはJBCのどっちかなのだろうか。せめて南部杯あたりを使ってくれないもんだろうか。現地特派員(?)から次走はさきたま杯と電話で聞いたときにはずっこけた。

競馬●かきつばた記念。内枠からハナに立ったスマートファルコンが今回もちょっと折り合いに苦労しながらも直線はほとんど何もせず圧勝。3~4コーナーで上がってきたトーセンブライトが5馬身差の2着。さらに5馬身差の3着にリミットレスビッド。●G2オカール賞(ロンシャン2200m,3yo f/m):前走G2ノアイユ賞3着のワジルWajirが重賞初勝利。半馬身差2着にテルライドTelluride。1番人気シェイク・モハメドのクレアモントClaremontは3着。●G3エドーヴィル賞(ロンシャン2400m,4&up):昨年のG1パリ大賞典3着のマガダンが1番人気にこたえて重賞初勝利。父はハイシャパラル。2馬身差2着にコースタルパス。3着ウィンクル。●G3テトラークS(カラ7F,3yo c/f):断然人気ヴォーカライズドがデビュー2戦目から4連勝。1 3/4馬身差2着にクールモアのチーフローンイーグル。3着カウントジョン。●G3アサシS(カラ7F,3&up f/m):5歳のエミリーブレイクが、1番人気マッドアバウトユーを1 3/4馬身差でしりぞけ重賞初制覇。3着Girouette。●G3ムーアズブリッジS(カラ10F,4&up):愛ダービー5着だったカーテンコールが2歳時のG2べレスフォードS以来の重賞勝ち。3馬身差2着にジャドモントファームのフェーマスネーム。シェイク・ハムダンのモイケンが3着。ケンタッキーダービー翌日、チャーチルダウンズとダービー博物館を訪れたファンに、マインザットバードの関係者がバラをプレゼント。デラウェアの破産判事が、マグナが競馬関連施設を売却することに同意。フランク・ストロナックの自家生産馬でG1ゲームリーSなどを勝ったシトロネードが疝痛の手術後に安楽死。KYダービー14着だったゴドルフィンのデザートパーティーが左前脚に骨片が見つかり手術へ。19連勝のペッパーズプライドがティズナウの受胎を確認。エルーシヴクオリティがブラジルにシャトル。

本日のワイン●残りものでオシャール・ペール・エ・フィス・レッド2001と、ドメーヌ・ド・ラ・シガリエール・ソーヴィニヨン2007

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 03, 2009

日本で一番早いダービー

らしいですよ。荒尾ダービーは。しかし一昨年までは九州皐月賞荒尾ダービーという無理やりなレース名だったわけだけど、荒尾ダービーだけになって落ち着いた感じ。
さすがに連休ですね。って、道路とか行楽地が混んでるとかではなく、地方競馬ではおかげさまでたくさん開催があるのでネットの更新とか予想とかがやってもやっても終わらん。6日の兵庫チャンピオンシップとかは枠順が出ていない先週のうちに予想をしなければならなかったのだが、伏竜Sの出走直前になってメトロノースが兵庫チャンピオンシップじゃなくてそっちに出ていたのかということに気づいた次第。
そうそう。今年もうまなりさんがTシャツをつくったそうで。やっぱ一番下のうまなりTシャツがいいですね。

競馬●荒尾ダービーは今年も佐賀のワンツー。空馬に寄られて不利を受けながらもギオンゴールドが3~4コーナーから後続を離して余裕の勝利。3コーナー手前で一旦は勝ち馬に並びかけたティピカルが2着。●北日本新聞杯。人気のエムザックローマンが3コーナーで一気に進出すると直線は後続を突き放して勝利。4馬身離れた混戦の2着争いはフジヤマヒーローが制した。ハナ差3着にマツノジャンプ。●留守杯日高賞。1番人気シルバーカテリーナが3コーナーで逃げていたフジフーフーに並びかけ一騎打ちも、直線で1馬身半差をつけた。6馬身離れた3着にテンショウスズラン。●G1・1000ギニー(ニューマーケット8F,3yo f):メイドン勝ちのみで今季初出走の伏兵ガナーティが先行策からゴール前で抜け出した。1馬身半差2着にキュワガーレCuis Ghaire。3着に未勝利のスーパースルース。デビューから4連勝で断然人気のレインボーヴューは最後伸びきれず5着。●G3ダーリアS(ニューマーケット1800m,4&up f/m):断然人気のヘヴンセントが昨年のこのレース以来の勝利で連覇。1 1/4馬身差2着にカシルダ。●G3セニョリータS(ハリウッドパーク芝8F,3yo f):縦長の展開で7番手追走の1番人気ミセスキップリングが直線外から伸びて差し切り勝ち。アメリカンオークスへと。2馬身半差2着に最低人気のキャンディレハス。3着プライドダンサー。マグナが新たにサンタアニタ他の競馬場を売りに出す計画。

本日のワイン●スペインのヴィニョードス Y レゼルヴァスという造り手のカヴァで、クエバス・サントヨ・メトード・トラディショナル・ブリュットNV

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2009

単勝50倍のKYダービー

今日明日は家で粛々とお仕事。天気がいいので競馬場にも行きたいのだけどなかなかそういうわけにもいかず。ま、かしわ記念と兵庫チャンピオンシップに行くのでそれで我慢するか。というわけでお料理当番。久しぶりにミネストローネを大量につくる。おいしい。新タマネギのサラダ。なかなか出番がなく冷蔵庫の中でじっと待っていた山芋でステーキ、というか卵と混ぜてお好み焼き風に焼いただけ。鎌田商事の十勝そば。最近うちではこの鎌田醤油のだし醤油やポン酢などを愛用しているのだけど、ばんえいの厩舎から出る馬糞でマッシュルーム栽培を始めたのがこの鎌田商事さんだったということに最近気づいてちょっとびっくり。
ケンタッキーダービーは、アイウォントリヴェンジのスクラッチはなんとも残念。しかしそこまで荒れるかね、という結果であった。

競馬●G1グッドウッドH(モルフェットヴィル1200m,3&up):ジェイ・フォードに戻ったテイクオーヴァーターゲットがここも勝利。1馬身差2着にアイアムインヴィンシブル。3着コマンディングホープ。●G1サウスオーストラリアンダービー(モルフェットヴィル2500m,3yo):G1ヴィクトリアダービーの覇者で1番人気のレベルレイダーが4馬身差で勝利。2着にアストロゲインズ。3着Fitoussi。●G1・2000ギニー(ニューマーケット8F,3yo c/f):父ケープクロス、母アーバンシーのシーザスターズが中団の外ラチ側から伸び、先に先頭に立っていた1番人気デリゲーターに1馬身半差をつけて勝利。3着ガンアムラス。マスタークラフツマンは5着。●G2ジョッキークラブS(ニューマーケット2400m,4&up):3頭立て2番人気のブロンズキャノンが、1番人気カジュアルコンクエストを3馬身ちぎって重賞初制覇。父レモンドロップキッド。●G3パレスハウスS(ニューマーケット5F,3&up):3歳のAMOUR PROPREが昨秋のG3コーンウォリスSに続く重賞勝ち。2馬身半差2着にホーホーホー。ハナ差3着に1番人気ボーダーレスコット。●G1ケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ10F,3yo):スロッピーの馬場で最後方追走のマインザットバードが3~4コーナー内から進出、直線ラチ沿いを一気に抜けて6 3/4馬身突き放して勝利。前走サンランドダービーは4着で、ここは単勝51.6倍の人気薄だった。カルヴァン・ボレルは07年のストリートセンスに続いてKYダービー2勝目、前日のKYオークスに続いての勝利。好位追走から直線一旦先頭に立ったパイオニアオブザナイルが2着。ハナ差3着にマスケットマン、アタマ差4着にパパクレム。1番人気フリーザンファイヤーはブービー18着。連単1037.4倍、3連単20750.3倍の大波乱。●G1ターフクラシックS(チャーチルダウンズ芝9F,3&up):前走サンタアニタHを勝って1番人気のアインシュタインが中団追走から直線カウボーイカルとの叩き合いをアタマ差で制し、このレース連覇でG1・5勝目。最後方から押し上げた2番人気コートヴィジョンは2 3/4馬身差3着。4着ザンベジサン。●G1ヒューマナディスタフS(チャーチルダウンズ7F,4&up f/m):2番人気インフォームドディシジョンが4番手追走からゴール前伸びて抜け出しステークス4連勝。最後方から進出した最低人気テンプルストリートが3/4馬身差2着。半馬身差で逃げたドバイマジェスティーとモディフィケーションが3着同着。●G2チャチールダウンズS(チャーチルダウンズ7F,4&up):アクレディットが競りかけてきたヒューイッツを振り切って逃げ切り勝ち。父イードバイ。1 3/4馬身差2着にマイパルチャーリー。3着ザラウンドハウス。1番人気コディアックカウボーイは見せ場なく7着。●G2チャーチルディスタフターフマイルS(チャーチルダウンズ芝8F,3&up f/m):2番手追走から3~4コーナーで先頭に立ったダーレーのティザクイーナが、直線迫ってきたドーンアフタードーンを3/4馬身振り切った。今回ステークス初出走で4連勝。半馬身差3着にレモンシフォン。1番人気ヴィジットは5着。●G3エイトベルズS(チャーチルダウンズ7.5F,3yo f):好位4番手追走の2番人気フォーギフツが直線抜け出して勝利。3番手から直線一旦は先頭に立っていた1番人気ジャストジェンダが3馬身差2着。3着ウォリアーメイド。●G3ナッソーカウンティS(ベルモントパーク7F,3yo f):人気2頭の一騎打ちは、直線先頭に立っていたサーライトを、ゴール前でダーレーのフラッシングが1 1/4馬身差し返して勝利。次走は6/6のG1エイコーンSでレイチェルアレクサンドラと対戦予定。6 1/4馬身離れた3着にヘイリーズロリポップ。●G3ボーゲイH(ベルモントパーク芝8.5F,3&up f/m):僅差2番人気のマイプリンセスジェスが6番手追走から直線抜け出して完勝。勝ち馬に連れて直線伸びたカリビアンサンセットが1 3/4馬身差2着。クビ差3着にソシアルクイーン。●G3フォートマーシーH(ベルモントパーク芝8.5F,3&up):2番人気コスモノートがぴったり2番手追走から、逃げていたゴドルフィンの1番人気タムリンを直線で交わし1馬身半差をつけて勝利。父レモンドロップキッドの7歳馬で骨折休養から10ヶ月ぶりの復帰戦だった。オペレーションレッドドーンがクビ差まで迫って3着。●G3ウィルシャーH(ハリウッドパーク芝8F,3&up f/m):中団追走の伏兵ゴージャスグースが直線で差し切ってグレード初制覇。3番手から直線一旦は先頭に立った断然人気のダイアモンドディーヴァは3/4馬身差2着。さらに3/4馬身差3着にチャーミングレガシー。

本日のワイン●続きのドメーヌ・ド・ラ・シガリエール・ソーヴィニヨン2007
泡はカステル・ド・ラ・コマンダ・カヴァ・ブリュット・ナチューレNV
めずらしいレバノンのワイン。シャトー・ミュザールオシャール・ペール・エ・フィス・レッド2001。ボルドータイプを想像していたのだけど、グラスに注いだら予想に反してけっこう薄い。ぬ。ぬぬぬ。わたくしの浅い経験ではこれをブラインドで飲んだら熟成したブルゴーニュのピノノワールと答えるでしょう。カベルネソーヴィニヨン、サンソー、カリニャンとはね。修行が足りませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2009

20馬身差のKYオークス

昨日会社泊にしたかいあってなんとか連休前にここまではと思っていたことろまでたどりついた。念のためお断りしておくと「連休前」とは書いたけどあくまでも世間的に連休というだけで、会社には行かないけど明日から休みというわけではぜんぜんないのよ。盆暮れ正月とゴールデンウイークは地方競馬は重賞などがたくさんあって、おかげさまで仕事がたっぷりある。早めに帰れるかと淡い期待があったのだけど、それはやっぱり淡い期待でしかなく結局終電3本前。ん?会社泊だとポストに2日分新聞が溜まっているはずなのだが少ない。そうだ。4月までで1年ごとに契約していた新聞の配達をやめたんだった。2~3年前からの懸案だったのだけど、ほんとに新聞取るのやめていいのかなあという思いもあってなんとなくずるずると取っていたのをようやく決断(というほど大げさなものでもないけど)。家に帰ってこないことがよくあるのでほとんど読まずに古新聞行きということがよくあってもったいないというのが理由のひとつ。もうひとつは、コマーシャル収入で成り立っている地上波テレビと、新聞が家庭に配達されるシステムはもう終わったかなと思うので。なので、新聞はもう読まないというわけではなく、普通に会社に行くときに駅の売店で買えば十分かと。スーパーの折込広告とかを見るのはわりと好きだったので、それができなくなるのはちょっと残念ですがね。

競馬石崎隆之、地方通算6000勝。●香港G2スプリントC(シャティン1200m):中団から馬群をこじ開けて出てきたセイクリッドキングダムが、逃げ粘っていたリージェンシードラゴンとのクビの上げ下げを制してハナ差先着。ちょうど1年ぶりの勝利。3着ワンワールド。インスピレーションは4着。●G2ミュゲ賞(サンクルー1600m,4&up):ゼニヤッタの母と同名でまぎらわしいヴァーティジヌーが重賞3勝目。3/4馬身差2着に1番人気グリドグリ。3着プレシャスボーイ。●G3クレオパトル賞(サンクルー2100m,3yo f):シェイク・モハメドのフライングクラウドがデビューから2連勝。1馬身差2着にエクセレントガール。1番人気ボードミーティングは3着。G1ケンタッキーオークス(チャーチルダウンズ9F,3yo f):断然人気のレイチェルアレクサンドラが2番手追走から3コーナーで先頭に立つと、直線は持ったままで20 1/4馬身差をつけて圧勝。グレード4連勝でG1初制覇。2着に最低人気のストーンレガシー。4 1/4馬身差3着に2番人気フライングスパー。●G2ルイヴィルディスタフS(チャーチルダウンズ8.5F,3&up f/m):ゼニヤッタと無敗のワンキャロラインの対決が注目されたが、ゼニヤッタは馬場状態を理由にスクラッチ。3番手追走のミスイゼラがラチ沿いの狭いところを突き、逃げ粘っていた断然人気ワンキャロラインを3/4馬身振り切って勝利。8 1/4馬身離れた3着にスイフトテンパー。●G3アリシーバS(チャーチルダウンズ8.5F,3&up):中団追走の2番人気ブルズベイが直線ラチ沿いから抜け出してグレード初勝利。2番手追走のクールコールマンは直線を向いて先頭に立ったものの3/4馬身差2着。3番手追走のブービー人気スターギターが1馬身差3着。1番人気マッチョアゲインは6着。●G3アメリカンターフS(チャーチルダウンズ芝8.5F,3yo):最低人気オーソドックスが2番手から直線先頭に立ち、バトルオブヘイスティングスの追撃を3/4馬身差でしりぞけて勝利。逃げたターフィストが1 3/4馬身差3着。1番人気ダーレーのストーマロリーは向正面で左前脚骨折。競走中止で安楽死。●G3イーゴンターフスプリントS(チャーチルダウンズ芝5F,3&up):3番手追走の1番人気チェインバリンブリッジが直線差し切って勝利。連れて伸びたキャノンボールがクビ差2着。2番手から直線を向いて先頭に立っていたスマートイナフは3着。サンラインが蹄葉炎で安楽死。13歳。残念。

本日のワイン●南仏の白。ドメーヌ・ド・ラ・シガリエール・ソーヴィニヨン2007。ぬ。ぬぬぬ。わたくしの浅い経験ではこれをブラインドで飲んだらとてもソーヴィニヨンブランだとは答えられません。南仏っぽいとは答えられるかものフルーティーな柑橘系。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »