« March 2009 | Main | May 2009 »

April 30, 2009

破綻をとりつくろう日

朝。早めに起きて昨日のオグリキャップ記念の原稿。で、昼前に出社。香港から帰ってきた月曜日に今週のスケジュールやら原稿の締切やらを確認していて気づいたのだが、今週はちょっと破綻気味。どうやっても普通に昼間だけ働いていたのでは乗り切れないことが判明していたのだった(苦)。どこでその破綻をとりつくろうか検討した結果、本日夜以外に選択肢はなし。予定されていた虎ノ門の居酒屋で行われる某懇親会に出席したあと会社戻り。というわけで酔わない程度にちびちびと飲んで帰社しましたとさ。

競馬●G3ケンタッキージュヴェナイルS(チャーチルダウンズ5F,2yo):2番手追走のエジーアンAegeanが逃げ粘っていた1番人気ジェラスアゲインをとらえて1 1/4馬身差で先着。牝馬のワンツー。エジーアンはデビューから2連勝。1馬身半差3着に僅差2番人気のミッションインパジブル。

本日の酒●黒糖梅酒をロックで1杯。バナナ梅酒というイロモノをロックで1杯。2時間半かけてちびちび飲んだのでほとんど酔わず。なるほど梅酒2杯までならその後仕事するのに影響ないことが判明。ま、体調にもよるんだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2009

オグリキャップ記念の日

昨日ラジオで昭和特集とかやってたのだけど、なるほど今日は昭和の日なのね。いつから昭和の日になったの?ってなくらい知らなかったよ。とゆーわけで笠松競馬場へ。東海道新幹線はなんか久しぶりな気が。最近は園田競馬場だと飛行機だし、名古屋競馬場はスケジュールが合わなかったりとかでしばらく行ってなかったので。700系は無線LANのサービスが始まっていて、車内放送でもしきりにお知らせをしていた。でもプロバイダの接続料金がかかるのでイーモバイルで接続。トンネルが続いたりしなければまずまず快適。そして笠松競馬場はゴールデンウイークらしくいい感じの混雑。地方競馬はどこも売店が徐々に減っていて、たとえば高知で鯨カツがなくなってしまったように、競馬場ごとの名物も静かに消えていってる感じ。ここ笠松では「あん巻き」がなくなっていたような。オグリキャップ記念は、結果がどうとかではなくたまにこういう長距離戦があるのはいいよねえ。全国交流にするときに距離を2500メートルに戻したのは正解だったと思う。終了後はそっこーで車に乗せていただき名古屋市内へ。まず名古屋松坂屋南館10階のあつた蓬莱軒でひつまぶし。初めて来たのはまさに2年前のオグリキャップ記念の日で、ちょっと値上がりしていた。2730円は安いとはいえないけど年に一度くらいだったら十分にその価値はあると思う。ちなみに「ひつまぶし」というのはあつた蓬莱軒の登録商標だそうです。その後、移転復活してからなかなかうかがえなかったK-BARうまなりへ開店時間を狙って襲撃(^_^;)。がしかし。やってない。客人3名様をお連れしていただけにおおいに焦る。で、うまなりさんの携帯に電話。なかななかつながらずようやく2度目に出てくれて、どうやらそんな早い時間には普段お客さんは来ないようで食材などの買い物をしていたらしい。近くにいるとのことで自転車で飛んできた。新幹線の時間までお話して家路に。日帰りのわりに盛りだくさんな内容のオグリキャップ記念の1日であった。

競馬●オグリキャップ記念。後続を引き付けて逃げた1番人気クインオブクインが3コーナーから離しにかかって逃げ切り勝ち。後方3番手から向正面でまくったマヤノグレイシーが1馬身半差2着。5馬身離れた3着にウイニングウインド。他地区最先着は高知のアタゴビッグマンで5着。●北斗盃。3番手追走のサンサンヒカリが3~4コーナーで先頭に立って直線抜け出して勝利。直後追走の1番人気アラベスクシーズが2馬身差2着。3着モルフェキイ。クラフィンライデンは4着。●しらさぎ賞。4コーナーで前をとらえたデザートレジーナが直線で抜け出した。前走まで7戦連続連対中で、重賞初挑戦での勝利。浦和に転入緒戦のトーセントップランが内を突いて1馬身差2着。3着ヒビキウィン。後方追走の1番人気パノラマビューティは6着。●G3サガロS(アスコット16F,4&up):断然人気のパッカイが圧勝でグレード2勝目。9馬身差2着にミスチーフメイキング。さらに9馬身離れた3着にバッダム。●G3ウエストチェスターH(ベルモントパーク8F,3&up):8頭立て6番手から3~4コーナーで一気に先頭に立った1番人気ブリボンがそのまま押し切ってグレード初勝利。最後方から直線差を詰めたディスクリートトレジャーが1馬身差2着。モーチャンセズ3着。僅差2番人気テールオブエカティは6着。今年のブリーダーズCは予定どおりサンタアニタで、とあらためて正式発表クールモアオーストラリアに繋養されているエンコスタデラゴの種付料が302,500豪ドルから220,000豪ドルに値下げ。リダウツチョイスは198,000豪ドルに。

本日のワイン●K-BARうまなりにて。ジェイコブズクリーク・シャルドネ・ピノノワール・ブリュット・キュヴェNV。さらに白をグラスで1杯。帰宅してパンゴリン・ピノタージュ・ロゼ2008

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 28, 2009

ベットフェア北米進出か

20090428184251昼。新宿某所にてIさんと会ってお話。本題とは関係ないけど、つい最近亡くなったという方が2人もいてちょっと驚く。そろそろこのトシになると、しばらくぶりな方と話したりするとそういうのも当たり前になってくるよなあと思う。その後に出社。ゴールデンウイークを前に、世間は休みだけど地方競馬はたくさんやっていて普段より忙しく、それでも連載原稿は通常どおりという状況で、締切をうっかり忘れないように自分にプレッシャーをかけておく。夕飯は会社近所の肉屋さんの餃子弁当(写真)。メニューにはないんだけど材料があればなんでも作ってくれるのよ。はじめて揚げ餃子にしてみた。ここの餃子は冷凍とかじゃなくてちゃんと手作りでけっこううまい。
豚インフルエンザがフェーズ4になった。来月のシンガポール、だいじょうぶかなあ。シンガポールはアジアのハブ空港でいろんなところと飛行機が行き来しているのでかなり心配。パンデミックという単語もしきりに聞かれるようになってきた。

競馬●ヘイセイシルバーの仔が3歳でいるんですな。ホワイトレジーナ。●G3アレフランス賞(シャンティイ2000m,4&up):アガ・ハーンの自家生産、ダラカニ産駒のシェミーマShemimaがトレラビドを短首でしりぞけて勝利。3着アルビソラ。スクエアエディーが脚部に炎症を起こしてケンタッキーダービー回避ベットフェア社のエクスチェンジベッティングが北米にも進出計画。TVGの買収計画も。3月のカリフォルニアの開催でデモンストレーションがあった。19連勝のペッパーズプライドがティズナウを受胎。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2009

スワインという豚たち

成田戻りのCXはさすがにまだゴールデンウイークの入口とあってガラガラで快適だった。定刻よりちょっと早めに成田着。検疫のところは厳戒態勢な雰囲気。香港からの帰国は関係なかったけど、豚インフルエンザ当該地域からの帰国便ではちゃんと検査とかあるらしい。どこの局だかテレビカメラも待機していた。しかしもうすぐ5月になろうというのにこの寒さはなんなの。香港もこの時期としては今まで経験がないくらい寒かったけど。ところで豚インフルエンザ。英字紙の見出しではSwine Fluという表記をたくさん見た。豚を集合的に指す一般名詞としてはswineという単語を使うのね。初めて知った。なんだかワインにSが付いただけって感じがしないでもない。

競馬今年3月に安楽死となったアリシーバメモリアルイベントが29日にケンタッキーホースパークで行われる。●高知のナイターは7月10日から始まるらしい。が。4月27日の入札(PDF)で、6月30日に完成するんでしょうか。ちょっと心配。

本日休肝日。あっ、帰りの機内で赤(どこかのメルロー)を1杯飲んじゃったんだった。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 26, 2009

チーズやさんでワイン

0904261今日もしとしと雨が。シャティン競馬場の外の一般席は一番上のほうまで登らないと雨に濡れてしまうためこんな寂しい状況(写真)。チャンピオンズマイルは香港馬同士の叩き合いだったのにあんまり盛り上がらず。勝ったサイトウイナーは最低人気でこれが重賞初制覇だったとはいえ、かつて香港馬が活躍しだしたころだったら地元馬が勝てばもっと盛り上がったよねえ。個人的には道悪の逃げ残りと思ってエジプシャンラーの単勝だったのだがもうちょっとのところで粘れず残念。QEIICは、ドバイデューティフリーが勝ち馬があまりに強すぎたため2着以下は力どおりではなかっただろうと読んでいたのだが、そこで2着だったプレスヴィスがちゃんとここで強い勝ち方。恐れ入りました。ぼくが狙ったニコネロは4コーナーで内を突いて抜けてきそうだったけど直線で後退。どうも故障していたようで。残念。ミールクーポンがたくさん余っていたのでかねてから試したかったジャンボホットドッグを食べてみたらしばらくして吐くかと思うくらい気持ち悪くなった(苦)。
終了後は本日も富柏村さんのご案内で九龍城のタイ料理。その後、上環のもともとチーズ屋さんがはじめたらしいワインバーへ。売り場兼用のワイン倉庫のようなところでそのまま飲めちゃう感じで、さらに隣には客も入れるチーズ部屋まで! 価格もとってもリーズナブルでまるでワインセラーの中で飲んでるようで楽しいことこの上なし。当然のことながら温度もワインセラーの中と同じく寒いのだけど(推定15度くらい?)、それなりの格好をしていけばおっけーってことで。

競馬●G1チャンピオンズマイル。先行2頭の叩き合いはゴールでサイトウイナーの首がぐいと前に出た。エジプシャンラーは短頭差2着。かつて香港、今オーストラリアのダオダオもゴール前迫ってアタマ差3着。グッドババは4着。香港ダービーで強い勝ち方をして1番人気となったコレクションは5着。●G1クイーンエリザベスII世C。出遅れて最後方追走のプレスヴィスが直線すごい脚で伸びて差し切り勝ち。なんと最後の2ハロンは21.94秒。次走はシンガポールに行くと。中団追走から22.36秒の脚を使ったヴィヴァパタカが1馬身差2着。3着に香港ダービー2着だったサムズアップ。6着のアーチペンコまでが先頭から2 1/4馬身差の大接戦。●ばんえい十勝オッズパーク杯。雪8.8%で超高速の決着。第2障害も止まらずに仕掛けたナリタボブサップが一気に上まで上がったが、続いたカネサブラックがわずかに先頭で障害をクリア。そのまま楽に突き放して3連覇。ナリタボブサップが2着で、最軽量のホクショウドラゴンが3着。●G1ガネー賞(ロンシャン2100m,4&up):昨年の仏ダービー馬で1番人気のヴィジョンデタがルーブレトンを3/4馬身差でしりぞけ勝利。父チチカステナンゴ。短頭差3着にアドラーフルーク。4着ザウェイユーアー。●G3ヴァントー賞(ロンシャン1850m,3yo f):父スマートストライクの1番人気デノミネーションが重賞初勝利。クビ差2着にセレブラ。3着タッサーラ。●G3バルブヴィル賞(ロンシャン3100m,4&up):Pointillisteが6歳で重賞初制覇。1馬身差2着にラバウム。3着Faramir。●G3イングルウッドH(ハリウッドパーク芝8.5F,3&up):7頭立て5番手を追走した僅差1番人気のマデオが直線外からまとめて差し切って勝利。昨年のG2デルマーダービーに続いてグレード2勝目。直線まで逃げ粘ったストームミリタリーがアタマ差2着。さらにアタマ差3着にユーエスレンジャーで人気3頭の決着。脚部不安のあったクオリティロードはやはりケンタッキーダービーは回避と。残念。ケンタッキーダービーを控えチャーチルダウンズでバルバロ像の除幕。

0904262本日のワイン●タイ料理やさんにて。シンハービール。7-11で買ってお持込のウインダムエステート・BIN555シラーズ
チーズやさんのワインバーにて(写真)。南アフリカ、TULBAGH MOUNTAIN VINEYARDS、シラー・ムールヴェドル2004。これはアタリ。しかしウェブサイトのトップにジャンシス・ロビンソンのお褒めの言葉を載せるなんて、ちょいとミーハーね。それからシャトー・ポタンサック1996。先週のシンガポールからボルドーのグランヴァンづいております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2009

ワトソンズ試飲コーナー

午前5時起床。よっぽど連日の寝不足でもない限り、最近早起きがあんまり苦でなくなったなあ。むしろ普通に寝てもだいた4~5時間あたりで一度目が覚めてしまうのが困る。起きるのがあまり苦でないといっても睡眠が足りているわけでなく、成田空港へ向かうスカイライナーで爆睡。はっ!。と目が覚めたのが第2ターミナル。慌てて降りようとしたらそこはまだ船橋だった。すごく恥ずかしい思いをしながらすごすごと席に戻る。ホームの雰囲気が第2ターミナルにすごく似てたからなんだけど、よく考えれば左右が逆でした。しかしスカイライナーがその船橋から乗ってきた客でぎっちぎちの満席になったのにびっくり。なるほど世間はゴールデンウイークの入口に当たるわけね。って、毎年この4月最終週末の香港に出かけるときに気づいてるような気がする。当然成田空港も人でいっぱいなわけだけど、ネット上でチェックインして搭乗券はプリントアウト。預ける荷物もなし。パスポートコントロールも自動化ゲートの登録をしてあるので並ばずスイスイと。便利な時代になったもんだ。ただキャセイに乗るからといってキャセイのカウンター側の入口から入ると自動化ゲートがなかったような気がしたので、JALのカウンター側から入ってみて正解。そしてパスポートコントロールを過ぎると目の前がJALのラウンジだし。きわめて個人的な覚え書きってことで。CX509は搭乗してから相当待たされ45分くらい遅れて離陸。香港では朝方に豪雨があったとのこと。昼過ぎには止んでいたが天気はよくない。夜はセントラルのFCCで富柏村さんと待ち合わせ、まずワインを仕入れるべくセントラルのワトソンズワインセラーへ。そこには試飲コーナーがあり、その機能的なことに感心する。プリペイドカードを買ってボタンを押すだけで白4~5種類(だったか?)赤7~8種類(だったか?)から25cc、75cc、150ccという量でセルフサービスで飲むことができる。そこのラインナップを見てびっくり。ラトゥールの1995年とか、デュクリュボーカイユーの1986年とかがあったのよ。さすがに試飲コーナーがお店のメインではないので夜10時閉店なのは残念だけど、メシ食ったあとにちょっと飲むにはすごくいいかも。オリーブとかチーズとか簡単なつまみもあるし。メシはいつものヨンキー。牛スジのスープと、海老の粉がかかった細い麺にスープをかけて食べるのが今までに経験のないおいしさだった。

競馬●G1クイーンエリザベスS(ランドウィック2000m,3&up):父ジェニュインのポンペイルーラーが約2年ぶりのG1勝ち。半馬身差2着にメタルベンダーとサレラが同着。●G2 BET365マイル(サンダウン8F,4&up):昨年のG1フォレ賞勝ちで前走ドバイデューティフリー8着だった1番人気パコボーイが勝利。3/4馬身差2着にドリームイーター。3着ヴァーチャル。●G3ゴードンリチャードS(サンダウン10F,4&up):昨年の英ダービー2着で1番人気のタータンベアラーがパイプドリーマーを短頭差でしりぞけ勝利。3着Buccellati。●G3ウィザーズS(アケダクト8F,3yo):2番手追走から3~4コーナーで先頭に立ったミスターファンタジーがグレード初勝利。父イードバイ。1 3/4馬身差2着に1番人気ディスワンズフォーフィル。3着ゴーンアストレー。●G3マイアミマイルH(カルダー芝8F,3&up):1番人気ウェスリーが直線を向いて先頭に立って勝利。勝ち馬を追いかけたマンボマイスターが1馬身半差2着。3着フィアレスイーグル。●G3ダービートライアルS(チャーチルダウンズ7.5F,3yo):先行3頭で競り合った1頭ハルが直線で抜け出した。デビューから3連勝でグレード初制覇。4馬身差2着にケンセイ。先行3頭から脱落したチェックリスト3着。同じく脱落した1番人気シルヴァーシティは5着。●G2サンフランシスコマイル(ゴールデンゲートフィールズ芝8F,4&up):最後方追走のミスターナッパータンディが、逃げ粘っていたヨットスポッターをゴール前でアタマ差とらえてグレード初制覇。2番手追走のボールドチーフテンが3/4馬身差3着。後方追走の1番人気ファーネリーは6着。●G3テキサスマイルS(ローンスターパーク8F,3&up):縦長の4番手を追走したジョーンズボロが直線差し切って勝利。2番手から直線先頭に立って粘っていたキングダンが半馬身差2着。2 1/4馬身離れた3着にエンコースティック。逃げた1番人気ヘイローナジブは4着。デルマー競馬場がレイバーデイを除いて月曜開催を休止し、今シーズンの開催を43日から37日間に削減。マグナのお願い。サンタアニタのオーナーが代わっても今年のブリーダーズカップは場所を変えずに開催できるようにと。昨年のBCフィリー&メア・ターフ3着のウェイトアホワイルが薬物陽性で失格。

本日のワイン●成田のサクララウンジにて朝食と供に、ボデガ・ノートン・エクストラブリュットNV。機内では飲まず。
待ち合わせのFCCにて、ヴェネト州のプロセッコのスプマンテをグラスで。
ヨンキーのワインリストより、白はペンフォールド・クーヌンガヒル・シャルドネ2006。ワトソンズで購入しお持込で、マールボロのドッグポイント・ピノノワール2006
ワトソンズの試飲コーナーにて、スタッグスリープ・カベルネソーヴィニヨン2005を150cc。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2009

レラスポットの通称は?

順調に作業をこなして早めに帰宅。スーパーの魚屋さんで閉店間際で安くなった寿司と刺身を購入して家でメシ。浦和とか船橋競馬場のあととかにはたまにまっすぐ帰宅することもあるけど、平日会社から、家でゆっくりメシが食えるような時間に帰ったこのはこの10年で2~3回あったかどうか。記憶にまったくない。夜8時とかに帰ると、ゆっくりメシを食っても寝るまでけっこう時間あるのね。
ところで昨日の続きでレラ・スポット北彩都ですが。地元のおっさんたちは何て言うんでしょうね。「レラ行くべ、レラ」とかなんでしょうか。去年まであった旭川競馬場の場合は「山に行く」って言ってたんすよ。山の上だったんで。

競馬●G3クラシックトライアル(サンダウン10F,3yo):ここまで3戦して未勝利、6頭立て最低人気のアバヴアヴェレージが勝利。父はハイシャパラル。アタマ差2着にこれもメイドンを勝っただけというビッグバウンド。3着にクールモアのマリブベイ。シェイク・ハムダンの1番人気ターミールTaameerは5着。●G3エルクホーンS(キーンランド芝12F,4&up):2番人気スパイスルートが中団追走から直線抜け出して勝利。2馬身差2着にマスカティールでロジャー・アトフィールド調教師のワンツー。後方から直線差を詰めたブラスハットがクビ差3着。例によって最後方追走のベタートークナウは6着。後方を進んだ1番人気シャンゼリゼは直線伸びず7着。クオリティロード。今度は右前脚に蹄側部の亀裂が。スティーヴィーワンダーボーイがチリにシャトル。

本日のワイン●ゆっくり夕飯なんで家飲みとしてはちょっとお高めのワイン。ドミニク・ドゥラン、ブルゴーニュ・ブラン・ラ・コンブ2005。4年しかたってないのにいい感じに黄金色に熟成。
ドメーヌ・デ・オー・シャシー、クローズ・エルミタージュ・ルージュ・レ・ガレ2006
どっちもすごくおいしゅうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2009

れらすぽっときたさいと

通常出社。週末の香港行きにそなえて今のうちに月末の雑務をやっつけておく。ゆえに会社泊。しかしどうも締切とかが目前に迫っていない仕事で会社泊というのではダレダレになってしまって効率がよくない。って、前にも書いたけど。ま、そもそも集中して仕事できないタイプなんで。
で、かしわ記念は川島正行厩舎がドドドドっと4頭出し(の予定)。しかも。一線級の馬ばかり。さらに川島正一厩舎も1頭いて、さて、どんなレースになるのだろう。
ばんえい競馬の場外発売所、旭川にレラ・スポット北彩都がオープン。うわさにはだいぶ前からなんとなく聞いていたけどようやくオープンですか。駅からはだいぶ離れるけど、今や地方都市は駅周辺がどんどん廃れて郊外の大型ショッピングセンターを中心に栄える時代だからまあそういうことでしょう。このあたりもそういう開発地域なんでしょうか。それにしても「れらすぽっときたさいと」って、音だけ聞いたら地元以外の人にはハテ何のことやら?という感じですな。そして、ホッカイドウ競馬単独の場外発売所となったレーシングセンターはどうなるんだろう。ハコとしてデカすぎるよね。

競馬●G3ビウィッチS(キーンランド芝12F,4&up f/m):4コーナーまで最後方のウインターヴューが直線で楽に抜け出した。グレード初出走で勝利。2馬身差2着にコミュニケ。後続を引き付けて逃げた1番人気のドレスリハーサルはクビ差で3着。昨年のG1キングズビショップを勝ったヴィジョネアが膝の状態がよくならないことから引退。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2009

ほとんど人気順で羽田盃

通常出社。作業的に大井に行ったあと会社に戻らないといけないかもという予測も、夕方までにメドがついた。で、大井へ。羽田盃は荒れることを想定して今年になってからの成長著しいシャレーストーン1頭軸の3連単マルチ60点。が、ご存知のとおり人気順の決着でものすごいトリガミ(泣)。まあ、3連単であんまり堅いところは狙わないのでたまにはこういう結果も仕方なし。上位だけじゃなくて下位までほとんど人気どおりだった。関係ないけど、東京プリンセス賞は見に行けないことに気づいた。いや、手帳を見ればすぐにわかることだったのだけど、あらためて気づいた次第でして。残念至極。

競馬●羽田盃。3番手追走から3コーナー手前で6番手まで下げたナイキハイグレードがゴール前シャレーストーンをかわして勝利。下げたときは手ごたえ一杯に見えたけど、単に外に出すために下げただけだったんだろうか。シャレーストーンは中団うしろ追走から早めに進出。直線先頭に立ったものの今度はクビ差(京浜盃はアタマ差)で2着。5馬身離れた3着に牝馬モエレエターナルで人気順の決着。19日、ハンガリーの無敗馬オーヴァードウスがキンツェムパーク1000m戦で従来のタイムを3秒以上縮めるコースレコードで勝利。これが4歳シーズンの緒戦で、デビューからの連勝を12とした。次走は5/23ヘイドックパークのG2テンプルS。

本日のワイン●品川のいつもの店で軽く。ロワールのAOCシノン。って、必ずカベルネフラン100%なんでしょうか。ピエモンテ州のドルチェット・ダルバ。どっちもグラスだったので造り手不明。このお店、メニューにライト/ミディアム/フルボディが書いてあるんだけど、ライトでもミディアムっぽかったり、ミディアムでもフルに近かったりな感じなのがけっこうあって、普通とは逆な感じ。普通は(って、普通じゃいけないんだけど)「フルボディ」って書いてあっても「これはいくらなんでもフルじゃないだろう」ってな軽いのが出てきたりすることがよくあるのにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2009

だいじょぶなのか西海岸

20090422012347昼から大井で打ち合わせ。のちに出社。目標まで至らず早々と(といっても23時近くだけど)あきらめて帰宅。昨日、おいしそうな新ジャガが届いていたので在庫の新タマネギも使って肉じゃがを大量につくる。う、うまい。自画自賛。ビバ新ジャガ。ちなみに肉じゃがは断然豚肉派。しゃぶしゃぶ用の豚バラの薄切りを使ってみた。どうも牛肉は独特の臭みがあって肉じゃがにはイマイチと思うのはわたしだけ?

競馬22日からスタートするハリウッドパークは、どうやら最後の春夏開催になる可能性が大きい。"Hollywood Park Tomorrow"という再開発計画があると。ただ「ハリウッドパークを救え!」というサイトもできている。再開発反対&競馬存続の署名サイトまであり……。サンタアニタも売却されるかもしれず、だいじょうぶかね南カリフォルニアの競馬は。ブリーダーズCは一応サンタアニタで開催する方向で進んでいると。

連続休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 20, 2009

なんちゅう強さの9歳馬

戻りの早朝のUAもきわめてめずらしくガラガラだった。行きほどではないけど5人席の2.5人分を使ってぐっすり寝た。
そういえば。土曜日のTJスミスを日曜日のシンガポールの開催中に放映してくれたのだった。テイクオーヴァーターゲット、強ぇ。楽にハナに立って直線まで持ったまま、軽く追い出すと楽々と後続を突き放した。Nash Rawillerという騎手に乗り替っていたけど、それが決まったのは直前のことだったみたい。しかし。9歳にしてなんて強さだ。てか、もうすぐ10歳だ。次走5/2のグッドウッドHではジェイ・フォードに戻る可能性も。その後は、シンガポールのクリスフライヤースプリントから4度目のロイヤルアスコットへ。

競馬今年のブリーダーズCを予定通りサンタアニタでやるのか、チャーチルダウンズに代えてやるかは4/30が判断の期限なのね。ボブ・バファートとシルヴァービュレットデイが殿堂入り。

旅帰りにつき本日休肝日。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 19, 2009

急に暑いシンガポール

暑い。ほんとに暑い。パドックの日なたに立っていると気持ち悪くなるくらい暑い。シンガポールでもこんなに暑いのはあんまり経験がないってなくらいに昨日から暑い。こっちに住んでる人に聞いてもこの暑さは異常だと。この暑さが5月まで続くのかなあ。シンガポール航空国際Cの時期にしかシンガポールに来ないという方におかれましては、あの時期の暑さがシンガポールだと思ってる方が多いかもしれないけど、ちゃんと涼しい時期もあるんですよ。競馬のワールドシリーズもなくなったし、シンガポール航空国際Cはもうちょっと暑くない時期に移動したほうがいいと思うんだけどいかがでしょう。午後からノドに痛みが。ぬぬぬ。冷房でやられたかなあ。夕方に向かうにしたがって痛みが増してきたし(泣)。で、シンガポールのクイーンエリザベスII世C。メンバーが薄くて期待したエルドラドは、いつにない好スタートをきったものの直線はレースをやめてしまった感じで8頭立ての7着。終了後はみなさんガックリでリージェントホテルの和食レストランで反省会。本番でがんばりましょう。

競馬●星G2クイーンエリザベスII世C(2000m):4歳の上がり馬リストアードがゴール前すごい脚で差し切り勝ち。シンガポール航空国際Cには追加登録料が必要なため出ないらしい。クビ差2着にリココ。3着インペリアルグリーンで4歳馬が上位独占。●阿久利黒賞。直線人気3頭の叩き合いは外の1番人気マヨノエンゼルがトキワノマツカゼをアタマ差でしりぞけた。3~4コーナーで先頭に立ったダンストンジールはゴール前で失速し3馬身差3着。3連単350円。●G3バリサックスS(レパーズタウン10F,3yo):G1クリテリウムドサンクルー勝ちのフェームアンドグロリーがデビューから3連勝。1馬身差2着にファーガスマクアイヴァー。1番人気ムーラヤンMourayanは3着。●G2サンファンカピストラーノインヴィテーショナルH(サンタアニタ芝14F,4&up):ジャドモントファームの1番人気ミッドシップスが逃げ切ってG2サンルイレイHから連勝。3番手からゴール前差を詰めたスプリングハウスが3/4馬身差2着。3着にオブリガード。●G3ベンアリS(キーンランドAW9F,4&up):向正面でハナに立ったパレーディングが直線突き放し圧勝でグレード初制覇。7馬身半離れた接戦の2着争いは断然最低人気のユアラウンドが制した。最後方追走の1番人気モンバは半馬身差3着。

本日のワイン●スペインのペネディス産、ミゲルトーレス・フランソラ・ソーヴィニヨンブラン2007シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド2004。昨日に続いて高いワインをいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2009

ラフィットにラトゥール

Chiriceソウルの調教師さんを朝の調教へご案内。とはいえぼくも朝の調教は久しぶりでちょっとずついろんなものが変わっていた。ファイバーサンドのコースがポリトラックに変わってハローがけの休み時間がなくなったとか。やっぱたまには来てみるもんだね。朝昼兼用のメシはロット1のフードコートでローストチキンライスのセット(写真)。うまいよねえ、シンガポールの地元メシ。夕飯はLong Beach Seafood@Dempseyにて。で、本日からはOオーナー宅におじゃますることに。ワインがぶがぶ飲んじゃって、すみませんすみません。

競馬●G3グリーナムS(ニューベリー7F,3yo c/g):1番人気ヴォーカライズドがデビュー2戦目から3連勝。1馬身差2着にシティースケール。3着アイスソレーター。●G3ドバイデューティフリーS(ニューベリー7F,3yo f):ラハリーブがスーパースルースをアタマ差でしりぞけ今シーズン緒戦を勝利。3馬身差3着にデインヒルデスティニー。前走G3愛1000ギニートライアル勝ちで1番人気のMAOINEACHは8着。●G3ドバイテニスチャンピオンシップスS/ザジョンポーターS(ニューベリー12F,4&up):昨年のG1英セントレジャー5着だったエンローラーが重賞初制覇。1馬身半差2着にセンテニアル。3着シェイク・ハムダンのテイスタイル。●G1 TJスミスS(ランドウィック1200m,3&up):テイクオーヴァーターゲットがノーザンミーティアに2 3/4馬身差をつけて勝利。アパッチキャットはさらに3馬身離されて3着。●G1プロデュースS(ランドウィック1400m,2yo):ゴールデンスリッパー3着だったマンハッタンレインが勝利。1 1/4馬身差2着に前走G2ダーレーS勝ちのチケッツ。3着リストーヴァ。ゴールデンスリッパー勝ちのフィーランレディPhelan Readyは7着。●G1ドンカスターマイル(ランドウィック1600m,3&up):父カーネギーのヴィジョンアンドパワーが3/4馬身差でブラックピラーニャをしりぞけた。G1ジョージライダーSと同じ決着。3着に父ストリートクライのフービーガットユー。1番人気オールサイレントは10着。●G1AJCオークス(ランドウィック2400m,3yo f):NZ1000ギニー勝ちでNZオークスはジャングルロケットの4着だったダフォディルが勝利。シンクマネーが2 1/4馬身差2着。1番人気ミスダルシーは3着。●G2レキシントンS(キーンランドAW8.5F,3yo):後方追走3頭の決着は、ここまでメイドン勝ちのみの伏兵アドヴァイスが最後方から直線追い上げて差し切り勝ち。1馬身差2着にやはり伏兵のコンサーヴァティヴ。1番人気スクエアエディーは3~4コーナーで外からまくって先頭に立ったが仕掛けが早かったか3/4馬身差3着。●G2サンタバーバラH(サンタアニタ芝10F,4&up f/m):人気3頭の決着は、マジカルファンタジーが道中4番手から直線抜け出して押し切った。最後方から迫ったブラックマンバはとらえきれずハナ差2着。トークドケダは3着。●G3サンシメオンH(サンタアニタ芝6.5F,4&up):僅差2番人気のミスターグラフが最後まで粘って逃げ切り、ステークス初出走で勝利。ゴール前差を詰めた最低人気のドッピオが3/4馬身差2着。半馬身差3着にユーログライド。勝ち馬に競りかけた1番人気トップハンデのデザートコードは直線失速してしんがり8着。●G2ベッドオローゼスH(アケダクト7F,3&up f/m):4頭立てで人気を分け合ったシアトルスムースが直線を向いて先頭に立つと楽に後続を突き放して勝利。G2コティリオンSから連勝。5 3/4馬身差2着に最低人気のアーウィドリーミン。人気のもう1頭ディストーテッドパッションはクビ差3着。●G3シックスティセールスH(ホーソン9F,3&up f/m):ハナを奪って3~4コーナーで後続を引き付けたスウィフトテンパーが最後まで粘って勝利。直後の3番手を追走した断然人気サンタテレシタはアタマ差届かず2着。2 1/4馬身差3着にクイックノーティス。●G3ウィムジカルS(ウッドバインAW6F,4&up f/m):2番人気ダンシングオールスターが後続を寄せ付けず逃げ切り勝ち。1 3/4馬身差2着に1番人気スマートサプライズ。3着プラウドエアレス。

本日のワイン●ロングビーチシーフードにて。カヴァでX'ENIUS BRUT。ニュージーランドのオイスターベイ・ピノノワール2007。おいしい。
Oオーナーのお宅にて。カリュアド・ド・ラフィット2000。さらに、シャトー・ラトゥール2000。ああ、すみません。おいしくいただきました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 17, 2009

いか焼、ネギ焼、たこ焼

Ikanegi本日ナイトレース開催のシンガポールターフクラブにソウルの調教師さんをご案内。英語ペラペラなのでぼくが案内したというよりシンガポールターフクラブとの間をつないだだけという感じだけど。でもアジア人同士って楽よね。英語あんまりできなくてもそれなりにそのレベルに寄り添ってくれるので。アメリカ人とかイギリス人が相手だと絶対にこうはいかん。シンガポールは新たに厩舎を建設中なのだがすでに希望者がたくさんいるのだそうだ。高岡調教師は今年で7年目になるのだがあのタイミングで移籍できたのはほんとに奇跡的だったとあらためて思う。ただそうした道筋は偶然ではなかったのだけど。で、本日は主催者招待のコミッティールーム。バイキングのお料理のところに「いか焼」「ネギ焼」「たこ焼(本格派)」というのがかかっていて「Japanese Delight」と書いてあったので、この席でそんなジャンクフード出すの?と思ったら果たして。「いか焼・ネギ焼」のところに置いてあったのは寿司とうなぎの蒲焼(写真)。「たこ焼(本格派)」のところではなんと天ぷらを揚げていた(^_^;)(^_^;)。ま、日本風な雰囲気を出したかったんでしょうな。東南アジアで食べる日本食としてはまあこんなもんでしょというレベルでございました。

競馬●G3ダブルドッグデアS(キーンランドAW8.5F,4&up f/m):3番手追走の1番人気インディスクライバブルが3~4コーナーで先頭に立つと直線楽に突き放して昨年3着の雪辱。11月のG3カーディナルHから連勝。後方追走から3~4コーナーで勝ち馬の直後に迫ったセレネーディングが2 1/4馬身差2着。さらに2 1/4馬身差3着にテヒダ。JCダートにも出走した昨年のニューヨーク3歳3冠馬ティンカップチャリスがフィンガーレイクス競馬場での調教中に放馬した馬と衝突して双方とも安楽死となった。今年ジャンアンツコーズウェイの牝馬を出産したラグズトゥリッチイズは、ヘンリーザナヴィゲーターを受胎した。

本日のワイン●シンガポールターフクラブのコミッティールームにて。ウルフブラス・プレジデンツセレクション・シャルドネ(ヴィンテージ不明)。赤はウルフブラスのなんだったんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2009

Cよりも快適なYの5人席

原稿が今朝も午前4時過ぎまでかかり睡眠3時間(泣)。夕方の便でシンガポール行きなのだが、事務処理などがあって成田空港には直行できず一旦出社。で、Webチェックインしようとしたら、34,800円でCにアップグレードできますよと出た。この値段なら、と思いアップグレード!のボタンを押す寸前でとどまった。往復でこの値段なら納得だけど片道だとちと高い、しかもシンガポール行きは混んでることがほとんどない。思い直してYのままチェックインして成田空港へ。果たしてUAのシンガポール行きはいつも以上に空いていた。危うく34,800円をムダに使うとことであった。真ん中5席が使い放題。足だけでなく手も伸ばして爆睡。しかしUAはYでアルコールが有料になって以降もまた機内食とか飲み物のサービスとかの予算を削減してるような感じ。ま、サーチャージが安くなって4万円程度で往復できるなら文句のない範囲なんですが。

競馬●東海桜花賞。直線、先行したキングスゾーン、サンキンスピーチが競り合うところ、好位追走のベストタイザンが外から差し切った。クビ差でキングスゾーン、ハナ差でサンキンスピーチ。●G3クレイヴンS(ニューマーケット8F,3yo c/g):G1デューハーストS5着以来で断然人気となったデリゲーターが重賞初勝利。2 3/4馬身差2着にサンズフロンティアーズ。3着ピュアポエトリー。●G3アールオブセフトンS(ニューマーケット9F,4&up):シェイク・ハムダンのタジーズTazeezが5歳にして重賞初出走で勝利。3 1/2馬身差2着にスティールタンゴ。G1英チャンピオンS2着以来で1番人気のトワイスオーヴァーは3着。●G3アパラチアンS(キーンランド芝8F,3yo f):断然最低人気のアフタヌーンストロールが3~4コーナーで先頭に立ち、直線で一旦はホットチャチャに交わされながらも差し返してハナ差で勝利。初めての芝でグレード初制覇。後方から差を詰めたファストタイグレスが1馬身差3着。ケンプトンパークのケンタッキーダービーチャレンジを勝ってアメリカに来たマファーズだがブルーグラスSで8着に負けたことでケンタッキーダービーには出ないと。

本日のワイン●成田のレッドカーペットクラブにて。Vignebelle2007の白と赤を1杯ずつ。めずらしくバーボン、ジンビームをロックで1杯飲んでみた。UAのYで有料のキングフィッシュ・シャルドネキングフィッシュ・シラーズの1/4ボトルを1本ずつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2009

那須へ宇都宮へ川崎へ

睡眠3時間で午前7時過ぎ起床。とある案件で地方競馬教養センターと競走馬理化学研究所へ。教養センターは何度も行ってるのでともかく、理化学研究所は初めてだったので社会見学という感じだった。帰りは車で都内まで同乗させていただき川崎競馬場へ。目的がクラウンカップの取材のみだったらパスしていたところだったのだけど、年度替りで主催者の担当の方が替ってご挨拶とか、「地方競馬最前線」で使う川崎の食べ物ネタのストックが切れていたのでその写真撮影とか。今日のやきそばは特段に味が濃かったなあ。ノド渇いたよ。帰宅。午前中、教養センターにいたのは昨日のことかと錯覚するほど長い1日だった。昨日やり残してしまった原稿の続き。

競馬●クラウンカップ。最後方追走のサイレントスタメンが3コーナーから進出し直線豪快に差し切って勝利。5番手を追走した1番人気ブルーヒーローは直線一旦は先頭に立ったもののクビ差2着。足立厩舎のワンツー。逃げたサプライズゲストは2馬身差3着。●ダンスパートナーのアメリカ産がこんなところに出てくるのはちょっと反則のような。スマーティーダンス。●G3ネルグウィンS(ニューマーケット7F,3yo):9月のG1フィリーズマイル2着以来のファンタジアが断然人気にこたえて圧勝。7馬身差2着にDamaniyat Girl。3着ファーストシティ。2001年以降テロなどに備えてダービー、オークスの日には内馬場にクーラーボックスの持込が禁止されていたが、今年から解禁。テロ関連なら時期的に2002年からという気がしないでもないけど2001年と書いてあるからそうしておきましょう。2006年のキーンランドセプテンバーイヤリングセールで820万ドルで取引されたアクトオブディプロマシーが3月20日、ジェベルアリでのレース中に左前脚を骨折し安楽死となった。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2009

国外遠征のリスクと価値

昨日の続き。国際レースがあんまり盛り上がらなくなったのは、遠征のリスクを負ってまで外国のレースを勝ったとしてもそれほどの価値が認められなくなったからなんじゃないかと思うんですがどうでしょう。だったら自分の国でチャンピオンになったほうがいいや、みたいな。今や外国に出て行ってすごい名声や付加価値を得ようとしたら、結局は実現しなかったけど、カーリンみたいにBC勝ってドバイを勝って、さらに凱旋門賞まで勝ちに行っちゃうみたいな、アンビリーバボーなほどの活躍をしないとだめなのかなあと。
で、シンガポールには日本からタスカータソルテだけですか。これから回避による繰り上がり選出とかあるんだろうか。コスモバルクはともかくシャドウゲイトは去年は行きたくても行かれなかったわけだし選んでくれてもいいじゃんとも思ったけど、最近のパフォーマンスというかレーティングではやっぱ選んでもらえないのかなあとも。
余裕のよっちゃんのつもりが目標にしていた原稿がぜんぜん終わらずお持ち帰り。締切の迫ったものだけなんとかやって午前4時。それでも目標は達成できず(泣)。

競馬アーカンソーダービーのレース中(2着)に右前膝の板状骨折を発症していたオールドファッションドだが、現役復帰は無理と判断して引退が決定。術後は良好。種牡馬入りはケンタッキーかフロリダかは未定で、種牡馬として売却する可能性も。馬の固体識別のタトゥーがウェブ上で無料で確認できるサービスを提供。

というわけで連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2009

国際招待は凋落傾向か

先週だったか。香港ジョッキークラブから「日本馬は出ないけど取材は来るのか?」という確認が来たけど、なるほど日本馬は出ないわけね。って、今ごろ気づくなって話だが。出走予定馬を見ると香港祭り。マイク・ドゥ・コックとゴドルフィンの馬とアーティストロイヤルがいてなんとか国際レースっぽくなったかなあという感じ。といってもどこもこれからがG1シーズンで香港のQEIIの開催は毎年こんなもんだろうか。でもなんだかドバイ以外の国際招待レースは最近は今ひとつ盛り上がらなくなったような。こういう状況を見てるとジャパンカップも致し方なしというか。

競馬●岩手競馬ファンブック昨年の3歳牝馬チャンピオンで、アップルブラッサムHを怪我で回避していたプラウドスペルが引退。インディアンチャーリーをつける。

今週木曜日からのお出かけに備えて本日休肝日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 12, 2009

んまくてやすいオージー

ブエナビスタ。一瞬抜けるところがなくて冷っとさせてあの強さにはまたびっくり。締切直前にPATで馬券買おうと思ったら重くて間に合わず。買えてたらトリガミだったから結果オーラだけど、最近の状況からして売上に貢献できなかったと考えるとちょっと申し訳ないと思ったり。
夕方。妻のお店に行って新人さんの練習台になる。うしろの髪の毛が短くなってしまいましたがな(汗)。帰宅して本日もお料理当番。レタスとトマトのサラダ。例によって生湯葉。厚揚げとチンゲン菜のピリ辛炒め。うちメシにしてはきわめてめずらしくステーキ、リーズナブルなオージービーフで。このトシになるとサシがびっちり入った和牛よりも脂の少ないオージーのほうがおいしく食べられるのよね。肉汁と赤ワインでつくったソースもおいしゅうございました。

競馬●金沢スプリングカップ。スタート後中団のヒカルベガが1~2コーナーで一気に進出、向正面に入ると先頭のノーブルシーズに並びかけた。3コーナーでは楽な手ごたえで先頭に立ち8馬身差圧勝。ノーブルシーズがなんとか粘って2着。3着シャインカイザー。●福山桜花賞。2番手に控えたクラマテングが3~4コーナーで先頭に立つと直線抜け出して完勝。3番手追走のジューシーが直線伸びて3着。逃げたトミノプラネットは3着。●G3グロット賞(ロンシャン1600m,3yo f):Tamazirteがデビュー2戦目から3連勝で重賞初勝利。クビ差2着にSoneva。G1マルセルブサック賞勝ちで断然人気のプロポーショナルは半馬身差3着。●G3フォンテンブロー賞(ロンシャン1600m,3yo c):1番人気シルヴァーフロストが勝って、2歳時のカブール賞、トーマスブライアン賞に続いてG3・3勝目。半馬身差2着にウエストファリア。3着Oiseau De Feu。●G3ラフォルス賞(ロンシャン2000m,3yo):オンエストビエンOn Est Bienが重賞初出走で勝利。2馬身半差3着にトップクラスTopclas。クールモアの1番人気ブラックベアアイランドは3着。●G3ラスシエネガスH(サンタアニタ芝6.5F,4&up f/m):後方追走から直線外を伸びてきたガッタハヴハーがゴール寸前で差し切ってグレード初勝利。2番手から直線先頭に立っていたリーバイズトップスはハナ差2着。逃げた1番人気タスカンイヴニングは3/4馬身差3着。ドーンアフタードーン4着。

本日のワイン●ロワール地方のヴァンムスーでレイター・ブランドブラン・ブリュットNV。コロンバール30%、ユニブラン30%、シュナンブラン40%。続きのシャーマー・ド・グロ、ブルゴール・ピノノワール2005。さっぱりのオージービーフにぴったりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2009

馬主調教師は元校長先生

始発で帰るつもりが、できることはやっていこうと思ったら結局終わったのは最終レースあたりになってしまった。というわけで夕飯のお買い物をして帰宅。スモークサーモンのサラダ。鶏ひき肉をレンコンではさんでテリヤキ風に。西友で買ったイカのかき揚げでお取り寄せの十勝そば。蕎麦つゆはさすが鎌田醤油なりの激旨。
すげーなオークス

競馬●G1オーストラリアンダービー(ランドウィック2400m,3yo):伏兵ローマンエンペラーが勝利。アタマ差2着にハリスツイードでモンジュー産駒のワンツー。ローズヒルギニー2着で1番人気だったスーザSousaは4着。●G1ブルーグラスS(キーンランドAW9F,3yo):5番手追走から外を進出したジェネラルクォーターズが直線先頭に立ち抜け出して勝利。前々走G3サムF.デーヴィスSに続くグレード勝ち。馬主調教師のトーマス・マッカーシーは高校の元校長で75歳。ケンタッキーダービーには初挑戦となる。直線外から迫ってきた1番人気ホールドミーバックは1馬身半差2着。好位追走のマッソーニが3着。●G2ジェニーワイリーS(キーンランド芝8.5F,4&up f/m):BC F&Mターフ勝ち以来のフォーエヴァートゥギャザーが7頭立て6番手追走から直線楽に交わし去って勝利。連覇を狙ったルザリアンは1馬身差2着。逃げたキスウィズアツイストはクビ差3着。●G2コモンウエルスBCS(キーンランドAW7F,3&up):3番手追走のエターナルスターが直線半ばで先頭に立ち、デビュー21戦目でグレード初勝利。5番手追走の1番人気リベリオンは勝ち馬に迫ったものの3/4馬身届かず2着。前で競り合った2頭、マイパルチャーリーは3着、ラヴァロは4着。●G3シェイカータウンS(キーンランド芝5.5F,3&up):ゴール前、アタマ、アタマの接戦を制したのはヒーローズリワード。2着にキャノンボール。2番手追走から直線一旦は先頭に立ったチェンバーリンブリッジは3着。逃げた1番人気ミスターナイトリンガーは5着。●G2カムリーS(アケダクト8F,3yo f):僅差1番人気のドリームプレイが直線後続を突き放して逃げ切りでグレード初制覇。5馬身半差2着にドントフォーゲットギル。半馬身差3着にホールドオントゥユアドリーム。●G2アーカンソーダービー(オークロンパーク9F,3yo):3~4コーナーで外をまくってきたパパクレムが、逃げた断然人気オールドファッションドとの叩き合いを半馬身差で制してグレード初制覇。南カリフォルニアからの遠征で、前走G2ルイジアナダービー2着からの巻き返し。最後方から押し上げた伏兵サマーバードが3/4馬身差3着。期待のオールドファッションドはレース中に右前膝の板状骨折が判明しKYダービー戦線離脱。命に別状はないが現役を続けるのは難しそう

本日のワイン●ちょっとだけ残ってたシャトー・ラ・タルシエール、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー2007カンパッソス・ブリュット。このカヴァ、おいしいです。シャーマー・ド・グロ、ブルゴール・ピノノワール2005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2009

睡眠たっぷりもひと苦労

たっぷり7時間寝た。睡眠不足はかなり解消できた感じ。なのだが長時間寝てると腰が痛くなっていかん。明け方に目が覚めたし。5時間を越えて一度も目が覚めずに寝続けることができない体になってしまったかと思うと悲しい。こうして人は死んでいくのか。って、そこまで深刻じゃないけど。かなり寝たつもりでも会社ではやっぱり眠かった。昨日ほどじゃないけど。来週、再来週の週末はまたまたおでかけにつき、来週前半までお仕事がんばる。

競馬●スプリング争覇。ぴったり2番手追走のクインオブクインが4コーナーで先頭に立ち直線突き放して久々の重賞勝ち。3馬身差の2着争いはウイニングボールがビッグクラウンをクビ差でしりぞけた。1番人気エーシンアクセランは8着。●G3アンプリュダンス賞(メゾンラフィット7F,3yo f):G1マルセルブサック賞2着だったエルーシヴウェーブが1番人気にこたえて勝利。2馬身差2着にアントレドゥーヨーEntre Deux Eaux。3着オンリーグリーン。●G1メーカーズマークマイル(キーンランド芝8F,4&up):3コーナーで仕掛けたミスターシドニーが直線を向いて先頭に立つと、外から並びかけてきたパッサージェを半馬身振り切ってステークス初制覇。最後方から押し上げたジャストアズウエルが5 3/4馬身離れた3着。向正面で先頭に立った1番人気ソーンソングは3コーナーで後退して最下位6着。●G3カウントフリートスプリントH(オークロンパーク6F,4&up):2番手追走のセマフォーマンが直線後続を振り切ってこのレース連覇。直線外から迫ったグリーリーズコンクエストがクビ差2着。3着アクレディット。ニューヨーク州のセンターブルックファームで動物虐待のほったらかし(悲)。このヒト

会社泊につき連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2009

ポートジェネラルの価値

ポートジェネラルが静かに盛り上がってますな。この「静かに」というのが微妙なところで、あの4着がどんだけ価値があるかってのは、地方競馬もある程度知ってる人しか理解できないよね、やっぱり。中央競馬しかやらない人にとっては「だから何?」ってな程度だと思う。世間一般まで含めて盛り上げるにはハルウララみたいにわかりやすくないとダメよね、やっぱり。それが正当とはまったく思わないけど。
ずっと会社。すごく眠かった。気持ち悪くなるくらいに。そんなわけで早めに帰ろうと思ったのだがなかなかメドがつかず結局終電3本前。料理もせず、酒も飲まず、寝た。

競馬●菊水賞。直線、逃げ粘るミナミノヒリュウをキヨミラクルがとらえた直後、さらに外からカラテチョップが差し切った。兵庫若駒賞以来の重賞勝ち。キヨミラクルはクビ差2着。●G1マディソンS(キーンランドAW7F,4&yo f/m):2番人気インフォームドディシジョンが3番手追走から直線内を突いて抜け出し勝利。G1初出走で、昨年10月のG2レイヴンランSから連勝。昨年のBC F&Mスプリント勝ちで断然人気のヴェンチュラは最後方追走から直線外を伸びて一旦は先頭に立ったものの粘りきれずアタマ差2着。1 1/4馬身差3着にベアナウ。ドバイワールドCを勝ったウェルアームドのオフィシャルレーティングが124となり、ダートでは世界でトップに立った。

というわけで本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2009

35秒台で追い込んだが

会社に泊まったかいあって、ちょいと早めに大井行き。大井はあまりに日常的に来ているだけに食べ物関係のネタとか写真とかの在庫がまったくなかったので、そのネタ集め。いろいろと新規開店してるんだけど、なかなかソソるものがないんだよなあ。東京スプリントのパドックを見ずに内田利雄&ひまわるのライヴを見る。本命にしていたビクトリーテツニーは5着。メンバー中唯一35秒台で追い込んだものの時すでに遅しという感じのレースだった。「地方競馬最前線」で出してる予想がようやくハズれた。ようやくという言い方もヘンだが、これをきっかけにこれからハズれまくるようになったらどうしよう。しかし森厩舎4頭出しで残り1頭のJRA馬が勝つとは。ま、そんなもんか。終了後、亀和田さん、しょーじさんらと合流していつもの品川のパンネビーノで総勢8名。ポートジェネラルと高知の話、それから門別開幕遠征の計画で盛り上がる。ナイター後の飲みだと時間が短くて残念だけど、逆に昼間開催だと結局終電まで飲んでしまうだけに、そのぶん飲み過ぎなくていいかも。

競馬●東京スプリント。3番手絶好位を追走のゼンノパルテノンがゴール前差し切り勝ち。中団から外を追い込んだガブリンが3/4馬身差2着。内のフジノウェーブは3着。ポートジェネラルが粘って4着。●G2ボーモントS(キーンランドAW7F,3yo f):前で競り合った2頭の叩き合いはゴールまで続き、ブービー人気ウォーキルが半馬身抜け出して勝利。3連勝でステークス初勝利。競り合いに敗れたセルヴァが2着。ゴール前外から伸びたコンシーケンスがさらに半馬身差の3着。1番人気エヴィータアルゼンティナは直線伸びず4着。クオリティロード。右後脚の蹄側部の亀裂は順調に回復。今年のバーレーンとドバイでのエンデュランスレースの後に、シェイク・モハメドの馬が薬物陽性。国際馬事連盟の会長がプリンセス・ハヤで、彼女の主導でドラッグ・フリー・キャンペーンをやっていたという皮肉。

本日のワイン●パンネビーノにて、いつものヴァンムスーでピエール・レジェンドル。帰宅してマイブームの肉じゃがをつくりながら続きのシャトー・ラ・タルシエール、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー2007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2009

地方騎手にはありがたい

夕方ちょいと打ち合わせ(といってもたっぷり1時間半)で地全協に行ったら「クリック!地方競馬」がオープンしたのでよろしくと。そういうような計画があることは聞いていたけど、なるほど。せっかくネットなんだからダートグレードだけでなく地方重賞もスタート→ゴールでやってくれればと思った。がしかし、レース数が多くなると時間ばかりかかって途中で見るのをやめちゃう人がいるかもと思うと、難しいところなのかもなあ。
それと。最近では地方の条件交流ではJRA馬でも乗るのは地方の騎手が多い。今日の金沢ではJRA馬が6頭出走したけどすべて地元金沢の騎手。大井でも7頭出走して中央の騎手は3人。しかもその大井のレース、2番人気のJRA馬に乗って勝った大井の早見多加志という騎手は今年これが初勝利でしかも00年デビューで通算15勝目。こういう傾向は地方の騎手にとってはありがたい限りだけど、逆に中央の乗り鞍の少ない若手騎手はこれでいいのか。

競馬ケンタッキー州の競馬場が開催日大幅減。エリスパークは48日間の予定が半減以下の23日間に。ケンタッキーダウンズは6日間が4日間に。インディアナダウンズとフージャーパークがスロットマシンの売上によって賞金を増額した影響で、どちらも十分な出走馬が確保できないため。ブリーダーズCが刺激策を発表。当歳の早期オンライン登録で100ドルのディスカウントバリー・ヒルズ調教師が通算3000勝。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2009

荒尾でタクシー無料送迎

本日はグリーンチャンネルの収録2本。しゃべりの仕事は普段使われていない脳みそを使うらしい。だから「2着」と言うべきところを「2歳」と言っちゃったりするんでしょうな。それが2本録りともなるとえらく疲れる。言ってみれば、普段はあんまり運動しない人が突然乗馬をして内腿の筋肉が歩けないほど痛くなるというような状況でしょうか。夜、へとへとになりながら出社して確認とか連絡事項とか。来週からあんまり会社にいられない感じなのでそれまでになんとかしておかなければならないことが多数。

競馬●荒尾。バスを廃止してタクシーが無料とはすごい。たしかにバスに乗る人数が少ないならこのほうが主催者にとっては安上がりかも。無料バスを廃止した高知にも参考にしてほしいところではあります。クオリティロードがフロリダダービーのときに右後脚蹄側部に亀裂を発症していた。ケンタッキーダービーに向けて準備はしておくとアゼリの初年度産駒ヴァレンゼリ(父エーピーインディ)。08キーンランドセプテンバーイヤリングセールでは770万ドルで主取になっていたが、2歳になったエイプリルセールでは190万ドルでボブ・バファートに競り落とされた。

本日のワイン●暖かくなってきたのでロワールのミュスカデ。シャトー・ラ・タルシエール、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー2007。ああ、すっきりおいしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2009

今日も満開の桜を走る

本日もジョギング。桜が散り始めてきた。昨日、今日がまさに満開だったみたいだ。こんなにちゃんと桜を見たのはいつ以来だろうという気がする。ナサニエル、惜しかったなあ。伏竜S。人気もなかっただけに。本日もお料理当番。オニオンスライスのサラダ。絶品生湯葉。ここまでは昨日と一緒。オニスラサラダはもっとも頻繁に利用しているワインやさんのブログより。これおいしい。紅しょうがは乗せなかったけど。厚揚げをたっぷりの大根おろしとだし醤油で。アボカド&マグロのたたき。超たっぷり野菜のヤキソバ。

競馬●ル・プランタン賞。ハナに立ったギオンゴールドが3コーナーから後続を引き離して6馬身差楽勝。3頭の2着争いは最低人気のプーリーが制した。向正面で一気にまくったダフィーフェントンは3着。●二十四万石賞。4番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったセトノヒットが、追ってきたアタゴビッグマンを振り切って福山から重賞連勝。●ロードバクシンが久々勝利。しかし、「ママ協賛」て(^_^;)。西村栄喜、釜山で重賞勝ち。●G3グラッドネスS(カラ7F,4&up):昨年の愛1000ギニー2着で1番人気のマッドアバウトユーが重賞初制覇。2馬身半差2着にDohasa、3着カルガリ。●G2アルクール賞(ロンシャン2000m,4&up):トリンコットTRINCOTが重賞3勝目。3馬身差2着にザボッグベリー。昨年の仏ダービー馬で1番人気となったヴィジョンデタは3着。●G2ノアイユ賞(ロンシャン2100m,3yo):グランドキャンプが今年3連勝で重賞初勝利。アタマ差2着にゲストヴィルGuest Ville。1番人気ワジルは3着。●G2ファンタジーS(オークロンパーク8.5F,3yo f):断然人気レイチェルアレクサンドラが直線持ったままぐんぐんと突き放して逃げ切り楽勝で4連勝。8 3/4馬身差2着にアフリートデシート。3着ジャストジェンダで、5頭立てで馬番どおりの入線。●G3ラスフローレスH(サンタアニタAW6.5F,4&up f/m):3番手追走の2番人気スイートオーガストムーンが直線半ばで先頭に立ってグレード初制覇。追ってきたフォクシーダンスールが1 1/4馬身差2着。逃げた1番人気ハイリゾルヴはアタマ差3着。サンタアニタダービーをスクラッチしたザパンプルムースはKYダービーも見送る。イングリス・オーストラリアン・イースター・イヤリングセールでマカイビーディーヴァの初産駒(牡・父ガリレオ)が150万オーストラリアドル。競り落としたのはメルボルンの調教師ダニー・オブライエン。

本日のワイン●カンパッソス・ブリュット・ナチュール。これはおいしい3桁カヴァ。続きのドメーヌ・ラ・テラス・デリズ、キュヴェ・エリズ2002マール・ド・キザンをロックで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2009

初めて見た近所の桜満開

足がバリバリに固まった感じなのでジョギング。桜満開。別所沼公園へと通じる遊歩道の桜がまさに今日が満開で出店もありジョギングどころではないほどの人出。来週発売の競馬ブックにも書いたのだが桜満開の時期はいつもドバイと当たってしまい考えてみれば今のマンションに住んで以降、うちの近所で満開の桜を見るのは初めてかも。こんなに花見の人たちがうようよと沸いて出てくるのかと驚いた。
20090404140412昼。というか本日の1食目。水曜深夜に作成してちょっと残ってた牛肉とゴボウの生姜煮を丼にしてみた。う、うまい。自画自賛。久しぶりにゆったりした週末で夜はお料理当番。といってもつくったといえるのはオニオンスライスのサラダくらい。あとは豆腐屋さんのおいしい豆腐と、そろそろ季節が終りらしい絶品生湯葉。びんちょうまぐろの刺身、アジのたたき。里芋の蒸し焼き。健康的な夕飯。が、食べ過ぎだ。
秀吉さん(^_^;)。

競馬●グランドナショナルは40頭の出走で完走は17頭。最後の障害を越えて接戦の先行集団から抜け出した伏兵モンマムMon Momeが12馬身差をつけて勝利。●G1ヴァイナリースタッドS(ローズヒル2000m,3yo):シェイク・モハメドのパープルがケリン・マケヴォイで勝利。3/4馬身差2着にゴールドウォーター。シュウェップス1000ギニーとシュウェップスオークスを勝って1番人気のガリカは3馬身差3着。●G1BMW S(ローズヒル2400m,3&up):伏兵Fiumicinoが勝利。前走G1ランヴェットS勝ちのテセオは3/4馬身差2着。2馬身差3着に1番人気ヴュード。●G1ジョージライダーS(ローズヒル1500m,3&up):カーネギー産駒のヴィジョンアンドパワーがG1初制覇。●G1ゴールデンスリッパーS(ローズヒル1200m,2yo):モアザンレディ産駒のフェランレディPhelan Readyが勝利。2 1/4馬身差2着にヘッドウェイ。1番人気リアルサガは4着。●G1ウッドメモリアルS(アケダクト9F,3yo):出遅れて最後方からとなった断然人気アイウォントリヴェンジだが、3コーナー手前から徐々に進出、直線で前が壁になったものの外に持ち出して抜け出し勝利。1馬身半差2着にウエストサイドバーニー。3着ジャストアコインシデンス。●G1カーターH(アケダクト7F,3&up):直線を向いても7番手だった1番人気コディアックカウボーイがゴール前差し切ってG1初制覇。逃げ粘った2番人気ファビュラスストライクがアタマ差2着。2馬身差3着にドリヴンバイサクセス。テールオブエカティは最後方まま。●G3ベイショアS(アケダクト7F,3yo):1番人気キャプテンキャンディマンキャンが3番手追走から直線抜け出して圧勝。目標はG1キングズビショップ。2番手追走、シャドウェルのタカラブが3 3/4馬身差2着。逃げた最低人気のヤノ3着。●G3エクセルシオールBCH(アケダクト9F,3&up):2番手追走ジャイアントムーンが4コーナーで先頭に立ち、逃げ粘るクールコールマンを半馬身差で振り切って勝利。最後方追走の1番人気バリアリーフは2馬身差3着。●G1アシュランドS(キーンランドAW8.5F,3yo f):前走G1サンタアニタオークス3着の伏兵フーホワイが逃げ切ってグレード初制覇。ゴージップガールがクビ差2着。G1・6連勝を狙った断然人気スターダムバウンドは後方追走から追い上げたが2 3/4馬身差3着。●G1アップルブラッサムH(オークロンパーク8.5F,4&up f/m):セブンスストリートが逃げ切り圧勝。グレード初制覇がG1勝ち。父ストリートクライ、キアラン・マクラフリンでダーレー。2番手追走のスーペリアストームは直線で突き放され5 3/4馬身差2着。断然人気アコマはさらに離されて3着。●G2オークロンH(オークロンパーク9F,4&up):サンシャインミリオンズクラシック勝ちで2番人気のイッツアバードが2番手追走から3~4コーナー先頭で直線突き放し圧勝。6馬身差2着にランフォーザドー。逃げたジョーンズボロがクビ差3着。1番人気オネストマンは6着。●G1サンタアニタダービー(サンタアニタAW9F,3yo):抑えきれない手ごたえで向正面一旦先頭に立った断然人気パイオニアオブザナイルが直線先頭に立って押し切った。ボブ・バファート厩舎に移籍してから負けナシのグレード4連勝。ボブ・バファートはこのレース5勝目。2番人気チョコレートキャンディーが1馬身差2着。さらに1馬身差3着にミスターホットスタッフ。ザパンプルムースはスクラッチ。●G2アーケイディアH(サンタアニタ芝8F,4&up):縦長の中団を追走したディキシーチャッターが直線ラチ沿いから抜け出して勝利。伏兵ミスターナッパータンディが3/4馬身差2着。最後方追走の1番人気マデオはクビ差3着。●G2プロヴィデンシアS(サンタアニタ芝8F,3yo f):伏兵アクティングレディーが直線抜け出して勝利。連れて伸びたミセスキップリングが半馬身差2着。逃げたパサーシルバノが1 3/4馬身差3着。1番人気ロージーマントル5着。●G2ポトレログランデBCH(サンタアニタAW6.5F,4&up):7頭立て6番手を追走し直線ラチ沿いから抜け出したソウルシティスルーがステークス初勝利。好位追走の1番人気ヘイローナジブは半馬身差2着。アタマ差3着にポールズホープ。●G3スキップアウェイS(ガルフストリームパーク9.5F,4&up):後続を引き付けて逃げたファイナリーメイドイットが直線後続を突き放して圧勝。8 1/4馬身差2着にティズビッグ。最後方から押し上げたクールゲーター3着。●G2イリノイダービー(ホーソン9F,3yo):中団追走の1番人気マスケットマンが直線抜け出しG3タンパベイダービーから連勝。2馬身差2着に人気を分け合ったジャイアントオーク。5馬身差3着にヒズグレートネスティム・ドゥーシー騎手が史上25人目の通算5000勝

本日のワイン●ファミリア・オリヴェーダ・カヴァ・エクストラ・セックNV。少し残っていたキザンワイン赤2007ドメーヌ・ラ・テラス・デリズ、キュヴェ・エリズ2002。あっ、コレけっこうな値段じゃん。あけてから気づいた(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2009

馬券売上大幅減の北米

夕方JRAで取材証の更新。その足で久しぶりに牛込柳町へ。九段下でお世話になっている東京タヴァーンの系列「びすとろかがり火」へ。食べきれないほどの料理の数々で、6名でワイン8本。どんだけ飲むんだこの人たち。って感じ。埼京線の終電には間に合わず京浜東北線&タクシーで西友でお買い物をして帰宅。

競馬●新緑賞。2番手追走のカキツバタロイヤルがゴール前抜け出して重賞初制覇。逃げたダイナマイトボディは1馬身差2着。ぴったりラチ沿いを回ってきたトウホクビジン3着。向正面で2番手まで進出した1番人気のブラックポイントは5着。●キーンランド開幕。G3トランシルヴァニアS(キーンランド芝8.5F,3yo):最後方待機の1番人気ストーマロリーが差し切って重賞初制覇。ダーレー所有でヴィル・モット調教師という組合せ。スマートビッドがクビ差2着。逃げて1馬身差3着だったダーレーのフロレンティーノは、父スウェプトオーヴァーボード、母マストビーラヴドという日本産。3月末までの北米の馬券の売上が前年同期比9.35%減と。ドバイデューティフリーを制したグラディアトーラスがIFHAのワールドレースホースランキング1位に。レーティングは126。

本日のワイン●びすとろかがり火にて。
いきなりシャンパーニュはレコルタン・マニピュランの生産者ピエール・ジモネブリュット・キュイ・プルミエクリュ・ブランドブランNV。グラスに注いでるときからイースト香が香ってきましたよ。
白はオーストリア(オーストラリアに非ず)。ニコライホフ・フェダーシュピール・グリューナーフェルトリーナー2007。グリューナーフェルトリーナーGRUNER VELTLINERというのが品種らしい。参考
フィリップ・ルクレール、ブルゴーニュ・ルージュ・ボン・バトン2000
ニコラ・ポテル、ブルゴーニュ・ピノノワール1983!!!。
良年2000年と26年熟成の対比が(^_^)(^_^)(^_^)v
シャトー・ポタンサック2002
天橋立ワイン・茜2007
ドメーヌ・フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー、ニュイサンジョルジュ2004
あと、写真を見るとブルゴーニュのアリゴテを飲んだようなのだが造り手メモ忘れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2009

枠連しかなかった桜花賞

ようやく桜が満開っぽくなってきた。4月になってからの満開って近年ではめずらしんじゃないですかね。しかも。開花宣言が3月21日だったから2週間近くも寒さでじっとしていたわけで。こんなこともあるのね。
で、12日は桜花賞なわけですが、6日(月)発売の「週刊競馬ブック」に「おもひでの名勝負 桜花賞」を書かせていただきました。シスタートウショウの桜花賞です。よろしくっ。

競馬●タコ。8馬身差で2連勝。ボルチモアの開発会社が、ピムリコやローレルパークなどマグナが所有するメリーランド州の競馬施設を入札へ。ドバイシーマクラシック8着だったドクターディノが腱を傷めたため引退。

会社泊につき本日休肝日。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 01, 2009

地上波と新聞の行く末は

ドバイから帰ったら朝日新聞のテレビ欄が変わっていてちょっとびっくり。並びがアナログのチャンネル順からデジタルとかケーブルの並び順になっていた。テレビ朝日は必然的に真ん中にきたわけだが、そこにピンクの囲みはどうよ。地上波のテレビも新聞も崩壊しかかってるなかで、上のほうからなんとかしろ、とか言われての苦肉の策なんだろうけど、現場レベルではきっと「コレどうよ」とか疑問を感じながらやってるに違いない。それくらいみっともないことだと思うのだが。
夜、突然の雷。一瞬ピカッときて、いわゆる雷の「ゴロゴロ」ではなく「ドカ~ン」と鳴った。爆発か何かかと思ったよ。帰宅すると野菜が溜まりまくり。根菜のくせにわりと根性がなくしなびやすいゴボウから。牛肉とゴボウの生姜煮。

競馬パシフィッククラシックが2週うしろにずれて今年はレイバーデイ週末の9/6に。チャーチルダウンズが3日間のナイトレース(午後6時スタート)開催を提案。

本日のワイン●ひきつづき日本のワイン。キザンワイン赤2007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »